ローラ・チャイルズ 『オレンジ・ペコの奇妙なお茶会』―お茶と探偵182018/07/01




<インディゴ・ティーショップ>のオーナー、セオドシア・ブラウニングは、ティー・ブレンダ―のドレイトンと一緒に”チャールストンのネズミのお茶会”に招かれました。
それはとっても変わったお茶会で、使用人たちはみなネズミに扮しています。
75年前に大流行したお茶会なのだそうです。
お茶会を開催したのは裕福な慈善活動家のドリーンでしたが、なんと、彼女の夫のボーが、オレンジ・ペコを飲んだ後に倒れて亡くなってしまいました。

次の日、セオドシアはドレイトンからドリーンの力になってくれないかと言われます。
つまり、ボーの殺害事件を解決してほしいというのです。
実は交換条件があり、解決するとドレイトンが理事をしているヘリテッジ協会にドリーンが多額の寄付をしてくれるというのです。
ドレイトンのため、セオドシアは引き受けることにします。

このシリーズはお茶と美味しい料理に騙されていましたが、出てくる人たちは場所柄でしょうが、どちらかと言えば金持ちの傲慢な人たちで、読んでいると気分が悪くなります。
もう18巻目ですから、マンネリ化してますし。
マンネリ打破のためかセオドシアに新しいボーイフレンドが現れます。
そういえば、ティドウェル刑事はどこへ行ったのかしら?

”ネズミのお茶会”には行きたくないですが、”ポンパドゥール夫人のお茶会”と”キャンドルライトのお茶会”には是非とも参加させていただきたいものです。

”キャンドルライトのお茶会”のメニュー
ザリガニ料理(ダージリン)
サーモンとアスパラガスのタルトとチェダーチーズのスコーン(アール・グレイ・ティー)
ビーフ・ブルギニョン(雲南紅茶)
ティプシーケーキ

ザリガニは日本ではあまり食べませんが、美味しいのかしら?
ビーフ・ブルギニョンとは牛肉の赤ワイン煮込みのことです。
ティプシーケーキはワインやブランデーにつけたスポンジケーキにカスタードクリームやアーモンドスライスをのせたケーキです。
キャンドルライトの中で食べると、実際よりも美味しく感じるのでしょうね。
どこかティーショップに行きたくなりました。

大倉崇裕 『福家警部補の考察』2018/07/02

良く寝た日の朝の血圧が上は100台、下が70台になってきました。
普通の人ならなんともないのでしょうが、私はだるくてしょうがありません。
脈も50台なので、ドロドロ血なら血が滞ってしまい危ないかも。
怠くても、起きて活動しないといけませんね。
でも暑いので、外へは行かない方がよさそうです。


福家警部補シリーズも五作目。
最初はちょっと変な女性という感じでしたが、今回は変と言うのではなく、すごみがでてきました。
短時間接しただけで、これはきれるなとわかる程度になってきました。
女版コロンボですかぁ。
最後の「東京発・・・」では、臨場せずに犯人を捕まえてしまうんですよ。
あなたは千里眼か!と叫んでいました(嘘)。
人殺しはしない私ですが(普通はしないよね)、福家警部補には会いたくないと思いましたよ。

「安息の場所」を読みながら、飲めないですが、女性バーテンダーのいるバーに行ってみたいなと思いました。
頼めば、お酒の少ない美味しいカクテルを出してくれますよね。
そんな時は夫は連れて行きません。
酒のみなので、量を飲むのでもったいないもの。
そんな奴は安い居酒屋へ行けばいいんだ(笑)。

このシリーズ、最初から犯人がわかっています。
犯人と福家警部補との駆け引きがおもしろいですよ。
でも、推理力のない私なんか、なんでそんなことわかるのと思いながら、読み進んでいます。


犬たちは、クーラーの効いた部屋の中でグッスリ眠っています。
兄なんか、頭が落ちてますよ。
写真を撮っても起きませんが、しかし・・・。

ママがソファに座ったとたんに、駆けつけます。
ママが携帯やiPad、本などを机に置いたとたんに、駆けつけます。
ママがバナナの皮を剥いたとたんに駆けつけます(笑)。

何かしている時はかまってもらえないということがわかっているので、ジーと耳をすませているんですね。
抱くのが面倒なので、赤ちゃん用の抱っこ紐でも買ってこようかと思うほどです。
これで年を取ったら、ずっとそばにいないとダメかしら?
その時が怖いですわ。

池永陽 『珈琲屋の人々 宝物を探しに』2018/07/04



『珈琲屋の人々』の第三弾です。

避けがたい理由で人を殺してしまった『珈琲屋』の主人の行介と彼に惹かれて店にやって来る人々の織りなす物語です。

いつもコーヒーを出すたびに、「熱いですから」というほど熱いコーヒーってどうなんだろう?
どうも冷めると美味しくないらしいです。
猫舌の人は困ります(笑)。

自分を幸せになってはいけない人間と思っているのに、彼を愛する冬子の幸せをだいなしにして、時期は必ず来るはずだから待っていろというのもなんだかね。
どうせなら二人して落ちるだけ落ちて見ろと思うのは私だけかしら?

グズグズな終わり方に物足りなく思いました。
無口な主人公も今は旬ではないですわ。


我家の甘えん坊の兄犬は今日も臍天で寝ています。


写真を撮る時はいつも目が開いているのは何故なのか。
気配で起きてしまったのかもしれませんね。

兄犬は今もパソコンの前に座り、画面を見えなくしています。
そろそろご飯の時間のようです。

有間カオル 『気まぐれ食堂 神様がくれた休日』2018/07/06

兄犬は私が朝食を食べている時に部屋から抜け出し、やってきました。
昨夜は追いかけっこをし、今朝はキーボードをたたいている私の手首の上に頭をのっけています。
犬ってこんなにかまってちゃんなのね。

この頃、すぐ読める、頭の使わない小説ばかり読むようになってしまいました。
アルドステロン症がわかって降圧剤を飲み始めてからも体調があまりよくない状態が続いています。
薬で血圧が下がっても、薬の影響で体に色々と影響があるんでしょうね。
手術ができる人がうらやましいですぅ。
今回も読んだのがライトノベルです。


念願の三ツ星イタリアレストランで働き始めたばかりの調理士、実果。
喜びもつかの間。
自転車で転んで手首を折ってしまいました。
そのため仕事も首になり、同棲していた彼氏に逃げられ、どん底の日々。
思い立って、瀬戸内海の小島へ。
島の老夫婦が営む民宿に滞在することにしました。
のんびりとした島での生活になじんだ、ある日、白猫についていくと、足をすべらせてしまい、足を痛めたようです。
気づくと、「気まくれ食堂」の前に。

「気まぐれ食堂」とは何か。
解くまでは帰れない(ということはないのですが)と言われ・・・。
島の人々と子供たちとの心温まるお話です。

失業、失恋、傷心旅行とマンネリ化した話ですが、読後感は悪くはありません。
最後は島から帰ってしまうのですが、島に留まるという選択もありましたね。
そうするともっとマンネリしちゃいますかね(笑)。

実果のように休みをとって、のんびりしたいと思いますが、犬がいるから無理だわ。
犬と一緒に行く・・・休めないわ(笑)。

今野敏 『ST警視庁科学捜査班 黄の調査ファイル』2018/07/07

今日も兄犬が目の前にいます(笑)。


黄色なので誰?と思ったら、僧であり科学捜査班の化学担当の山吹のことだったんですね。

密室状態のマンションンの一室で、4人の若者の死体が見つかります。
一見、練炭による集団自殺に見えるのですが、STたちは他殺の可能性を示唆。
彼らが出入りしていた宗教団体を調べます。

今回は山吹の実家の寺で事件解決の一環としてキャップこと百合根が座禅を組みます。
百合根ってキャリアの割に性格がいいと思っていたけれど、それが見事に実証されました。
座禅を組むのを一度やってみたいとは思っていますが、雑念の多い私ですから、たたかれまくりそうです。
その前に、膝が悪いので、座れないか・・・。

とっても読みやすいシリーズ。
事件よりも禅の方に興味がいく、禅を垣間見せてくれる回です。