グルジア国立バレエ 『ロミオとジュリエット』2010/03/06


 天気の悪い日が続き、坐骨神経痛が・・・。春先は暮らしにくいですわ。
 といいながらも、バレエを見にまたまた行って来ました。2月は目の手術でルグリはバスしたので、禁断症状がでてました。
 『ロミオとジュリエット』はデンマーク国立バレエで2回見ました。ジュリエットとロミオ役のダンサーが年齢的に若かったのですが、今回はニーナは40代。どうなんだろう・・・とは少し思いましたが、全然年齢なんて関係なかったです。
 
  2010年3月5日(金) 16時半開演 東京文化会館

振付:レオニード・ラヴロフスキー
振付改訂:ミハイル・ラヴロフスキー

ジュリエット:ニーナ・アナニアシヴィリ
ロミオ:アンドレイ・ウヴァーロフ
マキューシオ:岩田守弘
ティボルト:イラクリ・パフターゼ

 まず、振り付けがラヴロフスキー版なので、デンマークのノイマイヤー版とは全く違いました。今度来る英国ロイヤルバレエはマクミラン版なので、どこが違うのか見比べる楽しみがありますね。
 ラヴロフスキー版は細部をはしょっていて、最初のロミオとジュリエットの出会いの場が物足りなかったです。
 一幕一場の広場の場面が結構長く感じ、早く二人を出せとは思いませんでしたが、その代わりに金曜日の疲れでウトウトしそうになりました。
 ノイマイヤー版で楽しかったのが、三馬鹿トリオ(マキューシオとロミオともう一人、誰だっけ?)の踊りです。ラヴロフスキー版は三人で踊る場面が少ししかなく、その代わりマキューシオ役の岩田さんの踊りが多く、堪能できました。
 死ぬ場面はどの振付も長いです。
 三人並ぶと、岩田さんの小ささがよく分かりました。ニーナより背が低いかもしれません。でも、彼のジャンプや足のあげた角度など、さすがです。グルジアのダンサーは完全に負けてました。
 とにかく、ノイマイヤー版の方が丁寧に『ロミオとジュリエット』の物語を描いていたようです。
 ニーナは10代の少女に見えました。表情が豊かで、おきゃんで、まだ幼い恋もしらない少女でした。
 バレエというより演劇的で、振付はノイマイヤー版の方が踊りとして見がいがあり、踊るのも難しそうです。
 最後の死んだロミオを見て嘆き悲しむところなんか、涙を誘います。

 さて、心配だったロミオ=ウヴァーロフ。
 や~、彼も演技をするんですね。
 見た目はでかいので、10代の少年か・・・というと、う~ん。
 三馬鹿トリオは身長差があって、それが面白かったですよ。身長順に三列に並んで欲しかった(ウソ)。
 でも、いつもより表情が豊かで、はやりザハロワと踊る時よりリラックスできるのでしょうか?先輩の二-ナと後輩のザハロワでは、気持ちも変るのね。彼の意外な一面を発見しました。
 群舞は『ジゼル』ほど合わせる場面がなかったので、粗はあまり見えなかったのですが、音についていけていないような感じがしました。
 あ、オーケストラの、特に金管楽器の方々、お願いだから練習してください。素人の私にもわかるほどの音のはずれはないでしょう。
 最後のカーテンコールでは、会場に明かりがついた後もニーナが出てきてくれたので、『ジゼル』以上の人たちがスタンディングオベーションをしていました。

 次はロイヤルバレエで『ロミオとジュリエット』を見ます。
 残念なことに、吉田都さんの日は取れませんでした。チケットがあまっている人がいたら、どうぞお知らせを。コメント蘭に書いていただけると、他の人には見えませんので。よろしくお願いいたします。