鎌田實 『空気は読まない』2010/03/11

 
 空気を読めない人をKYと言って馬鹿にする風潮が一時期ありました。そういう風潮に対して、鎌田さんはあえて「空気を読まない」と言っています。
 
 内容は今まで出版している『がんばらない』や『あきらめない』などのベストセラーの本と同じようなものです。主に、彼の出合った患者さんの話や、彼のやっているボランティアの話などです。
 残念ながら『がんばらない』を読んだ時のような感動は、もう感じられません。慣れちゃったんでしょうね、彼の書くものに。
 一番大事なことは、「まえがき」と「あとがき」に書いてあります。

  空気は読めるが、
  空気に流されないことが大切なのではないか。
  空気は読めるが、
  あえて、空気を読まないときがあってもいい。
   (中略)
  「空気」を読んでばかりいると、
  あの時代のように、
  人は、自分の意見や意思を、
  見失ってしまうのではないだろうか。


  空気に流されるな。
  空気をつくり出せ。
  空気をよどますな。
  空気をかきまわせ。
  それが新しい生き方になる。
  それが新しい時代をつくり出す。   
  信じていい。
  空気は・・・読まない。

 今の若者を見てみると、昔の若者と根本的なところはかわっていないような気がします。人と違うことを嫌っています。いじめなんかが、その表れの一つじゃないでしょうか。
 大人社会にだって色々あります。
 何か今までと違うことをやろうとする時、必ず反対はあります。その反対をどう納得させるか。もしくは、反対を無視するほどの気概を持てるかどうか。
 そこに、何かを成し遂げられる人と、成し遂げられない人の違いがあるように思います。
 反対を押し戻すには、とってもエネルギーがいりますものね。そのエネルギーを持ち続けることは、なかなか大変です。がんばっちゃいますよね。
 ここだけは曲げられないという、唯一のところを死守する以外は、たいしたことじゃないと思い、流されることも必要じゃないのかしら。
 頑張りすぎず、ぶれない自分を持って、やるべきことを淡々とやる。そういうことが大事なのかなと、今は思っています。