凪良ゆう 『神さまのビオトープ』2020/05/01

昨日はイギリスのキャプテン・トムの誕生日でした。
誕生日までに約40億の寄付金を集め、名誉大佐の称号を与えられたそうです。
バースデーカードも14万通だとか。みんなに愛されていますね。
私は手を洗いながら、ハッピーバースデーを歌わせていただきました。



『流浪の月』で本屋大賞を受賞した凪良さんの本を読んでみました。

うる波は美術の非常勤講師をしながら、事故死した夫の幽霊の鹿野くんと暮らしています。
周りに言うと夫を亡くした悲しみから狂ったのかと誤解されるので、言わないようにしています。
彼女にとって幽霊であっても夫と一緒にいるということは心休まることですが、他の誰もそのことを理解してくれません。
叔母なんか再婚させようとお見合い写真を持ってくるんですよ。

うる波は大学の後輩の恋人同士やロボットの友人を持つ少年、小さな少女しか愛せない青年、夫婦にしか見えない兄妹など、「普通」ではないと世間がレッテルを貼りそうな人たちと出会い、親しくなっていきます。
社会の片隅で密かに暮らしている彼らにとって幸せとは何なのでしょうか。

「わたしは幸せだけど、この幸せは理解されにくい形をしている。多くの人たちは異質なものを受け入れないし、幸せすら定型にはめたがる」
「あなたのためにという言葉は頑固で、真面目で、自らの信念にみつすぎていて始末に困る」
「もともと幸福にも不幸にも、決まった形などないのだから」

『流浪の月』に通じる小説です。
他人の幸せは他の人にはわからない。
「普通」がみんなの「普通」ではないし、誰かの常識が他の人にも当てはまるとは限らない。
秘密のない人もいない。
今までの生活ができなくなった今、読んでみるといいかも。


前に作ったパウンドケーキが結構おいしかったので、バナナと砂糖、クルミを仕入れてきました。
前回2回はホットケーキミックスを150グラム使ったのですが、今回は100グラムにしてクルミ入りのバナナケーキを作ってみました。


私の買った型には100グラムがぴったりです。
外国では小麦粉がなくなっているようですが、日本ではホットケーキミックスが品薄だそうです。簡単にケーキとかクッキーが焼けるから、お子さんのいる家が買っているのでしょうね。

樋口有介 『枯葉色グッドバイ』2020/05/02

柚木草介シリーズを書いた樋口さんの本を読んでみました。


吹石夕子が刑事になって初めて関わった事件が大田区の羽田一家惨殺事件でした。
半年たっても犯人に辿りつけず、捜査本部も縮小されました。
たった一人残った高校生の娘・美亜の友人が扼殺され、羽田事件と関係があるのではと思い事件現場に足を運んだ時に出会ったのが、警察学校で教官だった椎葉です。
彼は娘を亡くした後、警察を辞め、ホームレスをしていました。
夕子は椎葉の手を借りようと思い立ち、椎葉にアルバイトとして2つの事件を調べることを持ちかけます。

柚木草介シリーズに通じるものがありました。
椎葉が女にもてるところとか、ちょっとハスにかまえた生意気少女が出てくるところとか。
会話もしゃれていますが、さすが高校生の美亜には通じてませんでした(笑)。
事件や美亜の出生とか悲惨ですが、そうは感じさせず、よい未来に続けて終わるところが樋口さんのいいところですね。
どんな人にでも幸せになる権利がありますもの。
また椎葉に会いたいです。


この頃の楽しみはYouTubeで音楽を聞くことです。
テレワークで様々なアーティストたちが集まって「民衆の歌」とか「You've got a friend」、「Here Comes The Sun」、「We  Are The World 2020」など歌ってくれています。
「We Are The World 2020」はLong Island版とかメタル・ミュージシャン版など色々あって面白いです。
ライオネル・リッチーはコロナ施策支援として新バージョンをレコーディングしたいようです。楽しみに待ちましょう。
ビートルズの「Here Comes The Sun」をコロナで退院する時に流している病院があるのだとか。いい選択ですね。
歌もいいのですが、私はアーチストたちがどんな部屋で歌っているかに興味があります。外国の人たちの部屋は素敵です。

他にもバレエとか塗り絵とか探すと色々とあり、暇潰しにいいです。
次は塗り絵に挑戦しようかと思っています。

中山七里 『合唱 峰洋介の帰還』2020/05/04



もういちどベートーヴェン』から続くお話です。

幼稚園で保育士2人、幼児3人を惨殺した、”平成最悪の凶悪犯”の仙街不比等は、覚醒剤を使用していたため事件の記憶がないと主張していました。
そのため刑法第39条により無罪になる可能性があり、担当検事の天生は検事調べで仙街の殺意を立証しようとしますが、取り調べ中に意識を失ってしまいます。
目を覚ますと、仙街は銃で撃たれて死んでいました。
銃からは指紋が見つかり、背広からは硝煙反応が検出され、天生は仙街殺害容疑で逮捕されてしまいます。
事件が事件なので引き受ける弁護士も見つからず、困っていた天生の元へ岬洋介が現れます。
彼は天生との約束(『もういちどベートーヴェン』参照)を守るために、コンサートをキャンセルし急遽日本に帰ってきたのです。
岬は御子柴に弁護を頼み、検事である自分の父親と法廷で争うこととなります。

御子柴を始め中山さんのシリーズ物に出ているキャスト勢揃い。
小手川刑事、渡瀬刑事、犬養刑事、光崎教授などが少しずつ出演しています。
法廷の場面が少なく、すぐに犯人判明となってしまうので、その点残念です。
もっと岬の活躍場面を読みたかったですし、ドンデン返しがないし・・・。
ピアニストでありながら法廷でも有能な岬洋介はスーパーマンか(笑)。
パパ岬検事は負け戦が続いていますね。かわいそうなのでいつか勝たせてやって下さい。

岬シリーズの次回作は『おわかれモーツアルト』らしいです。
次はモーツアルトかという私の予測が当たりましたね。
誰とおわかれか心配ですけど。
デビュー10周年で一月ずつ新刊が出版されるようですが、『おわかれモーツアルト』は予定されていませんが、来年出版されるのかしら?

お庭でハッスル2020/05/06

兄犬はお散歩が大好き。
弟犬はお庭が大好き。
兄は散歩に行く時、早く行こうと走り出しますが、庭では草を食んでいます。
弟はお外があまり好きではないらしく、自分からどこかに行こうとはしませんが、庭では走り回り、ボール遊びを楽しみます。

自粛生活でやっと庭の草取りが終わったので、昨日、弟を庭で遊ばせました。
私がカメラを持ち出すと、今まで走り回っていたのにお座りをします。


そして、寄ってきてボール遊びをしたいと訴えます。


ボールを渡すとなかなか離さないので面倒なのでママはやりたくありません。
パパが赤いボールで遊ばせようと言ったので、仕方なく持ってきました。


「パパさん、早くボールを投げてください」


「早く」


「わーい、ボールだ」


「取ってみろ」


「ボールは絶対に渡しません」


「敵はいないか」


「取られないようにしようっと」


「そばに置いておかないと取られるぞ」


「ママちゃん、ボール取ってみて」


「ボール遊びってたのしいなぁ」

久しぶりに庭でボール遊びをしたので、人間の子供と同じようにハイになって大変でした。
それにしても嬉しそうですね。

気温が上がっているので、そろそろダニに注意しなければなりません。
ちゃんとダニのお薬をつけてから遊ばせました。
蚊も出てくるので、フィラリアの薬を獣医にもらいに行かなければなりませんが、どうしましょうね。
今年だけ血液検査をしなくてもくれませんかね。
獣医に聞いてみましょう。
年に一回、狂犬病の注射とワクチンも打たなければなりませんが、獣医に行くのも勇気がいります。
狂犬病は8月でワクチンは11月だったと思うので、それまでにどうにかなって欲しいです。

村上春樹 『猫を棄てる 父親について語るとき』2020/05/07



久しぶりの村上春樹です。
彼がノーベル文学賞を狙っているというのが出回ってから、あまり読んでいません。彼の小説がノーベル賞に値するかどうかは・・・。

この本は小説ではなく、彼が父親について語るというものです。
村上さんとお父さんはあまり仲の良い親子ではなかったらしく、お父さんから生い立ちや戦争中のこととかの話を聞いたことがないそうです。
大人になってからも親しく交流していたわけではなくて、そんな親子がいても何の問題があるわけはなく、私の中ではそうなのねで終わっています(笑)。
そんな訳で、お父様のことが淡々と書いてあって、物足りなく感じました。
まあ、それが村上さんのテイストなのですが。

今の関心は、村上さんがこのコロナの時代をどう書いてくれるのかということです。彼だけではなく、物書きの方々がどうこれから描くのか、楽しみです。

この頃、楽しみに読んでいるのが、辻仁成さんのエッセイです。
帝京大学が提供するDesign Storiesの中の「JINSEI STORIES」でパリで感じたこと、息子さんとのこと、日本のことなど色々と書いています。
今のパリで暮らすことは大変でしょうが、息子さんのためにコロナに感染しないように頑張っている姿がうかがえます。
まあ、世の中色々な親子がいるもんですからね。

凪良ゆう 『わたしの美しい庭』2020/05/08



凪良さんはBL(ボーイズラブ)を書いている人なんですって。
そういう方だからこそ、いい意味でこういう話を書けるのかもしれませんね。

統理と百音は血のつながらない親子です。
統理は行き場のない元妻の子を引き取り育てているのです。
もちろん周りは色々と言いましたけど。
二人が住んでいるマンションの屋上には「縁切り神社」があります。
統理は元々翻訳家で、百音を引き取った時に「縁切り神社」のある実家のマンションに住み始め、今はその神社の宮司をしています。
屋上には統理が手入れをしている美しい庭があり、神社にやって来る人たちの憩いの場となっています。

今日も心に悩みと生きづらさを抱えた人たちがやってきます。
ゲイの若者、ずっと初恋の人を忘れられない女性、うつ病を患う男性・・・。
普通とは何?世間体って何?
みんな同じ価値観を持たなきゃならないの?

本には沢山のいい言葉があふれています。

「わたしはわたしを生きていけばいい」
「なにも持っていないのは哀れかもしれないけど、気楽でいい場合もあるのよ」
「誰かにこう思いなさいと言われたら、まずはその人を疑ったほうがいい。どんなに素晴らしい主義主張も人の心を縛る権利はない」
「失うことや持っていないことで得られるものもあるんだ」
「無駄に殴り合って傷つけ合うよりは、他人同士でいたほうがまだ平和」

ほんの一部ですが、心を打つ言葉がひとつはあるかもしれません。
私は「他人同士でいたほうがまだ平和」かな。

本屋大賞をとった作品より、私は『神さまのビオトープ』やこちらの本の方が好きです。
傷ついた心が癒やされる本です。

佐藤青南 『白バイガール 暴走!五輪大作戦』2020/05/09

読みながらオリンピックが延期になっていなければ、タイムリーな本なのにと思いました。


オリンピックが開幕し人で賑わう横浜駅前を、偽装ナンバーをつけたバイクが、白バイの追跡を振り切り暴走し、通行人を次々にはね、最後はビルに激突し、乗っていたライダーは即死しました。
この事故は白バイ隊員の過度の追跡で起こったのではないかという非難の声があがり、追跡していた元口は処分決定まで自宅待機になります。
このことに納得のいかないA分隊の面々は、事故は元口の追跡が原因ではなかったという証拠を探すことにします。
しかし、彼らの行くところを先回りしている何者かが・・・。
それは警視庁公安部の塚本で、彼に横浜駅前の事故は学生団体SFFの北海道支部が起こしたテロであると教えられます。
彼らは札幌でのマラソン競技開催を阻止するため、他の会場でのテロを目論んでいるらしいのです。
塚本は木乃美たち、交通機動隊に捜査協力を頼んできました。

木乃美たちはテロを防止できるのか。
手に汗を握る展開が・・・。

白バイって交通違反の取り締まりとか駅伝などの先導、要人警護、逃走犯の捕捉などが仕事だと思っていたのですが、この本では刑事みたいに聞き込みとかしています。さぞ刑事たちに嫌な顔されるでしょうねぇ(笑)。
木乃美もだんだんと一人前に成長していおり、今回は今まで以上に活躍しています。
いつか箱根駅伝の先導役ができるといいですね。

風野真知雄 『わるじい慈剣帖 1~3』2020/05/10

パソコンを使うたびにバックグランド・ミュージックにしているのが、ロンドンのWest End(アメリカのブロードウェイみたいな場所)のミュージカル・スターたちがテレワークで歌っている歌です。
今、気に入っているのが、「レミゼラブル」の"Do You Hear The People 
sing"と"Bring Him Home"、「レント」の"Seasons of Love"、Vera Lynnが歌い第二次世界大戦中にはやったという"We'll Meet Again 2020"です。
「レミゼラブル」はロンドンで見たことがあり、今となっては懐かしいです。
これから演劇やミュージカル、コンサートはどうなるんでしょうね。
三密になりますから、座席は離さなければなりませんね。
クラシック以外のコンサートは熱狂して叫ぶ人が多いので、野外で距離を取って座わって見るようになるのでしょうか?



あのわるじいが帰って来た!
最初はシリーズの続きがでていると気づかなかったのですが、よくよく題名を見ると違うじゃないですか。
『わるじい剣帖』と『わるじい剣帖』ですから、紛らわしい。

息子が大怪我をしたため、目付に復帰し鎌倉まで出張った桃太郎ですが、江戸で火事が起こり、孫の桃子が心配になり、急いで仕事を片付け江戸に戻りました。
可愛い孫のためなら何だってします。
桃子と珠子の母娘は焼け出されましたが、たまたま出会った平賀源内の孫弟子に当たる中山中山(なかやまちゅうざん)が大阪に一年くらい行かなければならないので、留守の間彼の家に住めることになります。
鎌倉から帰った桃太郎は孫の桃子の側にいたいので、火事で屋敷が焼けてしまった親友の朝比奈留三郎と桃子たちと同じ長屋に住むことにします。
しばらくすると目付の役もとかれ、常に桃子と一緒にいられるようになります。
しかし長屋付近の八丁堀は安全な場所だと思っていたら、胡散臭い奴や奇妙な出来事が多いのです。
桃太郎が使えると思った大家の卯右衛門は桃太郎に礼金を取って相談事や悩み事に乗るようにと持ちかけます。
桃子の世話が第一で、直接桃子の心配にならないことには関わりたくない桃太郎でしたが、取りあえず卯右衛門の話に乗ることにします。

夜目が利かなくなったと自分の老いにがっかりしている桃太郎ですが、頭は切れます。バッサバッサと持ち上がる不思議な事件を解いていきます。
桃ちゃんが大きくなったらなったで心配事はつきないのでしょうけどね。



今日もお庭でハッスルする弟。
パパの時はボールをすぐに離すのですが、ママだと「取ってみろよ」をやります。
何ででしょうね。ママは一緒に遊べる人になっているのでしょうかね。


リース・ボウエン 『貧乏お嬢様の結婚前夜』2020/05/11



いよいよジョージーがダーシーと結婚式を挙げることになりました。
ジョージーはロンドンにあるポーランドの王女・ゾゾの屋敷に滞在させてもらい、結婚式の準備をすることにします。
ウエディングドレスは親友のベリンダが作ってくれ、式はカトリックの教会で、披露宴はロンドンにある兄のピンキーのラノクハウスで行うことになりました。
お金がないのでできるだけ質素にやろうと思っていたのに、国王と王妃は出席する気満々で、ブライドメイドにエリザべスとマーガレットをとまで言われてしまいます。このままいくとヨーロッパの王族たちを招待しなければならなくなりそうです。
招待客はなんとかできそうでしたが、新居をどこにするか決めなければなりません。ダーシーと一緒に部屋を見に行くのですが、お金のない二人が住める所は気の滅入る所ばかり。
新居をどうしようと思っていたところへ、いい便りが届きます。
元女優だった母の元結婚相手、サー・ヒューバートが、唯一の相続人であるジョージーにアインスレーにある屋敷に住まないかというのです。
早速アインスレーに行こうと思ったのですが、ダーシーは仕事でどこかへ行ってしまいます。
仕方なく一人で屋敷に乗り込むジョージー。
ところが屋敷の使用人たちは昔と代わっており、何だか変な感じです。
行ったその日に命を狙われたみたいで、結婚式どころではなくなります。
さて、ジョージーは屋敷に隠された秘密を一人で暴くことができるのでしょうか・・・。

身分が高く(王位継承権がある)てもお金がなければ何もできませんよね。
イギリスの貴族は日本の侍と似たような立場だったのかしら。
ジョージーなんか「武士は食わねど高楊枝」という感じそのものですもの。
やっと結婚でき、ハネムーンに行くことができます。よかったですね。
ハネムーンの様子は次回13巻目に、ハネムーンから戻った様子は14巻目に書かれているようですが、また殺人事件に巻き込まれるのでしょうね。
ダーシーと二人で仲良く事件解決と行くのでしょうか?

福澤徹三 『任飯 6 炎のちょい足し篇』2020/05/12



ひきこもりで毎日ゲーム三昧だった風見蓮太郎は27歳。
ある日、蓮太郎の元へ男たちがやって来た。彼らは父親から頼まれ、蓮太郎を自立支援施設へ入所させるために来たと言うのだ。
嫌だというのに無理矢理家から連れ出され、施設へ連れられていった。
自立支援施設とは名ばかりで、就労プログラムなんかなく、月80万も払っているのに食事は一日千円でコンビニから買ってくるというものだった。
蓮太郎の他に2人、生気のない寮生がいるばかり。
そんな時に、コンビニに行く途中に食堂が開店した。食堂の従業員は頬に傷があったりする普通の人とは思えない2人だったが、コンビニで買ってきたものから美味しい料理を作ってくれる。
ついつい施設のことを愚痴ったりしていたが、この食堂に行っていることが施設長にバレて行けなくなってしまう。
唯一の楽しみだったのに・・・。
蓮太郎は施設長に自分たちに外出する自由もないのかと文句を言うと、反対に威嚇され、東北校に送られてもいいのかと脅される始末。
このまま監禁されるのかと暗澹たる気持ちになる蓮太郎たちだったが・・・。

もうお気づきでしょうが、食堂にいる2人が柳刃竜一と火野丈治です。
彼らがコンビニで売られているものを美味しい料理へと変えてくれます。
私が試したいものは・・・ありませんでしたけど(笑)。
今回よりも今までの方が作ってみようかと思うものがあったような気がします。
家で三食という今、切実に柳刃さんが家に欲しいです。
だんだんと食事を作るのが嫌になってきていますもの。
いつになったら外食できるのかしら?美味しいパンやお菓子が食べたいです。
ネットで頼もうと思ったら同じことを思う人が多くて、すぐに売り切れ状態になってしまい買えません。

話がそれてしまいましたが、今回は主人公に全く同情できず、2人の活躍もそれほどではなく、あっさりと読み終わってしまいました。
もっと2人が絡んで欲しかったです。