散りゆく桜2018/04/01

昨年、見つけた桜を見に行ってきました。
残念ながら桜は満開を過ぎていましたが、花びらが舞っているのもいいものです。


2、3日前なら満開だったでしょうね。


道が狭いので、目黒川のように人が多く来ていなくていいのです。
土曜日でもまったく混んでいません。
どうやって探すのか、外国人が来ていてびっくりです。
花見をして騒いでいる集団はいましたが、場所が一ヵ所しかないので、そこを避ければ問題ないです。


桜舞う中を歩いていきます。
花びらが下に落ちて積もっています。


散った花びらもきれいですね。

家に帰ると犬たちが待っていました。
「パパ、ママ、お散歩しましょう」


兄犬はパパがいて嬉しいらしく、跳ねながら歩いていました。
ママはちょっと疲れ気味。
万歩計は12000歩を超えていました。
今週一万歩越えは三回目です。
体力がつくというよりも疲れます・・・。

古内一絵 『きまぐれな夜食カフェ マカン・マラン みたび』2018/04/02



古い商店の奥まった場所にひっそりと佇む、知る人ぞ知る夜食カフェを経営するのは、ドラッグクイーンのシャール。
元はダンス用衣装のお針子さんに出すまかないだった食事を、他の人にも出すようになったといいいます。
そこに辿りついた人にはそれぞれに悩みがあり・・・。

今回は匿名クレーム屋のOLや味がわからなくなった料理人、離婚を前にした女性、マカン・マランの大家の老婦人など様々な人がやってきます。

一番嫌だった話は、コールセンターに働く女性で、楽しみは匿名で人や物をディスるのが趣味という人のお話。
気分が悪くなってしまいました。
自分が不幸だからと言って、幸せ(そうに見える)な人を貶めたりするのって嫌ですね。
そういう人ばかりではないと思いたいのですが、ネットいじめなどがあるのを聞くと、怖くなります。

この中で一番好きな話は、自分の本心の在り処を見失っていた、離婚を目前にした女性の話です。
本心を言えなかったという彼女にシャールは言います。

「本心の隠し場所さえちゃん分かっていれば、人は案外、自分の道を歩いていけるものよ」

人との付き合いで本心ばかり言っていられないものね。
たまには嘘をつくことも必要です。

そうそう、アーユルヴェータは一時期やってみたけど続かなかったわ。
私のドーシャはヴァータ・ピッタと言われたけど、今は太ったので、カパが加わったかもしれません。
簡単なテストをしてみると、やっぱりカパが一番多かったです(笑)。
また本でも買って食事を作ってみようかしら。

どの人もシャールの作る料理から勇気をもらい、前を向いて歩いて行けそうです。
私もシャールの作る料理を食べてみたいわ。




神様に拝みに行ったら、桜が咲いていました。
最後の花見になりました。

吉永南央 『花ひいらぎの街角 紅雲町珈琲屋こよみ』2018/04/03



私の理想のおばあさんの一人で、コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」を営む草さんシリーズの6巻目です。

草の元に旧友の初之輔から小包が届きます。
中には絵巻物が入っていました。
小説家志望だった初之輔が書いた『香良須川』という短編に、若い絵描きが河原の風景を描いたものです。
懐かしさに、草はもう一人の旧友バクサンと一緒に、初之輔のためにあることをすることにします。
しかし、そこから事件に巻き込まれ(自ら巻き込まれていく?)てしまいます。

それにしても草さんはエネルギー溢れるおばあさんですね。
もう80歳ぐらいになるのでは?
人の死の真相に迫っていくのですが、ちょっとやり過ぎ。
不審に思うと解こうとして、関係ないことにまで首を突っ込んでしまうのは探偵気質のなせる技なのかしら。
その結果がそれほど悪くなかったので、よいのですが。

従業員の久美にも春が来たと思ったら、そうは上手くいきませんが、いい人なのでいつかは・・・。

「「失う」苦みを呑み下した心は、どういうわけか前よりずっと深く豊かなのだ」

人生って「失う」ことに慣れていくことなのかもしれませんね。


家の遅咲きのシクラメンがやっと咲きました。


8年越しのシクラメンです。
植え替えもせずにいるのですが、今年も咲いてくれました。
昨年、満開だったシクラメンは残念ながら冬越しできませんでした。


庭では兄犬が弟の遊びの邪魔をしていました。


お兄ちゃんの邪魔もなんのその。
「ママ、遊ぼうよ」by 弟犬。

ホント、顔だけはかわいいヨーキーです(笑)。

森山あけみ 『元町クリーニング屋横浜サンドリヨン 洗濯ときどき謎解き』2018/04/04

寒かったり暑かったりするせいか、胃腸の調子が今一です。
仕事は来週から本格的になるので、早く直さなければ・・・。
夫は異動で新しい部署に行き、連ちゃんで飲み会がありました。
月曜日から飲み会なんて、私には信じられませんわ。



クリーニング・ミステリです。
そんなのあるのという言葉が聞こえてきそうですが、あるんです。
来ている洋服から、どんな人かわかっちゃうんですから、怖いですよ(笑)。

横浜の元町で探偵事務所を営んでいる不破は、プリンターのインクをコートにつけてしまい、たまたま目についたクリーニング店『横浜サンドリヨン』に持っていってとってもらおうとします。
その店には更紗という女性がいて、彼女はコートについたシミから不破の夜の行動を逐一当て、不破を驚愕させます。
更紗は洋服をこよなく愛する女性で、洋服についたシミが何かを的確に推理し、シミや汚れを取り除くのです。
彼女の能力に薄気味悪さを覚え、不破は一旦はコートを持ち帰るのですが、その後に持ち込まれた探偵仕事に更紗の力を借りることにします。

メインは不破で、更紗が不破から持ち込まれる事件の解決に協力するという感じですが、更紗は洋服のことになると周りが見えなくなり、プライバシーに触れるような驚くようなことをしでかします。
いいコンビですね。

洗濯豆知識が役に立ちそうですが、わすれちゃった(笑)。
続篇がでたら、また読みますわ。

中山七里 『切り裂きジャックの告白』2018/04/05



かわいく丸まって寝ている兄犬です。
またお腹を出して寝るようになりました。
気温が上がると暑いのでしょうね。

通信教育のレポートすべてを提出しました。
最後になった2教科のうちの一つは今日合格しました。
内容が難しく、教科書と参考書を丸写しにはしないで、どうにか自分の言葉に置き換えましたが、もう一度書き直せと言われたらどうしようと思っていました。
先生のコメントは詳細で、いたらないところを沢山指摘していただきましたが、「合格」さえいただければ、こっちのもの(笑)。
ありがとうございました。
もう一つのレポートは何を書けばいいのか困り、とりあえず出して指摘してもらっちゃえという感じで出しました。
書き直しになってもいいのですが、もう一度書けるのかどうか自信がありません。
他のレポートはそれなりに書けたのにね。
先生に聞けないことが通信のむずかしさです。

後は4教科の試験と2教科のスクーリングです。
web試験はどこから出るのかわからないので、どこを勉強したらいいのかわかりません。
残った3教科は特に落とされることが多い教科だとか。
知っていたら最初に試験受けといたのに・・・。
ダメだったら他の大学の講座を受けるしかなさそうですが、弱気にならずに9月まで頑張りますわ。


東京都内の公園で、臓器をすべて繰り抜かれた女性の死体が発見されました。
テレビ局に「ジャック」と名乗る犯人からの声明文が送り付けられます。
そして、今度は川越で、同じ手口の死体が見つかります。

警視庁捜査一課の犬養刑事と埼玉県警の古手川がコンビを組んで捜査に当たることになります。
被害者2人には接点は見当たりませんが、ある共通点が見つかります。

犬養は離婚をしていますが、娘がいます。
彼女は入院中で、臓器移植を考えています。
日本の場合、情が優先しますから、臓器移植はアメリカなどのようにそう簡単に一般的にはならないでしょうね。

詳しくは述べませんが、社会問題のひとつを扱った作品です。