太田愛 『天上の葦』2017/11/01



渋谷駅前の交差点で、老人が空を指さしながら死んだ。
その様子がニュースで流れ、テレビやsnsで話題になった。

興信所を営む鑓水と修司の元に、渋谷の老人、正光秀雄が空に何を見ていたのかを突き止めて欲しいという依頼が舞い込む。
一千万円という報酬のため、修司の反対にもかかわらず借金のある鑓水はその依頼を引き受ける。
一方、刑事の相馬は停職中に、失踪した公安警察官、山波の捜索を命じられる。
調べていくと正光と山波に接点があったことがわかる。

鑓水・修司・相馬の三人のシリーズはこれで三作目。
毎回、追いかけられるのがパターンですが、今回は公安から追いかけられ、瀬戸内海の小島まで行ってしまいます。

戦時中の場面が色々と出てきます。
あの時代、国民はどのように戦争へと導かれていったのか。
今、私たちは同じ轍を踏んではいないのか。
小さな火を小さいうちに消さなければ、その火はいつか大きな火になってしまう。
なんかきな臭い今、考えていかなければなりませんね。

前回同様、物語が上手く一つに収斂していくのがすごいです。

大田黒公園へ行く2017/11/02

今日も用事があり出かけました。
晴れていたので、イチョウの様子を見に大田黒公園へ行ってみました。


イチョウはまだまだ緑色です。
今月末にならないと色づかないかもしれませんね。

ここも知られるようになったのか、ゾロゾロと高齢の女性が歩いていました。
集団で来たのかもしれませんね。


少し色づく木があります。



いつもはおしどりの鴨がいるのですが、見当たりません。


「紅葉ライトアップ」は11月24日から12月3日までです。
平日は日没から午後8時まで、土日は日没から午後9時まで行っています。
金曜日から日曜日にはいつもは上がれない茶室で抹茶と和菓子をいただけるようです。

綺麗に色づくといいですね。

近藤史恵 『ときどき旅に出るカフェ』2017/11/03

兄犬がこの頃元気がありません。
寒いのかと薄いセーターを着せ、一日中かまってやると元気になりました。
弟がアピールをしてうるさいんので、自分にママの目を向けるための詐病かとも思います。
手のかかる犬たちです。



カフェでまったりするということのできない私です。
どちらかというと家でのんびりすることの方が好きです。
だって寝れるもの(笑)。
コンセプトが旅というカフェはいいですね。
そこに行くと旅に出ているような気になるなんて、この頃、旅に出られない私にはこんなカフェが欲しいです。

30代独身の瑛子はマンションの近くで「カフェ・ルーズ」というよさげなカフェを見つけます。
入ってみると、なんと店主が元同僚の円でした。
彼女が仕事を辞めてカフェを開きたいと言った時にうまくいかないからと止めたことを瑛子は思い出しましたが、円はそのことを気にしていないらしく、瑛子を見てとても嬉しそうでした。
それから瑛子はカフェの常連になります。
円の作る料理やお菓子は彼女が旅先で出会ったもので、食べた人まで旅に出た気にさせるようなものでした。

しかし、このカフェに時には雰囲気をぶち壊すような人も来ます。
円はそういう人に対して毅然とした態度で臨みます。
カフェを経営しようと思った円の心意気がいいですね。

近藤さんの描くものには、ちょっとした悪意を持った人が出てきますよね。
そういう人の描き方がうまいです。
日常に潜む謎を描いた、軽い読み物です。

ツップフクーヘンとかドボシュトルタって美味しいのかしら?
ツップクーヘンはドイツのお菓子らしいけれど、どこに行ったら食べられるのかしら?
ドボシュトルタは北青山の「ジェルボー」で食べられるみたいです。
今度行ってみようかしら。
食の世界は広いですね。

西村健 『バスを待つ男』2017/11/04



兄犬が元気になりましたが、心配なので、トリミングは弟犬だけ行きました。
年を取ると人間と同じように寒さが身に沁みるようになるのでしょうか?
弟は小さい時は寒がりだったのに、今は全く寒がらず元気です。


弟は顔はかわいいのですが、行動がいつまでたってもやんちゃです。



年を取ると、何か趣味があった方がいいといいますが、どうでしょう。
夫は無趣味なので、今から心配です。

この本の主人公は70代の元刑事。
妻が家で料理教室という名のおしゃべり会を週一回開くので家にいられず、妻に勧められしぶしぶ一年間、約2万円もするシルバーパスを買ってバスに乗り、東京都内の様々な場所に行くことにします。
私には知っている場所が多かったので、こういう所もバスで行けるのかというおもしろさがありました。
あ、東京に住んでいない人(もしくは住んだことのない人)には全くおもしろくないかもしれませんね。

同じ趣味の男性とひょんなことで知り合い、元同僚ともばったり会い、バス友になった男三人がバスに乗って、降りた先で酒を飲みかわしている様子が微笑ましいです。

奥様が賢くて、びっくりです。
一応バスで行った先の日常の謎を解くというミステリーですが、奥様が簡単に解いてしまうのですよ。
元刑事の旦那よりも推理がさえているなんて、そんなことあるのと言いたくなります(笑)。

とにかくバスに乗りたくなる本です。

犬も老いる・・・2017/11/05



いつもは二匹で散歩をしていたのだけれど、兄が具合が悪そうだから一匹ずつにしてみた。
そうすると、ヨーキーの3歳弟は最初から走る気満々。
いつまでたってもグイグイ歩く。
見ている人が「元気な犬ね」と言うぐらい力強い歩きだ。
ところが5歳の兄は、いつのまにか静かに歩くようになっていた。
兄もグイグイとリードを引っ張って歩いていたのに、いつのまに・・・(悲)。
犬の5歳は人間でいうと36歳、3歳は28歳らしいけれど、こんなに違うものなのかしら?
犬もいつのまにか老いていたのね。
後何年かしたら私の年齢を追い越してしまう。
そう思うとちょっと悲しくなってしまった。


この写真では兄の方が幼く見えるのにね(笑)。