近藤史恵 『たまごの旅人』2021/10/01



「1st trip たまごの旅人」
高校生の頃家族と参加した台北ツアーの旅行添乗員にあこがれ、旅行添乗員になった堀田遙の最初の仕事はアイスランド。
ひたすら下調べをし、新米だということがバレないかと心配しながらアイスランドへ出発しました。
なんと行きの飛行機であのあこがれの添乗員、宮城さんを見かけたのです。
機内で話しかけてみると、彼女は意味深なことを言います。ちょっと気になる遙。
参加者で具合の悪くなった人がおにぎりが食べたいと言い出し、困った遙は宮城さんに電話してしまいます。

「2nd trip ドラゴンの見る夢」
次なるツアーは『クロアチア、スロベニア九日間』。
スロベニアってどこ?「日本人の九十八パーセントが行かない国」ですって…。
新婚旅行のお客様が一組いて、どう接したら良いのか、ちょっと心配です。
60代の父と30代の娘の参加者の父親の方に問題がありそう。
日本によくいるおじさんのように自分のことは棚上げにして、女性に対して失礼なことを平気で言っています。まずいわ…。
夜、娘さんがホテルからいなくなってしまいます。

「3rd trip パリ症候群」
『パリとイル・ド・フランス七日間の旅』には珍しく五十代後半の母と二十代後半の息子の組み合わせの方が参加しています。
母親は三十代の頃に訪れたパリと今のパリを比べ、どこに行っても文句ばかり。
息子さんが一人で参加している四十代の女性と食事の時に同じテーブルに座れるようにしてもらいたいと言い出します。

「4th trip 北京の椅子」
『西安、北京六日間の旅』では近くだからとちょっと安心していました。
ところが、ロストバゲッジが起ってしまいます。
そんな時に七十代男性の参加者は遥を怒鳴りつけ、半券を探そうともしないし…。
彼は平気で中国が大嫌いとまで言います。なんでツアーに参加したのかしら。
他の参加者から彼の押しつけがましさと愚痴が嫌で一緒に行動したくないと相談され、彼のことは苦手で嫌だけど、遙は彼とできるだけ話をするようにすることにします。
しかし四日目の万里の長城で事故が起ります。

「5th trip 沖縄のキツネ」
2020年、コロナ禍で仕事がなくなり、自宅待機を申し渡されます。
派遣社員では持続化給付金は受けられず、一人暮らしをはじめたばかりの部屋を引き払い、実家に戻りました。
転職するか、旅行添乗員の仕事ができるようになるまで、アルバイトを探すかしなければなりません。
もともと旅行添乗員になることに反対だった両親に責められ、求人雑誌で見つけた沖縄のコールセンターの仕事に飛びつきます。
しかし感染対策のため、休憩は別々、休憩室での会話も禁止で、他のオペレーターと仲良くなることもありません。
そんな時にひょんなことから出会った女性と石垣牛のバーベキューをすることになります。
この出会いから遙は旅行へ出られない人たちにあるプレゼントをすることに…。


旅行添乗員って色々な国に行けていいなぁと思っていませんでしたか。
実はほとんどの添乗員が派遣社員である上に、本の中に書かれているように、参加者たちの体調やら関係を把握し、いかに気持ちよくツアーに参加してもらえるかを考え、突発的な事件や事故に的確に対処していかなければならないのです。
遥は旅行添乗員にあこがれてなりましたが、こう言っています。

「好きなことを仕事にするということは、好きなことの中に痛みや後悔が降り積もることなのだ。好きなことを、好きなだけではいられないということなのだ」

こう思うことがあっても、でも好きだから頑張れるということもあるのではないでしょうか。最後の章の遥にホッとしました。

「パリ症候群」って言葉があるのを知りませんでした。
マスコミで取り上げられるパリのイメージと現実のパリとの違いにがっかりして、落ち込んでしまう人のことを言うらしいです。
私は2回行きましたが、全くそういうことはありませんでした。
フランス語のわからない人にフランス人は冷たいなぁとは思いましたけどね。
他のヨーロッパの国の人は英語で聞いてもにっこり笑って答えてくれていたのに、
まさか、英語がわからないからとか…。

旅行添乗員のお仕事だけではなく、ツアー旅行に対する偏見とか格差社会、派遣労働の問題、介護の問題、女性問題、人種差別なども盛り込まれており、そのたびに胸がチクッとしたり、同意したりして、スルッと読んでいけませんでした。
私が気にしすぎなだけでしょうけど、女性はまだまだ生きにくいよね。
まあ、私のように思わなくてもいいので、旅行に行けない今、読んでみるといいでしょう。
私はアイスランドとスロベニアに行ったことがないので、行きたいです。
特にオーロラが見たいです。
緊急事態宣言が解除されてもしばらくは様子見で、旅行は早くても来年できればいいかな。


今週の美味しいもの。
人気のカフェタナカのクッキーとトートバッグ。


トートバッグはいらなかったのですが、クッキーが欲しかったので頼みました。
ネットではなかなか買えないのですよ。


クッキーはこんな感じです。
ハロウィーン缶は気づいたら売り切れでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2021/10/01/9428554/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。