『大エルミタージュ美術館展』&「エルミタージュ・アフタヌーンティー」2017/04/10



今年は図らずも花見三昧になりました。
六本木ヒルズの毛利庭園の桜は少し散りかけていましたが、まだ咲いています。


それほど人が多くなく、のんびりできます。


芝生に座って休んでいる人がいますが、私は薄着をしていったため、桜を見るだけで座りませんでした。


外国人の方もいます。


お決まりの角度で撮ってみました。


鴨(カルガモ?)がつがいでいました。


庭園脇でビール瓶に桜の枝を差したのが飾ってあり、テーブルと椅子が置いてありました。
「CRAFT SAKE WEEK」というのをやっているようです。
日本全国選りすぐりの日本酒と一流レストランの料理が食べられるとか。
外が寒いためかあまり人が入っていませんでした。


平日だったからか、あまりロシアに興味がないからか、この頃の美術展の割に人が少なくてゆっくりと見ることができました。
こんなに人がいないのなら、たまに音声ガイドでも借りて見てみたかったです。


新しい試みとしてか、写真を撮ってもいいというのが増えていますね。
とっても威厳のあるエカテリーナ二世の肖像画だけは写真が可でした。
この展覧会、私的にはそれほどめぼしい作品はないような・・・。
ブリューゲルが見れたのでいいとしますが、もっとフランドルの絵が見たかったかも。


おもしろかったのが、この(↓)作品。


左にいる人が画家で、自分の富を見せびらかしているかのような絵です。
犬が沢山います。


鳥ばかり描かれていますが、何の鳥がわかりません。
こうやって見てみると、鳥は怖いですね。


この少女は誰でしょう。
世界で一番有名な方のお母様です。
正解:聖母マリア
聡明ないいとこのお嬢さまっぽい雰囲気ですね。


森ビルの上から青山霊園の桜が見えました。

今回はグランドハイアットホテルでアフタヌーンティーをしてみることにしました。
このホテルに泊まりたいと思いつつも泊まれずにいますが、部屋の中はどうなんでしょうね。

アフタヌーンティーの紅茶はニナスのロシアンフレーバーティー「エカテリーナⅡティー」で、「ひまわり」と「矢車草」の花びらを散りばめた、ベルガモットとオレンジの柑橘系フレーバーティーでした。
残念なことに、お湯を足すことしかできませんでした。
他のホテルでは三種類ぐらい紅茶を飲めたのに・・・。


ロシアですから、キュウカンバーサンドイッチなどはでてきません。
食べ物はピロシキ、スモークサーモン、チキン、ポークリエット。
スウィーツはアップルパスティラ、ジャムパン、ロールクレープ、ミルクケーキ。


ミルクケーキはホールで持ってきてくれたのに、写真に写しませんでした。
こういう風(↑)に切り分けてくれます。
そうそう、スコーンも2個ありました。ポピーシードスコーンが美味しかったです。
少しずつ、ゆっくりと食べたので、結構お腹がいっぱいになりました。

前回のマリー・アントワネット展の時もアフタヌーンティーがあったようです。
紅茶も売っていて、かわいいピンクの缶入りでした。
欲しかったわ。

美術展に合わせて内容が変わるようなので、これからも利用させてもらおうかと思いました。