巻き爪治療2021/07/09



紫陽花も終わりに近付き、枯れてきています。


この頃梅雨というより豪雨になっていて、災害が増えています。
十分お気をつけてお過ごし下さい。
ハザードマップを見ておくといいかもしれません。
水害に関しては家はなんとか大丈夫そうですが、すぐ近くまで水がやってきそうです。
これ以上災害がないことを祈っています。

新型コロナウィルス感染者が増えてきているので、病院には行きたくないのですが、眼科と内分泌科以外に皮膚科にまで行くことになってしまいました。

私は若い頃から巻き爪に悩んできました。
外出が減り歩かなくなったからでしょうか、左足の親指の巻きがきつくなってきました。
爪を切るときに、気をつけていたのですが、深爪になってしまい、爪が食い込み腫れてきたので、こうなったら手術をしてもらうしかないかと思い、皮膚科に行きました。
実は母も甥も巻き爪で手術しているのです。遺伝かしら?
VHO法を2、3回試しましたが、止めるともとに戻ります。
医師は手術しなくてもいけそうだと言い、ワイヤー法をすることになりました。
どういうものか見たい人はクリックして、見てください。



 


これをやると、巻きがとれてきて、痛くなくなります。
VHO法は自費なので指2本で1~2万円ぐらいでしたが、ワイヤー法は最初に指1本で5千円ぐらいかかりましたが、2回目から指2本で4千円ぐらいです。
一ヶ月ごとにワイヤーを替えるようです。
これだけでは元に戻ってしまうので、インソールを作り、歩き方を矯正するそうです。
これで巻き爪が直ればいいのですが…。

会計で待っていると、70代ぐらいの夫婦がテレビを見ながらこう話していました。
「みんな知らないけど、無観客と言ってもスポンサーの人とかIOCの人とかいるのよ。無観客なんて嘘よ。結構な人数になるのよ」
奥様、みんな知っていますよ~、笑。



弟は遊びに命を賭けていますから、手を絶対に抜きません。
疲れすぎて後ろ脚が…。


兄は疲れるまで遊びません。
遊びを適当に終わらせ、床をクンクン嗅ぎ回り、落ちている食べ物を探します。
写真を撮ろうとすると、いつもこうやって険しい顔をします。
笑ってくれるといいのにね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2021/07/09/9396376/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。