アルドステロン症による高血圧の影響か?2017/10/16




このボールが大好きな弟犬です。
雨で散歩に行けず、不満があるらしいので、遊んであげました。
兄犬はボールでは遊ばず、ママとサシで遊びます。

犬は元気ですが、ママはショックです。

めまいの症状がでたので耳鼻科に行き、神経内科を紹介されてMRIを撮り、今朝結果を聞きに行きました。
そうすると、医師が脳梗塞の跡があると言うのです。
四年前の大雪の時に頭を打ち、心配だったので脳ドックに行ってMRIを撮った時は「年齢相応の白点(40代頃から出始めるらしい)が少数見えます」「一応、指摘しておきます」などと書いてあり、他に異常はなかったので、気にしていなかったのですが・・・。
この三年の間に軽い脳梗塞が起きたということですかぁ(冷汗)。
全く記憶にございません。

その他に動脈硬化による血管の曲がりがあり、この曲がりがある場合は平衡感覚が悪くなる場合があるそうで、歩いていたり、寝て起きて歩き出すと右側に倒れそうになったりするのは、この血管の曲がりのせいかもしれないそうです。
目にギザギザが見える閃輝暗点が何度かあったのですが、今から考えるとそれも脳の血流のせいだとか。
アルドステロン症の人が普通の人に比べると4倍、脳卒中になりやすいと言われていますが、本当なんですね(泣)。

心臓の壁が少し厚いと言われた上に脳にまで異常が見つかるなんて、高血圧は本当に色々な臓器に影響を与えるのですね。

脱水症状にならないように、水を飲むようにと言われました。
血圧の薬のせいか人よりもトイレが近いのですが、もっと近くなっちゃいそう。

頸動脈エコーをとったので、また結果を聞きにいかなければなりません。
その時に脳ドックで撮ったMRIの画像のCDも一緒に持って行くことになりました。
8年(10年?)ぐらい前に眼科の指示で撮ったMRIの画像もどこかにあったような・・・。
探して持っていきましょうかね。

眼科に行くどころじゃなくなりました。
今のうちにやりたいことをすべてやってしまわなけれはと思いました(笑)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2017/10/16/8706744/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。