加藤実秋 『モップガール 3』2017/04/01



ボールの何がいいのでしょう?
固さ?噛んだ感触?大きさ?
噛む割には乳歯が大量に残っているのですが。



桃子はクリーニング宝船の清掃会社の正社員となり、前作で父親のこともわかり、気持ちも落ち着いたと思ったら、新しい心配事がでてきました。
清掃業務の他に、「失せ者捜し」もサービスで請け負うことになってしまったのです。
役者志望の重男が、桃子の現場に遺された思いを感知すると言う特殊能力を「素敵なサムシング」と名付け、仕事を取るために桃子に無理強いをし始めたのです。
仕方なくその能力を使うのですが、今度は使える時と使えない時がでてきます。
何故なのか、全くわからない桃子でした。

そんな時に、桃子はある映像をみてしまいます。
それは今までのような過去のではなく、未来のものでした。
自分がここにいてはいけないと思った桃子は会社を辞めてしまいます。
しかし、その後、会社は存続の危機に陥ります。
一体誰が何のために?
心配で辞めた会社に行ってみると・・・。

最後はハッピーエンドでよかったですね。
え?続きはないわよね。

お散歩2017/04/02

近所の桜も五分咲き(?)ぐらいになりました。


来週はお花見日和になりそうですね。


白梅ですが、花が丸いかわいらしい梅が咲いていました。


車の屋根に太っちょの猫さんがいて、「ニャー」とかわいらしい声で鳴いてくれました。
ホント、この頃の猫って大きいですね。


弟は療養食と肝臓の薬を嫌がらずに食べてます。
目のめやにが減っています。
目にはよかったのですが、さて、肝心の肝臓の方に効き目はあるのでしょうか?


この頃、甘えることを覚えた弟です。
抱かれても前より静かにしている時間が増えました。

井の頭恩賜公園の桜は・・・2017/04/03

原発性アルドステロン症の検査入院のため、仕事を控えていたのですが、4月から新しい職場で働くことになりました。
今日は打ち合わせでした。
帰りに思い立ち、井の頭公園へ行ってみました。


残念ながら桜は五分?七分?咲きかな・・・。
人は満員でしたけど(笑)。


「ボートがメチャ多い」と言う声がきこえてきました。
いつもの何倍も出てますね。
後2、3日で満開になるのでしょうが、平日でも人が多いのでしょうね。


トトロの出そうな道がありました。
(iPhoneのカメラなので、ブログにアップするとボケます)

駅ビルで買い物をしようと思って行ったら、びっくり。
地下にあったケーキ屋さんがなくなっていて、代わりに百円ショップなんかが入っていました。
ファッショナブルから〇〇っぽくなってしまったのね。
売れなかったのかな・・・?
残念。


「ママさん、一人で花見に行って、ずるいです。明日、一緒に行きましょう」by 弟犬


「僕も行きたいです。弟を置いて行きましょう」by 兄犬

犬を連れていくと写真がゆっくりと撮れないので、一人で行くことにしますわ(笑)。


善福寺川の桜2017/04/04

今日は朝から晴れているので、善福寺川まで行ってきました。


満開とは言えませんでしたが、それでも桜は綺麗です。


近所の保育園の子どもたちが来ています。


ひときわピンクの濃い花が咲いています。


これは桜ではないのですが、綺麗に咲いていました。(たぶん木蓮)


別の保育園の子どもたち。


おばあさんが一人、写真を撮っていました。
ア、私も写真を撮っているおばさんですね。
男性のように重い望遠レンズは持てません。


家族で花見っていいですね。


夏みかんも実っています。


おじいさんたちも花見です。
のどかな一日です。

残念ながら善福寺川の南阿佐ヶ谷から荻窪方面の一部は工事のため川沿いを歩けませんでした。
そのせいで人が少なかったのかもしれません。
せっかく桜が綺麗なのに・・・。


「ママ、僕は怒っています。何故、僕を置いて、花見に行ったのですか」  by 弟犬

貫井徳郎 『慟哭』2017/04/05




赤いハートを持ってきては齧る犬。
落ち着かない性格で、いつも動き回っています。
同じヨーキーでも性格が違うようで、前にも見たことのある知らないおじさんのヨーキーは、私がコンビニに行って帰ってくるまで、道端にずーと気持ちよさそうに横たわっていました。



貫井さんの本の二冊目。
貫井さんのデビュー作だそうです。
前の『愚行録』に比べると、それほど気持ち悪くない話でしたけど、それだけです。

連続して幼女誘拐事件が起こり、手詰まりになった捜査状況と交互に宗教にのめり込む男の姿が描かれています。

内容を知らずに読んでいたので、どうこれが繋がるのかと思いながら読みつつ、愚行録と同じような展開かと思ったら、最後の意外な犯人でびっくりしました。
ついでに幼児を誘拐しようとした犯人に声をかけた人を別の人と間違えていました。
思い込みとは恐ろしいものですね。
おかしいと思い、見返してわかりました。

ネタバレになるので書きませんが、ミステリとして読むとどうも納得のいかないことが多い作品です。