「鴻池朋子展 根源的暴力Vol.2」@群馬県立近代美術館2016/08/02

新聞に載っていた写真を見て、夫が急にこの展覧会を見に行きたいと言いだしました。


この鮮やかな色使いに惹かれたのです。
群馬の草津へ電車やバスで行ったので、遠いところという印象があったのですが、
車で一時間ちょっと。
意外と近いですね。
近代美術館は高崎市の公園の中にあるので、市民の憩いの場所になっているようです。


群馬の森公園に馬の像がいくつかありました。
群馬はシンボルが馬なのでしょうか?


群馬近代美術館はおもしろい作りの美術館です。


入り口に子どもぐらいの背の高さの、「12人のホイト」という作品が飾ってあります。
牛革に水生クレヨンで描いたようです。

この展覧会では写真が自由に撮れます。

             
奥が「ヤマナメクジと月」。
壁には「Where the Wild Things Are」、手前に素焼粘土の海の生き物。


夫が一番気に入った絵です。
心臓を描いているのですが、タイトルは未定。
心臓の中から骨のような物が出てきているのかな?


「ツギハギ小屋」があり、中で影絵灯籠が映されていました。
赤ずきんちゃんのオマージュ。


なんといっても圧巻なのは、「皮緞帳」です。


大きさが写真では想像できないでしょう。
高さ6メートル、幅24メートルだそうです。
小さな女の子はこれぐらいです。


右側には火山の噴火と子供の描いたような絵、真中は心臓と背骨、その下に蛾、きつねやねずみ、カエルやヘビなどの動物、左側には黒い髪のような蠢くものが描かれています。

鴻池さんは東日本大震災後絵を描けなかったそうです。
昨年からキャンバスではなくて皮に絵を描くようになったそうです。
この緞帳を作るのに、何頭の牛の革がひつようになったことか。


根源的暴力とは何か、と考えさせられます。
鴻池さんは、「人間が物を作って生きていくということ自体が、自然に背く行為となる根源的暴力となる」と捉えているそうです。

ところどころに彼女の言葉がちりばめられています。
その言葉をヒントに、この展覧会は見て感じる展覧会のようです。
皮緞帳は巡回するうちに加筆され、変容していくそうです。


鴻池さんの描く女の子の中で、この作品が気に入りました。
「オオカミこども」という作品だと思います。

作品を見ているうちに、触りたいという欲求に囚われました。
会場を出た先に陶磁器と皮が置いてあったので、触ってみました。

展覧会を見た後に美術館のレストランでランチを頂きました。
ランチの後に、二階の展示室で群馬近代美術館のコレクションを見ました。
よくわからない抽象画もありましたが、黒い木で作った作品が気に入りました。

帰りはガトーフェスタハラダ本店と入間のアウトレット経由でした。

矢崎存美 『ドクターぶたぶた』2016/08/03

またまたおもしろい寝相を見せてくれました。


いつの間にか頭が出ていました。
手がかわいらしいですね。

写真を撮られているのはわかっているのですが、身体が動かないという、人間でいうと金縛りにあっているような状態なのでしょうね。
折角寝ているのに迷惑かもしれないので、しばらく写真を撮るのは控えましょう。



ぶたぶたさんが医者になってしまいました。
それも消化器系内視鏡手術のエキスパートなんです。
いくら上手い医師だとはいえ、ぬいぐるみですから、内視鏡手術をお願いするのは躊躇しますよね。
その所をどうぶたぶたさんは乗り越えていくのでしょうか。

表紙の絵がいつも思うのですが、とってもかわいらしいです。
絵からは女の子のぶたさんを想像するかもしれませんが、ぶたぶたさんは中年男性ですから、そのギャップがいいんでしょうね。


太田詩織 『櫻子さんの足元には死体が埋まっている(8) はじまりの音』2016/08/07

七夕祭りをやっている阿佐ヶ谷に行ってきました。
相変わらず人が多いです。
お店の前で売っている食べ物を食べたりするのが楽しみなのでしょうね。

今年の金賞はこの鉄人28号。(照明のあたらないところにあったので、残念)


噂の人がいました。


手にもっているのはなんでしょうね。
昨年はこれはいいというのがあったのですが、今年はそれほどでもないような。
途中で人ごみが嫌になり、横道から中通に出てカレーを食べて帰りました。


kindleで発売されていたので、続きを読んでみました。

今や有名な観光スポットになっている「青い池」が出てきて、二年前に行っている私は嬉しくなりました。
どこに死体があったんだろうなんて、思ったりして。

設楽教授のお見舞いに正太郎君が櫻子さんと一緒に行った時に、正太郎君は青葉さんという教授の後継人に会います。
この時、青葉さんの態度がよくなく、いい印象を持ちませんでした。
ところが後日、謝罪の意味で青葉さんはヘビのブリーダーのところに連れて行ってくれました。
その帰りに寄った青い池で、彼らは死体を見つけてしまいます。


櫻子さんと出会ってから死体に遭遇することの多くなった正太郎君。
気をつけろ!君の将来はどんどんと違う方面に向かっているぞ。

花房との対決は先送りになっています。
対決=物語の終わりなのでしょうね。

小路幸也 『ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード』2016/08/08



年に一回発売される、東京バンドワゴン・シリーズの11作目です。

堀田家のみなさんは元気です。
85歳になる勘一さんはイギリスまで行ってしまいます。
花陽はもう高校三年生になり、東京の私立の医大を受験することになります。
研人は顔を出さずに音楽デビューしていたのですが、あることがあり、テレビに出演。
他の女性たちはこれといったことがなく、ちょっとさびしいですね。
IT企業社長の藤島さんの家族のことがわかり、赤ちゃんだったかんなと鈴花は4歳で友達のことを思いやれるようになっています。

マンネリ化したとか、飽きたとかいいながら、読んでしまうシリーズです。

朝井まかて 『眩(くらら)』2016/08/11

相変わらず、我が家の犬は大胆な寝方をしています。


スヌーピー小屋は壊されたので、新しい物を買いました。
まだスヌーピーは無事です。

ヨーキーは小心者なので、ハウスの中でクッションの下に寝ています。
いつになったら兄のように、お腹を上にして堂々と寝るのでしょうね(笑)。



北斎の娘で風景画から春画までこなす画家でもあるお栄(応為)の生涯を描いた作品です。

女でありながら、絵の世界に魅せられ、家事をするぐらいだったら絵を描いていたいというお栄。
口うるさい母や借金まみれの甥に悩ませられながらも、自分の世界を切り開いていきます。
江戸時代に女絵師であるということはどんなことだったのでしょうか。
幸いなことに女であったために父・北斎と競うこともなく、自分の世界を切り開いていけたのかもしれませんね。

表紙の絵は「吉原格子先図」(太田記念美術館蔵)。
廓から出ている明かりに照らされている様が美しいです。
江戸時代に描かれたとは思えない遠近法を取り入れた絵ですね。

本の中にはこの絵の他に三種類の楽器を弾く三人の女性を描いた「三曲合奏図」(ボストン美術館蔵)や毒矢の治療をしている「関羽割臂図」(クリーブランド美術館蔵)、「春夜美人図」(メナード美術館蔵)などが出てきます。


毒を抜くために血を抜いているのに平然と囲碁をうっているのがすごいですね。


町娘と芸者、遊女がお琴と三味線、胡弓を演奏しています。
現実にはありえませんが、じっとみていると音が聞こえてくるようですね。

応為の絵を見てみたいですが、この2つはアメリカにあるようで、残念です。
応為の晩年は知られていません。
どういう一生を送ったのか、興味があります。