医師たちに翻弄される・・・?2017/12/15

やっと手術ができることになりました。

そもそも、なんで色々と大変だったかというと、きっかけは私のめまいです。
めまいでMRIを撮ったら、脳梗塞の跡がある、血管の途中が鮮明に映っていないところがあるから心配だと、近所の脳神経外科医に言われました。
アルドステロン症でかかっている病院の脳神経外科に紹介状を書いてくれ、診察を受けると、若い30代の女性医師で、はなからつっけんどんな物言いでした。
「うちは脳梗塞は神経内科です。町の医師は知らないかもしれませんが」と強い口調で言われました。
後から考えると、「じゃあ神経内科を紹介してください」と言えばよかったんですよね。医師の剣幕にびっくりしてなんにも言えませんでした。
その医師が「麻酔を使うと脳梗塞になるリスクが高いと整形外科に伝えておきます」と言ったのです。
この一言から面倒なことになりました。

主治医のいる病院の整形外科は関節系の手術しかやっていないし、肉腫かもしれないということから他の病院を紹介されました。
その紹介状に「脳梗塞のおそれ」が書かれていたようです。
そのため紹介先のA医師はどれぐらいのリスクか知りたいという趣旨のお手紙を内分泌科医に書いてくれました。
内分泌科医は何故か神経内科医に紹介してくれませんでした。
いいのかなと思いつつ、内分泌科医の手紙を持っていくと、案の定、A医師にどれほどの脳梗塞のリスクがあるかわからないので手術はできない。
ちゃんと神経内科医に診断してもらってくれと言われました。
主治医にはお願いできないので、A医師に頼んで神経内科医に手紙を書いてもらいました。

神経内科医の所に行くと、本来なら「脳梗塞のおそれ」があると言った脳外科医が診断すべきことだと言います。
その通りですが、その脳神経外科医が脳梗塞は神経内科が診るものだと言ったんですよ。
その上、うちの病院は神経内科と連携がとれていないなどと書いてある病院で手術を受けるのかどうか、もう一度考えたらいいよと言うのです。
自分の家族なら、こんな病院では手術をさせたくない。
この医師はあなたの手術をしたくないんじゃないの、とまで言います。
はっきり言って、どの病院だって脳梗塞を起こすような患者の手術はしたくないでしょう。
脳梗塞が起こった時にどういうことをしてくれるのか聞いておいた方がいいよと親切にも教えてくれました。

神経内科医の話しにカチンときていた私ですが、そこは抑えて聞きました。
本当に私は麻酔で脳梗塞になるリスクが高いのかと。
そうすると「リスクは高くはない」そうです。
「私は健康な人よりもリスクは高いのですか」と念を押して聞くと、
「同じです。そもそも麻酔にはリスクがつきものですよ」だそうです。

ようするに脳の血管には何も問題がなく、健康な同年齢の人と麻酔のリスクは同じだということです。
一体、脳神経外科医の言ったことは何だったのでしょう。

義母の時といい、今回のことといい、自分が医師と関わることになって思ったのは、なにやらこの頃の医師は患者の側に立ってくれていないということです。
インフォームドコンセントとかなんとか言って、決めるのは患者だと突き放している感じがします。
それに患者への接し方や話し方ももっと勉強すべきですね。
私は強い物言いの人が苦手で、何も話せなくなってしまいます。
今回会った医師たちはみな高圧的で怖かったです。
主治医の内分泌科医は怖くない人なので話せるのでいいのですが。

命に係わる病気になった時に命を託せる医師っているのかと心配になりました。
もうこれ以上医師とは関わりをもちたくなくなりました。

桐野夏生 『猿の見る夢』2017/12/13

病院通いがなかなか終わらないです。

眼科ではいつまでも抗菌目薬を点していると効かなくなるので、目薬はしないことになりました。
また感染症を起こしたら嫌ですわ。
降圧剤を飲みだしてから体が弱くなったのか。
医師に麻酔を打つ時に気をつけることを聞くと、ないとのこと。
造影剤アレルギーでステロイドを投与するのはどうかと聞くと、別にいいそうです。
ようするに長期間使うのはダメだけど、一時なら問題ないという考えのようです。

もう一科行かなければならなくなり、ちょっと憂鬱。
初めての医師に色々と説明するのがめんどくさそう。
自分の体のことなのですが、別の科に次々と紹介され、違う科の診察を受けに行くのは疲れます。
患者が好きでドクターショッピングをしているわけではなくて、医師にさせられてます。
大した病気じゃないのにね。

昨年に引き続き今年も体調不良で終わりそうな予感(悲)。
病院の待ち時間が長いので、読書は進みますが。


薄井正明は59歳、元大手銀行勤務、今は女性衣料の製造小売業「OLIVE」の財務担当取締役です。
妻とニートの息子、そして、元銀行同僚の愛人がいます。

社長のセクハラ問題から始まり、妻が占い師の女を家に連れてきてから次々と嫌なことが起こります。
それでも正明は自分に都合のいい夢を見ています。
愛人と別れ、もっと若いムチムチ愛人と付き合う、認知症の母が死んだ後、二世帯住宅を建てる、次期社長になる、とか。
実際は浮気がバレ、家庭は崩壊寸前、母が死に、遺産相続で妹と絶縁状態、愛人とは・・・、仕事は・・・。

こんな男いそうだけど、いたらお近づきにはなりたくないわ。
ホント、おバカで優柔不断なんだから。
その点、女はみんな逞しいです。
でも、愛人なのに月3万って安いわよねぇ。
手切れ金も100万かぁ、と変なところに感心してます。
薄井ってケチですね。

表紙の絵と薄井がダブって見えます。
男の人でこの小説を平常心で読める人はいないかも(笑)。

一体、どちらが正しい?2017/11/28



首の腫瘍が大きくなり過ぎたので、内分泌科に通っている病院の皮膚科を紹介してもらいました。
皮膚科の医師は画像を見ながら、何やら普通の脂肪腫ではなさそうだと言い、結局自分で判断できないらしく、放射線科の医師に画像診断をしてもらい、科のカンファレンスを経てから、その結果を教えてくれると言いました。

それから一週間。
皮膚科の医師は、放射線科の医師の判断ではよくない物のようなので、整形外科に診てもらってくれと言いました。
手術するのは整形外科だからです。
せっかく来たのに、これで終わりかよ、と立ち上がった時、「『肉腫の疑い』と整形外科には言っておきます」と言ったのです。
「肉腫?」
「癌は表面にでき、筋肉などの中にできるものを肉腫と言います」
なんで診察が終わる時に言うの?
この頃の若い医師はデリカシーがないね。

それから急いでネットで調べると・・・「希少がん」と出てきました。
えー!

三日後、整形外科医に会うと、画像を見ながら、普通の脂肪腫ならどこまでがそうなのかわかるのですが、ここがちょっと・・・」と説明をし、「これからできることは3つあります。一つ目はこの病院の整形外科医9名で話し合うこと。二つ目は造影剤を使ってCTを撮ったり、患部を採って生検すること。下手に生研すると癌細胞の通り道を作ることになりますけど。三つ目は専門病院で診てもらうことです」
「具体的にはどの病院ですか?」
「〇〇病院です。この病院とはよく一緒にコンファレンスとかしているのです」
「先生ならその病院に行きますか」
「行きます。もちろん他の病院も紹介しますよ」

結局、医師の勧めた専門病院の骨軟部腫瘍科を紹介してもらうことになりました。

さて、専門病院の骨軟部腫瘍科の医師はどう言ったかというと、画像を見ながら、「良性のものの可能性が高いです。
普通の脂肪腫ではなさそうです。筋内脂肪腫かもしれませんが、一番考えられるのは紡錘形細胞脂肪腫です。これは圧倒的に男性に多いです」
「何故男性に多いのですか?」
「わかりません。大きくなる速度と大きさから手術を勧めます。何故、〇〇病院で取ろうと思わなかったのかなぁ?」
〇〇病院の医師たちは悪性だと思ってビビったのじゃないですかね。

心配して損をしました。
手術をして、採り出した腫瘍を診てからじゃなければ安心できませんが、とりあえず今はよしとしますわ。

それにしても医師の診断ってこんなに違うのですね。
一体、誰を信じたらいいのか。
皮膚科医も整形外科医も骨軟部腫瘍科医も一度しか会っていないので、信用できるかどうかわかりませんが。
診断って難しいのですね。

これから手術に向け、全身麻酔をしても大丈夫かと医師たちに聞きに行かなければならなくなりました。
持病があると面倒です。
病院との関係を早く終わらせたいと思っていたら、先月に続き、また手術をした左目の調子が悪くなり、眼科に行く羽目になりました。

身体の変わり目なのでしょうかね(溜息)。

病院へ行く2017/11/13



新宿のバル墨繪3坪の肉のプレートランチ。
これに飲み物+アイスクリームで1200円。
男性には物足りないでしょうね。
ちょっとお高いという印象です。
フランスパン、おかわり自由といいながら、頼める雰囲気ではありませんでした。
新宿に出るといつも店の横でパンを買って帰ります。
今日はフランスパンとその横にあるパンを買いました。
フワフワのやわらかいパンです。

脳の方の病院に行った時のことを書きます。
若い女性の医師でした。
彼女曰く。
「同じ年齢の人よりも隠れ脳梗塞跡が左側に多いですが、特に今は何も治療をしなくてもいいです。
血圧は110~120が脳に一番いいので、〇〇先生(内分泌科の医師)がそのようにしてくださっていると思います。
低いのも血流が悪くなるのでよくありません。
水は飲みすぎもよくありません。一日2リットル以下にしてください。
ろれつがまわらなくなったら、すぐに病院に行ってください。
その時、MRIを撮ったら脳梗塞かどうかわかります。
このところに光っているものがあると、脳梗塞を起こしているので、薬を飲むことになります」
「脳梗塞は病院によっても違うけれど、うちの病院は神経内科です。
地元の医師はわからなかったのかもしれませんが」
と2回も強調してました。
地元のA医師にちょっと大きめの脳梗塞を起こした跡があったり、小脳にも跡があるようなことを言われたのですが、特にこの医師は言いません。
小脳には跡は1つもないそうです。
医師によって違うのは何故?
どちらの見立てが正しいの?

私の感じためまいは脳からではないのではと言われてしまいました。
隠れ脳梗塞は普通は症状が出ないからなのでしょうか。
地元の医師がアルドステロン症のことがあるので、一ヵ所に検査結果をまとめておいた方がいいというのでMRI結果を持っていって診てもらったのですが、なんか嫌~な感じでした。
「地元の医師だから色々と言うのでしょうが、普通の人と違ってアルドステロン症の場合は注意しても関係ないですから」
随分言いますわ。
まあ、こんな軽い症状で来るなよという感じですかね。

問題なのは、私の首にできている大きな腫瘍のようなものです。
皮膚科の医師には判断できず、放射線科の医師にMRIを見てもらい、カンファレンスをしてからその結果を教えてくれるそうです。
ただの脂肪の塊だったらいいのですが。

気になったのは、手術の時に麻酔をすると、脳梗塞になる恐れがあると言われたことです。
首の手術の時は何も心配しなかったのですが、それはアルドステロン症が見つかる前でしたものね。
持病が増えると、リスクが増えるということですね。
これから年をとっていくと、ますますリスクが大きくなりそうですが、それも運命だと思ってあきらめるしかないですね。
60歳まで生きられたら、後は余生としていつ死んでもいいようにしましょう(久坂部さんも言ってるわ)
せめてワンコが死ぬまで生きていたいです(笑)。

内分泌科へ行く2017/11/07



地元の脳神経外科より主治医へのお手紙をもらってから病院へ。
血液検査の結果が出るまでに2時間ぐらいかかるので、この頃2時間ぐらい前に行くようにしています。
検査の後、ランチを病院の食堂で食べたのですが、前回と違うところに行ったにもかかわらず、同じようにまずかった・・・。
病院に美味しい物をとは思わないけれど、野菜たっぷりな定食とかそれなりのものを置いて欲しいです。
次回はカフェで軽くサンドイッチを食べますわ。

今日はファイルに挟めていた診察券を2回も落としてしまいました。
ボケたのか?

血圧は上100~120、下80~90の間に落ち着いています。
セララ50mgにアムロジン50mgでは血圧が落ちすぎたので、セララにアムロジン25㎎がちょうどいいようです。
脳神経外科のお手紙を読んだ医師はどの血管が怪しいのかわからないようで、「私は脳のMRIの見方がわからないから専門家に診てもらった方がいい」と、同じ病院の脳神経外科の予約を取ってくれました。
私の原発性アルドステロン症は軽いので、あまり他の臓器に影響がいってないと思っているようです。
血圧が高い症状が続くと、五年後ぐらいに影響が現れるそうです。
現在、薬で血圧が低い状態を維持できているので、5年後は大丈夫と言われたのですが、その間の4年間はどうなんでしょう?

来週、脳と首のしこりを診てもらうことにしました。
昨年に続き10月から病院通いが続くようで、もしかしたら大殺界(笑)。