『死を哭く鳥』――エリカ&パトリック事件簿 42012/05/22

先週の土曜日にパソコンが壊れ、復帰させられなかったので、仕方なく小さいさなパソコンで打ってます。修理にどれだけかかるか、ちょっと心配です。

この前、同僚とスカイツリーのことを話していると、東京タワーの話になり、ゴジラが出てきました。テレビでゴジラは東京タワーを捻じ曲げたそうですね。当時、幼かった同僚は、次の日、東京タワーが元に戻っているのを見て、感動したそうです。
あんなに人気のあったゴジラがカムバックしていませんが、何故でしょう。
その疑問が解けました。
なんとゴジラの全長は50メートルなんだそうです。こんなことオタクしか知らないだろうと思っていたら、うちの夫も知っていました。びっくり。
今、ゴジラが新宿の高層ビル街に現れても、迫力ないですよね。高層ビルに埋もれて見えませんもの。
この話を聞き、妙に納得した私でした。

さて、スウェーデンのミステリです。
翻訳者が変ってから、ずっと読みやすくなりました。今回も『悪童』の翻訳者です。
『氷姫』で読むのを止めてしまった人、読んでみてください。読みやすくなっていますよ。


エリカの妹アンナはDV夫を殺し、不起訴になり、エリカのところに居候しています。
エリカはパトリックと結婚式を挙げることにしたのですが、心を閉ざしているアンナのことが心配でなりません。元彼で今は友人になっているダーンにアンナと話をしてもらうことにします。

その頃、町がリアリティ番組の『ファッキング・ターヌム』の舞台になります。
そんな時に事件が起こります。
酒を飲まないはずの女性が、飲酒運転で道路脇の木に突っ込んで即死。その後にリアリティ番組の出演者の女の子が死体となって見つかったのです。
最初の事件は自殺として片付けられようとしますが、腑に落ちないパトリックは昔の似たような事件を見つけていきます。そして、調べていくにつれ、一見関連がなさそうな2つの事件が意外な様相を見せ始めます。

育児ノイローゼから回復したエリカですが、残念ながら今回は事件とは関係していません。しかし、次回は子供に無関心だった自分の母親の過去を探ることになります。
伝記作家としての実力発揮ですね。
エリカの一家にどんな秘密が隠されているのでしょうか。楽しみです。

日本にはまだないリアリティ番組ですが、そろそろ真似して同じような番組が出てくるでしょうかね。
この本のような感じなら全然見たくないですわ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2012/05/22/6454231/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ じゅうのblog - 2015/05/08 20時54分55秒

「カミラ・レックバリ」の長篇ミステリー作品『死を哭く鳥―エリカ&パトリック事件簿(原題:Olycksfageln、英語題:The Gallows Bird)』を読みました。
[死を哭く鳥―エリカ&パトリック事件簿(原題:Olycksfageln、英語題:The Gallows Bird)]

『氷姫―エリカ&パトリック事件簿』、『説教師―エリカ&パトリック事件簿』、『悪童―エリカ&パトリック事件簿』に続き「カミラ・レックバリ」作品です。

-----story-------------
酒を飲まない雑貨店経営の女性がパートナーとの喧嘩直後、飲酒運転で道路脇の木に突っ込み即死した。
事故として処理しようとした「パトリック」だったが、なぜか気になって資料室にこもるうちに、数年前の泥酔自殺に辿り着く。
偶然、二つの出来事のあり得ない共通点を見つけ、さらに、スウェーデン各地で同じような事故と事件が起きていることが判明して…。
世界で1000万部突破の大人気シリーズ第4弾。
-----------------------

2006年に発表された「エリカ&パトリック事件簿」シリーズの第4作目… 前作から数ヶ月後の設定のようで、「マヤ」は這い這いを始めています、、、

「エリカ」の妹「アンナ」は前作の終盤でDVの元夫「ルーカス」を殺害(正当防衛)したことから引き籠りとなり、子どもたちと「エリカ」と「パトリック」の家に身を寄せており、「エリカ」は愛娘「マヤ」だけでなく、姪の「エンマ」と甥の「アドリアン」の母親役も… そして、懲戒免職となった「アーンスト・ルンドグレーン」の後任として女性警察官「ハンナ・クルーゼ」が着任等々、時期やプライベートな設定が前回と変化した状況下で新事件の解決に挑みます。


今回の事件のテーマは飲酒運転… 「ハンナ」の着任日早々に発生した交通事故が発端、、、

自損事故で死亡した運転手「マーリット・カスペシェン」は、パートナー「シャシュティン」(同性)との喧嘩後に自宅を飛び出し、その後、飲酒運転で道路脇に突っ込み即死… しかし、「マーリット」には飲酒の習慣がなかったにも拘わらず泥酔していたことから「パトリック」は事故ではなく、事件ではないかという疑惑を持つ。

検死の結果、「マーリット」は大量のアルコール摂取による中毒死の後、交通事故に見せかけられたことが判明、、、

そして、「パトリック」は、過去10年にスウェーデン各地で類似の事故や事件が起きており、その被害者たちは過去に飲酒運転で加害者になっていたという共通点を発見… 同一犯の犯行と想定される中、30年以上前の飲酒運転で被害者となった女性「シーグリッド・ヤーソン」の車中に謎の兄妹が乗車していたことが判明し、その兄妹が容疑者として浮上する。


事故や事件現場に残されたグリム童話『ヘンゼルとグレーテル』の切り取られたページの謎、

挿話される謎の兄妹と女性の物語、

人気テレビシリーズでリアリティ番組『ファッキング・ターヌム』と事件の関係性、

『ファッキング・ターヌム』出演者「バービー(リッレモール・パーション)」の殺害、

等々のエピソードが巧く絡んで展開… そして、兄妹は復讐を果たした後、三歳のときに、亡くなったとされた海に消えて行きます、、、

哀しみの連鎖… 不幸の連鎖… 切ない結末でした。



このシリーズの醍醐味は、事件解決のサイドストーリーとして描かれるプライベートな描写、、、

事件解決直後「パトリック」と「エリカ」が遂に結婚式を挙げ、「アンナ」は「トード」と愛を育み、「メルバリ」の失恋(結婚詐欺?)、「エリカ」と「アンナ」が母親の謎を調べようとしたり… と、相変わらず続篇を読みたくなる巧い終わり方ですね。




以下、主な登場人物です。

「エリカ・ファルク」
 伝記作家

「パトリック・ヘードストルム」
 ターヌムスヘーデ警察署刑事

「マヤ」
 エリカとパトリックの娘
 
「ハンナ・クルーゼ」
 ターヌムスヘーデ警察署、新入りの刑事

「ラーシュ」
 ハンナの夫、臨床心理士
 
「マーリット・カスペシェン」
 雑貨店経営者
 
「シャシュティン」
 マーリットの恋人(同性)
 
「オーラ・カスペシェン」
 マーリットの元夫
 
「フレードリック・レーン」
 『ファッキング・ターヌム』プロデューサー
 
「バービー(リッレモール・パーション)」
 『ファッキング・ターヌム』出演者
 
「カッレ」
 『ファッキング・ターヌム』出演者
 
「ヨンナ」
 『ファッキング・ターヌム』出演者
 
「ティーナ」
 『ファッキング・ターヌム』出演者
 
「ウッフェ」
 『ファッキング・ターヌム』出演者
 
「メーメット」
 『ファッキング・ターヌム』出演者
 
「アーリング・W・ラーション」
 タームヌスヘーデ自治体委員
 
「アンナ」
 エリカの妹、二児の母

「バッティル・メルバリ」
 ターヌムスヘーデ警察署署長
 
「マーティン・モリーン」
 ターヌムスヘーデ警察署刑事
 
「ユスタ・フリューガレ」
 ターヌムスヘーデ警察署刑事
 
「アーンスト・ルンドグレーン」
 ターヌムスヘーデ警察署刑事
 
「アンニカ・ヤンソン」
 ターヌムスヘーデ警察署事務官
 
「ダーン・カールソン」
 漁師、エリカの昔のボーイフレンド
 
「トード・ペーデシェン」
 イェーテボリ警察管区法医学室監察医