混んでいる病院2021/07/15



暑さにも負けず、元気な犬です。


おやつの待てをすると、相変わらず弟はママの方を見ています。
この後、兄は離れておいてあった弟のボーロを食べようとして、失敗。
弟はちゃっかり兄と自分の分のボーロを食べたのでした。


三か月ごとの眼科の診察に行ってきました。
エレベーターから降りてびっくり。
というのも、狭い待合室に大勢の高齢者たちがいるのです。
朝一番の検査にしてもらったのに、なんでこんなにいるのかしら?
私が座った前にいたおじいさんが誰に言ったのか、「人が多すぎだよ」と呟いていました。
手術の日なので、手術をした後に入院する人たちのようです。
視野検査を終えて待合室に戻ると、ほとんどいなくなっていましたが、最後に残ったおばあさんがおしゃべりで、ずっとしゃべっています。
止めてほしいわぁ。

内分泌科にも行かなければなりませんが、その前に血液検査をします。
血液検査は眼科がある日にしてもらっていますが、検査室に行くために待合室をつっきります。
そうするとこの病院も人が多いのです。
前は出ていなかったのに、椅子が足りないので折り畳み椅子が出してあります。
今まではそれなりに人が少なかったのに、なんでこんなに人が多いの?
緊急事態宣言が出ていますよねぇ。
もしかして今まで我慢していた高齢者の方々が、ワクチンを打ったから安心して病院に来ているのかもしれませんね。
私はまだワクチン打ってませんわぁ。

先日、夫のワクチンの予約をしようとしました。しかし私がクリックする前に素早く取る人がいるらしく、30回以上もトライしたのに、予約できませんでした。
私ってそんなにトロいかしら?
予約の優先順位が65歳以上が最初で次が39歳以下です。
都知事がこの頃40代と50代が重症化していると言っていませんでした?
40代、50代って働き盛りで子供がまだ独り立ちしていなくて、一番お金のかかる時期です。それなのになんで最後なの?
諦めて後でまたやってみようと思ったら、その日のうちに予約がいっぱいになってしまって、ワクチンの供給の見通しが立ったらHPでお知らせいたしますになっていました。
夫の同僚は「俺たちは死ねということか」と嘆いていたそうです。

あ、そうそう、目の方はちょっと眼圧が高くて、左13、右20でした。
今週、目薬を点すのを忘れることがあったからかもしれません。
次も右の眼圧が高かったら、強い目薬を出すと言われてしまいました。
検査はハンフリー視野検査の10-2という中心の狭い範囲の検査でした。
緑内障の左目のMD値は-23dbです。
MD値とは年齢補正した上で、正常からどのぐらい感度が低下しているかを表す値のことで、平均なら0dbで、最低値は-30dbだそうです。
ちなみに緑内障の後期は-12db以下で、私は中心だけみると末期に近いですね。
左目のMD値は下げ止まりですわねぇ、笑。

次は10月で、ハンフリー視野検査の30-2をやるようです。

コメント

_ ろき ― 2021/07/17 18時58分57秒

また遅レスすみません。お年寄りはワクチンを打ったのでもう大丈夫と思っているのでしょうね。罹っても重症化しない(だろう)ということなのにね。
早く希望者全員が受けられるようになってほしいものです。
東京はオリンピックでそれどころじゃないのかな。気をつけてくださいね。

目をお大事に。次に強いお薬を出されない程度におさまってほしいですね。
わんこたちは元気そうで何より。弟くんのほうが要領がいい?笑
わんこと遊ぶのはストレス解消になりますね。

_ coco ― 2021/07/18 11時25分25秒

ろきさん、イギリスは普通の生活に戻すようですね。
重症者も死者も増えなくなれば、インフルエンザと同じように考えても良いのでしょうが、症状が出るとインフルエンザよりも辛いのが難点ですよね。
ワクチンだけではなく、治療薬も早く作って欲しいです。

家にいると、仕事の時とは別のストレスがかかるようです、笑。
下手をすると犬もストレスだったりして…。

くれぐれも体に気をつけて、お過ごしくださいね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2021/07/15/9398324/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。