『金の羽根の指輪』――ジャニス&リリー・シリーズ2010/03/01


 シリーズの第三弾です。


 舞台はハワイのマウイ島。

 この本は1952年に出版されたそうです。全然古さを感じさせません。
 ハワイというと今や誰でもが一度は行きたいと思い、実際に行くところになりましたね。
 そんなハワイにはハワイ独自の歴史があり、伝説、神話があります。
 ハワイは日本でいうと沖縄みたいなものでしょうか。

 ハワイ出身で作家でもあるジャニスは、新聞記者の親友に頼まれ、マウイ島へ行くことになります。マウイ島の牧場主ドンは行方不明で、彼の牧場では何やら恐ろしいことが起こっているという電話があったからです。
 マウイへの飛行機にはドンの妻レスリーも乗っていました。飛行場にはホテルの迎えがレスリーを待っていました。
 レスリーは驚き、ホテルの迎えを帰し、タクシーで牧場へ向かおうとします。しかし、タクシーの運転手は誰も彼女を乗せてくれません。
 そこでジャニスはレスリーに声をかけ、一緒に牧場まで行くことにします。
 牧場に着くと、厩舎から馬の嘶きが聞こえてきて、電話の主が倒れていました。
 母屋には近所に引っ越してきたというデニスという男とドンのいとこ夫婦がいて、ドンは行方不明だとレスリーに告げ、牧場は自分たちのものになったと言うのです。
 ジャニスはレスリーのために牧場に残り、ドンの行方を捜すことにします。
 
 ジャニスの父親はハワイの神話、系図、歴史的場所などを調べていました。彼から教わったので、彼女はハワイ語を話せるし、ウクレレを弾き、フラを踊り、古い歌を歌えるのです。
 本の中にハワイ人のパーティが出てきますが、一度参加したくなるほどです。
 沖縄で三線を弾き、踊るように、ウクレレを弾き、フラを踊るんです。
 南国っていいですねぇ。ハワイに行きたくなりました。

乃南アサ 『いつか陽のあたる場所で』2010/03/04


 設定が谷根千なので買ってみた本です。ミステリーかと思ったのですが、全然違っていました。どちらかというとコメディタッチです。
 後ろめたい過去のある二人の女性が、どうやって世間になじんでいくのかを描いた小説です。
 後ろめたい過去は・・・というと、ムショ暮らしです。
 だから、題名は、いつかまっとうな顔で、世間に顔向けできるようになりたいという願望を表しています。



 29歳の小森芭子は、大学時代にホストに惚れて、入れ込んでしまいます。ホストに会うためにお金がないので、伝言ダイヤルで出会った男をホテルに誘い、睡眠薬を飲ませて眠らせ、お金を盗んだのです。
 罪名は昏睡強盗罪。懲役7年。
 41歳の江口綾香は、DV夫から子供を守るため、夫を殺して、懲役5年。
 刑務所から出たら、元受刑者同士は絶対に付き合ってはいけないと何度も言われてはいたのですが、この2人、気が合ったのか、同じ町に住みつきました。
 ちょっと能天気なところのある綾香に戸惑いながらも、まじめな芭子はその脳天気なところに救われています。
 罪を犯した人のすべてが悪い人ばかりではなく、その時のどうしようもない状況から罪を犯してしまった人もいると、頭ではわかっていても、側に住んでいると心配になるでしょうね。そういう人と付き合えるかと言われると・・・無理かもしれません。
 罪は償えるものなのでしょうか?
 一生償い続け、幸せになってはいけないとは言えません。
 でも、自分の愛する人が犠牲になっていたら・・・。
 色々と考えると、結論が出なくなります。
 シリーズ物らしいので、これから芭子と綾香がどうなっていくのでしょうか。せめて本の中だけでもいいから、幸せになってもらいたいですね。
 どうも下町の谷根千は、人のことに興味津々の人たちがすんでいるようです。ここが、あの場所かと思いながら読むのも一興です。
 

グルジア国立バレエ 『ジゼル』2010/03/05


 2007年にABTのガラ公演でニーナのことを初めてみました。『瀕死の白鳥』だったと思います。その時にニーナのことがとにかく印象的だったので、今度彼女が来た時は絶対に見ようと決めていました。
 残念ながらABTと一緒ではなく、彼女の故郷のバレエ団とです。ABTの方は引退したとか。
 岩田さんとウヴァーロフさんも一緒ということなので、『ジゼル』と『ロミオとジュリエット』のチケットを買っておきました。
 

 2010年3月3日(水)  上野文化会館 17時開演

ジゼル:ニーナ・アナニアシヴィリ
アブレヒト:アンドレイ・ウヴァールフ
ハンス(森番):イラクリ・バフターゼ
ミルタ(ウィリの女王):ラリ・カンデラキ

 『ジゼル』は二回目。一回目はニングラードのペレンのジゼルでした。
 前から7列目で見やすいはずなのですが、眼鏡が合わないのと、手術した左目が見ずらいためか、表情がよく見えません。これからはできるだけ前の席を予約しなくては・・・。
 『ジゼル』の内容はレニングラードの時に書いたので、そちらを見てください。
 とにかく、今回のは心臓が弱いジゼルということがよくわかる振付でした。
 特によかったのは一幕の終わり。アブレヒトの正体を知り、ジゼルがショックを受け、静かに狂っていくところです。ジゼルの絶望がよくでていました。
 そして、二幕のウィリになったニーナ。ちょっとまだ人間らしさが残っていますが、ふわふわと浮く感じがしました。ガラで見た、某日本人バレリーナとはえらい違いです。
 前におば様がたに木偶の棒などと言われたウヴァーロフは、別人のようでした。
 彼ってこんなに饒舌だったっけ?という風なんです。
 ジャンプや回転、リフトなど軽がるとやってのけ、笑顔が素敵。調子も良かったのでしょうかね。
 パンフレットを見ると、ボリショイでニーナと組んでいたこともあるようで、女王ザハロワとは違い、ニーナだと地を出せるんでしょうか?とってもいい感じです。
 カーテンコールの時もニコニコと嬉しそうでした。
 さて、主役の二人以外はというと・・・。
 群舞は物足りないです。特にウィリたちがそろって出てきて、片足を後にまっすぐ伸ばす時に、足がバラバラで、ぐらぐらしていました。もう少し頑張ってもらいたかったです。この場面、好きなのに・・・。
 ミルタは好き好きもあるのでしょうが、もっと冷たい氷のような感じが欲しかったです。
 演出的に、ウィリが一人宙に浮いて出てきたり、何やら横で花をばら撒く女神(?)やらがいて、前とは違うところが結構ありました。
 主役の二人が良かったので、よしとしましょう。
 さて、今日の夜は『ロミオとジュリエット』です。どんなものか、楽しみです。 

グルジア国立バレエ 『ロミオとジュリエット』2010/03/06


 天気の悪い日が続き、坐骨神経痛が・・・。春先は暮らしにくいですわ。
 といいながらも、バレエを見にまたまた行って来ました。2月は目の手術でルグリはバスしたので、禁断症状がでてました。
 『ロミオとジュリエット』はデンマーク国立バレエで2回見ました。ジュリエットとロミオ役のダンサーが年齢的に若かったのですが、今回はニーナは40代。どうなんだろう・・・とは少し思いましたが、全然年齢なんて関係なかったです。
 
  2010年3月5日(金) 16時半開演 東京文化会館

振付:レオニード・ラヴロフスキー
振付改訂:ミハイル・ラヴロフスキー

ジュリエット:ニーナ・アナニアシヴィリ
ロミオ:アンドレイ・ウヴァーロフ
マキューシオ:岩田守弘
ティボルト:イラクリ・パフターゼ

 まず、振り付けがラヴロフスキー版なので、デンマークのノイマイヤー版とは全く違いました。今度来る英国ロイヤルバレエはマクミラン版なので、どこが違うのか見比べる楽しみがありますね。
 ラヴロフスキー版は細部をはしょっていて、最初のロミオとジュリエットの出会いの場が物足りなかったです。
 一幕一場の広場の場面が結構長く感じ、早く二人を出せとは思いませんでしたが、その代わりに金曜日の疲れでウトウトしそうになりました。
 ノイマイヤー版で楽しかったのが、三馬鹿トリオ(マキューシオとロミオともう一人、誰だっけ?)の踊りです。ラヴロフスキー版は三人で踊る場面が少ししかなく、その代わりマキューシオ役の岩田さんの踊りが多く、堪能できました。
 死ぬ場面はどの振付も長いです。
 三人並ぶと、岩田さんの小ささがよく分かりました。ニーナより背が低いかもしれません。でも、彼のジャンプや足のあげた角度など、さすがです。グルジアのダンサーは完全に負けてました。
 とにかく、ノイマイヤー版の方が丁寧に『ロミオとジュリエット』の物語を描いていたようです。
 ニーナは10代の少女に見えました。表情が豊かで、おきゃんで、まだ幼い恋もしらない少女でした。
 バレエというより演劇的で、振付はノイマイヤー版の方が踊りとして見がいがあり、踊るのも難しそうです。
 最後の死んだロミオを見て嘆き悲しむところなんか、涙を誘います。

 さて、心配だったロミオ=ウヴァーロフ。
 や~、彼も演技をするんですね。
 見た目はでかいので、10代の少年か・・・というと、う~ん。
 三馬鹿トリオは身長差があって、それが面白かったですよ。身長順に三列に並んで欲しかった(ウソ)。
 でも、いつもより表情が豊かで、はやりザハロワと踊る時よりリラックスできるのでしょうか?先輩の二-ナと後輩のザハロワでは、気持ちも変るのね。彼の意外な一面を発見しました。
 群舞は『ジゼル』ほど合わせる場面がなかったので、粗はあまり見えなかったのですが、音についていけていないような感じがしました。
 あ、オーケストラの、特に金管楽器の方々、お願いだから練習してください。素人の私にもわかるほどの音のはずれはないでしょう。
 最後のカーテンコールでは、会場に明かりがついた後もニーナが出てきてくれたので、『ジゼル』以上の人たちがスタンディングオベーションをしていました。

 次はロイヤルバレエで『ロミオとジュリエット』を見ます。
 残念なことに、吉田都さんの日は取れませんでした。チケットがあまっている人がいたら、どうぞお知らせを。コメント蘭に書いていただけると、他の人には見えませんので。よろしくお願いいたします。
 

浅田次郎 『ハッピー・リタイアメント』2010/03/07

 
週刊文春の書評欄でおもしろいと書いてあったのと、たまたま図書館にいったら借りれたので読んでみました。
なんでこんなに読んだ理由を書いたかというと、満足していないからです。



肩たたきによって天下った先は、戦後のGHQの命令によって作られたJAMS。

JAMSとは全国中小企業振興会のことで、「財閥解体後の新興事業育成のためGHQの指令によって作られた金融保証機関。無担保無保証人の零細事業主の債務保証を代行することによって、公平なビジネスチャンスを拡大することが目的」だそうです。

ようするに、お金が借りたいという人がいたら審査し、よければ一般金融機関に推薦し、その後、お金を返せない場合、無条件に借りた金額を肩代わりするということをやっていたんですね。
本当にこんな機関があったのでしょうか?
借りられたらすごいじゃないですか。返さなくても、取立てが来ないんですから。
 
そんな変なところに放り込まれたのが、財務省官僚の樋口慎太郎と自衛隊一等陸佐の大友勉の二人。
二人がJAMSに行かされたのには、なにやら陰でいろいろな力が働いているような・・・。
JAMSに二人が行ってみると、仕事はしなくていいらしく、職場に出勤したら、退社時間まで時間つぶしをすればいいだけ。それなのに、お金が入るし、なんてラッキー。
これこそ「ハッピー・リタイヤメント」!
と普通なら思うはず。
 
ところが、樋口と大友はクソ真面目なのか、そんな職場に違和感を覚えるだけ。
こんな暇な職場のじいさん方を相手にしているのが、元銀行員の立花女史。樋口と大友の異質さに戸惑いながらも、仕事を振ってみると、意外なことが。
とうとう三人で仕事をしちゃいました。
 
適当に負債者を探し、貸した金は時候なので返さなくていいけれど、債権放棄の手続きのために、書類にサインしてくれと言いに行くのです。
そうすると、社会的に高い地位についていて、お金がある人なら、道義的責任とかなんとか言われると、良心が痛むらしく、お金を、それも負債額以上に何倍にも増やして返してくれるのです。

仕事をしちゃいけないのですよ。それなのに、仕事をしちゃっていいのかしら。
そんなこんなで、この三人、このお金をどうするのでしょうか?

まあ、日本的な加齢臭たっぷりの、定年世代の憧れが本になった感じです。