中山七里 『ヒポクラテスの憂鬱』2018/03/01



ヒポクラテスの誓い』の続きです。

修正者(コレクター)と名乗る人物がネットに「全ての死に解剖が行われないのは、私にとって好都合である」などという書き込みをしていました。
その頃、埼玉県警のホームページにもコレクターの犯行声明とも思える書き込みがあり、その直後にアイドルが転落死。
死因を疑問視するコレクターの書き込みがあり、捜査一課の刑事・古手川が浦和医大法医学教室に協力を依頼してきます。
光崎藤次郎と新米助教の栂野真琴が司法解剖をしてみると・・・。

その後もコレクターの示唆どおりに病死や自殺の中から犯罪死が発見され、県警と法医学教室はてんてこ舞い。
一体、コレクターとは誰なのか。
何故、彼は関係者しか知りえない情報を知っているのか。

なんとなく犯人がわかってしまいましたが、出てくるキャラがおもしろいので、安心して読める本です。
法医学意外にも真琴と古手川の恋の行方も気になりますが(笑)。
次回作も楽しみです。

中島久枝 『いつかの花』&『なごりの月』~日本橋牡丹堂 菓子ばなし~2018/03/02



お土産に江戸の上生菓子をもらい、江戸のお菓子に興味を持った小萩は、遠戚がやっている日本橋の菓子屋で、一年の約束で働き始めます。
二十一屋、通称「牡丹堂」は家族と職人二人で営む小さな見世ですが、お菓子の味は天下一品。
その上、菓子を学びたいと言う小萩の気持ちをくみ、教えてくれる懐の深さもあります。
しかし、一年はすぐに経ち、もっと菓子を学びたい、ここにいたいと言えない小萩でした。


生まれ故郷の村に帰り、旅籠をやっている家の手伝いをしている小萩ですが、菓子職人になりたいという夢は忘れられません。
友達や姉にはそれがわかっていて、小萩に色々と言いますが、小萩はなかなか親に言えないでいました。
姉の結婚式が近づき、お祝いにお菓子を作ることになります。

姉の結婚式の後、小萩はやっと家族に気持ちをうちあけ、牡丹堂に戻れることになりました。
牡丹堂にはかつて見世で働いていた鷹一が現れ、牡丹堂の近くに天下無双という見世を出し、ことごとく牡丹堂の作る新作菓子をマネしてきます。
そんな折、金耕堂という版元が二十一屋と天下無双とで兄弟対決をやらないかという話を持ってきます。
さて、勝負はいかに。

不器用な小萩が、どのように努力して菓子職人なっていくのかが読みどころです。
職人の伊佐とどうなるのかしら?
ほんのりとしたお話です。



昨日の暑さからか、またまた兄がひっくり返って寝ていました。
お腹が熱いと眠れないのしょうか?
兄とは正反対の弟は潜り込むのが好きなので、昨夜もハウスの中のタオルの下に入って寝ていました(笑)。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』を見る2018/03/03

首の手術跡のかぶれはテープを貼るのを止めてから、少しよくなってきました。
傷の腫れとか、傷の上の頭付近と下の肩付近の痛みはまだあります。
髪が傷に触れるとチクチクと痛いです。
この痛みが早くなくなるといいのですが。

入院している時に暇なので求人を見ていると、いいのがありました。
退院してから申し込んでみると、決まってしまいました。
今までの仕事の経験が生かせ、短時間で時給もいい仕事なので、長く続けられるかな・・・自信はありませんが(笑)。
家にばかりいるとあまり動かなくて体に悪いので、リハビリ兼(通勤が)運動だと思ってやることにしました。
こんどこそ理想の仕事だといいのだけれど・・・。



久しぶりの映画鑑賞です。
本当はもっと見に行きたいのですが、電車内や映画館の空気が悪いのか、咳がでてくるので出無精になってしまいました。

ロンドンでストリートミュージシャンを目指しているジェームズは薬物依存症で、親に見捨てられ、住む家もなく、路上生活をしていました。
更生プログラムを受けていましたが、ついつい友人からもらったヘロインを使ってしまい病院へ運び込まれてしまいます。
病院にやってきたソーシャルワーカーのヴァルからはこれが最後だと宣言されましたが、彼女のおかげで住まいを援助してもらえることになります。
そこに茶トラの猫が迷い込みます。
飼い主を探すのですが、誰も名乗り出ず、ジェームズが演奏をしにバスに乗っていこうとすると付いてきます。


ボブ(猫)はこんな風にジェームズの肩の上にのるのが好き。
演奏している時もずっとそばにいます。


なんと猫のボブは本人がでているそうです。
この映画は実話なんです。

ジャンキーのジェームズを遠巻きにしていた人たちもボブがいると演奏を聞きにやってきます。
ボブのおかげで投げ銭もいっぱいもらい、暮らしにも少し余裕ができました。
しかし、嫌がらせをする人たちも現れます。
犬の飼い主といざこざがあり、ジェームズは路上演奏を禁止されてしまいます。
仕方ないので、「The Big Issue」を売り始めると、ボブかわいさで雑誌を買ってくれたりチップをくれる人が沢山いましたが、今度は同業者からクレームがつき、一カ月間、雑誌を売れなくなりました。
お金を稼ぐすべがなくなったジェームズとボブはどん底の生活をしながらもがんばります。
そして、ボブという心の支え、護るべきものを手に入れたジェームズは薬を断つ決心をします。

いつしかボブとジェームズのことが評判になり、出版社から本を出さないかという申し出が・・・。

ボブを買い取ろうという親子がでてきて、その言い分にびっくりしました。
何でもお金で買えると思っているんですね。
上流(中流?)階級のエゴか。

とにかくボブがすごい。
自然な演技です。

ボブとのことを書いた本がベストセラーになったので印税が入ったジェームズは家を購入し、後のお金は動物の保護やホームレス救済団体に寄付をしたそうです。


ボブみたいに抱いて色々なところに連れて行ってあげたいのですが、犬が入れるところが少ないから、ペットショップ以外は行けないわね。
イギリスみたいにバスに乗れたり、スーパーには入れたらいいのだけど。

「僕もママさんと一緒にいろんな所に行きたいな。ボブよりも僕の方がかわいいでしょ」by 兄。


「兄よりも僕の方がイケメンです」by 弟。

知野みさき 上絵師律の似面絵帖シリーズ2018/03/04



辻斬りで母を亡くし、上絵師であった父も事故で亡くなってしまいました。
律は父の跡を継ぎ、着物の絵付けをする上絵師となりますが、女で実績もないために着物の絵付けの仕事はなく、巾着や風呂敷などの小物の仕事を細々としていました。
心を寄せる幼馴染の同心が持ち込んだ似面絵を見て、「私が描く方がまし」と言ってしまったため、似面絵を描くことになり、副業となり、様々な事件に関わることとなります。


上絵師としての仕事はなかなか上手く行かず、しかし、副業の似面絵の評判はよく、注文が次々と舞い込んできます。

そんな折、父が描いた母を殺した辻斬りの男の似面絵とそっくりな男がいた、父の持っていた根付が質屋にあったとかいう情報が舞い込みます。
仇をとろうとその質屋に単独で乗り込む律。
幼馴染の同心・涼太は律の身を案じていました。


上絵師としてやっと着物を手掛けることとなります。
粋人として知られる雪永が親しい女に贈るというのですが、下描きを見せても色よい返事はもらえません。
着物を贈られる千恵に会いにいき、どういう着物を望んでいるのかを知ろうとしますが・・・。

仕事も恋も、少しずつ進展していきますが、まだまだこれから色々とありそうな感じです。
次で終わりかな?

律の描いた着物を見たいと思います。
どんな感じなのでしょうね。

知野みさき 『深川二幸堂 菓子こよみ』2018/03/05

食いしん坊で甘い物が好きなので、江戸時代の菓子屋の話を続けて読んでみました。


こちらの本は男性菓子職人のお話です。

修行先で飼い殺しのような立場になっていた弟のことを心配した兄・光太郎は、お金を用意し、自分の仕事を辞め、弟と一緒に深川で菓子屋「二幸堂」を始めます。
自分は菓子を作れないので、もっぱら売る方。
光太郎は人当たりのいいイケメンで、彼を目当てに来るお客もいます。
一方、菓子を作る以外のことにはまるっきり不器用な弟・孝太郎ですが、餡を作らせれば右に出る者がいないほどです。

兄と弟、二人のいい関係からかお馴染みさんもできて、なんとか見世はやっていけそうでした。
そんな頃、孝太郎はよく菓子を買いに来てくれる三味線の師匠が昔、吉原で会った人に似ていることに気づきます。

弟思いの兄と恋に奥手の弟。
心が温かくなるお話です。



さて、我が家のおぼっちゃまたちは・・・。


庭で遊ぶと「持って来い」だけでは満足せず、ボールを欲しがる弟。
白い風呂桶にボールが入っているのを知っているので、こうやってボールを探しています。
それにしても足が短いですね(笑)。


気難し屋の兄は弟を苛める以外には、葉っぱを食べるのが好き。
この頃、パパに反抗しています。
パパに嫌なことをされそうになると怒るようになりました。
自分が家族の中で一番だと思っていると犬の訓練士に言われそうですが、たまにかまってやろうと、ちょっかいを出すパパがいけません。