小笠原伯爵邸でランチ2010/03/31


 いろいろと予定を入れすぎたため、書くのが後になっています。
 昔の職場の人と、前から行ってみたかった小笠原伯爵邸に行ってきました。
 ここはスペイン料理のお店で、廃墟になっていた元伯爵邸を借りてレストランにしています。地下鉄若松河田駅から歩いてすぐです。

 
 スペイン料理ってパエリアとかガスパチョ、オムレツなど食べたことがありますが、さて、どんなものやら。
 そう思いながら食べてみましたが、どこがスペイン風なのか私には全くわかりませんでした。
 
          <ランチコース>
・鮮魚の肝のムース
・アンダルシア風白魚のフリット
・烏賊のプランチャ


・オマール海老のアロス


・平目のオーブン焼き


・65度で調理したホロホロ鳥の胸肉


・チョコレートクリーム、ほうじ茶風味
・りんご、カシス、ルバーブのミルフィーユ


・小菓子とコーヒー

 盛り付けに工夫がありますね。料理を持ってくる人がスペイン人(?)らしかったです。スペイン料理も洗練されているのですね。(フレンチのまね?)
 結構こってりしていたらしく、夜になってもお腹が空きませんでした。
 ランチの後は、食事よりも楽しみにしていた伯爵邸見学です。見学は食事をした人だけです。喫茶室もあるので、お茶をしに来てもいいのですが、邸内は見られませんので、気をつけてください。
 この屋敷は昭和2年に建てられたスパニッシュ様式の建築だそうです。中庭があり、屋敷内の装飾、ステンドグラスなどが美しいです。


 窓のステンドグラスはアメリカ系だそう。


  イスラム風の喫煙室。西洋館の喫煙室はイスラム風に造ることが当時の慣わし。


 唯一残る当時の家具。エリザベシアンの影響を受けている。メロン足の脚部が特徴。



 上から見たパティオ(中庭)。奥には当主・長幹が作ったという彫刻があります。当時は噴水があったらしいです。


 2階屋上の藤棚。


 円形の建物はシガールームの外壁。古陶器で模様が作られていて、モチーフは「生命の賛歌」。


 庭にあったかわいい鶏の焼き釜。


 Bar & Cafeの入り口。軽食もあります。
 結婚披露宴もやっているようで、二階が新郎新婦や家族の控え室になっていました。晴れた日にはガーデンパーティがよさそうです。駐車場には白いリムジンが置いてありました。
 そうそう小笠原家というと、小笠原流礼法が有名ですね。礼法本部(だと思う)が屋敷内にありました。