伊吹有喜 『今はちょっと、ついてないだけ』2018/12/01



甘いと言う人がいるかもしれませんが、失敗しても諦めず頑張り続ければ、誰でもどうにかなると思いたいです。
そう、この題名のように「今はちょっと、ついてないだけ」とつぶやいて。

バブルの頃、ネイチャリング・フォトグラファーの肩書で『ネイチャリング・シリーズ』というテレビ番組に出演し、人気があった立花浩樹は、バブル崩壊後、連帯保証人になったばかりに所属事務所から負わされた借金を返すために、故郷に帰りました。
それから15年経ち、四十代になり、やっと借金を返済し終えた時に、母親が入院し、同室の女性に息子は写真家だと自慢をしたばかりに、その女性の写真をとるはめになってしまいます。
浩樹が写真を撮っていた時とは違い、カメラはデジタルになっており、とまどう浩樹でしたが、携帯のカメラで撮った写真は思ったよりもよく撮れていました。
このことがきっかけになり、女性の孫から写真撮影の依頼が舞い込み、浩樹は東京へ戻ることになります。
デジタルカメランの扱い方がまだわからないからとか言って、撮影費用も安くしたりして、あまりにも控え目な浩樹ですが、シェアハウスに入居し、いろいろな人との繋がりができ、すこしずつ人生が好転していきます。

四十代ってどんな人でも迷うのでしょうね。
自分の人生、これでいいのかって。
浩樹のように遠回りしても、いつか自分の本当にやりたいことが見つかることもありますよね。
「今はちょっと、ついてないだけ」
いい言葉です。
使えますね(笑)。

伊吹さんの本は読もうと思って読んだわけではないのですが、『なでしこ物語』意外は読んだようです。
どの本も読んだ後に、心がほんわかして元気がもらえるものです。
私的に今年のお勧めの作家です。


本多孝好 『MEMORY』2018/12/02



阿佐谷の神明宮に行ったら、道に沿って幼稚園児が書いた灯明が置いてあり、拝殿のところは白い紙の灯明がありました。
夜にろうそくの火をつけるようです。
こういうことをするのがわかっていれば、もっと遅くに来たのになぁ。



『MOMENT』、『WILL』に続く作品です。
短編集で、主要人物は葬儀屋の森田と文房具店の神田ではなく、彼らが関わった人たちです。
森田と神田の中3からその後がわかる話です。

昔からなかなか進まない森田と神田の関係です。
ホント、二人の不器用さがもどかしいけど、ほほえましい。
最後の場面でホッとしました。

是非とも『MOMENT』から読んで欲しいです。
彼の作品が気に入ったので、続けて読んでみたいと思います。

『沈没船のコーヒーダイヤモンド』―コクと深みの名推理 162018/12/03

膝の調子は病院に行ってからの方が悪いみたいです。
リハビリで2つの運動をするように言われ、朝晩やるのですが、無理に膝を伸ばしているので、膝じゃなくて周りの筋や筋肉が痛くなってしまいました。
鍼で緩めてもらおうと思ったら、鍼を打ってもなかなか緩まないそうです。
少し運動の手を抜いた方がいいかもしれませんね。
前のようにスムーズに歩けるようになりたいものですが、私の場合、北海道の氷で滑り、バンバン膝を打っているし、スポーツで膝を痛めたし、これから年を取るにつれ増々膝が痛くなっていきそうです。
いい所のない体です(泣)。



コーヒーショップ<ビレッジブレンド>のマネージャーをしているクレアは経営者で元夫でバイヤーのマテオの母であるマダムから、マテオの様子がおかしいので調べて欲しいと頼まれます。
そんな彼女たちのことにも気づかず、マテオは多くの乗客と共に海底に沈んだイタリアの豪華客船が現代によみがえることになり、船内で飲まれるコーヒーのコンペがあるので、参加しようとクレアに言ってきます。
コンペに参加することにしますが、その頃、恋人でニューヨーク市警の刑事のマイクは警察官を狙った銃撃事件に関わっていました。
クレアはマイクのことが心配でたまりません。
マイクの同僚が撃たれ、病院に運ばれた時に看護師から言われた「友人には法律上の地位はありません」という言葉にクレアは悲しい思いをしてしまいます。
もし、マイクが撃たれたら・・・。
クレアの気持ちを聞き、マイクはあることを決心します。

クレアとマイクの関係はどうなるのか。
警官銃撃事件の犯人は一体誰なのか。
そして、沈んだ豪華客船に隠された過去は・・・。

コージーミステリの割に読み応えのある内容でした。
18巻まで発売されているようですが、クレアとマイクはなかなかハッピーエンドにはならないようです。

イヌで遊ぶ2018/12/04

昨夜、兄犬はママが寝るのを秘かに伺っていたようです。
寝ようと椅子から立ち上がったとたんに、兄犬が現れたので、びっくり。
仕方ないので、抱き上げてベッドまで連れて行きました。
私のベッドの半分が兄犬のベッドで塞がれてしまいます。
犬も寝ずらいと思うのですが・・・そうか、あいつは昼間に寝ているのだ(笑)。

足を引きづりつつ町にいくと3COINSがあり、犬用のものがありました。
わが家の犬たち、特に兄は頭に何か被るのが大っ嫌いです。
クリスマス用のケープとか買いたかったのですが、嫌がるので、違うものを買って試してみました。
見せると口に咥えて振り回そうとします。
止めさせて、着せると・・・。


こんなになりました。
最初はわからなかったのですが、たぶんこれはサンタさんを乗せているトナカイですね。
似合わないわぁ。

次はこんなになりました。


天使の羽。
やっぱり似合わない。

家の犬はコスプレはだめそうです。

河合香織 『ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち』2018/12/05

お酒が飲めないのに、お酒の本を読むのが好きです。
ビールならコップ半分、ワインなら一杯、飲めればいい方です。
何回か飲んで気分が悪くなり、周りに迷惑をかけていますから、いつも飲むときには気をつけます。
たま~に顔が青くなり、吐き気がすることがあるのです。
本人にもいつ気分が悪くなるのかわかりません。
飲まなければいいのでしょうが、雰囲気に負けて手を出してしまいます(笑)。
飲める人がうらやましいわぁ。


この本は日本産ワインを作るために奮闘した若者たち3人のお話です。

日本のワインというと思い出すのは赤玉ワイン。まずそうでした。
まだ20歳以下だった私は飲めませんでしたが。
その頃のワインは国産と謳っていましたが、実際は純粋な国産ではなかったようです。
ワイン造りに生食用のぶどうを使い、海外からワインやぶどう果汁を輸入して混ぜて作っていることが多かったそうです。
そういう世界の常識からかけ離れている日本のワイン造りに異を唱えていたのが醸造家・麻井宇介で、彼に教えを請ったのが、岡本英史、城戸亜紀人、曽我彰彦の3人の「ウスケボーイズ」でした。
彼らはワイン用ぶどうの栽培から醸造までを手がけ、ワイン造りに精力のすべてを傾けて挑みました。

日本のワインが美味しくなったのは、彼らの努力の賜物なのですねぇ。
小布施に行った時にワイナリーがあったのを思い出しました。
曽我さんのワイナリーだったんですね。(HPがおもしろいです)
簡単にはワインは買えなさそうです。
個人的には山梨県のワイナリー、ボーペイサージュの岡本さんのワインを飲んでみたいですけど。

飲めない私ですが、日本産ワインを応援したくなりました。