貫井徳郎 『後悔と真実の色』2017/06/23



朝、窓を開けるとまた例のカラスがいるみたい。
隣のマンションの木にとまってカアカア鳴いています。
家の庭の上を低空飛行で飛んでいくので、とっても怖いです。
ネットで調べると、トンビが犬を連れ去ったという噂がありますが、本当なのでしょうか?
今年のカラスは異常です。


若い女性が帰宅途中で殺される事件が相次いで起こりました。
どの死体も人差し指が切り取られていることから、同一犯の犯行であると思われました。
捜査一課の刑事で同僚から「名探偵」と綽名をつけられている西條輝司は通り魔の犯行か、怨恨がらみなのか、独自の推理をしながら捜査をしていきます。
しかし、捜査をしていくうちに政治的圧力がかかり、同僚で彼を心底嫌っている綿引に私生活をリークされ、警察を辞めざる得なくなります。
西條無き後、捜査は難航し、犯人に翻弄される警察。
ホームレスになった西條は失意の中、自分の使命を自覚し再生していきます。

こんなに男同士の嫉妬心って怖いものなのでしょうか。
犯人を追うことだけに集中しないで、足を引っ張ることをするなんて、信じられません。
西條も犯人をあげることを第一にし、周りに対する配慮を怠ったため、自業自得という感じもしますが、それにしても・・・。
人の恨みをかわないように気をつけないといけませんが、なかなか人の心の中なんてわかりませんものね。
捜査一課ってリアルにこんな感じなのですかね・・・。

次回作がでているようで、警察を辞めた西條がどうなっているのか、とっても興味があります。

一気に読める警察小説です。

ロバート・クレイス 『容疑者』2017/06/22



庭で遊ばせようとしたら、カラスが上空を飛んでいます。
この頃、家の近所にカラス被害が出始めました。
昨年まではなかったのに。
特にゴミがひどいです。
犬に被害はないとは思いますが、つつかれたり、連れ去られたりしたらかわいそうなので、庭で遊ばせるのを止めました。
カラス、どうしましょうか。


ロサンジェルス市警の刑事のスコットはパトロール中に銃撃事件に遭遇し、怪我をおい、相棒は死亡してしまいます。
犯人は未だ見つかっていません。

復帰したスコットですが、事件の後遺症に悩まされることになります。
そんな時に、アフガニスタンで従軍し、スコットと同様に相棒を亡くした雌のシェパードのマギーと出会います。
マギーもまた爆弾テロの後遺症があり、警察犬としてはやっていけないと判断されそうになっていました。
スコットは自分と同じトラウマを持ったマギーを相棒としてやっていこうと決心しするとともに、銃撃事件を調べ始めます。

主人思いのマギーが哀れでした。
本当に犬はこんなこと思っているのだろうかと思いましたが、そう思っていると思いたいです。

犬好きなら読むべきミステリです。

我家の犬たちはマギーほど利口ではないけれど、飼い主のことを思ってくれているでしょう(たぶんね)。

大山淳子 『分解日記 光二郎備忘ファイル』2017/06/21



光二郎は75歳、元中学理科教師。
この頃、自分の記憶力が衰えたのが気になります。
彼の趣味は分解。
何でも分解して、もう一度組立ます。
今日もエアコンを分解していましたが、息子の嫁さんに怒られ、家出をします。
公園のベンチでついつい居眠り。
目覚めると、右手に血のついたカマ、目の前に倒れた男が!
記憶にないのですが、男を殺したのか?

とぼけた味のヒーロー登場!
大山さんの書いたものですから、登場人物たちもちょっと浮世離れた人たちで、殺人が起こってもほんわかしています。
猫弁が終わったので、次はこれがシリーズになるのかな?
楽しみに次回作を待つとしましょう。



今朝、〇ンチをしなかったので、ちょっと心配しました。
まさか食べてないわよね・・・。
夕方にしたので、一安心。
体重も増えたし、後は肝臓がよくなるのみ。
がんばろうね。

久しぶりの庭2017/06/20

庭の木に消毒薬をかけたので、しばらく犬たちを庭で遊ばせませんでした。
雨が降ってくれれば、もっと早くに遊ばせられたのですが、なかなか雨が降らず、お散歩しかできませんでした。

庭では自由に駆け回れるので、犬たちは庭が好きなようです。
特に弟はものすごい勢いで走っています。
彼は庭遊びを止めてから体重が増えてきました。
胴回りが太くなり、SSSサイズのおしめがきちきちになっています。


久しぶりの野球ボールに噛みついています。


カメラを向けるとポーズをとります。


弟の後ろに兄がいて、草を食んでいます。
夫が庭の草取りをしたので、あまり食べる草がないようです。


兄がボールを追いかけている弟を追いかけて邪魔します。


ヘトヘトに疲れているようです。

昨夜の兄の寝姿。
最初はこういう風に寝ていました。


しばらくすると・・・。


丸まってきました。


お手手がかわいらしいです。


首が・・・。
こんなんで熟睡できるんでしょうか?

全く家では警戒心もないようです。
唯一、ママが写真を撮るのが嫌らしく、この後、写真が撮れないスヌーピー小屋に入っていってしまいました。
ごめんね。
かわいいから、撮らせてね。

池辺葵 『プリンセルメゾン (4)』2017/06/19



居酒屋に勤める沼越幸は26歳、年収260万。
マンション買いました。
これからのローンの返済や新居の家具やカーテン、床や窓のコーティングなどお金に関して考えることがいっぱいあります。
縁のあった持家不動産のみなさんがそれとなく助けてくれます。

自分の家を持つということが、これほどのことなのね。
私は結婚するまで家を買うことなんか考えなかったですが。

この巻は沼ちゃんのことだけではなく、一人暮らしの女性が色々とでてきます。
不確かな未来を憂えるよりも、現在を確かなものとした方がいいですよね。
年をとっても私みたいにフラフラして落ち着かない人がいますから。

この漫画、NHKでドラマ化しているらしいです。



朝の運動をしてから、眠る兄犬。
砂肝を食べて消化不良になったのか、ゲ〇を吐いてしまった夏用寝床を避け、冬用寝床に寝てます。
首が落ち着かないのか、頭をのっけてますが。