凪良ゆう 『すみれ荘ファミリア』2020/05/13



BLではない凪良さんの本です。

今で言うシェアハウスではなく、昔風の下宿をしているすみれ荘のお話。
大家代理兼管理人をしているのは和久井一悟。彼は小さい頃から病弱だったので、大家である母親の代理をして暮らしています。結婚をしていたのですが、妻は亡くなり、一人娘は義理の両親に連れて行かれてしまいました。
下宿人は3人。みんなの姉的立場で長く住んでいる青子とTV制作マンの隼人、OLでPMS(生理前症候群)がひどく月の半分は苦しんでいる美寿々。
彼らのために朝ご飯と夕食を作るのが一悟の役割です。
ある日、自転車に乗っている一悟の前にフラッと出てきた人がいて轢いてしまいます。
彼は芥一二三といい、作家をしており、自転車事故のため手を骨折してしまいパソコンを打てなくなったので、代わりに一悟に打って欲しいと言い出したため、すみれ荘に住むことになります。何やら怪しい奴ですね。
芥が登場したため今まで穏便に過ごしていた一悟たちの間に不穏な空気が漂い始め、隠れていた姿が現れ始めます。

一見いい人そうでも、何を考えているのかはわからないのが他人です。
人にどう思われているのか考えすぎると怖くなって、人と交流できなくなりますね。
一悟は病弱だったため、すれてなく、お人好し。他の人を信じすぎていたようです。でも、一悟のような人だったら安心して付き合っていけるから、人が集まってくるのでしょうね。
他の人は頑張って今以上の人間になろうとして、自分より幸せそうな人の弱みを握りおとしめようとしています。
無駄な努力は止めて、「等身大で生きていく」と心が落ち着いて、自分にとっての幸せが何かわかるのではないでしょうか。
そういう風になるにはまだ若いけど。

思ってもみなかった人の悪意に驚くこともありますが、希望のある終わり方でよかったですわ。
今回のお気に入りの言葉は、「大多数の意見なんてユメマボロシ」です。
そういえばkindleで読んでいたので、表紙をじっくり見てませんでしたが、思わせぶりな表紙ですねぇ。

ボール、大好き♡2020/05/14

弟犬は今日も楽しくボールを追いかけていました。
「ボールを投げてください」と真剣な眼差し。


ボールを取られるのが嫌なので、なかなか離しません。


「離すものか」


本当にボール遊びが好きなのね。


兄は3歳の時に遊ばなくなったのに、弟は5歳でもボール遊びが大好きです。

近藤史恵 『歌舞伎座の怪紳士』2020/05/15

この頃のマスク率は高いのですが、男性がしていない率が女性よりも高いですね。
なんででしょうね。


会社で嫌なことがあり、心の病気になり、引きこもりになってしまった岩居久澄は鬱屈を抱えながら暮らしていました。
家にいながらやることは、家事と眼科医の姉の犬の世話でした。
そんなある日、父方の祖母からアルバイトが飛び込みました。
祖母の代わりに芝居を見に行き、感想を伝えるというものです。
一回五千円。久澄にとっては五千円でもありがたいバイトです。
初めて行ったのは歌舞伎座でした。そこであることを見てしまい、どうしようかと悩んでいたところ、親切な老紳士が助けてくれました。
それから不思議なことに、久澄がバイトで劇場に行くたびにその紳士が現れ、久澄を助けてくれるのです。
彼は一体誰なのだろうと思いながらも、やがて久澄は芝居の世界に魅了されていきます。

舞台を見に行きたいですねぇ。
家が上野から遠くなってから行かなくなってしましたが、今になってはあれは幸せな時代だったんですね。
コロナ以前と以後では暮らしがガラッと変わってしまいましたね。
会う人もコロナに罹っているかもしれないと思いながら接しなければならなくなるし・・・。

コロナ以後の時代は引きこもりにとっては最高なのかもしれません。
私も外に行かなくていいので、結構居心地がいいんですけど、小説に戻って、久澄さんは若いので、家にいて悶々としています。
普通の生活をしている、正社員で恋人もいる友達がうらやましいのです。
でも、そんな友達に「久澄の人生は、どこにあるの」とか「ちゃんと自分の人生に向き合ってるの」とか言われると、「私の人生はなにもない」としか思えなくなったりします。
そんな久澄も芝居を通して変わっていきます。
新しい第一歩を踏み出していくのです。

題名からサスペンスかと思ったら、違いました(笑)。
「オペラ座の怪人」を思い出すような題名ですから。
ミステリーを含んだ青春時代の躓きと再生の物語です。
ついでに芝居について、特に歌舞伎について知ることができます。

群ようこ 『ヤマダ一家の辛抱』2020/05/16



近所の動物病院でフィラリアの薬をもらっていたのですが、ヨボヨボのおじいさんなのでコロナ対策なんてしていなさそう。
犬たちをペットホテルに預けていた獣医さんに、血液検査をしなくてもフィラリアの薬をいただけませんかとラインで聞いてみたら、昨年薬を与えていれば、特例として今年はしなくても渡せますとのことでした。
フィラリアの薬の他にのみ・ダニの薬も一緒に頼むことにしました。
もちろん人と接したくないので、送ってもらいネットで振込みます。
フィラリアの薬はおやつタイプにしてみました。
体重が2.8㎏以上となっていたので、体重を量ってみると・・・増えている!
兄犬が3.9㎏、弟が3.8㎏。体重計が壊れているのかしら・・・。
ママと一緒にご飯を少し減らしてダイエットさせますわ。



ヤマダカズオさんには家族がいます。
雑誌の編集部の副編集長をしているサチコさんと娘が二人。
姉娘は真面目ないい子で、暇だと図書館に行き勉強したり本を読んだりしているナオコ。
妹娘は今時よくいるわがまま娘で、自分の思い通りにいかないと怒鳴り散らす、お洒落好きなユカリ。
ナオコは大丈夫と言われていた入試で失敗したのに、ユカリは運がよく、ろくに勉強もしていないのにエスカレーター式の私立学校に入ってしまいます。
しかし、入ってからのテストは一桁台で進級できるかどうかの瀬戸際です。
勉強するように言ってもユカリは蛙の面に小便状態。
娘に悩まされつつ社長秘書という仕事をしていたカズオさんですが、なんと仕えていた社長が急死してしまいます。
それからのカズオさんは我慢の毎日。
同じ頃、サチコさんは編集長と揉めて慣れない広報部へと異動します。
互いに仕事上で色々とあるのですが、人間って自分が一番苦労していると思いがちですよね。
サチコさんもそう。それで言ってはいけないことをカズオさんに言ってしまいます。
さすがのカズオさんもぶち切れます。

家族の中で本当に大事なことって意外と口に出して言っていないことがありますよね。
ヤマダ一家もそうです。
家族でありながら、互いにあっちこっちを向いて、向き合っていないのです。
自分が一番。他の家族に何があろうが知っちゃこっちゃない。
でもそういう互いに無関心な状態を維持していても、いつか向き合わなければならない時がやってきます。
それがいつかは家族によって違います。
ヤマダ一家はこれからどうなるのでしょうか。
平和に暮らしていってもらいたいですね。

群さんらしい面白いお話でした。

塔山郁 『薬も過ぎれば毒となる』&『甲の薬は乙の毒』2020/05/18

YouTubeを見ていて、人のいないロンドンの地下鉄で一人、ピアノを弾きながらジョン・レノンの「Imagine」を歌う若いミュージシャンを見つけました。
彼の名はStephen Ridley。イギリスで人気があるのかしら?

人のいない地下鉄構内をスタスタと歩いていって、ぽつんと置いてあるピアノの蓋を開け、シューシューと消毒液を拭きかけ、鍵盤を拭き、マスクを取り、おもむろに「Let it be」の一部を歌ってから「Imagine」を歌い始めます。
人のいないお店、彼を無視して歩いて行く警官、たまに通り過ぎるマスクをした通行人などシュールです。(A Song For The World)
第二弾は人のいないロンドン塔(だよね)の見える広場で「Your Song」を歌っています。(A Song For The World #002)
彼の歌は今世界は大変だけど、何があっても世界はすばらしいんだよと訴えかけています。



ホテルマンの水尾爽太は足の水虫に悩んでいました。
ホテルの近くの病院に行って薬をもらい、毎日つけているのに治らないのです。
医師にそう言っても無視され、同じ薬を出されるだけでした。
そんなある日、たまたま薬をもらいに行った薬局で毒島(ぶすじま)という女性薬剤師が症状を詳しく聞いてきて、別の病院に行くことを勧めてきました。
彼女の言うように別の皮膚科に行って診てもらうと、水虫ではなくアレルギーによる接触性皮膚炎でした。
ステロイド外用薬を使うとすぐにかゆみもなくなりました。
どうも彼が最初に言った是沢クリニックは医師に問題のあるところだったようです。
このことがあってから毒島さんに興味を持った爽太はお礼を言いに薬局に行きます。毒島は薬の知識が豊富で、一端スイッチがはいってしまうと薬にまつわる色々なことを話しまくる人でした。
彼女と仲良くなりたい爽太は薬に興味があると偽り、彼女と仲良くなろうとしますが、毒島さんには彼の気持ちはわからないようです。
しかし、爽太の周りで薬にまつわる様々な事件が起こり、爽太は毒島さんに助けを求め、二人は一緒に事件を解決していくことになります。

薬剤師は処方箋を見たらその人がどんな病気なのかわかると思っていませんか?
わからないのだそうです。
だからいつも聞かれていたのですね。私なんか何でわかっているのに聞くのと思っていましたし、人前で病名を言いたくなかったので、愛想悪く答えていました。
失礼しました。次回からは愛想よく答えます。
そういえば色々な薬局に行きましたが、彼女のように知識豊富な薬剤師に会ったことがありません。
薬のことで質問しても、薬の本(みたいなもの)で調べてから答えるという感じでしたもの。薬が沢山あるので、それをすべて知っているわけではないのでしょうけどね。早く薬をもらって帰りたかったので、話を適当に切り上げていました。
調剤薬局の薬剤師はただ薬を医師の処方箋どおり出せばいいから簡単な仕事でいいなぁとしか思っていませんでした。

漫画の『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』と一緒に読むと薬剤師の仕事がどんなものかわかりますので、読んでみてください。

ディーリア・オーエンズ 『ザリガニの鳴くところ』2020/05/20



ノース・カロライナ州の湿地で、チェイス・アンドルーズの死体が見つかり、「湿地の少女」に疑いがかけられます。

「湿地の少女」とは、湿地の小屋に一人で住んでいるカイアという女性のことです。
父親が酒を飲んで暴力を振るうので、兄や姉、そして母までもがカイアを残し家を出て行ってしまい、父親と暮らしていたのですが、6歳の時に父親が失踪。
貝を採り、それを親切な燃料店の店主・ジャンピンに売って、なんとか暮らしていけるお金を稼いでいました。
テイトという少年と知り合い、彼が読み書きを教えてくれました。
彼女は頭脳明晰で、感性豊か、美的センスがありました。
テイトとカイアは心を通わせていましたが、テイトは大学進学のために町を出て行き、約束したのにカイアのもとに戻ってきませんでした。
自然の中で育ったカイアは普通の生活を営めないと、彼が思ったからです。

みんなカイアを置いて去っていきます。
カイアは湿地の自然の中で孤独のままひっそりと暮らしていきます。
そんなある日、女好きのチェイスという青年が彼女に近づいてきます。
普通の女とは違う、イノセントなカイアに魅力を感じたからです。
彼はカイアに結婚を匂わせ、彼女を欺し、結局は他の女性と結婚してしまいます。
それを知ったカイアは彼に別れを告げます…。

チェイスが死んだ時にカイアは町にいなかったというアリバイがあります。
しかし彼女がボートに乗って櫓の方へ行くのを見たという人物が現れ、カイアは逮捕され、裁判にかけられます。

1950~60年代のノース・カロライナ州には黒人や貧しい白人に対する差別と偏見があったので、誰もカイアのような子には目を向けないでしょうね。
兄や姉も生きていくのに大変で、幼い妹のことを思い至ることができなかったのでしょうね。
救いのない状態であってもカイアの生きようとする力とよい出会いが彼女に幸運をもたらします。

なんとも湿地の自然描写が美しい本です。
英語ではどう描かれているのかなと思いますが、英語では読まないでしょうね。
時間がかかるから(笑)。
弁護士ダニエル・ローリンズ』に続くおすすめの本です。
ミステリーではありますが、一人の女性の成長の物語でもあります。


お店に買いにいけないので、エシレのガレットとサブレをネットで注文しました。
みんな同じことを考えているらしく、4日間挑戦し続けてやっと手に入りました。


コロナ以前にお店に行っても午前中にはなくなっていて買えなかったのです。
自粛が解除になっても当分お店には行けないので、ゆっくり味わって食べることにします。

弟が夜中に・・・。2020/05/21

今週は毎日パパが会社に行くので5時過ぎに行ってらっしゃいをした後、犬たちもママものんびり8時頃まで二度寝します。
ご飯を食べた後、犬たちは三度寝をします(実はママも・・・?)。


昨日も犬たちは三度寝をしながら大人しく寝ていました。
パパが帰ると起きて騒ぎます。
夜にママがお風呂に入っている時にパパが何やら怒鳴っています。
弟が血便をしていて、お尻から血が出ているというのです。
先週ぐらいから弟は便が緩くなってはいましたが、昨日の日中はずっと寝ていたので特に変わったところがありませんでした。
ママが悪いと言われても・・・。
変だなと思いつつ寝ていると、夜中に吐く音がしました。
起きて見に行くと弟が床の上に吐いたようです。
兄はよく吐くので気になりませんが、弟は初めてです。
きれいに片付けてから寝せると、今度はハウスの中で吐きました。
もうハウスは使えないので捨てることにし、明日獣医さんに見せるために吐いたものの写真を撮っておきました。

今朝、パパが出勤し、二度寝した後トイレシーツを見ると便に血のようなものがついています。
獣医に見せるためにシーツも持っていくことにしました。
とりあえずご飯を半分食べさせてみたら、ガツガツと食べます。
食欲はあるようです。
ペットクリニックはコロナのことがあってから予約制になっています。
電話をして、診察の予約を取りました。


抱いて獣医に行こうと思っていたのですが、弟は歩きたそうです。
歩かせるといつもの通りグイグイ行きます。
結局ペットクリニックまで歩き通しました。元気はあるのよ。

獣医さんに昨日のことを言って診てもらいました。
大腸炎のようなので、吐き気止めとおなかの薬、血便を止める薬の三種類が出されました。
一週間薬を飲んで良くならなければ血液検査などをするとのことです。
帰路も歩かせると元気に歩いていました。

ママはパパよりも犬たちと一緒にいるので、犬たちが調子悪くてもあまり気にしません。
ところがパパは神経質なのか、犬たちの調子が少しでも悪いと心配して騒ぎます。
統計を取ると(何の?)女性より男性の方が騒ぐ傾向があるようにママは思います。
人間もそうですが、五月に入ってから暑かったり寒かったりの差があるので、体がついていかないという感じではないでしょうか。


「ママちゃん、僕は本当に具合が悪いのです」by 弟。

弟が帰ると、すぐに兄が寄っていって二匹で何やらコソコソ話していました。
ママが洗濯やなんやかんやをし終わってから犬部屋を見ると・・・なんと兄がゲロを吐き、うんちをまき散らしています。


「ママちゃん、弟ばかりかまって、僕は怒っています。僕も具合が悪いんです」

兄は以前詐病をしたことがあります。自分もかまって欲しいのでしょうね。
甘ったれの困ったちゃんです。
コロナのことがあるからママはもう二度と獣医さんに行きたくないです。
ママがコロナに罹ると困るのは君たちよ。

ミックス犬(雑種)はあまり病気になりませんが、血統書付きの犬は病弱なようです。
大事にならなくてよかったです。

読んだ漫画2020/05/23

10万円の給付金の郵送申請書類が届きましたけど、マスクはまだです。
マスクは出回っているのでもういらないです。その分のお金を別のところに回せないのかしら?


大腸炎の弟犬ですが、元気にワンワン吠えています。
ご飯にすり鉢ですった薬を混ぜ、上にちゅーるをのせてごまかしています。
そうするとご飯を残すようになりました。薬が苦いのでしょうね。
「ご飯がまずいのですが・・・」と訴えるような目で見てきます(笑)。
ご飯を取り上げようとすると、取られてはいけないと食べます。おなかは空いているようです。
ありがたいことに薬のおかげで●んちが硬くなっています。



小池田マヤ 『放浪の家政婦』、『ピリ辛な家政婦さん』
      『誰そ彼の家政婦さん』『颯爽な家政婦さん』
      『波飛沫せし家政婦さん』
家政婦さんシリーズ。
家政婦の里さんは身長が185センチ、顔はどちらかと言えばブスより。
でも家政婦としてはSランク。料理も洗濯も掃除も誰よりも完璧。
そして、仕事で関わった家族の問題を颯爽と解決していきます。
いけないことは何故かもててしまい、ついついお客様と体の関係を持ってしまうことです。
里さん、いいです。

小池田マヤ 『女と猫は呼ばない時にやってくる』
絵が上手いのか下手なのか?主人公の顔が今一。

関西から東京に転勤になった平理砂子はなかなか名前をちゃんと呼んでもらえません。「平 理砂子」なのに「平理 砂子」と読まれるのです。(ちょっと無理があるような気がしますけど)
みんなにはヒラリーと呼ばれています。
彼女の趣味は猫を見かけると詩を読むこと。このため猫嫌いだと勘違いされています。
高円寺に引越しをしてきたのですが、そこにあるサラダとお酒のお店のお客と知り合いになってしまいます。あまり深入りはしないつもりだったのですが、あまりにも個性的な人たちだったため・・・。

続きがあるようなので、読んで見る予定です。

Cuvie 『絢爛たるグランドセーヌ 15』
奏は一年間の予定で英国ロイヤル・バレエ・スクールへ。
寮は4人部屋ですが、上手く馴染むことができるのか。

取材をして描いているのでしょうね。
一日中、バレエに集中できるという環境がうらやましいです。
いつになったらバレエを舞台で見ることができるのでしょうか。

小山田いく 『風の宿 1~8』
東京で獣医として働いていた一成は雇い主を殴ってしまい、病院にはいられなくなり、信州の叔父夫妻の家で間借りして動物病院を営むことにします。
一成は逃げた妻の連れ子、諷子を育てていました。
やがて諷子も信州の自然と叔父夫婦、周りの人々の優しさにふれ、たくましく育っていきます。

小山田いく 『衆楽苑 1~3』
衆楽苑は上野駅横にある昭和3年創業の大衆食堂。
沢山の人々が上野駅に降り立ち、衆楽苑で食事をしました。
そんな衆楽苑に色々な思いを抱き訪れる人々がいました。

新幹線がなかった頃、上野駅は東北地方から来る汽車の終着駅でした。
夢を抱き、東京へと来た人がいたでしょうし、夢破れて故郷に帰った人もいたでしょう。
そんな頃をしらない私でも懐かし思いのする漫画です。

ツトム 『おじさんはカワイイものがお好き 1』
40歳バツイチのイケメン小路課長は実はカワイイキャラクターが好き。
部下たちにはもちろん秘密。しかし、それがバレそうに・・・。

猫好きのおじさんだったら好きだけど、キャラクター好きだったら私も引いてしまいそう。
パグ太郎そんなにかわいいかなぁ?
 

澤田瞳子 『ふたり女房』&『師走の扶持』―京都鷹ヶ峰御薬園日録2020/05/24

今日は兄を庭で遊ばせました。
兄犬は庭でマーキングをするので、あまり庭では遊ばせません。
弟は兄と一緒でなければマーキングはしないので、庭で遊ばせることが多いのです。
兄におむつをつけ庭に出すと、早速壁に向かってマーキングをしに行きます。
そのまま自由にさせておくと草を食べ始めます。
食べないように側に寄ると、走って逃げます。
弟の好きなボールを投げても側には行きますが、絶対に咥えません。
弟の匂いがついているからかな?
弟が使っていない骨を投げると、咥えて持ってきました。


やっと一枚、走っている様子が写せました。




京都の洛北にある幕府直轄の鷹ヶ峰御薬園で暮らしている元岡真葛は、母亡き後、三歳の時に父の元岡玄已が長崎に遊学に向かうため鷹ヶ峰に預けられ、御薬園預かりの藤林家の懸人となっています。
幼い頃から後薬園で育ったので、二十一歳の今では調薬と薬草栽培の卓越した腕の持ち主となりました。
医師としての技量も高いのですが、医師よりも薬草の世話をしている方が性にあっているので薬の作り手になろうと思っています。

真葛は父母との縁は薄いのですが、預けられた先がよく、義兄や義姉、御薬草園の人たちに大事にされ、この頃の女性としては恵まれた生活をしています。
そのせいなのか弱者に対して優しいのはいいのですが、ちょっとおせっかい。
義兄が止めても無視して行動したりするのはいただけないですね。喧嘩の仲裁なんかしたら、怪我しちゃいますよ。
若さ故の青臭さなのかもしれませんが、江戸時代の21歳というと女性は結婚しててもおかしくない年ですもの。
少しやり過ぎ感はありますが、患者に寄り添っていこうという姿勢はいいです。
『師走の扶持』では真葛は23歳になっていますが、本草学者小野蘭山の弟子の延島杳山との間がどうなるのか、続きがありそうです。

前川裕 『文豪芥川教授の殺人講座』2020/05/25



無双大学文学部の教授の芥川竜介は、名前が文豪と似ているため、小学校時代からずっと「文豪」とあだ名をつけられています。
ゼミでは日本の近代小説の文豪たち(谷崎、田宮、三島、樋口など)の名作を取り上げて議論を交わしています。
大学で教える他にそこそこに知られているミステリー作家(本人はミステリーと言うよりはサイコホラーであると言ってます)でもあるので、何故か大学キャンパス内で起きた事件の相談が次々と持ち込まれます。
彼の人の良さかもしれませんね。

大学キャンパス内で痴漢が出たり、盗撮・盗聴が起きたり、果てには殺人ですか・・・。
こんな事件ばかり起こる大学ってどうなのと思ってしまいますよね。
それに犯人が・・・。

大学内のことに詳しそうなので、どういう人かと思って調べてみたら、法政大学の教授で専門は比較文学とアメリカ文学なんですって。
まさか法政大学で起こった事件を書いたわけではないわよね。
ゼミで論じられる内容がさすが教授が書くだけあって面白いのですが、殺人のやり方とか動機が私には今一でした。
シリーズとしてまた講座を開いてもらいたいです。
でも、これ以上大学内で殺人は起こせませんよね(笑)。