柚月裕子 『合理的にあり得ない』2017/05/02



絶対にこの仔はどういう表情をしたらかわいく撮れるか知っています。
カメラを向けるとレンズに目を向けてきますもの(親馬鹿です)。



佐方貞人シリーズに続く、シリーズになるか?

不祥事で弁護士の資格を剥奪された上水流涼子は、「殺し」と「傷害」以外の依頼は引き受けるという探偵エージェンシーを経営しています。
相棒はIQ140の貴山。
この二人、ある因縁があります。

彼女のところに色々な依頼が舞い込みます。
未来が見えるという怪しい男に経営判断を任せている二代目社長、賭け将棋で将棋ソフトを使っているらしい相手に勝ちたいヤクザ、悪徳商法から妻を守ろうとする夫、野球賭博、そして、涼子を騙した巨大グループ社長の孫捜しなどタイムリーな内容になっています。
でも、どれもなんか他で読んだような感じがするのですが、私の気のせいかしら。
特に一番最初の「確率的にあり得ない」の種明かしはどこかで読んだような・・・。

柚月さんらしからぬ、ライトな内容ですが、ドラマねらいでしょうか?
私的にはもっと涼子が活躍して欲しいのですが。
佐方シリーズのような物を期待しないで読むといいでしょう。
そうそう、装幀が素敵です。

殿ヶ谷戸公園に行く2017/05/03

藤を見に殿ヶ谷戸公園に行ってきました。
ところが、藤はもう散っていました。
ちょうどいい時に見ることがなかなかできません。


シスターが三人、歩いていました。


花よりも葉の方がめだっています。


満開だと綺麗なのですが・・・。


筍も育ってしまっています。
ガイドの人が「みなさん、竹林と竹藪の違いを知っていますか」と聞いていました。
人の手が入っているかどうかの違いのようです。


で、この場合は竹林ですね。


緑が濃くなって、気持ちのいい時期です。


思ったほど人が来ていませんでした。


スズランが咲いていました。


この前に来た時に一年間のパスポートを買っておいたので、何回でも来ることができます。
次回は何の花が見られるかしら?

朝井まかて 『銀の猫』2017/05/04



走り過ぎると、すぐにハアハアいう犬です。
ボールに対する執着心はいつまで経ってもすごいです。



江戸時代に本当にあった職業かどうかわかりませんが、「介抱人」という金持ちの年寄りの介護をする仕事をしているのがお咲です。
口入屋「鳩屋」から紹介され、様々な老人のお世話をしていますが、その家族に振り回されることも多く、夜も寝ないで介護したりと、気の抜けない毎日です。
普通の仕事よりも稼ぎがいいので、妾奉公をしていた母親が元夫から借りた金を返すために始めた仕事でした。
しかし、今やお咲にとってはやりがいのある仕事になっています。

江戸時代と比べて現代は介護が楽になったのかどうかと考えると、それほど変わらないような気もします。
本の中にでてきますが、菊作り職人の庄助は母親を介護していますが、母親を長屋に置いて行くわけにもいかず、そのため仕事もままならず、人生をあきらめて生きているような感じでした。このままでいくと結婚はできず、自分の老後を見てくれる人もなしという状態ですから、未来を考えると投げやりにもなりますよね。
在宅介護が望ましいとかいいますが、江戸時代も現代と同じようにお金に余裕がない者にとって介護は大変なことだったのですね。

なんでもそうですが、人間相手の商売って正解がないのです。
介護の指南書を書こうとして難儀している場面がありましたが、そう簡単に書ける物ではないですよねぇ。
人が様々いるように、家族も様々ですから、一つ一つ吟味して、どういう介護をするのがいいのか決めるしかないですもの。
本にも出てきますが、「ぽっくりも、ゆっくりも立派な往生だと思える方が、追い詰められないかもしれない。気が楽になる」。
こういう風に老いをとらえられるといいのでしょうね。

こう書くと何やら悲惨な本のようですが、そこは朝井さんですから、ほっこりとした人情本にしてくれています。

雫井脩介 『検察側の罪人』2017/05/05



だんだんと暑くなり、暑さに弱いヨーキーはお散歩を長くできなくなりました。
その代わりに家の中で遊んでやらなければならなくなります。
兄犬より彼は唾液の量が半端じゃなく、ボールが唾液まみれで気持ち悪くて、ママは触りたくありません。
犬種の違いなのか、この仔の体質なのか?



昨日、ネットの新聞を見ていてびっくり。
この本が映画化され、な、なんと配役を見て・・・ガッカリ。
ベテラン検事を木村拓哉、若手検事を二宮和也が演じるだとか。
ファンの方、ごめんなさい。
これほど合っていない配役は無いと思います。(特にキムタク)
この本を読んだ相棒もそう言っています。
どうしてこうなったのかしら?

東京地検刑事部の検事、最上毅が教官時代に教えた沖野啓一郎が、最上と同じ部署に配属されてきました。
最上は沖野のことを教官時代から目をかけていました。

ある日、大田区で老夫婦殺害事件が起こります。
彼らは個人的に金貸しをやっていて、そのことが原因で殺されたのではないかと思われました。
捜査の過程で出てきた参考人リストの、ある容疑者の名前に最上は気づきます。
それはもう時効になっている、最上が大学時代に下宿をしていた寮の管理人夫婦の娘の殺害事件で重要参考人となっていた男でした。

前半は最上、後半は沖野が描かれています。
途中まで読むと、話の流れが想像でき、読むのを止めようかとも思いましたが、なんとか最後まで読みました。

あくまでも私が思ったことなのですが、まがりなりにも検事になる人ですから、何が良くて何が悪いかはわかっているはず。
人としてどう行動すればいいのかわかっていても、人情としてそうしてしまったんですか。
とはいえ検事ですからねぇ。
踏み越えてはならない一線を越えてしまってはいけませんわ。
なんか同情できません・・・。
なんでそれほどのことをするのかが、私にはわかりません。
ひょっとして彼女のことが好きだったから?
どうも私は最上の考えについていけません。

罪を犯した人間が時効が過ぎたから告発されないということに問題がありそうですね。
2010年に殺人事件などの凶悪犯罪の時効が廃止されたのは、いいことだと思います。
何で時効があったのかがわかりませんけどね。

映画の話に戻るのですが、彼に最上が演じられるのかしら?心配です。

『レディ・エミリーの事件帖 円舞曲は死のステップ』2017/05/06



カーネルおじさんも子供の日には兜をかぶっていました。
意外と似合うかも。



結婚式が延期になり失意のエミリーは友人の頼みで校外にある屋敷に滞在することになります。
嬉しいことに婚約者のコリンも一緒にいるのですが、招待客のクリスティアナという女性とコリンは昔、何やらあったような・・・。
嫉妬に悩むエミリーです。
その上、屋敷の主のフォーテスキュー卿からコリントとの結婚を阻止すると言われてしまいます。
どうも自分の娘がコリンにほれたので、二人の結婚を邪魔することに決めたようです。
それだけでも大変なのに、クリスティアナもコリンを愛している、二人の結婚は許せないと言ってくる始末。

そんな時に狩りの最中にフォーテスキュー卿が頭部を撃たれて殺されます。
前日に親友のアイヴィーの夫、ロバートがフォーテスキュー卿と口論をしていたことから、ロバートは逮捕されてしまいます。
友人の夫を救うために、手がかりとなるウィーンから来た手紙の主を探すため、ウィーンへと旅立つエミリーでした。

歴史上の人物、今回はルドルフ皇太子の自殺で心痛める皇妃エリーザベトがエミリーと会いました。
次に誰が出てくるのか、楽しみです。

政治的なことが殺人に関係するのかと思ったら、肩すかしでした。
ちょっと残念。

シリーズが進むたびに、しっかりとした自立した女性になっていくエミリーです。
今回のことでコリンはエミリーを自分の片腕として認め、これから一緒に仕事をしていきそうな感じです。
世界は戦争へと向かっていきますが、エミリーはどういう働きをするのか、楽しみに次回作の翻訳を待ちます。

最後にクレムトの言葉を。

「愛は常に変化するものだ」
「愛は来るべきときが来ればやってくる。そして、去るべきときが来れば去っていくものだ」

本当にクレムトが言ったかどうかはわかりませんが、本に書いてあったのですが、含蓄のある言葉です。