脳神経外科に行く2017/10/20



弟犬はこの頃吠えてうるさいです。
私が他の部屋にいるとワンワンと吠えます。
うるさいのでハウスに入れて扉を閉めておくと静かです。
なんなのでしょうね。

10月に入ってから病院通いが続く私。
悲しいです。
今日は頸動脈エコーの結果を聞きにいきました。
三年前のMRI結果も持っていきました。
医師によると三年前は特に何もなかったようです。
この三年間に軽い脳梗塞が起こったということになります。
記憶にあるのは昨年の11月の検査入院の時のことです。
検査のせいで軽い脱水症状になっていたにもかかわらず点滴も何もされず、家に帰って次の日に朝起きたらまっすぐ立てず、めまいに襲われ壁につかまって歩いたのです。
気分が悪いのでその後ずっと寝ていました。
この時以外に具合が悪くなった記憶が今のところありません。
もしかすると・・・という感じなので、この時かどうかはわかりませんが、とにかく大事に至らなくてよかったですわ。
首のところに気になるしこりがあるので、首のMRIもついでに撮ってもらうことにしました。
頸椎症の手術後の頚椎の様子も知りたいですから。

11月に原発性アルドステロン症の主治医の診察があるので、検査結果をすべて持って行って診てもらいます。
このさいですから、悪いところはすべてわかった方がいいですもの。
でもね、人間、死ぬのはどの病気かわかりませんからねぇ。
わかったからといってどうなるものでもないですからね。
唯一わかっているのは、痩せなければということだけですわ(笑)。

この頃読んだ漫画2017/10/14

今日も眼科へ。
病院通いは疲れます。
目の方は昨日よりはよくなっているようです。
明日、急に悪くなったら大学病院に行かなければなりませんが、昨年で懲りました。
眼科は生き死にに関係ないからか、休日の担当は若い研修医らしき人が任されているようなのです。
散々検査をされ、一日無駄になったのを覚えています。
できるならば行きたくないですわ。
よくなったら今回行った眼科で終わらせたかったのですが、眼科医はお手紙を書くので月曜日には主治医のところに行ってくださいと言います。
あまり行きたくないんですけれど・・・。
とにかく目薬を2時間おきにつけ続けます。

私は夏に弱いようです。
毎年こんなことがあると、そのうちとんでもないこと(失明)になりそうで、嫌ですわ。
主治医は大事な時にいてくれないとねぇ・・・(溜息)。

嫌なことは忘れて、楽しい漫画のお話をしましょう。


『のだめカンタービレ』を書いた二ノ宮さんの作品です。
志のぶは銀座にある質屋・倉田屋の娘。
彼女には宝石を見るとその石の「気」を感じるというとんでもない能力を持っています。
そんな彼女には質流れした婚約者・北上顕定がいます。
彼はフランスの高級ジュエリー店で働いているイケメン。
彼が倉田屋に現れると、女のお客がさっとうして売り上げが倍増。
実は彼の実家は名家なのですが、一家離散。祖母に質屋にあずけられたのです。
彼は自分の家にあったという鳥が舞う赤い宝石を探していました。

五巻まで出ています。
顕定の真のねらいと共に志のぶとどうなるのかが楽しみな作品です。

羽海野チカ 『三月のライオン 13』
今流行の将棋を扱っていますが、なかなか主人公の桐山雫君が活躍してくれないというところが残念です。
このままでいくと、50巻目になっても雫君は今のままかしら?

よしながふみ 『きのう何食べた?』
とうとう主人公の二人が50歳になってしまいました。
それでも年を感じさせない二人です。
もう二人は老いてどちらかが亡くなるまで一緒にいますね。
美味しそうなご飯をマネしたいと思うのですが、量が少なく(家には大食らいがいるのよ・笑)、家には向いてないようです。

内田春菊 『がんまんが~わたしたちは大病している~その1・その2』
内田さん、大腸がんを患っているんですね。
知りませんでした。
糖質ダイエットをしている時に見つかったようで、淡々と描いてあります。
これからどういう治療をしていくのでしょうか・・・。



家の犬たちは元気です。
兄犬は散歩というと、嬉しくてたまらないという表情をします。
弟はちょっとしいたげられているので、こんな卑屈な表情をすることがあります。
人間も犬も一緒に育っても個性がありますから、個性に合わせて育てるのも難しいものがありますね。

トリミングとめまい2017/10/02

月1回のトリミング。


兄は耳の毛が長くなっています。
弟は耳の毛を伸ばしていたのですが、よくないので短くしてもらい、目の上の毛も切ってもらいました。
そうすると、耳と目の大きさが目立つようになりました。


こっちの方がかわいいわよね。
次回は兄の耳の毛も切ってもらおうかしら。

この前、結婚したばかりの姪が旦那さんをつれて遊びに来ました。
彼女は兄犬の大ファン。
旦那さんもかわいいと言って、撫でまわしてくれました。
弟は落ち着きがないので、待機をさせていましたが旦那さんも犬が大丈夫なようなので相手をしてもらうと、満足したのか、めずらしく大人しかったです。

犬は元気いっぱいですが、私は二週間前ぐらいから始まっためまいがだんだんとひどくなってきました。
昨夜から今朝にかけて寝返りをうつたびにめまいが起き、眠れませんでした。
前からその兆候はあったのですが、それほどひどくなかったので放っておいたら、増々ひどくなってきました。
仕方ないので、耳鼻咽喉科へ行ってきました。

1時間半ぐらい待ち、診察をしてもらいました。
①手を肩からまっすぐ伸ばし、目を閉じて30回その場足踏み②耳の中を見る検査③医師の指を見る検査④3種類の聴力検査⑤目にフレンフェル眼鏡をかけて仰向けになり、首を左右に曲げて、めまいが起こるかどうかみる検査
などをしました。

聴力は正常で、⑤の検査をした時にめまいが起こっていましたが、2回、3回と同じ動作をした時にめまいがでなかったようです。
2週間ぐらい前にめまいが出た時からめまいが出るので頭を動かさないようにしてきました。
⑤の検査で何回か同じように頭を動かすとめまいがでなくなることから、しばらく左右に頭を動かす運動をやるようにと言われました。
そうするとだんだんめまいがでなくなることがあるそうです。
はっきりとした病名は言われませんでしたが、耳石のことを言っていたので、良性発作性頭位めまいなのでしょうね。
ネットに運動がでていたので、今週末に耳鼻科にいくまでやってみますわ。
これで治らなかったら、脳神経科に行ってMRIなどを撮ってみなければならなくなります。
頭を動かすと少しくらっとしますが、ゆっくりとやってみます。

久しぶりに庭で遊ぶ2017/09/26

蚊が多いので、夏の間は庭で遊ばせていませんでした。
蚊はまだ多いのですが、涼しくなったし、ママの調子が悪いので、今日は庭で遊ぶことにしました。

久しぶりなので、兄犬は思いっきり駆け回っています。
弟はボールが好きなので、しばらくするとボールのあった所にいってボールで遊んでとアピールします。
ボールを投げてやると・・・。


嬉しそうにボールを掴んでいます。


兄はボールではなくて、ボールを追いかける弟にタックルをしてきます。


ボールを追いかける弟。
弟にタックルする兄。


兄に勘弁してよとひっくり返った弟。


ボールを取ろうとする弟を邪魔する兄。


弟は兄の妨害を避けてボールを取ろうとしてヘトヘトです。


兄もそろそろ飽きてきたようです。


満足した表情の弟でした。

クルプフル&コブル 『大鎌殺人と収穫の秋』2017/09/16

ミルク殺人と憂鬱な夏』に続く、中年警部クルフティンガー・シリーズ第二弾。


バイエルン地方の平和な田舎町に殺人事件が起きます。
死体の首は大鎌でバッサリ切られていました。
死体一体でも十分なのに、もう一体見つかってしまい、クルフティンガーは大忙し。
それなのに、ついていない彼。
前回は妻との旅ができず、今回は家の浴室の水道管が壊れてしまい、家の中は水浸し。
家にはいられないので、ホテルにでも泊まろうかなどと思っていたら、奥方が勝手に友人の医師の家にお世話になることにしてしまいます。
実はクルフティンガーは彼が大嫌い。
奥方は知ってか知らずか、クルフティンガーの嫌がることをやります。

混迷を極める事件と家庭生活をどう乗り切りのか、クルフティンガー。

ちょっとかわったドイツのミステリです。
ビールを飲みながら読むのもよさそうですね。



夜、見るたびに笑わせてくれる兄犬。
このまま熟睡か、と思っていると・・・。
私が寝ようと思って部屋を見てみると、ちゃんと起きてきます。
この頃、ベッドの三分の二を占領されています(笑)。
見ていると、横向きになって堂々と寝ています。
いつも体のどこかをママの体にくっつけておきたいようです。
お尻を向けてくるのは困ります。
弟も一緒に寝たいようですが、彼は落ち着きがなく、ばっちいし、たぶん兄が許さないでしょうから、一人で寝てもらっています。
だんだんと犬に甘くなっています。