三上延 『ビブリア古書堂の事件手帖7~栞子さんと果てない舞台~』2017/03/01



買ってきた桃の花が咲きました・・・しかし、不器用な私は花を枝から落としてしまいました(笑)。
仕方ないので、水に浮かべて撮ってみました。


2歳になるというのに、まだまだお子ちゃまの弟は、去勢をしていなかったのですが、色々と考えしようということになりました。
本当はもっと早くした方がよかったのですが・・・。


ライトノベルの美人の一人は栞子さん。
二人目は櫻子さんと思いますが、他にもいますか?
あまりライトノベルは読まないので、この2人しかしりませんがね(笑)。

太宰治の『晩年』をめぐる事件でけがをした、俺こと五浦大輔ですが、やっと動けるようになり、ビブリア古書堂で働き始めました。
そこへ例の『晩年』を売りに来たのが、舞砂道具店の吉原喜市。
彼はこちらの足元を見て、破格の値段を提示します。
仕方なく承知する栞子。
一緒に置いて行ったのが、『人肉質入裁判』という明治十九年に出版されたシェークスピアの『ヴェニスの商人』の翻訳本でした。
彼の意図をはかりかねて戸惑う二人でしたが・・・。

舞砂道具店とは『晩年』を買えば縁が切れると思っていたら、謎になっていた栞子の祖母がわかります。
彼女の今の夫が本のことを相談したいと書店に現れたのです。
彼の登場で栞子はシェークスピアのファースト・フォリオを巡る計略へと巻き込まれてしまいます。

最後はシェークスピアときましたか。
大学の授業をとりましたが、1回ぐらいしか出ずに適当にレポートを出して単位をもらいました(恥)。もちろん成績は悪いですよ。
もっと勉強しておけばと思います。
そうすれば、この本に載っていることぐらい知っていたとえばれるものね(誰に?)。
若者よ、授業にはちゃんと出ようね。

さて、『ビブリア古書堂の事件手帖』も七巻目で終わりを迎えました。
今後はスピンオフが書かれるようです。

遊びのルール2017/03/02

先日、動物病院に去勢手術の相談に行ってきました。
手術を受けるのは弟犬です。


引越をした後にワクチンを打ちに行って、しばらく行っていない病院です。
受付の5分ぐらい前に着くと2名がいただけで、すぐに診てもらえそうと思ったら、それから1時間ぐらいも待ちました。
診察も初めは看護師さんで、ビデオで手術の様子を見せてくれたのはいいのですが、その後に獣医さんが現れ、聞かれたことは全く同じことでした。
診察後も一時間ぐらい待ってやっと会計です。
もしかすると会計の人が遅いだけ?
(引っ越す前の動物病院では診察が終わるとすぐに会計で、せいぜい一時間弱で終わったけれど・・・)
人間の病院も待つけど、動物も同じように待たなければならないようで、今の場所にいる限り犬たちが病気にならないように面倒をみなければならないなと思いました。

さて、犬たちは今日は家の中でボール遊びです。
弟がいつもボールを取ってしまうので、最初は兄とママで遊びます。


ボールを転がすと、すぐに咥えてハウスに持っていきます。


わざとボールを離して取らそうとします。
手を出すとうなります。


取れるなら取ってみろと言っています。
そろそろ弟の出番です。


ボールを持って投げようとすると、弟が寄ってきて取ろうとします。
弟は待たせて兄にボールを渡します。


弟を呼んでいます。


止めればいいのに、ボールをわざと落とします。
そうすると・・・。


弟が取ってしまいました。
兄は弟にわざとボールを取らせているのですが、弟は咥えると絶対に離そうとはしません。
仕方ないので、ママが弟からボールを取って兄に渡します。


ボールは兄のところに戻りました。
しかし・・・。


兄がボールを離したすきに弟がボールを取って離しません。


兄がボールを離さない弟にあきれています。


「ママ、これでは遊びになりません。こいつどうにかしてください」と兄がこちらを見ています。

兄は競うのが嫌らしく、弟に譲ってしまいます。
ところが弟はおやつでもボールでも兄を押しのけて先に取ろうとします。
ボール遊びも交互にボールを取るといいのですが、弟にはそういう気はないようです。
弟はブリーダーさんの所で兄弟と一緒に遊んでいたはずなのですが・・・?

『ヴェルサイユの宮廷庭師』を見る2017/03/03



私が最初の花を落としてから桃の花が無事咲きました。
桃ってこんなに濃い桃色だったんですね。


無性に映画を見たくなる時期ってありませんか?
私はどうやら春に近づくと見たくなるようです。
映画館に行けばいいのに、重い腰がなかなかあがりません。


「A little chaos」っていいですね。
a little chaosが人生に彩りをそえるんじゃないでしょうか。

ずっと前にヴェルサイユに行ったのに、庭園を見てきませんでした。
もったいない。
ルイ14世が作ったのですね。
演じるのはこの人(⇓)。
合っていないかと思ったのですが、さすが俳優。
ちょっと影のある寂しい王様という感じが出ていました。


時代は1682年。
この時代に女造園家がいたのかどうかは定かではありませんが、サビーヌ・ド・バラ(ケイト・ウィンスレット)は造園家として草や木々に取り巻かれ、土をいじって暮らしていました。
そこへヴェルサイユ宮殿の庭園建設への参加を求める王からの書状が来ます。
責任者ル・ノートルとの面接に行きますが、面接に来ていた男の造園家からは疎んじられ、ル・ノートルとの面接も数分で終了してしまいます。
諦めていたところにル・ノートルが現れ、<舞踏の間>を任されます。
庭園作りは水のないところに滝を作るなど困難を極めました。

サビーヌとル・ノートルはいつしか惹かれ合うこととなります。

その頃、ルイ14世は王妃を亡くし、失意の底にありました。
ある庭で悲嘆にくれている時にサビーヌが現れ、彼を造園家のムッシュ・ド・ラ・カンティニと間違えてしまい、このことが縁になり、ルーブル宮に招かれることとなります。
飾らないサビーヌは女性宮廷貴族たちに受け入れられます。

ところがル・ノートルと契約結婚をし、やりたい放題だった妻はサビーヌとのことに気づき、謀を企てます。

庭は無事に完成できるのでしょうか・・・。

ヴェルサイユのことを描いているのに、イギリス人が映画を作ったのでセリフは英語です。
豪華絢爛たる映像です。
でも私はケイトさんの逞しい胸が気になってしょうがありませんでした(笑)。

互いに結婚生活で失敗をしていて、特にサビーヌは心に深い傷をおっていました。
新しい愛に踏み出すにはまだ傷は癒えていないけど・・・。

内容的には思った通りの終わり方でした。
映像美に浸りたい方にお勧めです。


『セッション』を見る2017/03/04

評判がよいらしい『セッション』を見てみました。
(ネタバレあり)


ジャズドラマーとして一流になりたいニーマンはNYの名門音楽院に入学します。
授業が終わった後、練習している所に鬼教師フレッチャーが現れた次の日に、彼の指導するビッグバンドに二番手のドラマーとして入ることができました。
しかし、それは地獄の始まりでした。

ニーマンの家庭環境をにこやかな顔で聞いておいて、テンポが違うと彼の親のことをぼろ糞に言うフレッチャー。
できないともうこの席はないと脅すフレッチャー。
どんなに努力しても、もっともっとと言うフレッチャー。
鬼軍曹か。


いつしかニーマンはフレッチャーの狂気に毒され、手に血豆ができ、つぶれるまで練習を続けます。
せっかく仲良くなったガールフレンドに一流のドラマーになるためには練習時間が必要で、君とは別れたいとまで言うのです。

一番手のドラマーが楽譜をニーマンにあずけ、その楽譜が紛失してしまいます。
大事な楽譜を自分で管理せず人に預けたことがフレッチャーの逆鱗に触れ、なんとニーマンが一番手となります。
コンテストに出場するためにバスに乗ったニーマンですが、バスがパンクし時間に間に合いそうもありません。
そのためレンタカーを借り急ぐのですが、途中で事故にあい怪我をしてしまいます。
しかし、ニーマンはその体で会場に現れ、スティックを持ちます。
フレッチャーは冷たく、失敗したらお前はお終いだと言い放ちます。

学校を放校になったニーマンのところに弁護士がやってきます。
フレッチャーが事故で亡くなったと言っていた生徒は、うつ病を患い自殺をしており、親がフレッチャーを訴えるので匿名で証言してほしいというのです。

ドラマーになるという夢をあきらめニーマンはコロンビア大学に入りなおします。
町を歩いている時にフレッチャーが演奏しているという看板を見つけ店に入ります。
帰ろうとすると、フレッチャーと目が合ってしまい彼と話をします。
なんとフレッチャーは今度の演奏会のドラマーを探しているので一緒に演奏しないかと誘うのでした。

演奏会の日、久しぶりにドラムと向き合い興奮気味のニーマン。
演奏が始まるという時にフレッチャーが冷たく言います。
裁判の証言をしたのは「お前だろう」と。
そして、彼が観客に告げた曲は、ニーマンに教えた曲ではありませんでした。
ニーマンはなんとかついて行こうとするのですが・・・。

曲が終わり、敗北感でボロボロになったニーマンを抱きかかえる父。
父に言われた言葉でニーマンは奮起し、もう一度舞台へと戻り、フレッチャーを無視して勝手にドラムソロを始めます・・・。

一流になるためには練習が必要なのはわかります。
しかし、生徒をこのように追い詰めて行っていいのでしょうか。
ある程度の厳しさは必要ですが、今の世代は褒めて育てろといいますからね。
これでは音楽嫌いになりますよ。
映画では誰一人として楽しそうに演奏していませんもの。
こんなの音楽ではないですよ。
音楽を好きにさせるのが教師の役割で、その後、一流になるために何が必要かと考え努力するのが生徒だと思います。
フレッチャーは自分が一流になれなかった腹いせを生徒にぶつけているようなものです。
甘い言葉をかけ、その後に罵倒するという彼はマゾか。
嘘の曲を教え、ニーマンが二度とドラムをたたけないように叩きつぶそうとするなんて、彼は絶対に教育者ではないです。

最後に二人は音楽を通して和解したようにも見えますが、フレッチャーですから、終わったらもとの彼に戻ってニーマンを罵倒するんでしょうね。
ニーマンはドラマーになろうがどうしようが、このことが彼の自信になって、今後の人生を彼なりに進んでいけるように思います。



動物病院にヨーキーを連れて来ていた60代男性が「目が大きくてかわいいよ」と奥さんに言っているのに、奥さんに無視されてました。
同じヨーキー仲間だから仲良くなれるというわけではないのですねぇ。
近所のヨーキー連れのおばあさんとは仲良くなれましたがね(笑)。

読んだ漫画2017/03/05



去勢入院に向けて、体調を万全にしようとしています。
一緒に歯を抜いてもらうことにしたのですが、乳歯の数が多く7本以上も抜かなくてはならないといいます。
人間だったら1本でさえ抜く時に大変です。
7本も一遍に抜いて大丈夫なものなのでしょうか?
心配です。



「森の端」というギャングの巣窟のような街で娼婦の母のもとに生まれた一ノ瀬海は、森の中に捨てられていたグランドピアノをおもちゃにして成長してきました。
彼の通う小学校に東京から有名なピアニストの父を持つ雨宮修平が転向してきて、海と仲良くなります。
修平はたまたま聞いた海のピアノに衝撃を受け、彼を自分のライバルとします。

森のピアノの持ち主だったのは海たちの小学校で音楽教師をしている阿字野壮介でした。
彼は元有名ピアニストで、事故に遭い、左手に負傷してしまったためピアニストの道をあきらめた人でした。
阿字野は海のピアノの才能を認め、粗悪な環境から彼を救い、一流のピアニストにすべく手を差し伸べるのでした。

読みだすととまらなくなりました。
ショパンコンクールの場面は圧巻です。
お勧めのまんがです。



漫画家が数寄屋に惚れ込み、東京都内に借金をしながら数寄屋を作り上げるというお話です。
どれぐらいのお値段で建てたのでしょうね。
『続・数寄です』もあります。


これは3巻までしか読んでいません。
経済学者の柳沢教授のきまじめさが笑いを誘います。
山下さんのお父様がこんな感じだったとか。
学問に熱中すると浮世離れしますよね。家族が迷惑でしょうが。


拓植さんが40歳になってから、急に自分は「中年」だと自覚し、正しい(?)中年女子になるための毎日の奮闘を描いた作品です。

別に何歳になっても、何やってもいいんじゃないと思いますがね。
そこを気にせず、これが中年女子のあらまほしき姿ということで、色々とやり始める拓植さんがおもしろいですが。

漫画を読みだすと止まらなくなり、困ります。
キンドルなんで本屋に行かなくても読めるので、ますます困ります。
評判になった漫画はそれなりにおもしろいですね。

『ピアノの森』は『蜜蜂と遠雷』と似てますが、『ピアノの森』の方が絵で表されているので、より迫力があります。