原田マハ 『たゆたえども沈まず』2018/10/14

近所に建った一戸建ての家を冷やかしに見に行ったら、あまりのお値段の高さにびっくりしました。
オリンピック前だから土地の値段が上がっているのかしらねぇ。



画家のゴッホの弟・テオと日本人画商との交流を描いた作品です。

19世紀末、パリではジャポニズムが流行っていました。
その頃、パリで画商をやっていたのが林忠正とその助手の重吉。
彼らはパリの「グービル商会」で働いているテオと親交を結び、浮世絵を愛してやまない兄のフィンセントとテオに優先的に浮世絵を売っていました。
テオは兄・フィンセントを自らの半身とまで思い、金銭的な援助を惜しまなかったですが、何事にも型破りな兄に悩まされていました。

テオの苦悩と葛藤がよく描かれていたと思います。
林たちとテオが交流を持ったという記録はないそうですが、あっても不思議はないでしょうね。

オランダのゴッホ美術館でアーモンドの花を描いた絵を見て、その美しさに感動したことを思い出しました。
この絵(↓)はテオの子どもが生まれた時にフィンセントがプレゼントしたものだそうです。


生き生きと花が描かれた絵で、フィンセントの喜びがよくわかる絵ですね。

ゴッホが日本を愛したように、日本人もゴッホの絵を愛していますよね。
もしゴッホが日本に来ていたら、どんな絵を描いたでしょうか。

「ルーブル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」@国立新美術館2018/08/20

美術館に行ってびっくり。
待ち時間10分と表示してあります。
肖像画って人気ないと思っていましたが、違うのですね。
それにしても何でこんなに人がいるのかしら?


会場に入ると、これまた人が・・・。
仕方ないので小さい物は諦め、頭の上から見ていくことにしました。
その中で目を引いたのは、やっぱり有名人。
ナポレオンとかアントワネットとか・・・。


髪の盛り方がすごいマリー・アントワネット。


この絵が彫像になったのがこれ↓。


なんと、デスマスクまでありました。


アントワネットに寵愛された女流画家のブランの描いた肖像画もありました。


この女性は旦那が亡くなったため30代で寡婦になったとそうで、こんな人なら他の男性がほっておかないだろうなと思いました。

この絵の隣にあったのが、この美人さん。


なんと、画家のブランです。
絵の才能もある美人だったんですねぇ。


最後にジョゼッペ・アルチンボルドの<春>と<秋>がありました。
来ていた少年たちが「気持ち悪い~」とつぶやいていました。


記憶に残ったのが、≪パンジーの婦人≫。
若くでなくなった恋人の肖像画だそうで、左側にあるリボンに「見えなくても、私は覚えている」と書いてあるのだとか。
パンジーの花言葉は「物思い・思い出・私を想ってください・私を忘れないで」などだそうです。
彼女への愛は永遠ですね。

美術館の近所に紅茶屋があるというので行ってみました。


「デンメアティーハウス」。
オーストリア・ウィーンの紅茶屋です。
ドラマ「相棒」の右京さんが飲んでいる紅茶がこれだそうです。
ここはランチはなくて、ケーキと紅茶だけです。

ここは定番、ザッハ・トルテとザッハ・ブレンドを頼みました。
友人はザッハ・トルテと店員さんお勧めのデンメア・ブレンド。


ランチを食べていないので、アプフェルシュトゥルーデル(アップルパイの原型だそうです)も頼んでしまいました。(友人はアイスケーキ)


ケーキの隣に生クリームがあるので、カロリーは十分以上です(笑)。
私たちが入った時はお客さんが1人しかいなかったのに、出るころには満員でした。
男性で紅茶を選んでいる方が数名いらして、意外でした。
これも右京さんの影響かしら?

「モネ それからの100年」@横浜美術館2018/07/23

暑い中、横浜まで行ってきました。
意外と横浜は近く、外はそれほど歩かなかったので、あまり疲れなくてよかったです。
私よりも元同僚、70歳、ガン患者の方が元気でしたが(恥)。


それほど人がいないと思って期待していたら、会場に入ると相変わらず人ごみが・・・。
残念ながらモネは25点ぐらいしかなく、それ以外は(解説曰く)抽象表現主義から現代に至る作家の作品が・・・。
モネ以外の絵はサッと見て行ったら、すぐに出口になってしまい、すべての会場を見ていないと思って、見直してしまいましたが作品数が少ないのね。
すぐに終わってしまいました。

              ≪睡蓮、水草の反映≫

睡蓮の連作の中で初見なのは上の絵です。
モナコのナ―マッド・コレクションだそうです。
他にも個人所蔵のものがあったりしましたが、モネを見に行ったので、物足りなかったです。
時間があまったので、ついでに美術館のコレクション展も見ました。
「Ⅰ 明治150年、開国の風景」では日本の昔の人々や風景をみることができて、興味深かったです。
現代の画家では森村泰昌の作品が失礼ながら笑えました。
モネに行った後にコレクション展もみましょうね。

ランチは軽く、「ル・サロン・ド・ニナス」で、ガレットを食べました。


一緒に頼んだミルクティーが生クリームが入ったもので、紅茶の味よりもクリームの味の方が濃くて失敗でした。
ここはランチにはポットではなく、大きいカップ1杯の紅茶です。

会計をしていると、何やら大きな歌声が聞こえてきます。
「ライオンキング」の歌のようです。


「ヤングアメリカンズ」の若者たちがパフォーマンスをしているようです。
横浜でワークショップやコンサートをやるようです。

この頃御無沙汰の劇団四季を見に行きたくなりました。


「プーシキン美術展―旅するフランス風景画」@東京都美術館2018/05/29



少し早い時間に行ったせいか、意外と空いていたプーシキン展。
風景画だからでしょうか?
後の方に有名どころの絵があるので、初めの方は軽く流してもよさそうです。
17世紀から20世紀の風景画が65点展示されているそうです。

セザンヌのサント=ヴィクトワール山の絵は2作品ありました。
数十点描かれているそうですが、実際は何点なのかしら?
結構、日本に来ているので、見ているような気がします。




モネはポスターになっている<草上の昼食>の他に積みわらや白い睡蓮が見ものでしょうか。


私は<陽だまりのライラック>が好きです。


他にマティスやピカソ、ルソーなどもありました。

意外と地味な展覧会でした。
美術展の後に仕事に行ったので、疲れてしまい、あまり印象が残っていないのですが・・・(恥)。
ほぼ月1に友人と行っている美術展ですが、6月はとっても忙しいので、次は7月にしました。

『ブリューゲル展』&花見2018/03/27

桜が満開だという上野公園へと行ってきました。
花見客よりも動物園にはいろうとする人が多くてびっくり。
並んで入るだけでも30分以上かかりそうです。


オランダに行った時にボスやブリューゲルの絵を見て興味を持ったので、楽しみにしていた展覧会です。
ブリューゲル一族の絵が一同に揃うなんてすごい、と思って行ったら、なんと親の絵も子の絵も、ひ孫の絵も混ざって展示してあります。
構成が下記のようなものなので、仕方ないのでしょうが。

第一章「宗教と道徳」
第二章「自然へのまなざし」
第三章「冬の風景と城砦」
第四章「旅の風景と物語」
第五章「寓意と神話」
第六章「静物画の隆盛」
第七章「農民たちの踊り」

私のような絵の素人には年代順に飾ってもらった方がわかりやすかったのですが、それでは当たり前過ぎで学芸員の方が別のアプローチにしたのですかね。
絵の下に親子関係の表示があるのが便利でしたが。
プライベート・コレクションということなので、有名な絵はありません。
私としてはヤンの花の絵をもっと沢山見たかったです。
それにしても小さい絵が多かったので、目の悪い私は疲れました。
単眼鏡でも買おうかしら。

記憶に残った絵がこれ↓です。


大理石に描いてあるんです。
この絵の下で子どもが嬉しそうに騒いでいました。
ヤン・ファン・ケッセル1世が描いたものです。
彼は誰でしょう。
ひ孫です。



お馴染みの上野公園の桜です。
満開です。

この後、谷中の方へと行ってみました。
人が少なくてのんびりと花見ができます。


天王寺の枝垂れ桜。
根津まで歩いて、お蕎麦を食べようと思ったら、火曜日はお休みでした。
根津神社の桜の木。


古い木なのでしょうか。
倒れそうなのをつっかえ棒で支えています。

喫茶店を求めて上野まで戻ってきました。


家に帰って携帯の万歩計を見ると、17000歩になっていました。
どうりで疲れました。