知野みさき 『しのぶ彼岸花 上絵師律の似面絵帖』2021/07/27



葉茶屋・青陽堂に嫁いで初めての新年を迎え、若おかみと上絵師の両方の仕事にも慣れつつある律。
お上の仕事の似面絵描きも手慣れてきました。
夫の涼太の妹・お香の出産も近付いた頃、律に懐妊の兆しが…。
ちょうどその頃、律が描いた池見屋の女将の妹・知恵の雪華の着物を見たという役者から着物の仕事が舞い込みます。
殺された倅の弔いに描いてもらいたいものがあるというのです。
心を込めて描こうと思う律でしたが、似面絵にからむ事件に巻き込まれてしまいます。

順風満帆な律だと思ったら、やっぱりそうは問屋が許さない。
意外と律は性格的に無頓着なのね。お腹に子がいるというのに、躊躇なく動いてしまいます。どんな結果になろうとも、周りが優しいからいいのですけど。
もっと悪いことが起こらないとは限りませから、気をつけましょう。

今回は似たような名の人が出てきて、どれがどれだかわからなくなりました。
メモをしながら読むとスッキリしたかも。

そういえば、涼太が傷心の律のために買った物はいつ律にあげるのかしら?
本の中ではあげてないですね。

これからどこへ向かうのか、ちょっとわからない展開になってきました。


夫がワクチン接種してきました。
住んでいる所では予約ができなくて、いつになるのかわからなかったので、職域接種ができないか聞いてみたら、すぐに予約ができたのです。
接種してしばらくして鍼を刺した辺りが痛いと言っています。
これで熱が出たり、具合が悪くならなければいいのですが。


「ママさん、ワクチンって何ですか?食べられるものですか?」と食いしん坊の兄がやってきました。
今夜、弟は2回も脱走して怒られました。
「あいつは僕の小屋に入るから嫌なんだ」と兄が申しております。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2021/07/27/9402255/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。