堂場瞬一 『漂泊 警視庁失踪課・高城賢吾』2018/04/18



このシリーズ、終わるまで、一日に一冊は読もうと思っていますが、眼精疲労が出てくるかしら?

同僚の醍醐と明神と飲んだ帰りに、明神がビル火災のバックドラフトに巻き込まれ、入院してしまいます。
火災はスナック「ブルー」から発生し、二つの遺体が見つかり、遺体には他殺の跡があるようです。
頭部に撲殺痕がある方は、その店のマスターでしたが、もう一体が誰なのかわかりません。
高城は入院した明神のために、失踪課としてその身元不明の遺体の身元を調べることにします。
遺留品の珍しいネックレスから、捜索願の出ている作家の可能性が出てきますが、彼は失踪直前に預金口座や携帯電話などを解約していました。
マスターと彼の関係は・・・?

読んでいて気になるのは高城の煙草と鎮痛剤です。
いくら娘が死んだからと言って、酒におぼれ、煙草を吸いまくり、頭痛がするからと鎮静剤を飲みまくるなんて。
私の同僚にそんなヤツがいたら、明神と同じように冷たい目で見ますわ。
高城が刑事として有能であろうがなかろうが、どうしようもないおやじというしかないですわ。
「アナザーフェイス」の大友鉄と比べると、オジサン度高過ぎです(笑)。


わが家の犬たちは幼い顔をしていますが、実はオッサンです。
ア、一匹はオカマさんですが(笑)。
人間の年齢で言うと、次の誕生日には兄は40歳、弟は32歳になります。
食べ過ぎると中年太りになってしまいそうですね。
今のところ二匹共、3㎏ちょっとで一定していますので、太らせないように気をつけます。
自分の体重をちゃんとできないのに、犬には厳しいという感じです(笑)。

堂場瞬一 『相剋 警視庁失踪課・高城賢吾』2018/04/16



やっと満開になったシクラメン。
昨年は五鉢あったのに、今年は三鉢に減ってしまいました。

買い物に行ったら、前の職場の上司とバッタリ会ってしまいました。
近くに異動したとのこと。
また会いそうな予感がします。



結構読みやすいので、ドンドン読めてしまいます。

捜査一課から依頼が。
通り魔事件を目撃したらしい男性が行方不明になったので、探して欲しいとのこと。
高城が筋違いだと断ろうとしたところ、上司の阿比留は恩を売っておくのもいいと引き受けてしまいます。
同じ時、春休み中の男子中学生が同級生の女子中学生が失踪したと言ってきます。
友人たちは家出をするような子ではないと言うのですが、家族は家出を繰り返していたと言います。
証言の違いに不信感を抱いた高城は非公開で少女の行方を捜査することにします。

長年のブランクを経て、高城は刑事の勘を取り戻しつつあるようです。
失踪課の同僚で使えるのは3人だけ。
27歳の明神は捜査一課に異動するはずが、若い刑事の自殺のとばっちりを受け、失踪課に異動。
やるせない思いのせいか、性格なのか、勝ち気で口が悪く、高城によく当たりますが、刑事としての資質は持っています。
ベテランの法月は、刑事として一流なのですが、心臓が悪く、閑職ということで失踪課に。
元プロ野球選手で4人の子持ち、刑事として使えるのですが、手加減を知らないことがたまに傷という醍醐。
この3人と、いつもおどおどしていて使えないけど射撃の腕だけは一流という森田と父親が高官というお嬢さんで定時になると帰宅し、周りになんで警察官になったのかと不思議がられている六条の5人が失踪課の同僚です。
この他に庶務担当で、課長の阿比留と同年齢できさくに話のできる小杉がいます。

公務員だから仕事の出来ないヤツでもいられるというのはねぇ。
そういえば、警察官になる人が減ってきているそうですね。
誰でもなれる仕事ではないですものねぇ。


犬のボールに対する情熱があれば、人はなんでもできそうです。


「ママさん、ゴチャゴチャ言っていないで遊んでください」

アラ、怒られちゃいました(笑)。


警視庁文書捜査官シリーズ 『永久囚人』&『緋色のシグナル』2018/04/14



『永久囚人 警視庁文書捜査官』
捜査一課文書解読班の鳴海理沙にもたらされた新しい事件。
右手首のない遺体と残されたアルファベットカード数枚、レシートの裏のメモ。
そこから理沙は二番目の殺人現場を突き止める。
そこにもアルファベットカードが・・・。

『緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソードゼロ』
三作目(かな?)ですが、内容は分署解読班が出来る前の話です。
理沙がまだ所轄のお荷物の巡査部長で、捜査一課の国木田とペアを組んで殺人事件に挑みます。
顔面を殴打された遺体の横に赤い文字―「蟲」と「品」―が書かれていました。
その後見つかった遺体にも別の文字が・・・。

理沙が使えるのかどうか迷いながらも一緒に捜査を続ける国木田に同情してしまいます。
この二人で続きを書いた方がいいですね。
理沙のキャラも、文書捜査も今一つ深みがなくて惜しいです。



庭で遊ばせると、兄は草を食べているばかりで動かないので、いつもママが後ろから捕まえようとして、走らせます。
弟は遊びの相手をしてやると、いつまでも止めようとしません。
昨年はやり過ぎて体重が2.6kgまでになりました。(今は3.3㎏)


太り過ぎではないのでいいのですが、二匹を抱くと6キロ。
重いです。


またハアハア言っていますが、遊びたがっています。

ボールで遊ぶ兄犬2018/04/09

久しぶりに歯医者に行ってきました。
どこも痛くないのですが、前回から1年以上も経っているので、クリーニングしてもらいに行ったのです。
近所の歯医者はどこがいいのかわからないので、わざわざ前に住んでいた歯医者に行きました。
歯科衛生士さんに、歯石は一年も経つとこれぐらい溜まっているのは普通で、虫歯もなく、歯肉の状態もよく、一年ごとでは歯石を取ると痛いと思うので、これからは六ヶ月ごとに来てくださいと言われてしました。
それぐらいに行きたかったのですが、他の病院通いで歯医者までは行けませんでしたわ。
今住んでいる所よりもいいお店があるので、ついつい散財してしまいました(笑)。

100円ショップに縄状のボールがあったので買ってきました。
いつも弟に取られてしまうので、最初に兄にボールをあげました。


そうするとハウスの中に持っていきました。
ママが食事の支度をし終わると、さっそく遊ぼうと言い出します。


取ってみろと言っています。


わざとボールを見せています。


犬も両手でボールを持てるんですね。


わざと下に落とします。


取ろうとすると、咥えて睨みます。


これを何回も繰り返します。
そろそろ面倒になったので、終わりにしましょうよ。
犬は飽きるということがないのかしら?

読んだ漫画シリーズ2018/04/08

いい歳をして漫画を読むと言われそうですが、そう簡単には止められません。
90歳(ぐらいまで生きれたら)になっても読んでるでしょう(笑)。
今回はちょっと変わった、中年女性が主人公の漫画がおすすめです。


入江喜和 『たそがれたかこ 1~10』
45歳、バツイチの片岡たかこは昔から人づきあいが苦手で、高校時代は不登校、そして拒食症を経て、現在は社員食堂でパートの調理人をして、アパート経営をしている母親と一緒に暮らしている。
母はちょっとボケてきた様子。彼女は何事にも過干渉で、一人では何もできない人。
そんな生活に諦めにも似た気持ちで流されてきた。
しかし、真夜中に変なおじさん(美馬修平)と話したことをきっかけに、ラジオで谷在家光一の歌を聞いてから彼女の生活は劇的に変わっていく。

そんなある日、夫側にいた娘の一花がやってくる。
彼女はかつてのたかこと同じように不登校で拒食症になっているようだった。

美馬というおじさん(おじいさんか)がいいですね。
なんでもやっちゃって、「それでいいのだ」と言ってりゃいいというのは、心が軽くなります。
そうです。もう十分年を取っているんだから、恥なんて気にしないで、好きなことやっちゃった方が勝ちです。
誰も気にしませんよ。
楽しく年を取ろうと思えた漫画です。

日向なつお 『ありをりはべり 1~8』&『いまそかり 1~2』
高校生になった立花棗はひょんなことから「地歴部」に入ることになります。
実は彼女は神様の姿が見える女の子だったのです。
そんな彼女と部員たちの騒動がおもしろいお話です。

『いまそかり』は高校を卒業した棗たちのその後を描いた作品です。

小玉ユキ 『坂道のアポロン1~10』
1966年、横須賀から長崎の高校へ転入した薫は同級生から恐れられている川渕千太郎と友達になり、ジャズに目覚めていく。
千太郎にも自分にも複雑な家族関係があり、好きな子に告白するも撃沈。

千太郎のその後があっさり描かれていて、ちょっと残念でした。
映画になったようですが、どうなんでしょうね。
ポスターの感じは、私のイメージとちょっと違うなという感じですけど。

麻生みこと 『小路花唄 1~2』
『路地恋花』の続き。
今回のヒロインはオーダーメイドの靴を作る西山椿。
京都の片隅にある小さな長屋で起こる仕事や恋を描いた作品です。

たらさわみち 『しっぽ街のコオ先生 2』
コオ先生にライバル登場か。
どんな動物にも誠実に仕事をしていけば飼い主はわかってくれる。
ホント、コオ先生みたいな獣医さんがいたら行くのに。
家の獣医さんはボケてきたみたいで怖いです。


別のシクラメンも咲きました。


「ボク、かわいいでしょ」と言いたそうな弟犬。
君は相変わらずワンワンと五月蠅いわよ。