堂場瞬一 『波紋 警視庁失踪課・高城賢吾』2018/04/21

昨日、日本製のホーロー鍋はめったに使わないと言っておきながら、使ってしまいました(笑)。
ソーセージのキャベツ煮込みを作るのに、ソーセージを切らずにいれるために大きい鍋が必要だったからです。
とにかく日本製のは4.2kgもあるので、重くて洗う時に苦労します。
ストウブは18㎝、2.94㎏、ル・クルーゼは20㎝なのに2.8kgで、使いやすさは重さに比例するようです。

色々と料理するようになると、魚とか野菜を丸のまま使いたくて、楕円形の鍋も欲しくなってきます。
ストウブとル・クルーゼのどちらがいいのか、迷っています。
ストウブのオーバル、27㎝で3.2L、4.5kg(重い!)、ル・クルーゼのオーバル、25㎝で3.2L、3.7㎏。
置く場所と重さを考えるとル・クルーゼになりそうです。
すぐには買わないので、ゆっくりと楽しみながら考えますわ。
私の料理熱も冷めるかもしれないので。

警視庁失踪課も6作目。後、4冊で終わりです。


前回、自分の家庭の秘密が暴露された阿比留は出世の道を断たれたため、やる気を失っていました。
せっかくまとまりかけた失踪課が、また分裂の危機に。
そんななか、失踪課の重鎮だった法月が渋谷中央署警務課へと異動してしまいます。
法月の異動を阻止しなかった阿比留に対して怒りを覚える高城でした。

そんな法月から高城は5年前に交通事故の現場から姿を消したロボット工学者に関する事件を置き土産として託されます。
5年前の失踪事件を解決できれば、自分の娘も探せるのではと一抹の希望を見出す高城。
事件を調べ始めた直後に男が勤めていた会社で爆発事件が起こり、犯行声明には失踪した男の署名が・・・。

なかなか娘探しに着手しない高城。
そろそろ煙草もお酒も止めるといいのですが、家庭もないし、趣味がなければやることないものね。
ちょっとかわいそうになってきました(笑)。

堂場瞬一 『邂逅 警視庁失踪課・高城賢吾』2018/04/17

通信教育の最後のレポートが合格になりました。
どう書いたらいいのか迷い、細かい所は羅列になってしまい、論文としての体裁ができていないけど理解はしているということで、OKになっていました。
万歳!
提出レポートはこれでお仕舞です。
後は五月と六月のスク―リングの時に提出するレポートがあります。
1つは簡単に書けるのですが、もう1つがどう書いたらいいのか悩んでいます。
とにかく可でいいので、単位下さい(笑)。
後はweb試験で4教科(たぶん、前回の試験で落ちていなければ)、スクーリングで2教科合格すれば、資格が取れます。
何十年ぶりかに勉強するのも面白かったです。
他の勉強もしてみようかしら。



高城賢吾も三作目です。

失踪課に大学理事長を務める息子が帰って来ないと、母親が相談に訪れます。
翌日、家に訪れ詳しく話を聞こうとしますが、母親の態度が一転していました。
大学に行っても相手にされず、教育機関の警察の捜査に対する非協力さは言われている通りでした。
その後、母親が捜査願いを取り下げてしまいます。
しかし、高城は何かがおかしいと思い、秘かに捜査を続行することにします。

その一方、家族から捜査願いが出ており、法月が調べていた女子大学職員は遺体で見つかります。
状況からみて自殺だと判断されましたが、捜査二課がこの事件について問い合わせてきます。
高城はこの事件と前の大学理事長の失踪が何らかの関係があるのではないかと考え、調べていくことにします。

高城が一番頼りにしているベテラン刑事・法月は身体に鞭を打つように仕事をしています。
高城はその理由がわからず、法月にどう接すればいいのか戸惑うばかりです。

失踪課もどうやら仲間意識が芽生えつつあるような感じになってきました。
つかえない人も2名ばかりいますがね(笑)。

失踪した娘さんの捜査がどうなるのかが気になります。
そのうちに始めるのでしょうね。

麻見和史 『警視庁文書捜査官』2018/04/06

ホーロー鍋に凝っています。3つのメーカーのものを買って試しています。
一番気に入ったのがストウブです。
焦げ付きがすぐに取れるし、デザインの武骨な感じが好きです。
18㎝は思ったよりも小さくて、ご飯2合を炊いたり、ブロッコリーなどを茹でたり(茹ではしないけど、少量の水を入れて火にかけておけばいいのです)、簡単なおかずを作るのにはいいのですが、沢山作りたい煮込み料理には小さいです。
少なくとも22㎝は欲しいですね。
玄米を食べたいので、私用の米一合が炊けるご飯用の鍋や、テフロン加工が剥げてきたフライパンを捨ててストウブのフライパンを買おうかと思っています。
食べるのが好きなので、いい鍋を買うと料理する気になれます。
いつまで続くのか・・・(笑)。



心理学にも色々あって、この本で使われるのは文章心理学です。
どんな感じかと思って期待して読んだのですが・・・。
相棒は警察物が好きなのですが、これは勧められませんわ。

所轄の刑事課から警視庁捜査一課に異動した矢代は文書解読班に配属されます。
上司が自分より年下だけど階級が上という鳴海理沙警部補で、こんなところに何故自分が配属されたのかとがっかりしていました。
そんな時、右手首のない遺体が発見され、「捜査一課文書解読班」が出動。
現場にはアルファベットカードが数枚、そして、レシート裏のメモが残されていました。
鳴海は被害者宅にあった文章から次の殺人現場を突き止めます。
そこには遺体と共に、またもやアルファベットカード、そして、手書きの地図がありました。
アルファベットは一体何を表しているのか?

美人で甘いもの好き、過去にいじめられたことから女性が苦手で、女性相手の聞き込みは支離滅裂、文字フェチで文章があると熱中し過ぎて周りが見えなくなるという理沙と彼女に振り回される矢代。
いいコンビですが、内容にひねりがないというか、浅いというか・・・。
何かが足りない感じです。
次作に期待しましょう。

中山七里 『切り裂きジャックの告白』2018/04/05



かわいく丸まって寝ている兄犬です。
またお腹を出して寝るようになりました。
気温が上がると暑いのでしょうね。

通信教育のレポートすべてを提出しました。
最後になった2教科のうちの一つは今日合格しました。
内容が難しく、教科書と参考書を丸写しにはしないで、どうにか自分の言葉に置き換えましたが、もう一度書き直せと言われたらどうしようと思っていました。
先生のコメントは詳細で、いたらないところを沢山指摘していただきましたが、「合格」さえいただければ、こっちのもの(笑)。
ありがとうございました。
もう一つのレポートは何を書けばいいのか困り、とりあえず出して指摘してもらっちゃえという感じで出しました。
書き直しになってもいいのですが、もう一度書けるのかどうか自信がありません。
他のレポートはそれなりに書けたのにね。
先生に聞けないことが通信のむずかしさです。

後は4教科の試験と2教科のスクーリングです。
web試験はどこから出るのかわからないので、どこを勉強したらいいのかわかりません。
残った3教科は特に落とされることが多い教科だとか。
知っていたら最初に試験受けといたのに・・・。
ダメだったら他の大学の講座を受けるしかなさそうですが、弱気にならずに9月まで頑張りますわ。


東京都内の公園で、臓器をすべて繰り抜かれた女性の死体が発見されました。
テレビ局に「ジャック」と名乗る犯人からの声明文が送り付けられます。
そして、今度は川越で、同じ手口の死体が見つかります。

警視庁捜査一課の犬養刑事と埼玉県警の古手川がコンビを組んで捜査に当たることになります。
被害者2人には接点は見当たりませんが、ある共通点が見つかります。

犬養は離婚をしていますが、娘がいます。
彼女は入院中で、臓器移植を考えています。
日本の場合、情が優先しますから、臓器移植はアメリカなどのようにそう簡単に一般的にはならないでしょうね。

詳しくは述べませんが、社会問題のひとつを扱った作品です。

『ブリューゲル展』&花見2018/03/27

桜が満開だという上野公園へと行ってきました。
花見客よりも動物園にはいろうとする人が多くてびっくり。
並んで入るだけでも30分以上かかりそうです。


オランダに行った時にボスやブリューゲルの絵を見て興味を持ったので、楽しみにしていた展覧会です。
ブリューゲル一族の絵が一同に揃うなんてすごい、と思って行ったら、なんと親の絵も子の絵も、ひ孫の絵も混ざって展示してあります。
構成が下記のようなものなので、仕方ないのでしょうが。

第一章「宗教と道徳」
第二章「自然へのまなざし」
第三章「冬の風景と城砦」
第四章「旅の風景と物語」
第五章「寓意と神話」
第六章「静物画の隆盛」
第七章「農民たちの踊り」

私のような絵の素人には年代順に飾ってもらった方がわかりやすかったのですが、それでは当たり前過ぎで学芸員の方が別のアプローチにしたのですかね。
絵の下に親子関係の表示があるのが便利でしたが。
プライベート・コレクションということなので、有名な絵はありません。
私としてはヤンの花の絵をもっと沢山見たかったです。
それにしても小さい絵が多かったので、目の悪い私は疲れました。
単眼鏡でも買おうかしら。

記憶に残った絵がこれ↓です。


大理石に描いてあるんです。
この絵の下で子どもが嬉しそうに騒いでいました。
ヤン・ファン・ケッセル1世が描いたものです。
彼は誰でしょう。
ひ孫です。



お馴染みの上野公園の桜です。
満開です。

この後、谷中の方へと行ってみました。
人が少なくてのんびりと花見ができます。


天王寺の枝垂れ桜。
根津まで歩いて、お蕎麦を食べようと思ったら、火曜日はお休みでした。
根津神社の桜の木。


古い木なのでしょうか。
倒れそうなのをつっかえ棒で支えています。

喫茶店を求めて上野まで戻ってきました。


家に帰って携帯の万歩計を見ると、17000歩になっていました。
どうりで疲れました。