読んだ漫画本2018/06/13

兄犬が相変わらず私の傍にいます。
今日は落ち着きがなく、膝の上からパソコン前に移動し、邪魔をします。
眠いのを我慢しているようです。

昨日、6歳になりました。


「Happy birthday to you.   Happy birthday to you.   Happy birthday, dear
 Onii-chan.  Happy birthday to you.」by Mon.

歌を歌ってやっていると、臭いにおいが・・・。
かわいそうなので、これ以上は控えさせていただきます(笑)。


最近、読んだ漫画をまとめておきます。


はしゃ 『さめない町の喫茶店』
眠りから覚めることができなくなった少女スズメは、現実の世界と違う場所に存在するルテティアで暮らし始めます。
コーヒーを上手に入れるマスター・ハクロさんの経営する、客の来ない喫茶店で働き、数少ない常連客を相手に料理を振る舞う毎日です。

スズメに何があったのかはわかりませんが、眠りの世界で癒しがもたらされればいいですね。
いつも言ってますが、こんな喫茶店、身近に欲しいです。

青鹿ユウ『今日から第二の患者さん』
婚約者が大腸癌に!
看病と周りの言葉に振り回され、へとへとになるユウさん。
ガン患者の家族は患者同様にケアされるべき「第二の患者」なのでは?
ガン患者の家族の方に読んでいただきたい漫画です。

沖田☓華 『こりずに毎日やらかしています。発達障害漫画家の日常』
近年、発達障害についての研究が進んだためか、発達障害の子どもが増えているためか、発達障害についての本が増えてきましたね。
自分の子とか自分が周りとは違うことに気づいてはいても、どうすればいいかわからない、そういう人たちや、同級生や同僚などにこういう人がいるんだけれどという人が読むと、そうなのかと納得できることがあるかもしれません。
でもね、どんな人にも程度が低いかもしれないけれど、こういう面があるなと思います。
私もそうかなと思う所もあるし・・・。

西炯子 『シロがいて』
四人家族の長男、航がひろってきた猫・シロ。
そのシロを巡る・・・ではなく、あまりシロとは関係ない家族のお話です。
ですから猫のかわいいお話を期待して読まない方がいいです。
ダメな親父と、彼に振り回され、成長していく家族のお話です。

さとうみゆき 『母といろんなところにいってきました』
娘と母の二人旅。
家は母とは気が合わなかったので、二人旅なんかまったく考えもしませんでした。
お母様のキャラがかわいくていいです。

ヤマシタトモコ 『HER』
いろんな女性が出てきますが、どの人も俗に言う「かわいい」は当てはまりません。
「このマンガがすごい!2011」オンナ編1位の漫画だそうです。
自分でいることがいかに難しいことか。


うめ 『おもたせしました』
文筆業か何かをしている叔母の資料探しの仕事をしているらしい、轟寅子は、取引先や友人知人を訪問する時に、何か必ず手土産を持っていきます。
何を持っていくかはその時の相手が誰かとTPOを考えて選んでいます。
合間に文学的薀蓄があります。
いくつかのものは食べたことがありますが、おもたせするようなものかどうか?
食べ物って好き嫌いがあるから、私が美味しいと思っても相手がどう思うかわかりませんから、いつも無難な日持ちする物を買ってしまいます。
人にあげるものとして見るのではなく、機会があれば自分で買って食べてみる参考にしますわ。

篠有紀子 『花きゃべつひよこまめ』2018/06/01



かわった、ほんわかした漫画です。
自分とは大分違うヒロインのリカがおもしろくて読んでしまいました。

ヒロインのお母さん、リカは長い髪、ギャザースカートのようなふんわりした服装が似合う女性です。
少女が大人になった感じ。
まだ夢見るお年頃です。

娘のミキは5歳。
お父さん大好きっこで、リカさんと二人で取りあいっこしてます。
まだ子どもなので、現実と空想の世界を行ったり来たり。

お父さんの祐二は、一見、この家族の中では一番普通の人。
でも、ちょっと普通からはみ出す場面もあります。
リカさんと一緒にいるとね(笑)。
毎朝、妻と娘の行かないで攻撃に辟易してます。
でも、愛されていると思って耐えているかな?
それに、「日曜日のパパはトド」っていうのに笑ってしまいます。
仕事が大変ですが、妻や娘には仕事のことってわからないものね。
日曜日ぐらい寝ていたいですけど(笑)。

最初の方の巻では、祐二のオレ様ぶりにちょっとイラっときましたが、その後の妻と娘を愛する故の行動に笑ってしまいました。
最後はちょっと遠い(大きい)世界に行ってしまいますが、しかたない終わり方なのかもしれませんね。

そうそう、花きゃべつってカリフラワーのことです。
カリフラワーとひよこまめ、合います。

くらもちふさこ 『いつもポケットにショパン』2018/05/21



1980年から1981年まで連載された古い漫画です。
思っていたのとちょっと内容が違っていました。

同じピアノ教室に通う麻子と季晋は仲良しでしたが、季晋が西ドイツに留学したため音信不通になってしまいます。
ところが高校で二人は再会します。
しかし、季晋は懐かしがる麻子に冷たく、距離を置くようになっていました。
季晋の気持ちがわからず、悩む麻子。
実は季晋と麻子の母親同士が昔ライバル関係であり、季晋の母はピアニストの道を諦め、麻子の母はピアニストとして活躍していました。
そのため季晋は麻子をライバルとして見るようになっていたのです。
すれ違う二人の気持ち・・・。

季晋が思っていたイメージとは大分違いました。
ほんわかとした、女の子の初恋物語を期待していたのですがね(笑)。
芸術的センスの全くない私には、ピアノを弾けるというだけでうらやましいです。
今から何か楽器を習いに行こうかしら。
フルートで挫折したトラウマが・・・。

読んだ漫画シリーズ2018/04/08

いい歳をして漫画を読むと言われそうですが、そう簡単には止められません。
90歳(ぐらいまで生きれたら)になっても読んでるでしょう(笑)。
今回はちょっと変わった、中年女性が主人公の漫画がおすすめです。


入江喜和 『たそがれたかこ 1~10』
45歳、バツイチの片岡たかこは昔から人づきあいが苦手で、高校時代は不登校、そして拒食症を経て、現在は社員食堂でパートの調理人をして、アパート経営をしている母親と一緒に暮らしている。
母はちょっとボケてきた様子。彼女は何事にも過干渉で、一人では何もできない人。
そんな生活に諦めにも似た気持ちで流されてきた。
しかし、真夜中に変なおじさん(美馬修平)と話したことをきっかけに、ラジオで谷在家光一の歌を聞いてから彼女の生活は劇的に変わっていく。

そんなある日、夫側にいた娘の一花がやってくる。
彼女はかつてのたかこと同じように不登校で拒食症になっているようだった。

美馬というおじさん(おじいさんか)がいいですね。
なんでもやっちゃって、「それでいいのだ」と言ってりゃいいというのは、心が軽くなります。
そうです。もう十分年を取っているんだから、恥なんて気にしないで、好きなことやっちゃった方が勝ちです。
誰も気にしませんよ。
楽しく年を取ろうと思えた漫画です。

日向なつお 『ありをりはべり 1~8』&『いまそかり 1~2』
高校生になった立花棗はひょんなことから「地歴部」に入ることになります。
実は彼女は神様の姿が見える女の子だったのです。
そんな彼女と部員たちの騒動がおもしろいお話です。

『いまそかり』は高校を卒業した棗たちのその後を描いた作品です。

小玉ユキ 『坂道のアポロン1~10』
1966年、横須賀から長崎の高校へ転入した薫は同級生から恐れられている川渕千太郎と友達になり、ジャズに目覚めていく。
千太郎にも自分にも複雑な家族関係があり、好きな子に告白するも撃沈。

千太郎のその後があっさり描かれていて、ちょっと残念でした。
映画になったようですが、どうなんでしょうね。
ポスターの感じは、私のイメージとちょっと違うなという感じですけど。

麻生みこと 『小路花唄 1~2』
『路地恋花』の続き。
今回のヒロインはオーダーメイドの靴を作る西山椿。
京都の片隅にある小さな長屋で起こる仕事や恋を描いた作品です。

たらさわみち 『しっぽ街のコオ先生 2』
コオ先生にライバル登場か。
どんな動物にも誠実に仕事をしていけば飼い主はわかってくれる。
ホント、コオ先生みたいな獣医さんがいたら行くのに。
家の獣医さんはボケてきたみたいで怖いです。


別のシクラメンも咲きました。


「ボク、かわいいでしょ」と言いたそうな弟犬。
君は相変わらずワンワンと五月蠅いわよ。

この頃読んだ漫画2018/03/23

kindleの0円漫画をたまに読みます。
気にいらなくても0円ですから(笑)。
その中で気に入ったものは続けて買います。
そういえば、この頃、雑誌が売れなく、電子書籍の7割が漫画だとか。
私はどうかというと、雑誌もめったに買わなくなり、漫画はkindleで読んでます。
今時の人になってますわ。


井上佐藤 『10 DANCE 1~3』
表紙のイケメン2人は競技ダンスのダンサーです。
左はラテン系で右はスタンダードをやってます。
ダンス競技に10DANCEなどというのがあるそうで、初めて知りました。
ラテン5種とスタンダード5種で10ダンスです。
この2人が組んで、10 DANCEにいどむというお話です。
昔から競技ダンスのコンテストを見るのが好きな私にはうれしい漫画です。

大島千春 『いぶり暮らし 1~3』
同棲3年目のカップルが、二人で一緒に過ごせる休日に色々な食物を燻して楽しむというお話。
家庭でも簡単に燻すことができるということがわかりました。
だからといって、家ではやりたくはないですがね(笑)。
燻製に興味がある人は参考になるかも。

わたなべぽん 『もっと、やめてみた。「こうあるべき」に囚われない生き方』
「日々の生活の中で、深く考えずに使ってきた道具や、「もしかしたら自分に合っていないのかも」と思い続けていたこと、そして自分に対する思い込み。それらの物事をやめてみたら、どうなるんだろう?そんな気持ちで続けてきたやめてみる生活。自分が変わり、人生が愛おしくなっていく生まれ直しの物語」だそうです。
どうでしょうね。簡単に止めてみることができるでしょうか。
私など「出無精」を止めても、たぶんしばらくすると疲れて元に戻りそうですが(笑)。

ひぐちにちほ 『結婚する予定もないから、好きなように家建てちゃいました。』
30代独身、金なし、なのに家を建てちゃいました。
よく銀行がお金を貸してくれたわねぇ。
マンションよりも戸建の方がいいという意見もありますが、私はよく来るピンポンの方が怖いです。
家だと居留守ができないでしょう。
それに掃除も大変そうだし・・・。

小玉ユキ 『坂道のアポロン 1~3』
60年代の青春を描いた作品。
3人がどういう人生を歩んでいくのか、楽しみです。
三角関係が辛いよね。
0円で読んだので、続きは買いますわ。

日向なつお 『ありをりはべり 1~2』
これも0円ですが、続きを読もうかと思っています。
神様が見える女の子と、神社の跡継で見えていたのに見えなくなった男の子とのお話。

板垣巴留『BEASTARS VOL.1~2』
ある学園に草食動物と肉食動物が共存しています。
そこで起こる殺人(殺獣?)事件。
主人公のハイイロオオカミのレゴシが自分の獣性に悩む姿が愛しいです。
この作品は2018年まんが大賞受賞作です。
作者の方が顔をみせずに被り物をしていたのに笑っちゃいました。

後はシリーズ物の続きを読みました。
例えば、『コウノドリ 22』、『フラジャイル 11』、『トレース4』、『絢爛たるグランドセーヌ 10』、『プリンセスメゾン 5』などです。