凪良ゆう 『わたしの美しい庭』2020/05/08



凪良さんはBL(ボーイズラブ)を書いている人なんですって。
そういう方だからこそ、いい意味でこういう話を書けるのかもしれませんね。

統理と百音は血のつながらない親子です。
統理は行き場のない元妻の子を引き取り育てているのです。
もちろん周りは色々と言いましたけど。
二人が住んでいるマンションの屋上には「縁切り神社」があります。
統理は元々翻訳家で、百音を引き取った時に「縁切り神社」のある実家のマンションに住み始め、今はその神社の宮司をしています。
屋上には統理が手入れをしている美しい庭があり、神社にやって来る人たちの憩いの場となっています。

今日も心に悩みと生きづらさを抱えた人たちがやってきます。
ゲイの若者、ずっと初恋の人を忘れられない女性、うつ病を患う男性・・・。
普通とは何?世間体って何?
みんな同じ価値観を持たなきゃならないの?

本には沢山のいい言葉があふれています。

「わたしはわたしを生きていけばいい」
「なにも持っていないのは哀れかもしれないけど、気楽でいい場合もあるのよ」
「誰かにこう思いなさいと言われたら、まずはその人を疑ったほうがいい。どんなに素晴らしい主義主張も人の心を縛る権利はない」
「失うことや持っていないことで得られるものもあるんだ」
「無駄に殴り合って傷つけ合うよりは、他人同士でいたほうがまだ平和」

ほんの一部ですが、心を打つ言葉がひとつはあるかもしれません。
私は「他人同士でいたほうがまだ平和」かな。

本屋大賞をとった作品より、私は『神さまのビオトープ』やこちらの本の方が好きです。
傷ついた心が癒やされる本です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2020/05/08/9244304/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。