碧野圭 『書店ガール 6 遅れてきた客』2017/08/11



彩加が取手の駅中書店をまかされてから1年半。
やっと軌道にのってきたと思っていたところ、会社の経営体制が変わり、取手店は閉店することになってしまいます。
ここまで頑張ってやってきたのにと、綾加は落ち込み、三日も仕事を休む始末。
バイトの子たちには閉店の一カ月前にしか閉店することを言えません。
彼らに気づかれないように閉店準備をする綾加でした。

そんな頃、綾加のところに、憎からず思っている大田英司から連絡があり、東京で会うことになります。
彼は沼津駅前にある綾加のおばの書店の隣でトルコパンの店を開いていました。
近々彼が借りていたビルが建てなおすことになり出なければならなくなり困っていたら、おばに書店を畳むから、そこでパン屋をやったらどうかと言われたというのです。
東京で妹の結婚のための顔合わせがあったついでに、彩加が沼津に戻り、書店をやる気があるかどうかを確かめに来たのでした。

一方、編集者の伸光は、担当作品『銅と銀の雨が降る』の漫画化とアニメ化が決まり、喜んでいましたが、決まったら決まったらで、相手側の担当と上手くいかず、悩む毎日でした。
ある日、会社で血を吐いてしまい、入院することに・・・。

二人はどうこの危機を乗り切るのでしょうか。

メディアミックスという言葉がいつから使われだしたのか知りませんが、原作を小説、漫画、アニメ、映画、ゲーム、音楽CD、テレビドラマなど複数のメディアを通して展開しながら売上増を図るというのが当たり前になっているんですね。
本だけでは売り上げが大したことがない時代ですものねぇ。

「ビブリオマンシー」という言葉を初めて聞きました。
書物占いのことで、パッと開いたページの言葉がその時、その人に必要な言葉であるとされているそうです。
オラクルカードを一枚引くというのと似てますね。今度、書いてあった占い用の本を買ってやってみようかしら。

目についた言葉を載せておきます。

「『世界はあなたのためにはない』、でも、だからこそ自分を大事にしなければならないんですね。この冷たい世界で生きていくために」
「会社の論理は会社の論理。それがいつも正しいとは限らない」
「『世界はあなたのためにはない』というなら、私は私の論理で生きたい」
「世界の扉が閉じているなら、自分の手でその扉をこじ開けたい。それもひとりではなくふたりでやるなら、重い扉も開くかもしれない」

綾加の人生はこれから。
次は新しい人生に飛び込んでいった綾加が見られるかもしれませんね。

西條奈加 『まるまるの毬』2017/08/10

期待していた某病院から電話がきました。
一般病棟には認知症では入れないそうです。
残念です。

一方、近くのホスピスで緩和ケア外来の診察ができることになりました。
この診察の結果を元に、入棟を判断するのだそうです。
認知症だと拒否される可能性があるのかしら・・・。
来週は大学病院から紹介された病院を含め3軒の病院へ、家族で手分けして行きます。


毬は「まり」ではなく「いが」と読みます。

元武士の治兵衛は、抜群の記憶力を持つ娘、お永と孫のお君と三人で、菓子舗「南星屋」を営んでいました。
「南星屋」では治兵衛が若い頃に全国を巡って覚えた銘菓を日替わりで作り、手ごろな値段で売っていました。

ある日、作ったお菓子が門外不出のカステーラと同じものだと平戸藩に疑われ、大変なことになりますが、治兵衛の機転で罪を逃れられます。

実は治兵衛には人には言えない出生の秘密がありました。
この秘密が後にお君につらい思いをさせることになります。

どんなにまっとうに暮らしていても、それをやっかむ輩がいて、人を貶めようとするなんて嫌な世の中ですねぇ。
でも、幸せか不幸せかは心の持ちよう。
どんな状態にいようが、そこに幸福を見つけられれば、その人は幸せなのです。

心がほんわかするお話です。

ホスピスを見に行く2017/08/09



通りすがりの車におもしろいマークを見つけました。
マツダの車のマークが悪魔ちゃんになっています。
茶目っ気があっていいですね。

さて、義母のことですが、転院先はまだ決まっていません。

ホスピスのある某病院は家から近いので、必要書類を持って行きました。
受付にいた人に書類を持ってきたことを言うと、係を呼びますと言ったので、コーディネーターが出て来ると思ったら、現れず、書類を預かるように言われたとのことなので、受付の人に渡してきました。

義母が現在入院している大学病院の方は、電話をして来て、家からまあまあ近い緩和病棟がある病院が引き受けてくれるかもしれないとのことでした。
初めにこの病院のことを言ってくれていれば頼んだのに、なんか対応がお粗末です。
夫は別の病院と話をしているので、視野に入れて考えてみると返事をしておいたそうです。
しかし、次の日、違う相談員から電話が来て、前に紹介していた家から遠い病院に電話をして、今日、明日中に相談の日にちを決めるようにと留守電が入っていたそうです。
おかしいですねぇ。相談員同士で打ち合わせをしていないのでしょうか?
夫がきちんと返事をしなかったのがまずかったのでしょうか?
大学病院は義母を追い出す気が満々ですねぇ(苦笑)。

嫌なことばかりではありません。
見学を受け付けてくれた病院に行ってきました。
もちろん施設の中は見せてもらえませんが、DVDでホスピスの成り立ちと施設紹介を見ました。
雰囲気のいいホスピスです。
その後、コーディネーターの方とお話をしました。
ここのホスピスは告知を必ずすべきだとはしていないようです。
母の様子と大学病院からすぐにでも転院してほしいと言われていること、紹介された病院が遠いことなどを話し、紹介状を持ってきていることを言いました。
そうすると、コーディネーターは電話をかけ、医療相談員の人との面談とホスピス外来診察の予約を取ってくださいました。
相談員の人は優しい感じの人で、入院へ向けての話をしてくれました。
ホスピス外来診察は来週になりました。
10月の下旬でなければ緩和病棟に入院できないのですが、それまでに一般病棟に入れないかどうか検討してくださるそうです。

病院に対して否定的な感情に囚われてしまいそうでしたが、救いの手はあると思えたことはよかったです。


犬と一緒に芦ノ湖へ2017/08/08

夏はどこにも行けそうもないと思っていたのですが、時間ができたので、芦ノ湖へ犬連れで行ってきました。
犬たちは車に慣れていないので、車の中では緊張気味。
弟犬は涎がダラダラで、お口周りがちょっと臭かったです。
朝ご飯をいつもの三分の一ぐらいしかやらなかったのですが、兄犬は一回吐いてしまいました。

車の中は暇だったので、車のナンバープレートを見て遊んでいました。
ぞろ目11とか22とかはありますが、4とか44、444は見つかりませんでした。
やっぱり4=「死」ということなので、避けるのでしょか。
一方、「苦しむ」の9とか99、999はありました。
二桁の13もなかったようです。

それほど混雑もせずに無事に箱根公園に着きました。


晴れていたので、芦ノ湖がきれいに見えました。


二匹で一緒に写そうとすると・・・、相変わらずダメです。


二匹共、車酔いと暑さでヘロヘロになっています。



何やら変わった形の木です。

遅くに出発したので、ホテルのチェックイン時間間近になってしまいました。
夕食は外に行くと暑いし、お酒が飲めないし、犬と一緒にいたいので、パンとハムを買っていくことにしました。
パンはテレビなどでよく紹介されている足湯のある「ベーカリー&テーブル」で、ハムは「腸詰屋」で買うことにしました。
「ベーカリー&テーブル」にワインとビールがあったので、パンと一緒に買いました。

アイスクリームがあったので、注文したところに女性客が2名通りかかりました。
「ミックス、450円です」と店員さんが言ったのを聞き、その女性たちが言ったのは、「450円だって、ボッテるね」でした(笑)。

残念ながらハムは少しずつ買うことができず、できるだけ小さなブロックを選びスライスしてもらいました。
店長さんらしい男性とはおもしろいことがあったのですが・・・内緒です。

夜に食べたパンは期待していたのですが、特にすごく美味しいというものがなくて、ちょっとガッカリでした。


箱根のビールと梅サイダーを飲んでみました。

犬たちは自由に歩き回れるにもかかわらず、人間の後を付いてきます。
ソファに座ると、ソファの上にのってきて、私の膝の上に座ろうとします。
びっくりしたのは弟犬。
ものすごく甘えるのです。
兄犬を押しのけて、私の膝の上に座ろうとします。
普段、兄が私に甘えるのを見ていて、自分もしたかったのですね。

朝食は「ベーカリー&テーブル」で食べることにしました。
8時半からということなので、5分ぐらい前に行くと、私たちの前に二組ほど待っていました。
お店が開き、そのまま入れるのかと思ったら、「込み合っていますので、一階の椅子に掛けてお待ちください」と言われてしまいました。
私たちの前に二組しかいないのに、込み合っている?
変なのと思ってたら、夫が私の聞き間違いではないかと言ってきます。
夫婦喧嘩勃発かという時に、「どうぞお二階へ」という声がかかり、喧嘩にはなりませんでした(笑)。


窓辺の席で朝食を食べました。
ワイングラスに入っているのは、ワインではなくてアイスコーヒーです。
ちょっと少ないですよね。
モーニングプレート、880円。ボッテる?

朝食後に箱根神社に行ってきました。




おみくじを引くと、小吉でこれから運がよくなるということなので、期待しましょう。

帰りは買いたいものがあったので、横浜のベイサイドマリーナへ行くことにしました。
アスファルトが暑いので、犬たちはカードに乗ります。


嬉しそうな兄犬。


写真を撮ろうとすると、相変わらずそっぽを向きます。
車に乗っていないと元気です。

ここでは夫のビジネスバッグとポロシャツを買いました。

ちょっとした気分転換になりましたが、一泊ではなくもっと長い旅をしたいものです。
箱根は山道が大変なので、車に慣れていない犬連れにはお勧めしません。
犬には旅行は迷惑だったかもしれませんね(笑)。

次回は山道がない那須とか河口湖とかに行こうと思います。

川崎工場夜景運河探検クルーズ@はとバス2017/08/07

工場の夜景を写した写真を見たことがあります。
その無機質の美に感動し、いつか見に行きたいと思っていたら、はとバスで行けることがわかったので、予約してみました。
相棒を誘うと、いつもは嫌がるのに行きたいとすぐに言いました。
めずらしいことです。

16時50分に東京駅丸の内南口にあるはとバス乗り場から出発です。
参加者は意外と初老の男性が多いのにびっくりしました。
若い男性の方が工場の夜景が好きかと思っていましたが。

最初に浦安にあるシェラトン・グランデ・トーキョ―ベイホテルの「グランカフェ」でビュッフェの食事をします。
友人とはとバスでスカイツリーに行った時の食事は一時間しかありませんでしたが、今回は1時間40分ぐらいも食事時間がありました。


ビュッフェですから、あまり料理は期待しない方がいいでしょう。

時間があったのでホテルの庭をブラブラしてみました。
庭の奥にはプールがありました。


ガラス張りの建物の中が「グランカフェ」です。


チャペルが素敵です。


チャペルの横に披露宴会場になりそうな建物がありました。
今のホテルの結婚式は素敵ですね。

ホテルでの夕食の後はいよいよクルーズです。
羽田天空橋桟橋から多摩川を通り、多摩運河、千鳥運河、水江運河、川崎工場夜景地帯となります。

残念ながら、夜景は写真に撮るのが難しい上に、船に乗っているので、ボケボケの写真ばかりです。
時々、急に魚が跳ねるので、びっくりしました。






水面に映る光がきれいです。
煙突からフレアスタックが燃えています。





残念ながら、私のカメラと撮影技術ではなかなか工場夜景の美しさが伝わりませんね。
台風が遅れたので、雨も降らず、風が吹いていたので、船の上は結構涼しかったです。

はとバスで行かれる場合は、船は右側に座ることをお勧めします。
結構近くで見ることができますよ。
私は左側に座ってしまったので・・・。