久坂部羊 『第五番 無痛Ⅱ』2017/08/01



無痛』の続篇。
あまり評価はよくないようですが、中途半端で終わってしまっては気持ちがよくないので、読んでみることにしました。

あれから6年。
先天性無痛症のイバラは薬で心神耗弱状態になっていたので責任能力を問えないということで軽い刑期になり、出所して、清掃会社で働いています。
まじめな仕事ぶりが評価されています。
カウンセラーの高島菜見子は彼に息子を襲われたりと散々な目にあっているにもかかわらず、彼を見捨てることができず、彼と繋がりを持っていました。
イバラ自身はこのままの生活が続くことを願っていたのですが、世間が放っておいてくれません。
怪しい美貌でグロテスクな絵を描く日本画家の三岸薫は、刑務所で描いたイバラの絵を見て、彼に絵の才能があるから弟子にしたいと言ってきます。
一方、ルポライターの犬伏は、イバラがまっとうになるはずがない、また事件を起こすはずだという思い込みから、イバラの周辺を嗅ぎまわります。

ウィーンで日本人会の診療所の医師をしている為頼のところに、行方不明だった南サトミが現れます。
彼女は白神はアルゼンチンで自死し、自分は国際弁護士になるためにウィーン大学で法律の勉強をしていると言います。
彼女は為頼と一緒に行ったコンサートでベートーベンの作曲した「第五番」を聴いてから、また話せなくなります。
ドイツ人の精神科医に診てもらうのですが、一向によくなりません。
為頼はサトミの治療を通して知り合ったドイツ人医師からWHO関連組織へ勧誘されます。

この頃、日本では「新型カポジ肉腫」が多発していました。
黒い肉腫が現れ、骨を溶かし、数日で全身に転移し、意識障害で死に至らしめる病です。
創陵大学準教授の皮膚科医、菅井は皮膚科医がメジャーになるいい機会であると、あらゆる手を使って「新型カポジ肉腫」の第一人者になろうとします。
しかし、悲劇が起こります。

(ネタバレあり)
一体どうなるのかとワクワクして読んでいましたが、アレェ、こうなるの、という感じでした。
為頼は相変わらず、女心に鈍感だし、特に何かしようとはしないのに事件に巻き込まれ、たまたまラッキーだったから助かります。
自分の寿命がわかるからと言いますが、事故で死ぬこともあるでしょうに。
菜見子は子供までいるのに、じいさんの為頼のどこがいいのか。
他の登場人物たちは気持ち悪すぎ。
人間の欲とは恐ろしいものです。
彼らに翻弄されるイバラが哀れでした。

久坂部さんの言いたいこと、日本の医療現場の矛盾と問題点はところどころに挟まれています。
このままでいくと医療崩壊もありえるかもしれませんね。

そういえば『大学病院のウラは墓場』を書いたのが久坂部さんだったことに、この前気づきました。
医師と患者、双方にとって益になるような改革が進むことを願いますが、さて、どうなることやら。



阿佐ヶ谷駅前のサンドイッチ屋のサンドイッチ。
さつまいもとシナモンアップルだったかしら?
ニンジンジュースもありました。
お値段が500円。
う~ん、もう買わないかも。

義母の転院先は・・・2017/08/02



兄犬が使えるベッドが2つ、ハウスが2つあります。
この4つを日によって、時間によって使い分けているようですが、どう使い分けているのかは人間にはわかりません。
どうもママが邪魔な時はスヌーピー小屋かハウスに入るようです。
本当は外のベッドで寝たいようです。
こういう風にかわいい寝方をしていると、ついつい写真に撮りたくなり、撮ってしまうと、それが嫌らしくハウスかスヌーピー小屋に行きます。

のんきな犬は、年をとっても最後まで面倒をみてもらえますが、人間の方は大変です。

進行性の胃がんステージⅣの義母は、大学病院から次の病院へ転院するように言われています。
大学病院へは家から50分程かかります。
病院が勧める病院には1時間以上かかります。
とてもじゃないけれど頻繁には通えません。
家から近い病院を探してくれとお願いしましたが、どうも相談室の人は探す気はなさそうに見えます。

緩和ケア病棟(ホスピス)のある病院を見てみると、事前相談が必要で、その相談の後に診察、審査があり、入院できるかどうか決まるようです。
入院できることになっても、病室が空くのを待っている人が何人いるかによって、いつ入れるのかわかりません。

相談員の人によると、義母は寝たきりではないので、それほど優先度が高くないと言います。
でも、トイレ(頻繁に行きたがるようです)に行く以外は寝ています。
食べ物は食べられないので、点滴をずっとしています。
いつ胃から出血があるかわからない、腎臓にガンが転移しているようなので、いつ尿がでなくなるかわからない。
そう言われています。
認知症のせいかどうかわかりませんが、今のところ吐き気はありますが、痛みは訴えていません。

これから緩和ケアのある病院に相談に行こうと思いますが、認知症のある末期癌患者はホスピスには入れないのでしょうか?
家から近いところが受け入れてくれるといいのですが。

色々と調べてみると、だんだんと憂鬱になってきました。
日本って死ぬのも大変。
ピンピンコロリが一番いいなぁと思ってしまいます。

ホスピスに電話してみる2017/08/03



この頃、お庭では遊べない犬たち。
弟犬は走り過ぎで体重が減っていましたが、庭で遊ばなくなると元に戻りました。
犬は外の状況(暑さ)が分かっているのかしら?

家の中で兄犬と遊ばせようとすると、兄が威張って大変です。
弟は逃げ回り、何故か兄のハウスに逃げ込みます(笑)。

優雅な犬たちとは違い、人間は浮世の波に翻弄されています。

我家から近い緩和ケア病棟(ホスピス)がある病院3軒に電話してみました。

3軒のうち、2軒は係の者が他の患者さんと面談しているとかで、後でこちらから電話しますと言われました。
私は午後に出かけなければならないので、12時までに電話をくださいとお願いして電話がきたのが1軒。
この病院が一番家から近いので、期待していたのですが、末期の1~2ヶ月じゃなければ入れませんが、それでもよければと言われました。
とりあえず、診療情報提供書などを送ってくれとのこと。
それを見て判断し、電話をくれるそうです。

もう1軒はなかなか雰囲気のよいホスピスです。
家からもそこそこ近いです。
ここは即、ウエイティングリストに載せておきますと言われました。
早くても10月の末だそうです。
今の状況を言うと、同情してくれ、なんとか考えてくれるようなことを言ってくれました。
ここに来週見学に行くことにしました。

もう1軒は連絡がありません。
ここは夫が嫌がっていた病院です。
一番交通の便が悪いのですが、どうだろうと思っていたところです。
ここは縁がなかったと思うしかないでしょう。

一軒の病院でウエイティングリストに載せていただけるとのことで、ちょっと心が軽くなりました。
大学病院から紹介された病院は老人病院のようで、こんなところに義母を入れるのかと気が滅入りますが、約三カ月待っても、気持ちのいい病院に入ってもらえると思うと気が休まります。
三カ月の間に急変しなければいいのですが。
何かあっても、それも運命と思うしかないのでしょうか。

内分泌科の診察2017/08/04



兄犬が寝ていると、そっとiPhoneをかまえるママ。
ストーカーか。
ひっくり返るのもパターンがあり、毎日変わっているのでおもしろいですね。


昨日の続き。
連絡がなかったという病院は、12時までに連絡をとお願いしたのですが、12時20分過ぎに連絡がありました。
病院に行かなければならなかったので、用意している最中でしたが、電話にでて話をしました。
簡単に言うと、とにかく書類を見てから返事をするということでした。
診療情報提供書の他にADL表もと言われ、何かと調べたら、日常生活動作調査票のことでした。
ようするに物を食べる時は一人でできるか介助が必要か、歩く時はどうか、などなどを書くものです。
話をした感じでは、すぐに入るのは難しそうです。
理解しているかどうかは関係なく、義母には病気のことを話し、治療はしないこと、何のためにホスピスに入るのかをちゃんと話しておくようにと念を押されました。

書類を送るように言われた2軒の病院では、大学病院のコーディネーターの名前を教えてください、とかコーディネーターから書類を送ってもらうこともできるのですが、ということを言われました。
実は大学病院のコーディネーター(相談員?)とは一回しか会っていなくて、その時にお宅のお母さまの状態ではホスピスは受け入れてくれないだろうから、ホスピスに行く前の繋ぎの病院として、自宅から1時間以上もかかる病院を紹介され、来週にでも移ってもらいたいと言われたのです。
家から近い病院を探してくださいとお願いしましたが、ホスピスまでお願いできる感じではなかったので、こちらで探すことにしたのです。
若い20代のコーディネーターで、とにかく早く出て行ってねという感じで、相談するという感じではなかったです。
夫も私も本当に電話をして近くの病院を探してくれるのかしら、と疑っています。
結局、ありませんでしたと言われ、遠くの病院に送られるという結末のように思います。
ホスピスの相談員の方も、家から一番近い病院の人は事務員みたいで、機械的に書類を送ってくださいと言っている感じでした。
一方、入院のウエイティングリストに載せてくださった病院の方は、年配のカウンセリングを勉強している方のように思いました。
こちらが困っていることを共感してくれている感じがしました。

とりあえず、来週、一軒のホスピス見学に行き、後は書類が整い次第、送り、連絡を待つことになりました。

気ぜわしい中、内分泌科の診察に行ってきました。

7月の下旬から義母の病院まで行ったり来たり、何回もしたのと暑さで疲れたのか、胃腸の調子が悪くなっていました。
その上、先週ぐらいから血圧が高くなり、上が140ちょっとでなかなか下がりません。
診察日に測った血圧も少し高かったようです。
血液検査ではカリウムが4.2でちょうどいい数値でした。

血圧は高くても130前後がいいようで、血圧が高いのはよくないということで、アムロジンが追加になってしまいました。
アムロジンが追加になった理由は、セララを増量すると、カリウムが高くなり過ぎるおそれがあるからではないでしょうか。
胃や背中が痛いというと、「それはストレスですよ」と言われてしまいました。
胃薬も追加してもらいました。

血液検査でショックだったのは、前回の診察以来、アイスもチーズもナッツも食べていないのに、高脂血症の数値が変わっていないことです(笑)。
胃腸の調子が悪いので、あまり食べられず、体重が減っているのに・・・。
「ショックです」と言うと、医師が「では次回も血液検査をしましょう」と言ってくれました。

今度の医師はちゃんと診察時に血圧を測ってくれるし、説明も丁寧でわかり易くてありがたいです。
血圧が高くなってしまったので、近所の病院へ転院するというのは血圧が落ち着いてからになり、次回もお世話になることになりました。

前は食べるのを減らすとすぐに体重が減りましたが、今は食べるのを減らしただけでは体重が減らなくなっています。
ウォーキングしても(人より速く歩いてるのですけど)、私には大した運動にはなっていないようです。
前に壊した膝が気になりますが、ちょっとヘビーな運動も取り入れてみた方がいいようです。
何をしようかしら?

小笠原文雄 『なんとめでたいご臨終』2017/08/05



岐阜市内に開院している在宅医の小笠原医師が書いた本です。
患者が病院ではなく自宅で闘病をしたいという時にお世話になるのが、在宅医療です。
病院ではなく、自宅で過ごせれば、それほどいいことはないと思います。
彼のようなベテラン医師と一緒に働いている看護師などのスタッフのように、患者がどのような最期を迎えたいのかを真剣に考えて関わってくれるような、そういう在宅医療が身近にあればいいと思います。
でもねぇ、今までの経験からいうと、そういう病院を探すのが大変なのです。
(医療関係者の心無い言葉でどれほど傷つけられ、憤ったことか・・・。)
この本にはおひとり様でも在宅医療が受けられるということが書いてあります。
どこの在宅医療の病院でも引き受けてくれるのでしょうか?

読むと、すべてハッピーな終わり方で、それはそれでいいのですが、本当にみなさん、ハッピーで終わったのでしょうか。(疑い深くてすみません)
在宅で亡くなっても上手くいかなかった例もあるのではないでしょうか。
上手くいかない例では、最期が病院ということですが、病院で亡くなるということは不幸なことなのでしょうか。

実家では祖母も父も病院で亡くなりました。
母も義姉も病気があり、とても自宅でみられる状況ではありませんでした。
この本で書かれているように、家族はただそばにいるだけでいいなどということが本当にどの地域でも実現されているのでしょうか?

この本を読んで在宅医療っていいなぁ、と誰でも思いますが、自分の住んでいる地域の状況をきちんと把握してからどうするのか考えることが必要ですね。
やり始めてから、アレ、本とは違うなんてことがありそうですから。

昔は誰でもが家で最期を迎えたとかいいますが、昔は病院も少ないし、介護施設もなかったので、状況が違いますよ。
一番いいのは、在宅、病院、介護施設などどこを選んでも、いい最期が迎えられることですよね。
人は誰でも死ぬのですから、これからの高齢者社会に向けて考えてもらいたいことです。


幸せな犬は昨夜も大股開きでした。


今日は左側に寄っています。


見つかったので、少し角度が変わりました(笑)。