この頃読んだ漫画2017/10/14

今日も眼科へ。
病院通いは疲れます。
目の方は昨日よりはよくなっているようです。
明日、急に悪くなったら大学病院に行かなければなりませんが、昨年で懲りました。
眼科は生き死にに関係ないからか、休日の担当は若い研修医らしき人が任されているようなのです。
散々検査をされ、一日無駄になったのを覚えています。
できるならば行きたくないですわ。
よくなったら今回行った眼科で終わらせたかったのですが、眼科医はお手紙を書くので月曜日には主治医のところに行ってくださいと言います。
あまり行きたくないんですけれど・・・。
とにかく目薬を2時間おきにつけ続けます。

私は夏に弱いようです。
毎年こんなことがあると、そのうちとんでもないこと(失明)になりそうで、嫌ですわ。
主治医は大事な時にいてくれないとねぇ・・・(溜息)。

嫌なことは忘れて、楽しい漫画のお話をしましょう。


『のだめカンタービレ』を書いた二ノ宮さんの作品です。
志のぶは銀座にある質屋・倉田屋の娘。
彼女には宝石を見るとその石の「気」を感じるというとんでもない能力を持っています。
そんな彼女には質流れした婚約者・北上顕定がいます。
彼はフランスの高級ジュエリー店で働いているイケメン。
彼が倉田屋に現れると、女のお客がさっとうして売り上げが倍増。
実は彼の実家は名家なのですが、一家離散。祖母に質屋にあずけられたのです。
彼は自分の家にあったという鳥が舞う赤い宝石を探していました。

五巻まで出ています。
顕定の真のねらいと共に志のぶとどうなるのかが楽しみな作品です。

羽海野チカ 『三月のライオン 13』
今流行の将棋を扱っていますが、なかなか主人公の桐山雫君が活躍してくれないというところが残念です。
このままでいくと、50巻目になっても雫君は今のままかしら?

よしながふみ 『きのう何食べた?』
とうとう主人公の二人が50歳になってしまいました。
それでも年を感じさせない二人です。
もう二人は老いてどちらかが亡くなるまで一緒にいますね。
美味しそうなご飯をマネしたいと思うのですが、量が少なく(家には大食らいがいるのよ・笑)、家には向いてないようです。

内田春菊 『がんまんが~わたしたちは大病している~その1・その2』
内田さん、大腸がんを患っているんですね。
知りませんでした。
糖質ダイエットをしている時に見つかったようで、淡々と描いてあります。
これからどういう治療をしていくのでしょうか・・・。



家の犬たちは元気です。
兄犬は散歩というと、嬉しくてたまらないという表情をします。
弟はちょっとしいたげられているので、こんな卑屈な表情をすることがあります。
人間も犬も一緒に育っても個性がありますから、個性に合わせて育てるのも難しいものがありますね。

図書館漫画―『図書館の主』&『夜明けの図書館』2017/09/30

図書館を舞台にした漫画ってあるんですね。
どんなもんか読んでみました。


私立児童図書館「タチアオイ児童図書館」には御子柴という司書がいました。
彼はレファレンスがうまく、どの質問にも答えられ、その人に一番合った本を紹介します。

この図書館にふとしたことで立ち寄った宮本は、初めは児童図書とバカにしていたのですが、御子柴の影響か、児童図書の良さに気づき、「タチアオイ児童図書館」の常連になっていきます。

この二人を軸に図書館スタッフの板谷と神田、そして図書館オーナーの小手川など多彩な登場人物がでてきます。
図書館には色々な人が来ます。
その人たちとの揉め事などを御子柴たちがどうやって解決していくのか。
御子柴のレファレンスはどんなものか。
「タチアオイ児童図書館」はこのまま続けて行けるのか。
最後にはアッと驚く結末が・・・。(途中でわかっちゃいましたけどね)

何かおもしろそうな児童書をと思う方には参考にならないと思います。
定番を載せているという感じです。
自分の子に何を読ませたらいいかわからない人にはいいでしょうね。



市立図書館で働いている新米司書葵の、主にレファレンスに関する業務を描いた作品です。

図書館で働きたいと思っている方、読んでみてください。
図書館の仕事を知るいいきっかけになりそうな本です。
ただし、区立図書館に勤めている人に聞いたところレファレンスはこんなにないそうですし、残業してまで一生懸命探したりすることはないそうです。
「こんな本しかないです」、で終わりのことが多いようですよ。
図書館の仕事の大部分は地味な力仕事だそうなので、これを読んでレファレンスをやりたいと思って働き始めると、こんなんじゃなかったと思うかも。
それに正規職員って少ないそうで、今はパートや派遣が多いんですって。
業務委託の影響ですね。
こういう現状を知った上で、こんな仕事しているんだと思って読むといいと思います。
本当は図書館の仕事の醍醐味ってレファレンスのような気がします。
でも、今の時代、ひとつひとつを丁寧に受けていると効率が悪いと言われ、やらなくていいになるんでしょうね。

漫画のシリーズ2017/09/25

いい年になってますが、未だに漫画が好きです。
流石に電車の中で読むことはないですが、この頃はkindleで読むことが多いです。
本を買いに本屋に行かなくていいし、携帯のアプリで読めるので、バッグが重くならなくてありがたいですわ。

さて、シリーズ物の続きが次々と出ています。


またテレビドラマでやるそうですね。
私は数回しか見たことがありませんが。

このシリーズを読むたびに産科医、看護師、助産師の方々に頭が下がります。
赤ちゃんが生まれてくるということは当たり前だと思ってしまいますが、そうではないことがあるということを知ることができました。
これから子供を産もうと思っている人たちに読んでもらいたいです。

おざわゆき 『傘寿まり子 4』
小説家で80歳のまり子は家出をし、様々な人と出会います。
ネットゲームで知り合ったちえぞうとゲームセンターに行き、少年と熱戦を繰り広げるちえぞうを見て刺激を受けるまり子でした。
実はちえぞうは娘との間に問題がありました。

何歳でもやろうと思えばできる。
そう思って何でも挑戦してみようと思いました。
まり子は高齢化社会のアイドルですね。

大谷紀子 『おとむらいさん 1~4』
義母のお葬式は一日葬というものでした。
今は色々な形のお葬式があるのですね。
この漫画は一人一人に合った、色々な別れの儀式の形をプロデュースしてくれる葬儀屋のお話です。
自分はどういう葬儀にしようかと考えてしまいました(笑)。

古賀慶 『トレース 科捜研法医研究員の追想 3』
23年前の犯人を追う科学捜査研究所研究員・真野礼二。
彼は真実だけを求め、鑑定を行う。
彼が望むのは真実の探究なのか、復讐なのか・・・。

杜野亜希 『屍活師 女王の法医学 16』
女王・ユキ(法医学科の准教授)の過去が徐々に明らかになっていきます。
ワンコ(犬飼一・医学部四年生)は自分はユキにとってどんな存在なのかと悩みます。
法医学のおもしろさがわかるシリーズです。

今市子 『百鬼夜行抄 26』
このシリーズも26巻になりますか。
現代に生きるあやかしたちと彼らに翻弄される飯島律。
私の理解力のせいで、わからないところもありますが、幻想的な絵が好きです。

こやす珠代 『病院で念仏を唱えないでください 4』
僧侶で救急センターで働く救急医である照円の活躍するシリーズ。
医師同士でも色々と意見の相違はありますが、これからどうなるのでしょうね。

荒川弘 『銀の匙 14』
いよいよやってきた大学受験の季節。
八軒たちの進路は・・・。
このシリーズも八軒たちの卒業と共に終わるのでしょうかね。
卒業式は大々的にやっていただきたいものです。
豚や牛の丸焼きとか、チーズたっぷりのピザ・・・。
う~ん、食べたい。

田中ひろみ 『ナースは今日も眠れない!』
シリーズ物ではないのですが、読んだので載せておきます。
ナースのお仕事は大変だなといつも思っています。
緩和病棟は患者7人に対しナース1人。
一般病棟は患者7人~15人に対しナース1人。
一人で看る患者の多さにびっくりです。
大人しい患者さんが多ければ忙しくならないと思いますが、それでもナースの数が少ないですよね。
緩和病棟に入院していた義母がほっておかれた理由がわかりますわ。
認知症なのでナースコールの存在を忘れてしまい、押せなかったんですもの。
ほったらかしにもなるわよねぇ・・・。

どのシリーズもお勧めです。

亜樹直 『マリアージュ 神の雫最終章7~8』2017/07/29



まだやってたんかいというような感じですね(笑)。
これで終わりでしょうか?
いよいよ対決も終盤(ですよね)。

「神の雫騎士団」により出題されたのは、四品の料理に合うワインを決めるということでした。
料理は「ラタトゥイユ」、「鮭のヴァン・ブランソース」、「プレ・サレ仔羊のロースト」、「ガトーショコラ・アベック・フランボワーズ」です。
雫はシェフの三笠と共にワインを探していきます。
その間に三笠のレストランは無事開店できることになり、なんと、そのレストランのオーナーだった男が、今度は新しいレストランのソムリエとなり、三笠と公私共に歩むことになります。

相も変わらず、美味しいものがでてきます。
ワインは全くわからない私ですが、呑めたらいいなぁと思います。

先日、前の職場の人とフレンチを食べに行きました。
荻窪のレストランです。


これは何かわかりますか。
メニューです。
フランス語で書かれていますが、勉強したはずなのに魚の名は全くわかりませんでした。
「maquereau」は鯖だそうです。


前菜は2品。鯖がでました。
紫色のあざやかなのはビーツの色です。


スープは野菜で、真中にあるのは胡瓜と紫蘇。


魚料理はbar。フランス語で鱸(スズキ)。これは子どもの方でセイゴだそうです。


お肉は豚でしたが、東北の方の特別な産地のでした。
これまた忘れてしまいました(恥)。


デザートは二品。メロンとピーチ。
これは中に桃のコンポートが入っています。

この料理に合うのはどのワインなのか。
雫君に選んでもらいたいです。
(と言っても私は舐める程度にしか飲めませんが)

久しぶりのフレンチでした。
たまにはフレンチもいいかも。

槇村さとる 『BELIEVE』1~52017/07/16

槇村さとるさんの漫画はバレエを扱った『Do Da Dancin'!』が一番好きです。今回のは芸能界のお話です。


敏腕マネージャで有名な山口依子は、自分が発掘して育てた俳優の東洋が事務所を移籍してしまい落ち込んでいた頃、不思議な魅力を持ったルカと出会います。
彼女は使えるとピンときた依子は、一度きりという条件である番組に出させます。
その時に彼女のスター性を感じた依子はルカを説き伏せ、CMやグラビアに、そして女優へと売り込みを始めます。
しかし、ルカには知られるとスキャンダルになる過去がありました。

芸能界ってよくわかりませんが、売れない人は使い捨てというのが普通なのでしょうかね。
売れると、これほど儲かる仕事もないのでしょうね。
芸能界に入った人を何人か知っていますが、そのうち一人は有名になり、もう一人は少女グループに入っていて、二番手ぐらいかな(?)、一人はCDを出したけど、今はどうしてるのって感じかな。
売れる人と売れない人の違いはなんなのでしょうね。
それこそ美人やイケメンはいっぱいいるし、美人やイケメンじゃなくても売れる人はいるし。
よくわからないというのが実態でしょうか。

この漫画に関していうと、最後があっけなくて、残念。
テレビを見ていると、もっとたたかれ、大変なことになっているような気がします。

そういえば、この頃のマスコミ報道を見ていると、うんざりしますね。
はっきり言って不倫であろうが何であろうが、どうでもいいんですがね。
有名人って大変ですね。



「僕は有名じゃないので大丈夫です」by 弟犬。
「何が大丈夫なの?ウ〇チふっとばす、おバカ犬で有名よ」by ママ。