帚木蓬生 『聖灰の暗号』2010/02/01



 帚木(ははきぎ)さんの書くものは、社会問題と関係のあるものが多いのですが、今回はキリスト教の迫害についての話です。
 彼はどれだけ本を読んで調べているのだろうと思うほど、いろいろなことを題材に本を書いています。その取材力には感心しているのですが、作家としては今ひとつというところがあります。何と言っても最後が甘いのです。今度の本は今までの本のように最後はガッカリとはならなかったのですが、内容が内容だけに、なんかミステリーとして片付けるのも・・・という感じです。

 フランスに留学している歴史学者、須貝彰は十三世紀から十四世紀にローマ教会から迫害を受けていたカタリ派について調べていました。
 カタリ派を代々擁護してきた伯爵の居城のある、南仏のトゥルーズの私立図書館で古文書を見ていると、偶然、<地図>の棚にカタリ派の弾圧に関する資料を見つけます。
 その古文書は二枚、四ページしかないもので、絵地図と詩のようなものが書かれていました。
 須貝は絵地図の場所に、残りの手稿が隠されていると思い、再度トゥルーズを訪れ、パリのペール・ラシェーズ墓地で出会った女医、クリスチーヌ・サンドルと、川で砂金採りをしていたエリックの力を借り、残りの手稿を探し出そうとします。しかし、トゥルーズの図書館長を初めに次々と奇怪な殺人事件が起こります。

 キリスト教徒の迫害というと、本の中にも出てきますが、日本の五島列島の隠れキリシタンのことを思い出します。
 何故、寛容を唱える宗教が不寛容な行動を取るのでしょうか?
 手稿の形を取っていますが、書かれているカタリ派の信ずるものは、あるべき宗教の姿のように思えます。
 

イヴ&ローク22 『この邪悪な町にも夜明けが』2010/02/02

 イヴ&ローク・シリーズの新作です。このシリーズは翻訳が速いですね。もう22巻が出てしまいました。なんか表紙がロマンス物みたいです。


 この巻を読みながら、カズオ・イシグロの『わたしを離さないで』を思い出しました。
 そう、イヴ&ロークでもクローンが扱われているのです。

 有名な美容整形外科医が、彼のオフィスで心臓を一突きにされ殺されていました。彼はミスター・パーフェクトというほど、たたいても埃の出てこない聖人君子のような人でしたが、イヴは胡散臭さを感じます。
 殺される前、彼は若い美しい女性の患者と会っていました。
 そうして突き止めたのが、彼が若い女の子を集めて、なにやら実験をしているらしいということ。そして、ノーベル賞を取った遺伝学博士、ウィルソンとも親しく、知り合いの幼くして孤児になった女の子を引き取り、その子をウィルソンが創立した女子の教育機関に通わせ、息子の嫁にしていたということです。
 遺伝学者、再建形成外科医、私立女子寄宿学校。
 この3つから何が出てくるのか・・・。

 イヴとロークの私生活では、なんとロークが感謝祭にアイルランドにいる親戚をニューヨークに招きます。
 たくさんいる親戚に戸惑うイヴとローク。
 彼らが普通の人と同じになっちゃ、つまんないですね。長く続くと、マンネリ化してしまうのは、仕方ないですが。イヴとロークがいつまでも、野性味を忘れないでくれるといいのですが。
 

目の手術無事に終わりました。2010/02/04

 
 ご心配いただいた目の手術が無事に終わりました。
 結構あっけないもので、20分程度の手術時間だったらしく思います。
 痛みはあまりなく、縫った糸のせいか、目を動かすとチクチクとした痛みが出る程度です。目の重い感じとか、灼熱感とかは全くありません。
 目を開けていると、涙か目やにかわかりませんが、目が潤ってきます。
 今も左目はウルウルしています。
 アルミの眼帯をして左目が見えなくなると、右目だけではいろいろと生活しずらいことがわかりました。両目になると、たとえ左目の真ん中が見えなくとも、端っこが見えているだけでも、全然違います。
 片目では、こういう風にブログなど書く気にはなりません。
 これからは、見えることをもっともっと大事にしていこうと思いました。
 今日も午前中に眼科に行って来たのですが、目が真っ赤になっていて、炎症を起こしているようで、視力も0.4ぐらいしか見えませんでした。これは瞳孔を開ける薬のせいで、まだ瞳孔が開いているらしいからだとか。
 眼圧は9でしたが、手術していない右目が24もあり、医師は不思議がっていました。
 しばらく安定するまで時間がかかるようです。

 朝、寒さのせいか富士山など遠くの山々がきれいに見えていました。






 

眼科に行く2010/02/05



 眼科に行って来ました。
 今日も左目がチクチクする感じがあります。
 待合室に座っていると、同じ日に白内障の手術をした女性が話しかけてきました。
 彼女は7年前に眼圧が急激に上がり、左目(だったと思う)の緑内障の緊急手術をしたそうです。視野狭窄も大分進んでいて、自転車に乗ると見ずらく、この前も転んだそうです。階段も段差がわかりずらく、特に最後の段がわからないと言っていました。右目は緑内障ではなく、白内障の手術を今回したそうです。
 彼女の目は赤くなっていませんが、手術の日に痛くて眠れなかったそうです。仕事には来週から行くと言っていました。
 白内障は他の病院のHPを見ると、だいたい3日間ぐらいの入院でいいようです。それだけ手術技術も進んだということですね。父の時は地方だったので一週間ぐらい入院したようです。
 今日の視力は昨日と同じで0.4。眼圧は左目10、右目22でした。
 詳しいことは、HPに書くことにしました。緑内障手術について知りたい方はHPを見てください。


Susan Boyle のCD2010/02/06


 朝、外を見ると空模様が変。富士山には雪が降っていて、他の部分には黒い雲が。今日は寒いので、ひょっとして地方では雪が降っているのかしら?


 目の調子はあまり変わりありません。目の赤みは取れず、目やにが前よりも粘々してきたような。
 こういう風にパソコンを使用するはいいのですが、疲れるので長時間はできません。本はまったく読む気になりません。細かい字を見ると、左目と右目の焦点の位置が違うので、とっても見ずらいのです。その代わり遠くは問題ありません。
 無理せず、のんびりやっていきますわ。

 本を読む代わりに、CDを聞いています。
 スーザンは紅白歌合戦にもでましたが、彼女がデビューするきっかけは、2009年4月、イギリスオーデション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」に出演したことです。彼女の容姿を見た観客や審査員は、彼女がプロの歌手になりたいと言った時、失笑したものでした。しかし、彼女が歌い始めると・・・。(Youtubeでこの場面が見られますので、是非見てみてください。)
 その彼女が、出したCDが「I Dreamed A Dream」です。


 なんともさえないおばさんだったのですが、見られるようになっています。すごいですね。やっぱり美の専門家はどんな人も変身させられるのですね。私も変身するかしら?
 このCDの中で気に入った歌のひとつは、ローリングストーンズの作った「Wild Horses」です。ストーンズとは全然違う歌かと思うアレンジですが、人生に疲れ果てた人の悲哀にジーンとくるものがあります。
 もちろん「I Dreamed A Dream」は彼女の十八番。何回聞いてもいいですね。
 「Cry Me A River」を聞いて、ジャズ系も結構いいなと思いました。
 これから、彼女がどういう風になっていくのかわかりませんが、悪い人に騙されずに、好きな歌を歌い続けていって欲しいと思います。彼女の声は神様から与えられた「贈り物」なのですから。