『踊る骸』――エリカ&パトリック事件簿2013/05/08



子供が生まれ、しばらくエリカが子供の面倒を見ていたのですが、今度はパトリックが育児休暇を取ることになりました。
しかし、思ったほど執筆に集中できないエリカです。
というのも、屋根裏部屋で戦時中に母親が書いた日記と血のついた子供のセーター、そして、ナチスの勲章を見つけたからです。
母は何故エリカたち子供に愛情を注いでくれなかったのか。
その理由が知りたいと、エリカはずっと思っていました。
これらの物から母のことが少しはわかるでしょうか。

ちょうど、その頃、勲章の鑑定を依頼していた歴史家が殺されます。
彼は戦中、母が仲がよかった三人の友人のうちの一人で、彼らは何故か戦後は付き合いを絶っていました。
彼が殺されたのは戦時中の出来事と関係があるのではないか。
そう感じたエリカは彼らの過去を調べ始めます。

育児休暇を取ったはずのパトリックが子どもの散歩中にエリカに内緒で警察署に遊びにいき、捜査に加わっています。
そんなパトリックですから、エリカが彼の育児に対して憤慨しているのもわかります。
こういうことに進んでいそうなスエーデンなのに、どこの国でも男性が育児休暇を取るということが難しいということがわかりました(笑)。

このシリーズはどの本も七百ページ以上あり厚いのですが、おもしろく読めます。
北欧というと、家具やテキスタイルなどの印象から明るい国と思っていたのですが、このシリーズを読んでからは、色々な歴史のある、奥深い国であると思うようになりました。

母の過去を知った後、エリカたちにどんな人生が待っているのでしょうね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2013/05/08/6804129/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ じゅうのblog - 2015/06/09 23時35分54秒

「カミラ・レックバリ」の長篇ミステリー作品『踊る骸―エリカ&パトリック事件簿(原題:Tyskungen、英語題:The Hidden Child)』を読みました。
[踊る骸―エリカ&パトリック事件簿(原題:Tyskungen、英語題:The Hidden Child)]

「カミラ・レックバリ」作品は、先月に読んだ『死を哭く鳥―エリカ&パトリック事件簿』以来ですね。

-----story-------------
今は亡き母は、なぜ最期まで私達姉妹に冷たかったのだろう?
屋根裏で母が戦時に書いた日記と古い勲章を見つけたことで、再び謎と向き合うことになった「エリカ」。
だが、勲章の鑑定を頼んだ歴史家は直後に撲殺され、ヒントを探すため読み始めた母の、別人のように感情豊かな日記は戦中のある日唐突に終わっていた。
スウェーデン発シリーズ第5弾、二つの時代が交錯する味わい深い名作ミステリ。
-----------------------

「ラーシュ・ケプレル」、「カーリン・イェルハルドセン」等、ここのところスウェーデン作家の作品が続いています… 北欧ミステリがマイブームですね。


2007年に発表された「エリカ&パトリック事件簿」シリーズの第5作目… 「マヤ」が1歳の誕生日を迎え、「パトリック」が育児休暇を取得したというプライベートな設定が前回と変化した状況下で新事件の解決に挑みます。

今回は、歴史家「エーリック・フランケル」の殺人事件の動機を探るうちに、青年時代(60年前)の「エーリック」の交友関係を調査することになり、その中で「エリカ」の母親「エルシ」(故人)が事件の鍵を握っていることが判明、、、

「エルシ」が子どもたちに愛情を示さなかった謎を調べようとしていた「エリカ」が、この操作に深く関わってくる展開… 久しぶりに「エリカ」が直接的に推理に関わる展開でしたね。

現代と60年前(1943年〜1945年)のエピソードが交互に紹介されながら、徐々に真相に近づいて行く「カミラ・レックバリ」らしい展開で、700ページを超える大作でしたが、飽きずに愉しく読めました。


本作は、前作『死を哭く鳥―エリカ&パトリック事件簿』のエンディングで示唆された「エリカ」と「アンナ」が母親の謎を調べようとする動きの続きとなっており、、、

○「エリカ」は4年前に交通事故で亡くなった母「エルシ」の箱を整理していたら若いころの日記帳や古いナチスの鉄十字勲章、幼児用のセーターを発見。

○「エリカ」は、ナチスの鉄十字勲章の鑑定を「エーリック」に依頼。

○若者が二人空き巣に入り、「エーリック」の死体を発見。

○育児休暇中だった「パトリック」だが、娘「マヤ」と散歩中に現場検証しているところに出くわして捜査に首をつっこむことに。

○「エリカ」は、「エルシ」の日記から、当時(60年前)に「エルシ」は殺害された「エーリック」や有名な極右活動家「フランス」、同年代の女性「ブリッタ」と親しくしていたことを知る。

○「エリカ」は、「ブリッタ」を訪ねるが「ブリッタ」はアルツハイマーを患わっており詳しい話は聞けなかったが「説明したかった、でも、できないでいたの……」、「昔の骨が。安らかに眠るようにしなくちゃ……無名の戦士が囁いている」と意味不明の言葉を伝える。

○そして、第二、第三の殺人事件が発生し、「エルシ」の旧友たちが次々に命を落とす…

と、次々に新しい事実や謎が提示されます。


次々と視点を変えながら物語が進展するところが「カミラ・レックバリ」作品らしい展開… これがなかなか効果的なんですよね。


その後は、

○「エーリック」が50年間も送金を続けた相手がいたことが判明し、しかも受取人は最近死亡。

○「エルシ」たちの周囲に、当時、ノルウェーから避難してきたレジスタンスの「ハンス・オーラヴセン」という青年がいたことが判明。

○「エリカ」の推理をもとに第一次世界大戦時のドイツ兵の墓を暴いたところ、別な遺体が発見される。
 (本シリーズで墓を暴くのは三度目ですね… 今回は「メルバリ」が積極的に検察側を説得して驚きました)

○「エルシ」の遺した鉄十字勲章は「ハンス」の父親のもので、「ハンス」はナチス側の人物であったことが判明。

○「エリカ」には兄(義兄)がいたことが判明…

と、新しい謎が提示されつつ、徐々に疑問や謎が解け、クライマックスで60年前と現在の出来事や犯行が一本の線としてつながります。


そして切ない結末、、、

「だって、愛さなければ、愛を失う危険性はないのだから。」

この最後の一行に、心が締めつけられましたね。



相変わらずサイドストーリーとして描かれるプライベート面の展開が秀逸、、、

前作で失恋(結婚詐欺?)した「メルバリ」に新しい恋人ができたり、

その恋人が新人警官「パウラ」の母親だったり、

「パウラ」のパートナーは同性で、しかも妊娠→出産したり、

「エリカ」と「アンナ」が妊娠したり、

と、相変わらず続篇を読みたくなる巧い終わり方でした。



以下、主な登場人物です。

「エリカ・ファルク」
 伝記作家

「パトリック・ヘードストルム」
 ターヌムスヘーデ警察署刑事

「マヤ」
 エリカとパトリックの娘
 
「エルシ」
 エリカとアンナの母、故人

「エーリック・フランケル」
 エルシの幼なじみ。歴史研究家
 
「アクセル・フランケル」
 エーリックの兄
 
「フランス・リングホルム」
 エルシの幼なじみ。極右運動家
 
「シェル・リングホルム」
 フランスの息子。新聞記者
 
「ペール・リングホルム」
 シェルの息子、フランスの孫
 
「ブリッタ・ヨハンソン」
 エルシの幼なじみ
 
「ヘルマン・ヨハンソン」
 ブリッタの夫
 
「アンナ」
 エリカの妹、二児の母

「ダーン・カールソン」
 漁師、教師、エリカの昔のボーイフレンドで現在はアンナのパートナー

「クリスティーナ」
 パトリックの母

「カーリン」
 パトリックの元妻

「パウラ・モラレス」
 ターヌムスヘーデ警察署新人刑事

「リータ」
 パウラの母、サルサの教師

「ヨハンナ」
 パウラのパートナー(同性)

「バッティル・メルバリ」
 ターヌムスヘーデ警察署署長
 
「マーティン・モリーン」
 ターヌムスヘーデ警察署刑事
 
「ユスタ・フリューガレ」
 ターヌムスヘーデ警察署刑事
  
「アンニカ・ヤンソン」
 ターヌムスヘーデ警察署事務官 
 
「トード・ペーデシェン」
 イェーテボリ警察管区法医学室監察医

「アーンスト」
 メルバリに懐いている犬、元ターヌムスヘーデ警察署刑事の名前から命名