読んだ本の覚書2017/03/08

クリスマスローズが満開などと書いていましたが、もっと咲き出しました。
これからももっと咲くようです。




クリスマスローズは土に植えると根ずくようなので、他の種類を探して植えてみようかとも思います。
花びらの数が多いのが欲しいです。

本を読んだのですが、忘れないように一遍にまとめておきます。

薬丸岳 『その鏡は嘘をつく』
『刑事のまなざし』と『刑事の約束』の間に書かれた長編小説です。
期待して読んだのですが、内容的には今一でした。

西條保彦 『ぬいぐるみ警部の帰還』
ぬいぐるみが事件を解決していくのだとばかり思って読んでいたら、全然違いました。
イケメン警部がぬいぐるみが好きだというだけです。
いつも現場にぬいぐるみがあるのは何故でしょう?

柏井壽 『鴨川食堂おまかせ』
一連の短編。これといった変化はなく、相変わらずの鴨川食堂です。

似鳥航一 『東京バルがゆく』
大手メーカーを辞めて、移動屋台でスペイン風のバルを始めた貝原。
一人で始めたはずなのに、何故かもう一人・・・。
彼を巡る様々な人との出会いを描いた作品。

安東能明 『第Ⅱ捜査官 虹の不在』
元物理教師だった神村五郎が刑事に。
教え子の新米女刑事と一緒に事件に挑みます。

あさのあつこ 『弥勒の月』
あさのさんの書く江戸物がどういうものか読んでみましたが、それほどではなく続きも読もうかどうか考え中です。
シリーズ化しているので、これからおもしろくなるのかしら?

桜木紫乃 『起終点駅 ターミナル』、『水平線』、『誰もいない夜に咲く』
北海道を舞台に、そこに住む人々の悲哀を描いた短編集。

泉ウタマロ『人生逆戻りツアー』
死んで天に行きそこで守護天使に会い自分の人生を振り返ったらどうなるのか。
自分が考えていたことと、他者が考えていたことが違っていたら、そして、自分の魂の求めることを無視していたら・・・。
クロードのようなことがどんな人にでもあるような気がします。

佐藤愛子 『それでもこの世は悪くなかった』
もう93歳になる愛子さんが「悪くなかった」と言っているのなら、信じようかとも思えます。
考え方が違うなと思う所もありましたが、人それぞれなのでいいでしょう。
自分が93歳になってもこれほど元気でいられるかしら?

中野京子 『美術品でたどるマリー・アントワネットの生涯』
「マリー・アントワネット展」に行く前に読んでおくと、より展覧会を楽しめた感じです。残念、読む前に行ってしまいました。

磯淵猛 『紅茶の国 紅茶の旅』
著者は紅茶の輸入をしているようで、毎年紅茶の産地へのツアーを開催しているようです(今もやっているのかは不明)。
中国、スリランカ、スコットランドと旅します。
紅茶は中国からイギリスに渡ったのに、中国ではそれほど飲まれていないことがおもしろいですね。
中華料理と合わないからなのですかね。

河合克敏 『とめはねっ!』12~14
彼らも高校を卒業ということで、名残惜しいですが、終わってしまいました。
おもしろいシリーズでした。

犬養ヒロ 『カラス飼っちゃいました』
怪我をしているカラスを拾ってしまい、飛べないので野生に返せず、自宅で飼うことになってしまいます。
カラスの意外な生態がおもしろいです。

上野うね 『浅草うねうね食べある記』
前に浅草まで歩いて行ける範囲に住んでいたことがあるのですが、知らないお店が沢山出てきて、また浅草まで行って食べ歩きしてみたいと思いました。
今は外国の観光客がワサワサいて、ゆっくりできないんだろうなぁ・・・。

古賀慶 『トレース 科捜研法医研究員の追想 1~2』
科捜研に勤める真野には悲しい過去があり、科捜研に勤めたのにもある理由がありました。
真野がどのように復讐をとげていくのか興味があります。

鴨居まさね 『マルちゃんは猫です』
マルちゃん、かわいい。猫好きはたまんないんだろうなぁ。

島津響子 『漫画家、パーキンソン病になる。』
難病はすぐには確定できないらしく、確定されるまでの苦労がしのばれます。
島津さんは手術を受けられていますが、パーキンソン病の治療に手術療法があることを知りませんでした。
私の元同僚の男性がパーキンソン病で亡くなっています。

この中のお勧めは漫画と桜木さんと泉さんですかね。
まだ読んだものがあったような・・・。

読んだ漫画2017/03/05



去勢入院に向けて、体調を万全にしようとしています。
一緒に歯を抜いてもらうことにしたのですが、乳歯の数が多く7本以上も抜かなくてはならないといいます。
人間だったら1本でさえ抜く時に大変です。
7本も一遍に抜いて大丈夫なものなのでしょうか?
心配です。



「森の端」というギャングの巣窟のような街で娼婦の母のもとに生まれた一ノ瀬海は、森の中に捨てられていたグランドピアノをおもちゃにして成長してきました。
彼の通う小学校に東京から有名なピアニストの父を持つ雨宮修平が転向してきて、海と仲良くなります。
修平はたまたま聞いた海のピアノに衝撃を受け、彼を自分のライバルとします。

森のピアノの持ち主だったのは海たちの小学校で音楽教師をしている阿字野壮介でした。
彼は元有名ピアニストで、事故に遭い、左手に負傷してしまったためピアニストの道をあきらめた人でした。
阿字野は海のピアノの才能を認め、粗悪な環境から彼を救い、一流のピアニストにすべく手を差し伸べるのでした。

読みだすととまらなくなりました。
ショパンコンクールの場面は圧巻です。
お勧めのまんがです。



漫画家が数寄屋に惚れ込み、東京都内に借金をしながら数寄屋を作り上げるというお話です。
どれぐらいのお値段で建てたのでしょうね。
『続・数寄です』もあります。


これは3巻までしか読んでいません。
経済学者の柳沢教授のきまじめさが笑いを誘います。
山下さんのお父様がこんな感じだったとか。
学問に熱中すると浮世離れしますよね。家族が迷惑でしょうが。


拓植さんが40歳になってから、急に自分は「中年」だと自覚し、正しい(?)中年女子になるための毎日の奮闘を描いた作品です。

別に何歳になっても、何やってもいいんじゃないと思いますがね。
そこを気にせず、これが中年女子のあらまほしき姿ということで、色々とやり始める拓植さんがおもしろいですが。

漫画を読みだすと止まらなくなり、困ります。
キンドルなんで本屋に行かなくても読めるので、ますます困ります。
評判になった漫画はそれなりにおもしろいですね。

『ピアノの森』は『蜜蜂と遠雷』と似てますが、『ピアノの森』の方が絵で表されているので、より迫力があります。


髙田かや 『カルト村で生まれました。』&『さよなら、カルト村』2017/02/13



カメラを向けるとそっぽを向く兄。
仕方なく横顔を写します。
何を考えているのかしら?たぶん食べ物のことでしょう(笑)。


写真写りのよい弟。カメラを向けるとレンズを意識してポーズをとります。
彼の頭の中は遊ぶことしかありません。



何年か前に人々が集まって村を作り、農業をやりながら集団で生活をしているということを聞いたことがあります。
その村のことを描いたのがこの本です。

生まれてからずっとこの村で育っても、子どもによってはおかしいと思う心が芽生えるんですね。
高田さんは批判的に生活を描くのではなくて、こうだったんだよと淡々と描いているのがよかったと思います。
読んでいて、世話係の大人の人の気持ちひとつで体罰があったりするということが嫌でした。
この体罰と親と一緒に暮らしていないことを除いて、結構子どもにとってはいい生活かもしれないと思いました。(あ、朝食なしというのはだめよね)

どんなに理想的社会を追い求めていっても、数が多くなるとほころびが出てしまうような気がします。
もちろん理想を持つことはいいんですよ。
でもその理想を集まってくる全ての人が理解できるかというとそうではないというところが問題のような気がします。

高田さんは村を出て一人暮らしを経験し、出会い系サイトで出会った男性と結婚したようです。
出会いの形は色々あるけれど、出会い系サイトっていうのがびっくりですが、いい人でよかったですね。
三冊目は村を出るきっかけ等が書かれるようです。

西原理恵子 『ダーリンは70歳』&『ダーリンは71歳』2017/02/09

犬って利口です。
今日は雨なので外で遊べないと感じるらしく、いつもは五月蠅いのに、今日は静かに寝ています。
チャイムの音がしても吠えません。
静かでなんか変です。
いつも雨だったらいいのにと思ったりします。


兄犬はかまってもらえないと、座布団をハウスから引出して暴れた後に、クッションの上に寝ています。
生意気にも座布団を折って枕にしています(笑)。



女性も男性もいくつを過ぎたら年の差を言わなくなるんでしょう?
西原さんは51歳、ダーリンこと高須医師は71歳。
年の差20歳ですよ。
まんがの説明を読むと、彼らは年の差ではなく合計122歳と強調されてます。
女性は50歳過ぎたあたりから、年の差があってもうらやましがられなくなるからかしら?
西原さんが40歳だったら年の差20歳と書かれるのかな?
もし女性が71歳で男性が51歳だったら・・・。

なんてことは置いておいて、微笑ましいカップルです。
もう結婚なんかはしなくても、残り少ない年月を一緒にいるだけでいいんでしょうね。
西原さんの貧乏臭さ(失礼)と高須さんのお金に対する無頓着さが笑えます。
金ではなく体に惹かれているなどと臆面もなく書かれていますが、西原さんはまんがでそれなりに稼いでいるからこそ言えることでしょうね。

高須医師の短気さと時間感覚が付き合うと大変そうです。
せっかく行ったのに買い物や観光を楽しまないなんて。
買い物も迷うことが楽しみだったりするのに、彼は迷うことは時間の無駄という考えの人なんです。

とにかく末永くお幸せに、私たちを笑わせて下さいといいたくなります。

杜野亜希 『屍活師 女王の法医学』1~142017/02/08



『屍活師』とは「屍は活ける師なり」ということ。

兄弟が多く、学費や生活費を稼ぐためにバイトにあけくれている犬飼は、H医大の4年生。
臨床系の研究室を希望していたのですが成績が振るわなかったため法医学研究室に追いやられ、女王こと準教授の桐山ユキにワンコと呼ばれ、こき使われる毎日。
桐山は優秀な外科医でしたが、何か事情があったため法医学へと転向したようですが、彼女は遺体から思いもかけない事実を読み解いていきます。
彼女と仕事をするうちに臨床を希望していたワンコはだんだんと法医学の世界へ興味を持つようになっていきます。

ワンコの思い込みの強さと味音痴の桐山の食べる物がとんでもなく、笑えます。
何故か解剖している時に、桐山と犬飼に「見える」のが不思議です。

読み進めるうちに桐山の過去がだんだんと明らかになっていきますが、彼女の重い過去をワンコが支えられるのか・・・?

法医学といいながら、深刻でもないし、暗くもないし、サラッと読める内容です。