有栖川有栖 『鍵の掛かった男』2016/09/01



初めて読む、作家アリスシリーズです。
アリスというから女かと思ったら、男でした。
探偵役の犯罪学者・火村英夫と、その助手役の推理作家・有栖川有栖が事件の謎を解いていくというシリーズ(らしい)。
最新作を読んだのですが、途中から読んでも問題ありません。

名前を知っている程度の女流作家から、ある男が自殺をしたと言われているが、自殺をするような人ではないので、調べて欲しいという依頼がきます。
死んだ男は梨田稔といい、大阪の中之島のプチホテルのスウィートに長期滞在をしていました。
彼のことをいい人だと、ホテルの従業員もホテルのゲストもみな言うのですが、彼の過去を知っている人は誰一人としていませんでした。
彼の過去には鍵がかけられていたのです。
火村が大学入試で忙しいので、アリスは一人、ホテルに乗り込み、梨田の過去を調べていきます。
肝心の自殺か他殺かは、後から来た火村に解かれちゃいますが、それも愛嬌かな。

梨田という男の過去が次々と解かれていくところがおもしろかったです。
読む本がない時に、作家アリスシリーズでも読んでみますわ。


堂場瞬一 『二度泣いた少女 警視庁犯罪被害者支援課3』2016/09/02



今回は頭が出ている兄犬の寝相。
夏は暑いので、こんなになるのでしょうかね(笑)。



警視庁犯罪被害者支援課シリーズの三作目。

父親が殺されていると娘から通報があったと支援課に電話がきました。
娘の名前を聞いた支援員の松本優里は、機能不全に陥ってしまいます。
優里曰く。その少女が親を殺されるのが二度目だと言うのです。
彼女の父親は八年前に殺されていたのです。
村野はとりあえず安藤梓を連れて、被害者の娘、青木那奈に会いにいくことにします。
那奈はショックを受けている母親の側で涙も見せずにいました。
特捜はそんな那奈を容疑者として扱います。
頭にきた支援課の面々は本橋課長の許しを得て、独自に事件を調べることにします。

管理職として本橋課長はいい見本です。
被害者に寄り添い過ぎてはいけない支援員はつらいですね。

堂場さんのシリーズ物ではアナザーフェイスが一番好きですが、二番目は支援課シリーズです。
主人公は万能ではなくて、何か負い目がある方がいいですね。


今井絵美子 『永遠に 立場茶屋おりき・シリーズ』2016/09/04



立場茶屋おりき・シリーズも最終巻になりました。
先代おりきの孫娘・里実が現れ、女中見習となりました。
里実はよくできた娘で、おりきの後継ぎとしてはぴったりな娘でした。
おりきが養子縁組をしたおきちは実の兄の結婚式に出席しに京都にいったっきりなかなか戻ってきません。
やっと戻ってきたと思ったら、おりきが里実に三代目を継がせるつもりだと思ったといい、吉野屋幸三と結婚すると言いだします。
色々とありましたが、落ち着くところに落ち着き、立場茶屋は今後も繁盛していくようです。

無事完結。
途中でちょっと飽きたけれど、最後まで読めてよかったよかった(笑)。



めずらしくハウスの中で寝ている兄犬。
クッションが厚すぎかな?
寝ていたのを邪魔されて、かわいそう・・・。

『死神遊び』―エリカ&パトリック事件簿2016/09/09



35年前の復活祭の前日、ヴァール島の寄宿学校校長一家が忽然と姿を消した。
テーブルには復活祭の料理が、そして、1歳の末娘エッバが残されていた。

事件から35年経ったある日、息子を不慮の事故で無くしたエッバが夫と共にヴァール島に戻ってきました。
ところが放火が起こり、改装しようと剥がした床下から大量の古い血が見つかりました。
パトリックが事件を扱うことになりますが、一家の失踪に興味のあるエリカはパトリックの同僚で35年前の事件を扱ったユスタに取り入り、捜査内容を知ろうとします。

エッバの家族に35年前に起こったこととは・・・。
そして、放火をしようとした犯人は誰か。

このミステリを読んでからスウェーデンに対するイメージが変わりました。
ミステリ小説は社会を反映していると思うからです。



兄犬は毎晩、気持ちよさそうにひっくり返っています。
手がかわいいです。

大崎梢 『スクープのたまご』2016/09/10



日向子は運よく希望の大学に入れ、就職も誰もがうらやむ出版社に入れたのに、一年後に配属されたのが、スキャンダルを追う週刊誌部門。
張り込みはもちろんのこと、聴き取り、尾行もあり、なんか週刊誌の記者というよりも刑事みたいです。
本当に週刊誌記者の方はこういうことをやっているんでしょうかねぇ。
大変ですね。
週刊誌に関わりたい人、必見のお仕事本です(たぶん)。

思っていたよりも、読んでいてあまりワクワク感がなくて残念でした。
週刊誌って興味ないからなのかしら?


我家の犬は昨夜も堂々と寝ていました。


ハウスの中ではなくて、ベッドに寝ているのはいいのだけれど、何故か首が落ちています(笑)。