この頃読んだ漫画一覧2016/12/20

検査入院をしてから体調があまりよくありません。

日曜日の夜、外食から帰ってから肩から脇の下付近がかゆくなり、赤いぼつぼつがでました。
昨夜、夕食を食べた後に、今度は脚がかゆくなり、また赤いぼつぼつができています。
日曜日は酢でしめたニシン、月曜日はしらすを食べました。
魚介類に対するアレルギーはないはずなのですが、急にアレルギーになることってあるのでしょうか?


庭のクリスマスローズが知らない間に咲いていました。
昨年は白い花は小さくて2輪ほどしか咲かなくて、兄犬に食べられてしまいました。
今年は大きな花が咲いています。
犬に食べられないように用心します(笑)。



『コウノドリ 3~15』をまとめ読みしました。
五体満足で生まれてくるのが当たり前だと思っていますが、今の時代、五体満足で生まれてくるということがどれほど大変なことなのか、この本を読むとわかります。

サクラの生まれも後半に描かれており、何故彼が産婦人科医になったのかがわかりました。
これから親になろうという人に読んで欲しい漫画です。

日野あかね 『のほほん亭主がんになる』
山田雨月 『ふいにたてなくなりました。』
藤川るり 『元気になるシカ!』
山本まゆり『誤診です!』

この4冊は闘病物です。
癌になったり、難病になったり、誤診で本当の病気がわからなかったりと大変なようすをユーモアを交えて描いています。
私もそうでしたが、元気な人は読もうとは思わないでしょうが。
病気になるということは面倒なことが多いのです。
でも落ち込んでばかりではいけません。
この方々のように病に負けず、明るく闘病したいものです。

オノユウリ 『ペットの声が聞こえたら』 3冊
尼僧でペットたちの声が聞こえる妙玄さんのことを描いた漫画です。
ペットたちはどんな目に合おうが飼い主のことを悪くは思わないんですね。
うちの犬たちが何を考えているか知りたいとは思いますが、たぶん知らない方がいいでしょう。
兄犬は「抱いて、かまって、ご飯」、弟犬は「遊ぼう、遊ぼう、遊ぼう」しか考えていないと思います。

森薫 『乙女語り 9』
愛想もなく、いつもしかめっつらをしているパリヤは嫁入り支度をしていますが、なかなか布支度は進まず、夫となるウマルとの関係も上手く行かず・・・。
でも、そんな二人の関係を変えることが起こります。

今回はホッとできる話でした。

東村アキコ 『タラレバ娘』
ドラマになるというので読んでみました。
「・・・・〇〇だったら、・・・・していれば・・・・。」
33歳になる3人の女は女子会と称して飲んでは愚痴をこぼしてばかり。
なんかそういう女子会は嫌ですね。
彼女たちに「このタラレバ女!」とカツを入れたのが金髪頭のモデルの鍵谷。
彼女たちと彼の関係はどうなるのか?

人生ってこういうたらればばかりですが、あまり考えないようにしています。
考えたからといって人生が変わるわけではないですしね。


『コウノドリ』のような医療物と同様に好きなのが、この系統の漫画です。
波津彬子 『ふるぎぬや紋様帳』
祖母から古い着物を譲りうけてから伊都子の周りに着物にまつわる不思議なことが起こり始めます。
着物にこめられた思いって様々ですね。
表紙のイケメンが「ふるぎぬや」の店主です。
彼が一体何者なのか、気になります。

漫画を読みだすととまらなくなるので、なるべく読まないようにしていますが、ついつい読んでしまいます。
漫画は誇るべき日本文化ですね。


庭の二匹2016/06/10

今朝も庭で遊びました。


相変わらずヨーキー弟は野球のボールがお気に入りです。
ボールを咥えたら離そうとしません。


私が相手をしないで無視していると、ボールを離します。


毛の色が前よりも白くなっています。


兄犬はもくもくと庭の草を食べています。


草は美味しいのでしょうか?


もらった唐辛子の花が咲きました。
このままで唐辛子がちゃんとできるのか心配です。

門井慶喜 『東京帝大叡古教授』2016/05/27



次々と明治時代の歴史上の有名人がでてきます。
歴史好きではない私でも、日本史の授業を思い出し、そうそう、そういうことがあったっけと楽しめました。(そういえば日本史とったっけ?)

熊本の第五高等学校から叡古教授を頼って上京した「阿蘇藤太」(匿名)は、教授との待ち合わせの図書館で死体に遭遇してしまいます。
容疑者になる叡古教授。
彼は独自に、藤太を助手として次から次へと起こる、同僚の教授たちの殺人事件の犯人を突き止めていきます。
ヒロインとして、叡古教授の愛娘のさくら子さんが登場していますが、奥様はいずこ?

叡古教授は政治学専攻ですが、学識の高い人です。
「政治にしか興味のない政治家、法律にしか関心のない政治家にだけはなるな。人の世を砂漠にするのは、そういう連中だ」
「人が学ぶのは、藤太よ、自分でものを考えるためだ」
などと一家言ある人でもあります。
藤太は叡古教授と共に殺人事件を解決するために飛び回っているうちに、人間としても一回りも二回りも成長していきます。
彼の正体は本の最後の方で唐突に触れられ、「エ!」と思いますが・・・。

門井さんといえば、『人形の家』や『この世にひとつの本』を読んでいました。
現代物のミステリから歴史物のミステリにいってしまったのでしょうか。
私としては『人形の家』の続篇を読んでみたかったです。

そうそう、ドラマはまったく本と内容が違うようです。
藤木直人さんが叡古教授だなんて、まるっきりイメージ違いますし、さくら子さんも・・・。
こういうのってありなんですね。


シクラメンが枯れてしまったので、白い紫陽花を買ってきて庭に植えようかと思っています。
夫が同僚から唐辛子の苗をもらってきました。


なんで唐辛子なのか、よくわかりません。
どうせならトマトかナスの方が食べれていいのですが。
とりあえず、ある鉢に植えてみました。
無事に唐辛子の実がなるでしょうか。

碧野圭 『菜の花食堂のささやかな事件簿』2016/02/16



書店ガール』を書いた碧野さんが今度は食べ物を扱った人の死なないミステリを書きました。

優希は派遣社員ですが、過去に職場でいじめに遭うという辛い思いをしてきました。
そういう時に出会った菜の花食堂のオーナーの靖子先生が開く料理教室の助手を月に2回しています。
靖子先生はおっとりとした明るい笑顔の人で、彼女が作る料理とレシピにはファンが多いのです。

料理教室に通う人たちの間に起こった謎の出来事を、靖子先生が解いていきます。

娘に会いにいった靖子先生のその後が次に続きそうです。

できれば、アメリカのコージーミステリにあるように、本にでてきた料理のレシピが載っていればいいのにと思いました。


数日、庭を見ていなかったら、クリスマスローズが咲いていました。


白いクリスマスローズは犬に食べられた後、咲いていません。


ホント、やんちゃな犬たちです。

明けまして おめでとうございます。2016/01/01

明けまして おめでとうございます。

2年続けて忌中だったので、やっと新年を祝えます。
まず、犬たちからおめでとうを。

今年、四歳になるというのに、幼い雰囲気の兄犬です。


ちゃっかりもんの弟は写真の時にはポーズをとります。


二匹共に昨年は病気もせずに元気でした。
今年も元気でいてもらいたいものです。

今年最初のお散歩は、相変わらずのグイグイでした。


弟は私が後ろにいると、何回も振り向きます。


二匹一緒が好きみたいで、兄犬はご飯を先にやると、弟を待つことがあります。
弟は絶対に待ちませんが(笑)。

今年も犬たちから癒しをもらい、元気に飛び回ろうと思います。