喜びもつかのま・・・2017/08/16



やんちゃな弟は、リビングを走らせようとしたら、他の部屋まで行ってしまいました。
床がフローリングですべるので、リビングの絨毯を敷いたところ以外は自由にさせていないので、たまに他の部屋にも行きたくなるのでしょうね(笑)。
もう少し涼しくなって蚊がいなくなると庭で持ってこいができるのですがね。


義母の転院先のことでガッカリしたことがあります。
一番近い病院が引き取ってもいいと言ってきたのです。
よかったと思っていたら、この前話をした看護師が紹介状に「ほぼ自立」と書いてあるがどうなのか、どの程度の介護が必要なのかを知りたいと言いだしました。
彼女はなんとかして入院させない理由が欲しかったのでしょう。
大学病院の主治医が電話をしてくれ、トイレには歩いて行けると言ったところ、看護師がそれでは引き受けられないと言いだし、転院を断られたそうです。

糠喜びでした・・・(泣)。
ダメになるなら、なんで転院を引き受けると言ってきたのでしょうか?
たぶん、医師はそれほど長くないから引き受けてもいいと言ったのでしょう。
でも、看護師は引き受けたくなかったのだと思います。
ホスピスは歩けない患者しか引き受けないのでしょうか?
そんなことないでしょう。
こちらが邪推しているだけですが、たぶん義母が認知症だからなのではないでしょうか。

近くの病院を探してくれと言ってからですが、大学病院が別の病院を紹介してきました。
その病院は私たちが住んでいる区にあります。
初めからそこを紹介してくれていればよかったのにと思います。
その病院の医師によると大学病院の主治医と話がついていて、いつ転院してきても大丈夫だそうです。
これまた邪推ですが、この病院に話をつけているのに、他の病院に行ったということになるとまずいので、主治医に転院を邪魔をされたのかとも思ったりもしています。
もしかしたら、看護師にその病院のことを言ったのかもしれません。

書かなかったことも色々とあり、残念ながら某大学病院の医師には不信感しかありません。
夫は主治医を替えてほしい、今の病院を出られるならどこの病院でもいいとまで言い始めました。
私は来週にもうひとつホスピスに行く予定があるので、希望を捨てずにいようと思います。
これがダメだったら、諦めて大学病院が紹介してくれた病院に行き、ホスピスが空いたら転院するしかないですけど。
その前に義母が転院できなくなってしまうかもしれませんが・・・。

今回、義母のことに関わり、どれほど老いることが大変かがわかりました。
頭で理解していても、関わらないと実感できませんね。
誰もが安心して老いられる社会を、これからの日本は目指すべきなのではないでしょうか。
そして、医療機関の方々ももう少し患者や家族のことを考えて欲しいです。
忙しいのはわかっていますが、あまりにも・・・。

それにしても病院通いは疲れます(溜息)。

認知症+末期癌は緩和病棟(ホスピス)に入れない?2017/08/15

柵の外に出られて嬉しい弟犬です。


彼は物を咥えると離そうとしません。
「出せ」の練習でいつも大変な思いをします。
おやつを見せても、おやつよりもおもちゃの方がいいようで、なかなか離しません。
こちらも諦めずに頑張ります。
やっとおもちゃを離してくれたので、「いい仔ね」と猫なで声を出してなでてやりました(笑)。

さて、義母の転院先探しの方はというと、進展が全くありません。

末期癌になれば、誰でも希望すれば緩和病棟(ホスピス)に入れるのだと思っていました。
しかし、そこに認知症が加わると、話は別です。

たまたま2つの病院の面談が一緒になったので、夫と私とで手分けをして行くことになりました。
一番印象がよかった病院は、夫が行きました。
医師との面談で、一般病棟は認知症のため前に断られていたのですが、療養病棟に入れるかもしれないと言われたので、聞いてみると、満床で当分空が出ないそうです。
医師から、「ホスピスはどういう所だと思いますか」、「認知症でも、ホスピスに入るのだから、ちゃんと病気のことは伝えてください」などと言われたそうです。
ホスピスのコーディネーターと医療関係者の間に温度差があるようでした。
結局、この病院は10月末までホスピスが空くのを待つしかなさそうです。

もう一つの家から一番近い病院には私が行きました。
医師は、「そんなに持たないと思うよ」、「こういうことを言っちゃなんだけど、認知症でよかったと言うこともあるからね」、「点滴などを受け付けなくなるので、量は減らすことになります。呼吸器も使いません。そういうことを理解してください」。
「何か困っていることとか聞きたいことがありませんか」と言われたので、大学病院から紹介された転院先が遠くて困っていることを言うと、今は満床ではないので早く入れるかもしれないと言われました。
良かったと思っていたら、ベットのことは看護師がやっているので、医師と一緒に面談にいた看護師と話してくださいと言われました。
しかし、看護師は色々と聞いた後に、「痛みとかはないのですよね。緩和病棟ですから、痛みとかない方は適用範囲ではないと思います。まあ、色々と転移があるので、それを考慮できますが、入棟判定委員会で話し合ってみます」、「転院先の病院へは行ったのですか。まだなら必ず行ってください。そこが思ったよりも良かったという場合もありますから」。
家から遠いので近くの病院を探しているというのに、こうですから。
暗に受け入れたくないという感じです。
看護よりも介護の度合いが多くなる場合はホスピスは受け入れたくないようです。
介護施設は末期癌の患者は受け入れてくれないでしょうし、病院では認知症の場合、看護師の手がかかり、意思の疎通が大変だからか、受け入れたくないようです。
認知症でも末期癌の場合はホスピスに入れると思っていたのですが、現実は違うようです。
緩和病棟を見学できたので、見てきました。
ベットは空いていて、差額のかかる2部屋を見ることができました。
看護師さんの話ぶりからベットが空いていてもすぐに入れてもらえないことは明らかです。
病棟の看護師長さんとも挨拶をしたのですが、無駄よねぇ・・・。

2つの病院では面談だけで5400円かかりました。
入棟判定委員会は形ばかりだと言っていましたが、どうだか。
このままでは遠い老人病院に入り、そこで亡くなる確率が高くなりました。
転院する病院があるだけましだと言われればそうなのですが・・・。
夫は変な夢を見たと言って、明日も別のホスピスの面談があるのですが、私に行ってもらい、義母の顔を見にいきたいと言っています。
やらないよりも色々とやってダメだったのだからあきらめがつくと言っていますが、男にとって母親は父親よりも思い入れが強いようです。
夫のために近くの病院に入れればいいのですが・・・。

病院巡りをしていて思ったのは、私たちの老後は絶望的だということです。
お金が沢山ある人なら、好きな介護施設や病院に入れるでしょう。
それ以外の人は運が良ければ・・・という感じです。
ピンピンコロリを祈るか、老い先が短いことがわかったらどこかで自死をするしかないんではないでしょうかねぇ。

病院に行くたびに暗くなっていきます。

西條奈加 『まるまるの毬』2017/08/10

期待していた某病院から電話がきました。
一般病棟には認知症では入れないそうです。
残念です。

一方、近くのホスピスで緩和ケア外来の診察ができることになりました。
この診察の結果を元に、入棟を判断するのだそうです。
認知症だと拒否される可能性があるのかしら・・・。
来週は大学病院から紹介された病院を含め3軒の病院へ、家族で手分けして行きます。


毬は「まり」ではなく「いが」と読みます。

元武士の治兵衛は、抜群の記憶力を持つ娘、お永と孫のお君と三人で、菓子舗「南星屋」を営んでいました。
「南星屋」では治兵衛が若い頃に全国を巡って覚えた銘菓を日替わりで作り、手ごろな値段で売っていました。

ある日、作ったお菓子が門外不出のカステーラと同じものだと平戸藩に疑われ、大変なことになりますが、治兵衛の機転で罪を逃れられます。

実は治兵衛には人には言えない出生の秘密がありました。
この秘密が後にお君につらい思いをさせることになります。

どんなにまっとうに暮らしていても、それをやっかむ輩がいて、人を貶めようとするなんて嫌な世の中ですねぇ。
でも、幸せか不幸せかは心の持ちよう。
どんな状態にいようが、そこに幸福を見つけられれば、その人は幸せなのです。

心がほんわかするお話です。

ホスピスを見に行く2017/08/09



通りすがりの車におもしろいマークを見つけました。
マツダの車のマークが悪魔ちゃんになっています。
茶目っ気があっていいですね。

さて、義母のことですが、転院先はまだ決まっていません。

ホスピスのある某病院は家から近いので、必要書類を持って行きました。
受付にいた人に書類を持ってきたことを言うと、係を呼びますと言ったので、コーディネーターが出て来ると思ったら、現れず、書類を預かるように言われたとのことなので、受付の人に渡してきました。

義母が現在入院している大学病院の方は、電話をして来て、家からまあまあ近い緩和病棟がある病院が引き受けてくれるかもしれないとのことでした。
初めにこの病院のことを言ってくれていれば頼んだのに、なんか対応がお粗末です。
夫は別の病院と話をしているので、視野に入れて考えてみると返事をしておいたそうです。
しかし、次の日、違う相談員から電話が来て、前に紹介していた家から遠い病院に電話をして、今日、明日中に相談の日にちを決めるようにと留守電が入っていたそうです。
おかしいですねぇ。相談員同士で打ち合わせをしていないのでしょうか?
夫がきちんと返事をしなかったのがまずかったのでしょうか?
大学病院は義母を追い出す気が満々ですねぇ(苦笑)。

嫌なことばかりではありません。
見学を受け付けてくれた病院に行ってきました。
もちろん施設の中は見せてもらえませんが、DVDでホスピスの成り立ちと施設紹介を見ました。
雰囲気のいいホスピスです。
その後、コーディネーターの方とお話をしました。
ここのホスピスは告知を必ずすべきだとはしていないようです。
母の様子と大学病院からすぐにでも転院してほしいと言われていること、紹介された病院が遠いことなどを話し、紹介状を持ってきていることを言いました。
そうすると、コーディネーターは電話をかけ、医療相談員の人との面談とホスピス外来診察の予約を取ってくださいました。
相談員の人は優しい感じの人で、入院へ向けての話をしてくれました。
ホスピス外来診察は来週になりました。
10月の下旬でなければ緩和病棟に入院できないのですが、それまでに一般病棟に入れないかどうか検討してくださるそうです。

病院に対して否定的な感情に囚われてしまいそうでしたが、救いの手はあると思えたことはよかったです。


内分泌科の診察2017/08/04



兄犬が寝ていると、そっとiPhoneをかまえるママ。
ストーカーか。
ひっくり返るのもパターンがあり、毎日変わっているのでおもしろいですね。


昨日の続き。
連絡がなかったという病院は、12時までに連絡をとお願いしたのですが、12時20分過ぎに連絡がありました。
病院に行かなければならなかったので、用意している最中でしたが、電話にでて話をしました。
簡単に言うと、とにかく書類を見てから返事をするということでした。
診療情報提供書の他にADL表もと言われ、何かと調べたら、日常生活動作調査票のことでした。
ようするに物を食べる時は一人でできるか介助が必要か、歩く時はどうか、などなどを書くものです。
話をした感じでは、すぐに入るのは難しそうです。
理解しているかどうかは関係なく、義母には病気のことを話し、治療はしないこと、何のためにホスピスに入るのかをちゃんと話しておくようにと念を押されました。

書類を送るように言われた2軒の病院では、大学病院のコーディネーターの名前を教えてください、とかコーディネーターから書類を送ってもらうこともできるのですが、ということを言われました。
実は大学病院のコーディネーター(相談員?)とは一回しか会っていなくて、その時にお宅のお母さまの状態ではホスピスは受け入れてくれないだろうから、ホスピスに行く前の繋ぎの病院として、自宅から1時間以上もかかる病院を紹介され、来週にでも移ってもらいたいと言われたのです。
家から近い病院を探してくださいとお願いしましたが、ホスピスまでお願いできる感じではなかったので、こちらで探すことにしたのです。
若い20代のコーディネーターで、とにかく早く出て行ってねという感じで、相談するという感じではなかったです。
夫も私も本当に電話をして近くの病院を探してくれるのかしら、と疑っています。
結局、ありませんでしたと言われ、遠くの病院に送られるという結末のように思います。
ホスピスの相談員の方も、家から一番近い病院の人は事務員みたいで、機械的に書類を送ってくださいと言っている感じでした。
一方、入院のウエイティングリストに載せてくださった病院の方は、年配のカウンセリングを勉強している方のように思いました。
こちらが困っていることを共感してくれている感じがしました。

とりあえず、来週、一軒のホスピス見学に行き、後は書類が整い次第、送り、連絡を待つことになりました。

気ぜわしい中、内分泌科の診察に行ってきました。

7月の下旬から義母の病院まで行ったり来たり、何回もしたのと暑さで疲れたのか、胃腸の調子が悪くなっていました。
その上、先週ぐらいから血圧が高くなり、上が140ちょっとでなかなか下がりません。
診察日に測った血圧も少し高かったようです。
血液検査ではカリウムが4.2でちょうどいい数値でした。

血圧は高くても130前後がいいようで、血圧が高いのはよくないということで、アムロジンが追加になってしまいました。
アムロジンが追加になった理由は、セララを増量すると、カリウムが高くなり過ぎるおそれがあるからではないでしょうか。
胃や背中が痛いというと、「それはストレスですよ」と言われてしまいました。
胃薬も追加してもらいました。

血液検査でショックだったのは、前回の診察以来、アイスもチーズもナッツも食べていないのに、高脂血症の数値が変わっていないことです(笑)。
胃腸の調子が悪いので、あまり食べられず、体重が減っているのに・・・。
「ショックです」と言うと、医師が「では次回も血液検査をしましょう」と言ってくれました。

今度の医師はちゃんと診察時に血圧を測ってくれるし、説明も丁寧でわかり易くてありがたいです。
血圧が高くなってしまったので、近所の病院へ転院するというのは血圧が落ち着いてからになり、次回もお世話になることになりました。

前は食べるのを減らすとすぐに体重が減りましたが、今は食べるのを減らしただけでは体重が減らなくなっています。
ウォーキングしても(人より速く歩いてるのですけど)、私には大した運動にはなっていないようです。
前に壊した膝が気になりますが、ちょっとヘビーな運動も取り入れてみた方がいいようです。
何をしようかしら?