読んだ漫画シリーズ2018/04/08

いい歳をして漫画を読むと言われそうですが、そう簡単には止められません。
90歳(ぐらいまで生きれたら)になっても読んでるでしょう(笑)。
今回はちょっと変わった、中年女性が主人公の漫画がおすすめです。


入江喜和 『たそがれたかこ 1~10』
45歳、バツイチの片岡たかこは昔から人づきあいが苦手で、高校時代は不登校、そして拒食症を経て、現在は社員食堂でパートの調理人をして、アパート経営をしている母親と一緒に暮らしている。
母はちょっとボケてきた様子。彼女は何事にも過干渉で、一人では何もできない人。
そんな生活に諦めにも似た気持ちで流されてきた。
しかし、真夜中に変なおじさん(美馬修平)と話したことをきっかけに、ラジオで谷在家光一の歌を聞いてから彼女の生活は劇的に変わっていく。

そんなある日、夫側にいた娘の一花がやってくる。
彼女はかつてのたかこと同じように不登校で拒食症になっているようだった。

美馬というおじさん(おじいさんか)がいいですね。
なんでもやっちゃって、「それでいいのだ」と言ってりゃいいというのは、心が軽くなります。
そうです。もう十分年を取っているんだから、恥なんて気にしないで、好きなことやっちゃった方が勝ちです。
誰も気にしませんよ。
楽しく年を取ろうと思えた漫画です。

日向なつお 『ありをりはべり 1~8』&『いまそかり 1~2』
高校生になった立花棗はひょんなことから「地歴部」に入ることになります。
実は彼女は神様の姿が見える女の子だったのです。
そんな彼女と部員たちの騒動がおもしろいお話です。

『いまそかり』は高校を卒業した棗たちのその後を描いた作品です。

小玉ユキ 『坂道のアポロン1~10』
1966年、横須賀から長崎の高校へ転入した薫は同級生から恐れられている川渕千太郎と友達になり、ジャズに目覚めていく。
千太郎にも自分にも複雑な家族関係があり、好きな子に告白するも撃沈。

千太郎のその後があっさり描かれていて、ちょっと残念でした。
映画になったようですが、どうなんでしょうね。
ポスターの感じは、私のイメージとちょっと違うなという感じですけど。

麻生みこと 『小路花唄 1~2』
『路地恋花』の続き。
今回のヒロインはオーダーメイドの靴を作る西山椿。
京都の片隅にある小さな長屋で起こる仕事や恋を描いた作品です。

たらさわみち 『しっぽ街のコオ先生 2』
コオ先生にライバル登場か。
どんな動物にも誠実に仕事をしていけば飼い主はわかってくれる。
ホント、コオ先生みたいな獣医さんがいたら行くのに。
家の獣医さんはボケてきたみたいで怖いです。


別のシクラメンも咲きました。


「ボク、かわいいでしょ」と言いたそうな弟犬。
君は相変わらずワンワンと五月蠅いわよ。

この頃読んだ漫画2018/03/23

kindleの0円漫画をたまに読みます。
気にいらなくても0円ですから(笑)。
その中で気に入ったものは続けて買います。
そういえば、この頃、雑誌が売れなく、電子書籍の7割が漫画だとか。
私はどうかというと、雑誌もめったに買わなくなり、漫画はkindleで読んでます。
今時の人になってますわ。


井上佐藤 『10 DANCE 1~3』
表紙のイケメン2人は競技ダンスのダンサーです。
左はラテン系で右はスタンダードをやってます。
ダンス競技に10DANCEなどというのがあるそうで、初めて知りました。
ラテン5種とスタンダード5種で10ダンスです。
この2人が組んで、10 DANCEにいどむというお話です。
昔から競技ダンスのコンテストを見るのが好きな私にはうれしい漫画です。

大島千春 『いぶり暮らし 1~3』
同棲3年目のカップルが、二人で一緒に過ごせる休日に色々な食物を燻して楽しむというお話。
家庭でも簡単に燻すことができるということがわかりました。
だからといって、家ではやりたくはないですがね(笑)。
燻製に興味がある人は参考になるかも。

わたなべぽん 『もっと、やめてみた。「こうあるべき」に囚われない生き方』
「日々の生活の中で、深く考えずに使ってきた道具や、「もしかしたら自分に合っていないのかも」と思い続けていたこと、そして自分に対する思い込み。それらの物事をやめてみたら、どうなるんだろう?そんな気持ちで続けてきたやめてみる生活。自分が変わり、人生が愛おしくなっていく生まれ直しの物語」だそうです。
どうでしょうね。簡単に止めてみることができるでしょうか。
私など「出無精」を止めても、たぶんしばらくすると疲れて元に戻りそうですが(笑)。

ひぐちにちほ 『結婚する予定もないから、好きなように家建てちゃいました。』
30代独身、金なし、なのに家を建てちゃいました。
よく銀行がお金を貸してくれたわねぇ。
マンションよりも戸建の方がいいという意見もありますが、私はよく来るピンポンの方が怖いです。
家だと居留守ができないでしょう。
それに掃除も大変そうだし・・・。

小玉ユキ 『坂道のアポロン 1~3』
60年代の青春を描いた作品。
3人がどういう人生を歩んでいくのか、楽しみです。
三角関係が辛いよね。
0円で読んだので、続きは買いますわ。

日向なつお 『ありをりはべり 1~2』
これも0円ですが、続きを読もうかと思っています。
神様が見える女の子と、神社の跡継で見えていたのに見えなくなった男の子とのお話。

板垣巴留『BEASTARS VOL.1~2』
ある学園に草食動物と肉食動物が共存しています。
そこで起こる殺人(殺獣?)事件。
主人公のハイイロオオカミのレゴシが自分の獣性に悩む姿が愛しいです。
この作品は2018年まんが大賞受賞作です。
作者の方が顔をみせずに被り物をしていたのに笑っちゃいました。

後はシリーズ物の続きを読みました。
例えば、『コウノドリ 22』、『フラジャイル 11』、『トレース4』、『絢爛たるグランドセーヌ 10』、『プリンセスメゾン 5』などです。

井上能理子 『家族が片づけられない』2018/02/01



仕事のし過ぎでうつになりかけ、母に誘われ東京から実家に帰ったら、そこは汚部屋だった。
母親と妹と弟の大人三人がいるはずなのに、掃除ができない人たちだったのね。
これはどうにかしなければならないと頑張る長女。
しかし、他の家族は彼女がどんなに部屋をきれいにしようが関係ない。
また部屋を汚すだけ。
すべては彼女の独り相撲だった。

結局、また家族から離れ、一人暮らしを始める。
が、自分の部屋を見ると、そこは独房のような生活感の一切ない部屋だった。

結局、人をどうにかしようと思っちゃダメなのね。
この人は私が一生懸命しているのにという意識が強くなってしまい、疲れるタイプですね。
A型気質か?

私も家事の中では掃除が一番嫌いです。
埃じゃ死なないし(笑)。
床の上には物を置かないから、問題ありません。
夫の方が物を積み重ねてますが、掃除機かけるから許してます(笑)。

なんで私がこんなにしてやっているのにと思ってはいけませんね。
私が好きでやっているんだと思わなければ。
嫌ならやらなければいいのだもの。
読みながらつくづくそう思いました。


この頃読んだ漫画2018/01/14



今日は姪が遊びに来ました。
兄犬は姪のことを覚えていたようで、玄関まで駆けていきました。
(パパの時は行かないのに)
いつもは静かに姪の膝にのっているのに、今日は珍しく落ち着きがありません。
慣れたので、地を出したのかも(笑)。
姪の膝の上にのったり、こんな風にクッションの上にのったりしています。
兄は若い女性が好きなようです。



今市子 『幻月楼奇譚 4~5』
老舗の味噌屋の若旦那の鶴来升一郎が御贔屓にしているのは幇間(たいこもち)の与三郎。
与三郎は怪談を語る以外にたいした物はないのだけれど、若旦那は彼に言い寄っていますが、なんか嘘っぽいです。
二人の間はどうなるのか、未だにわかりません。
今さんの絵と雰囲気が好きで読んでいます。

たらさわみち 『しっぽ街のコオ先生 1』
『僕とシッポと神楽坂』の続きのようです。
こんな獣医が近所にいれば・・・と思いながら読んでいます。

さーたり 『腐女医の医者道! 外科医でオタクで、3人子育て大変だ!編』
大学病院の外科医というだけで勤務が大変だと思うのですが、さーたりさんは3人も子供を産み育てています。
男性ならそのまま仕事を続けていけるのでしょうが、女性はなかなか大変です。
医師は究極の専門職だと思うので、めげずに働き続けてくださいませ。

麻生みこと 『そこをなんとか 1~14』
2007年、司法制度改革により司法修習修了者が激増。
弁護士の就職難という事態になります。
改世楽子(通称らっこ)もその一人。
彼女は学生時代にキャバクラのバイトをしながら司法試験の勉強をしていましたが、司法試験に受かっても就職先はなく、キャバクラ時代のお客のひとりだった菅原の弁護士事務所に押し掛け採用してもらいます。
菅原弁護士事務所には有能な先輩弁護士の東海林弘明とシングルマザーの事務員の久保田亜紀がいました。
らっこは彼らの助けを借り、弁護士としての修練を積んでいきます。

弁護士の仕事を垣間見られる漫画です。

小山愛子 『舞子さんのまかないさん 1~4』
舞子になるために京都にやってきたのに、素質がないから青森に帰るように言われたキヨですが、まかないさんが病気になったのを機に置屋のまかないをすることになります。
キヨは舞子をあきらめ、まかないという自分の居場所を見つけられてよかったですね。
京都と舞子さんたちの様子、キヨの料理がほっこりとした味を出しています。

小林ユミオ 『にがくてあまい 9~12』
気づかないうちに終わっていたんですね。
話が思わぬ方へと進んでいましたが、最期はハッピーエンドでよかったです。
映画化もされてたなんて・・・。

他に『大奥 15』や『傘寿まり子 5』、『七つ屋志のぶの宝石匣 6』なども読みました。

おもしろかった漫画2017/12/06

なんとなく具合が悪くても読むのだけは止められません。
読むのを止めて寝れよと言われていますが・・・。


『かくかくしかじか 1~5』 東村アキコ
なりたいものがなく、思いつきで少女マンガ家になると決心した林明子は、美大に行くことにします。
しかし、美大対策のデッサンもなにも準備していなく、急遽絵画教師・日高のところに連れられて行きます。
日高は竹刀でようしゃなくたたく(今やるとアウトよね)、熱血教師。
彼に漫画家になるとは、最期まで言えない明子でした。

アキコと日高の師弟の付き合いを描いた自伝的作品です。
若いというのは残酷なもので、まだまだ自分には時間があるからと大切な人との残り少ない時間を後回しにしてしまいますよね。
大人になると、その時間の価値がわかり、悔やむことも多くなります。
悔やんでも遅いんですが。

私にはこんな師がいないので、うらやましく思いました。

『かみのすまうところ 1~3』 有永イネ
24歳の上乃みつきは東京の大学まででたのに、就職はできず、故郷に戻ってきました。
彼の実家は代々宮大工なのに、みつきは高所恐怖症なのです。
一方、弟の光重朗は宮大工としての修業を続けています。
ある日、木の神だと名のるニキという女の子が現れ、彼女にみつきは恋してしまいます。
そして、彼女のために宮大工になることにします。

前に諏訪神社の御柱の木を見たことがあります。
木の一本一本に神が宿るということを実感できました。
奇想天外な内容ですが、宮大工の仕事、何百年後を見据えることにロマンを感じます。


『本屋の森のあかり 1~12』磯谷友紀 
地方の支店から東京本店に異動してきたあかりは、田舎の書店との違いに右往左往する毎日でした。
本をこよなく愛する副店長の寺山杜三と接するうちに、あかりは彼のことが好きになり、告白するも撃沈。
そうするうちにあかりは名古屋へ、杜三はソウルへと転勤することになります。
二人の関係はどうなるのか・・・。

あかりというちょっとのんびり屋さんの子が書店員として成長していく様子と人間関係が苦手な杜三との二人の恋の行方が気になる作品です。
1冊の本の内容と物語が重なり、語られているところが好きです。

『珈琲いかがでしょう 1~3』
美味しい移動コーヒー屋のお話でほんわかしたものを期待して読んだら、ちょっと違いましたが、それなりにおもしろかったです。

こんな珈琲屋があったらと思いましたが、私、コーヒーを一日二杯以上飲むと胃が痛くなるようです。
匂いだけで我慢しますわ(笑)。

ここまでの漫画はお勧めですが、次の2つはちょっと誰にでも勧められない内容です。
自分の知らない世界、想像のできない世界が垣間見られるというのが、読書の楽しみのひとつですが・・・。

『先生の白い嘘』鳥飼茜
う~ん、こんな女性や男性がいるのか・・・というのが私の最初の印象です。
登場人物の特に女性、自分を大事にしなよといいたいですわ。

『酔うと化け物になる父がつらい…』菊池真理子
ここまでくると、気分が悪くなります。
私の父はまったくお酒が飲めない人だったので、人が酔っ払う姿をまともに見たのが大学に行ってからでした。
自分も飲めないので、酔う楽しさがわかりません。
酔うということは、そんなに気持ちのいいものなのですかね。

こういう親に育てられた人は本当に大変だと思います。
なんとも言えません・・・。

色々な漫画があり、読むのが楽しみです。
いい漫画があれば、どなたか教えてください。