矢崎存美 『ドクターぶたぶた』2016/08/03

またまたおもしろい寝相を見せてくれました。


いつの間にか頭が出ていました。
手がかわいらしいですね。

写真を撮られているのはわかっているのですが、身体が動かないという、人間でいうと金縛りにあっているような状態なのでしょうね。
折角寝ているのに迷惑かもしれないので、しばらく写真を撮るのは控えましょう。



ぶたぶたさんが医者になってしまいました。
それも消化器系内視鏡手術のエキスパートなんです。
いくら上手い医師だとはいえ、ぬいぐるみですから、内視鏡手術をお願いするのは躊躇しますよね。
その所をどうぶたぶたさんは乗り越えていくのでしょうか。

表紙の絵がいつも思うのですが、とってもかわいらしいです。
絵からは女の子のぶたさんを想像するかもしれませんが、ぶたぶたさんは中年男性ですから、そのギャップがいいんでしょうね。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2016/08/03/8145090/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ こみち - 2017/03/19 09時43分23秒

 

 

 

 

 

 


JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

ぶたぶたシリーズ

 

 

 

 山崎ぶたぶたが内視鏡を使って手術するシーンと

 

メスを握るぶたぶたは、想像するのは難しいですが

 

思わず思い浮かべてしまうぶたぶたのドクター姿と

 

内視鏡との構図は相性がいい気がします。

 

しかし、山崎ぶたぶたの人柄を知らない人からみると

 

手術担当医が、ぶたの縫ぐるみだなんて

 

とても信用できませんよね。

 

何故、診察医が手術をしてくれないのか!

 

担当を変えてくれ!

 

などの苦情も多々あるのも肯けます。

 

実際に手術を受けた人たちの

 

話を聴かなければ、狐につままれたような

 

感じがするのでしょう。

 

これは病院側の広報の問題ですね。

 

まあ、ぶたぶたはあまり気にしていないのが

 

何よりです。

 

 

 

 他にもぶたぶたが、地方で車を運転して

 

巡回診療をしている話が出てきました。

 

特に過疎化が進んでいる限界集落と云う場所では

 

大きい街に行かなくては、病院はありません。

 

ましては、持病を治療するための薬も

 

無くなれば、生命の危機になる人もいるでしょう。

 

そんな中、ぶたぶたが巡回診療を掏る描写を

 

本の中で描くのは、とても心が温まります。

 

 

 

光文社

 

 

 

【言及リンク】