庭で遊ぶ2016/10/02

雨が降っていないので、久しぶりに庭で遊ばせてみました。
弟犬は外が大好き。
よく逃げ出して、窓のところに行き、庭を見ています。
散歩に行っても暑さに弱いので、すぐハアハアして座り込みますがね(笑)。


二匹が並ぶと、弟の方が大きいのがわかります。


赤い輪を投げると何回も取りに行きます。
兄は持ってこいをやりませんが、弟を追いかけるのは好きです。



もっと投げてよと訴えかけます。


やり過ぎて疲れると、舌を出しながら横になります。


兄にマウンティングしようとしますが、まだできません。


目力が兄よりもあります。
カメラを向けると、兄は絶対に見ようともしませんが、弟は違います。


兄は庭ではウロウロと歩き回り、時たま弟を追いかけます。


顔は茶色ですが、胴体がシルバーになっています。
どうやら兄よりも野生児のようです。

弟を捕まえて家にいれて身体を拭こうとすると、兄が(わざと?)吠えて周りに迷惑をかけます。
仕方ないので、兄を捕まえ、身体を拭きました。
弟がさびしそうにしています。

人間でいうと弟は24歳、兄は34歳ぐらいでしょうか。
人間の歳で考えると、もう立派な大人ですねぇ(笑)。

坂木司 『アンと青春』2016/10/03



やっと雨が止み、お散歩に行けました。
そうすると、うれしかったのか、めずらしく二匹共に前を向いてくれました。
ひさしぶりにかわいく撮れました♪



和菓子のアン』の続篇です。

まだまだ自分の進む道を見つけられず、自信のないアンちゃんですが、前回よりもできる女になっています。
今までは知らないことを人に聞いて終わりにしていたのに、今度はちゃんと自分で調べて答えを考えるようになっています。
周りの人たちはアンちゃんの成長をちゃんとわかってくれています。
でも、アンちゃんはそういうことを感じられない人です。
ちょっと鈍いんです。
その鈍さが恋愛の方にも行ってしまいました。
隣に出店してきた『K』というお菓子屋さんの店員さんと仲良くなったのを、乙女な立花君がジェラシーを感じてるなんて、全く思わないんだから。
一緒に中華街まで行ったのにね。
次は二人の恋バナになるのかな?

今回はちょっとお菓子にまつわる嫌~なことが書いてあるので、心がほんわかとまではいきませんでした。
人の悪意を書いてある本って、あまり好きではないのです。
お菓子ですから、心躍らせ食べたいですもの。

近藤史恵 『スティグマータ』2016/10/05



サイクルロードレースのプロ選手を描く「サクリファイス」シリーズ。
「スティグマータ」とは「聖痕」のことだそうです。

サイクルロードレースのプロ選手である白石誓(チカ)に、日本で二年間チームメイトだった伊庭が会いにきました。
彼はチーム・ラゾワル移籍をするというのです。
そして、ドーピングで告発され、全ての記録の剥奪と二年間の出場停止処分を受け、引退を表明していたメネンコがラゾワルと契約したと言うのです。
一体、メネンコは何のためにレースに戻ってきたのか・・・。

しばらくして、伊庭からメネンコがチカに会いたがっていると言ってきます。
メネンコ会ってみると、殺すという脅迫電話があり、心配だからツール・ド・フランスの時にチカにチームメイトのアルギを見張っていてほしいというのです。
断る理由がなかったので、チカはツールに出ることがあったら、アルギに注意を払うと約束します。

チカはツールでエースのニコラのアシストをすることになります。

過酷なレースで次々と選手がリタイア―していきます。
ニコラの調子はよく、メネンコのチームも同じように上位に食い込んでいました。

第十五ステージでニコラがステージ優勝した後に事件は起こります。

ツール・ド・フランスをテレビでも見たことがありませんが、山岳や石畳を走ることの過酷さが出てきて、どんな感じか見てみたいと思います。
絶対に自分では走ってはみたくないですがね。
あんなに大勢で走っているのに、アシストした選手は忘れられ、エースの名だけが残されるなんて、非情なレースです。
いつか実際にツールを見てみたいものですが、駅伝の時よりももっと速く、アッと言う間に自転車は通り過ぎていくのでしょうね。

後一年、同じチームで走ることになったチカですが、そろそろ引退かな?



うちのデカ耳ちゃんはハウスから顔を出しています。
ミッキーみたいなかわいい顔をしてます(馬鹿親)。


兄は相変わらず、ひっくり返って寝ています。
手がかわゆいです。

近藤史恵 『黄泉路の犬』&『狼の寓話』2016/10/09



題名が固いので、内容まで固い(ハードボイルド)かなと思ったら、全く違っていました。
本格的警察小説を期待してはいけません。
新米刑事とその先輩の女刑事のお話です。

新米刑事・圭司は殺人事件現場で証拠になりそうな髪の毛を流してしまい、女刑事・黒岩と組まされることになります。
黒岩と一緒にやり始めたのが、ホテルで殺された男の行方不明の妻の捜索です。
妻が殺害したのではないかと思われているのですが、黒岩は逮捕状を取らず、彼女のバックグランドを調べ始めます。
彼女は二度結婚しており、最初の夫はDV男で、彼女はその被害者でした。


強盗被害にあった姉妹が飼っていたチワワを探して欲しいと言ってきます。
圭司と黒岩が調べ始めると、ある女の自殺事件につきあたります。
女は一人で一軒家に住んでおり、家には何十匹の犬と猫がいました。
一見、動物保護者のような顔をしていましたが、実は彼女は「アニマル・ホーダー」でした。

「アニマル・ホーダー」って聞きなれない言葉ですね。
よく犬屋敷とか猫屋敷とか言われ、悪臭とか鳴き声がご近所に迷惑をかけているのに、自分は恵まれない動物を保護しているのだと開き直る人がいますが、実際は動物たちはひどい環境に置かれているなんていうことがありますよね。
そういう人のことを言うのだそうです。
一種の精神的な病気ですよね。
病気という自覚がないので、なかなか難しいようです。

DVとかアニマル・ホーダーとかの社会問題を扱っていますが、登場人物たちの会話がコミカルで、それほど悲惨な感じはありません。
シリーズ物として続いていきそうです。


兄犬が相変わらずひっくりかえっているので、今度は違う角度から写真を撮ってみました(笑)。


いかがですか?

『アガサ・レーズンとカリスマ美容師』―英国ちいさな村の謎82016/10/10



大きくなってヨーキーらしくないヨーキーです。
結構吠えるのでうるさいです。


隣に住むジェームズのことが好きなのに、彼はアガサに何も言わずに、どこかに行ってしまいました。
そんなわけで、暇をもてあましているアガサは髪に白髪を見つけ、牧師の妻に勧められた美容室に行ってみることにします。
イケメン美容師のジョンがとてもいい感じにしてくれましたが、アガサは彼にうさんくささを感じます。

ジョンにディナーに誘われたアガサは、レストランを出ようとした時に知り合いのミセス・フレンドリーがジョンを見て顔色を変えて、急いでいなくなったのを見て、二人の間に何があったのか疑問を持ちます。
ひょっとしてジョンは店のお客さんをゆすっているのではないかしら。
そう思ったアガサはよせばいいのに、たまたまやってきた準男爵のチャールズと共に退屈しのぎにジョンを調べてみることにします。

ジョンのことを調べるためにアガサが美容室に行って髪をブローしてもらっている時に、ジョンは倒れ、息を引き取ります。
彼は毒殺されたのでした。
一体、誰がやったのか。
休暇を取っている友人のウォンが連絡をよこさないことにも怒っていたアガサは、あてつけなのか、事件を調べることを止めません。

読んでいくと、とってもアガサがかわいそうになります。
せっかくできた友人のことも信じられず、人恋しいのに、そういえずに我をはっているアガサ。
田舎に住んでいるというのに、のんびりゆったりとできないアガサ。
出会う男がみな彼女を大事にしてくれないのに、去って行かれるのが嫌で、思っていることも言えないアガサ。
根はいい人なのに、彼女のことをわかってくれる人はなかなかいません。
牧師の妻のミセス・ブロクスビーだけは彼女の良さを理解してくれているようですが。
このシリーズの魅力は、アガサのこういう憎めない性格でしょうね。
願わくば、シリーズが終わる頃にはアガサが幸せになってくれることです。
イギリスで27冊も発売されているそうです。
まだまだアガサが幸せになる日は遠いですね。