竹岡葉月 『おいしいベランダ。午後一時のお隣ごはん』2017/07/01



題名から美味しいお料理の話かと思って読んでみました。
お料理はでてきますが、恋バナのライトノベルでした。

従姉妹が仕事で海外に行くのを機に、部屋を貸すから大学に入学したら一人暮らしをしないかと言われ、頑張って受験勉強をした栗坂まもり。
待望の一人暮らしをしたのはいいのですが、お隣が気になります。
スーツの似合うイケメンですから。

そんなある日、変な写真が郵便ポストに入れられるようになりました。
そして、変な男がやってきます。
ストーカーか?
危ないところを隣人のイケメン亜潟葉二に助けられますが・・・。

スーツ姿のイケメンが実は普段は黒縁メガネでジャージという姿で口が悪く、スーパーに行く時間がないからとベランダで野菜を作っているという人だったのです。
彼に無理やり鉢を押し付けられ、園芸女子になるか、まもり。

出てくる料理を期待したのですが、それほど作ってみたいとは思いませんでした。すぐ読める今時の若い子のノリの本です。



餌のせいか、兄犬が〇んちを床に落とすようになって、ショックです。
弟と違ってそういうことはきれいだったのに・・・。

桐野夏生 『夜の谷を行く』2017/07/02

1971年から72年に連合赤軍が起こした山岳ベース事件に基ずいた作品です。
「総括」と称するリンチで30名弱のメンバー中12名が殺害されたそうです。


2011年2月連合赤軍の最高幹部だった永田洋子が亡くなりました。

山岳ベース事件から40年が経っても、元女性兵士だった西田啓子は自分の過去を周りに知られないように、ひっそりと孤独な生活をしていました。
重役候補だった父親は啓子の服役中に、母親もその10年後に亡くなり、妹は彼女の事件のせいで離婚を余儀なくされていました。
5年間の服役を終えてから啓子はほそぼそと塾をやっていましたが5年前にやめ、少しの貯蓄と年金で暮しています。
しかし、永田洋子が獄中で死んだことを知らされ、「永田洋子を偲んで送る会」参列の誘いが来てから、啓子は四十年前の過去と対峙することとなります。

山岳ベースには女性が10名ほどいたそうです。
その人たちには子供がいたり、妊娠していたり、保母さんや看護師さんだったそうです。
何故なら「山で子どもを産み育てていく計画があった」からなのだそうです。
それなのに何故あのようなことが起こったのでしょうか。
桐野さん独自の見解が書かれています。

世代が違うので、私自身、この当時のことは詳しくは知りませんが、こういうことがあったと知っておくのはいいことだと思います。
「贖罪」について考えさせられました。
最後に光が見えたのが救いでした。


のんきな我が家の犬。


アレ、頭はどうなっているの?
首が痛くないのかしら?

竹岡葉月 『おいしいベランダ。2人の相性とトマトシチュー』2017/07/03



ホント、すぐ読める本です。

とうとう栗坂まもりと隣の部屋の園芸男子の亜潟葉二は付き合うことになりました。
そのきっかけはたいしたことではなく、何気なく葉二が「この際だから付き合うか」と言ってことからです。
もちろんまもりは葉二のことが好きでしたから、即付き合うことになります。
でも、葉二は10歳ぐらいも年上ですから、元カノのことが気になります。
考え過ぎて自滅というのがまもりのパターンか・・・。

トマトシチュー、美味しいですよね。
といっても、この本に出てくるように作ったわけではありませんが。

二人が付き合い始めて、元カノが出てきて、次は・・・。
ミニトマトぐらい作ってみようかとちょっと思いました(笑)。



顔は大きくないです。ただ胴が細いだけなのです。
目と耳が大きいのです。

動物病院で肝臓の値を測ったら、平常値に戻っていました。
今度は薬を一カ月飲まないでどうなるのかを見ます。

竹岡葉月 『おいしいベランダ。3月の桜を待つテーブル』2017/07/04

『おいしいベランダ』の第三巻です。


栗坂まもりと亜潟葉二が付き合いだしてから初めての12月。
もちろんクリスマスがありますね。
しかし、色々と邪魔が入ります。
まず初めはまもりの弟。
彼は優等生で来年受検なのですがスランプに落ち込んでしまい、姉の家に来てみると、なんと変な男がいます。
姉は騙されているのではないかと心配する弟。

次にやってきたのが、母親です。
隣の人は女性だと勘違いをしていたのですが、まもりもそれを正そうとはしていませんでした。

さて、どうなるのか、まもり。

ここまで来ると、結婚するか別れるかですかね。
四巻ぐらいで終わりそうな勢いですが・・・?


朝からやってくれました。


頭はどこ?
よ~く見るとありました。
すっぽりとベッドの中に入り込んでいます(笑)。


眼科に行く2017/07/06



夜、寝ずらいのでクーラーを入れていると、寒いのかハウスで寝る兄犬。
こちらはヘソ天寝姿を楽しみにしているのですが(笑)。


2~3ヶ月ごとに眼科へ行っています。
眼科と同じように内分泌科(か循環器内科?)へ同じようなペースで、一生通わなければならなくなった私です(泣)。
セララと暑くなったおかげで、血圧が上110~120、下80~90という値になってきました。
安静にしてから測るともっと低くなりそうです。
体重もなんとなく減っていますが、「3㎏痩せないと痩せたと言わない」そうで、まだ1㎏ぐらいなので、痩せたと言えないですね。
1㎏ぐらいは食べるとすぐに元に戻るもの(笑)。

眼科では視野検査をしました。
この頃、見ずらくなってきたので、どうかと思っていたら、医師がショックなことを言いました。
「変わりはないといえばないんだけれど、いつ手術したっけ?上は進んでいるけど、下は進んでいない。末期の中ごろだからねぇ。まあ、これでもっているからいいんだろうねぇ」
自分でも左目は末期だとは思っていましたが、医師から「末期の中ごろ」と断定されてしまいました。
緑内障の左目の眼圧は11、正常な右目は22.
右の眼圧が高いので、目薬を増やそうかと迷っている様子です。
実は目薬を忘れることが多いんです。毎日点してないんです。
今日からまじめに点します。
右目が見えなくなるとアウトですものねぇ。

自分の健康は自分で守るという自覚がないことを指摘され、笑うしかない私です。

眼底を見るために瞳孔を開く目薬を点しました。
外に出ると日差しのまぶしいこと。
サングラスをかけていても目を開けていられません。
電車に乗って乗り換える時に、まぶしいので行き先を見ないで乗ってしまいました。
気づくと反対方向への電車に乗っていました(恥)。
駅から家へは日傘をさして歩くと、少しはましになりました。
この目薬は危険です。年を取ると・・・心配になりました。