福田和代 『星星の火』2017/10/19



警視庁保安課の上月千里は堅物の刑事。
その友、警視庁通訳センターで中国語の通訳捜査官をしている城正臣は上月とは全く正反対の型破りな性格。
城は結婚して子供がいますが、美貌の妻がどこかに行ってしまったので、一人で子供を育てるために刑事を辞め、通訳捜査官となっていました。
彼の中国語は完璧で、中国人と間違われるほど。
元刑事なので勝手に自分のいいたいことを絡めて通訳をしてしまいますが、それもご愛嬌(?)。
上月にとっては頼りになる通訳なのです。

違法パチスロ店を摘発するために、通訳として城を連れ、上月は池袋の雑居ビルに向かいました。
容疑者の中国人を捕えようとすると、違法なピストルで上月は撃たれそうになります。
取り調べると、「竜生九子」という中国人組織の存在が明らかになり、城は中国人のコネを使い捜査を始めます。

その頃、家を出ていた城の妻、凜子が突然帰ってきます。
彼女は何かトラブルが起こると城に解決を迫るという悪い癖がありました。
今度は勤めている美容院に嫌がらせがあり迷惑している上に、凜子が何者かに付けられているというのです。
城が調べ始めると、何者かに目の前で凜子と娘が拉致されてしまいます。
城は一人で凜子たちを探そうとしますが・・・。

来日する中国人が増えていくと、古くからいる中国人との間で世代間のギャップがありそうですね。
そういえば今までなかったのに、この頃、中華街でごみ捨てのトラブルがあるとニュースで伝えられていました。
日本人といい関係を築いてきたのに、ニューカマーによってその関係が崩れるというのは誠に残念です。

中国人社会の暗闇が余すところなく書かれているのはよかったのですが、途中から失速してしまいました。
なんか残念。
続篇では上月と城コンビがもっと活躍していて欲しいし、城と凜子の関係がよくわからなかったので、そこをもっと書いていてもらいたいものです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2017/10/19/8708653/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。