伊吹有喜 『風待ちの人』2018/07/16



暑い日が続いています。
我が家の犬たちは、なかなか散歩に連れて行ってもらえません。
その代わり家で大騒ぎですが(笑)。
昨日の2時頃、買い物に出かけようと家から出ると、たまに見かけるヨーキーを飼っている80歳ぐらいのおばあさんが、シルバーカーを引きながらヨーキーをお散歩させていました。
2時過ぎですから気温は最高です。
ヨーキーもお婆さんも熱中症にならないか心配です。



疲れた大人のための恋物語です。

東京の銀行で働いていた哲司は会社に行けなくなってしまい、その上、首まで曲がらなくなってしました。
しばらく休職し、その期間を亡くなった母の遺品整理に使うということで、妻子を東京に残し、海の傍の母の家で過ごすことにします。
そういう彼のところに現れたのが、ヒッチハイクをしていた喜美子。
彼女はトラックの運ちゃんたちから「幸せを呼ぶペコちゃん」と呼ばれていました。
哲司は、その後、現れた彼女に家の片づけを手伝うから、クラッシック音楽について教えて欲しいと言われます。
最初は喜美子のおばちゃん風おせっかいに迷惑だった哲司ですが・・・。

合わないのに合わせようと頑張り過ぎてしまうと、心が風邪をひいてしまいますよね。
そうなる人とならない人の違いはそう簡単にはわかりませんし、ならない人にはなる人のことがわからないでしょうね。
せっかくいい風が吹き始めたのに、ぶち壊わす哲司の妻の登場・・・。

最後は好き嫌いが分かれるでしょう。
私としてはハッピーエンドでよかったかな。
大人のための童話でいいじゃないですか。
これからも幸せに暮らしましたとさっていう(笑)。

樋口明雄 『レスキュードッグ・ストーリーズ』2018/07/14

朝、兄犬の甘え鳴きで目が覚め、休日なのに早く起きました。
ご飯を食べ終わって、犬部屋を見てみると・・・。


こんな風につまらなそうにしている兄。
「ママ、早く僕をかまってくれないかなぁ・・・」という感じです。
今も膝の上にのり、腕を舐めようとしています。

家の犬より人様の役にたっている犬が登場するお話です。


後書きを読むと、実際は南アルプス山岳救助隊にはレスキュードッグはいないとのこと。
いてもいいように思いますが。

大学時代に山登りをしたことがあります。
山は初めてだったので知っている人に着いて登っていました。
地図は必ず用意し、天候が崩れるようなら登りにいくのは止め、雪山には行きませんでした。
山の経験豊富な友人が春の八ヶ岳に登り、残雪に足を滑らせてしまい、肋骨を折ったことがあります。
山では何があるのかわかりません。
どんなに経験があっても・・・。

私は社会人になって同僚と行った山で、低血糖から気分が悪くなり、みんなに迷惑をかけて以来、山登りは諦めました(笑)。
今はもう体力がなく、高尾山にも登れないかもしれません。

この本を読むと、色々な遭難者が出てきます。
どの人も遭難しようと思ってしたわけではありませんが、どこかに山に対する甘えのようなものがあったような気がします。
人間って自然の中では何もできない小さな存在なのです。

この本を読むと、山に行きたいというよりも、山の怖さを感じます。
シリーズ物らしいので、これから山に行こうかなという人は、このシリーズを読んで、いかに山岳救助隊の方々が山の安全を守っているのかを知るのもいいかもしれません。

僕も綿あめ屋さんになりました♬2018/07/12

兄犬と弟犬は性格が正反対です。
兄は人見知りと犬見知りがあり、人や犬に向かってワンワン吠えます。
弟は人も犬も大好きで、ものすごい勢いで寄っていき、人や犬からびっくりされます。
兄は初めての場所と物が好きです。
広い野原に行くと、喜んで走り回ります。
新しい犬小屋も気に入りいつも中で寝ています。
丸い穴を指さすと、思いっきり飛び込んでいきます。
反対に弟は知らない場所に行くとママとパパに着いてきて離れません。
犬小屋にもなかなか入りません。
入ったと思ったら、すぐに出てきました。


犬小屋に戻してみると・・・。


やっと顔を出してくれました。


そばで何故か兄犬もポーズを取っています。
弟だけ注目されるのが許せないのかな?

最後に見本をみせてくれました。


ちょっと険しい顔ですが、前よりもいいかな?

安東能明 『総力捜査』2018/07/11



部下の不祥事で降格して本庁から綾瀬警察署に回された柴崎課長代理シリーズの五作目。
なにやら今回は前作とは違い、戸惑いながら読みました。
なんか入っていけません。
柴崎シリーズはこんな感じでしたっけ?
というのも、本庁捜査2課から異動してきた刑事課長補佐の上河内が、何故か柴崎にからんできます。
彼は捜査のプロで柴崎は事務方なのに事件に首をつっこむ人でしたが、今回は上河内がバディとして柴崎を選んだために、彼と一緒に捜査に行くことになります。
主人公は誰?と思うぐらい上河内が活躍します。
私としては今までの感じが好きだったのですが。

次回も上河内が柴崎をいいように引きづり回すのでしょうか?
因縁の相手との対決がありそうですが、上河内が助けてくれるのかな。



綿あめ屋の犬小屋が気に入った兄犬ですが、二日前に狂犬病の予防注射をしたせいか、餌が足りないせいか、昨日、小屋の中で吐いていました。
せっかく買ったのに・・・(泣)。
すぐに洗って干しておきました。
ゲロの臭いは気にならないのか、今日も入って寝ています。
犬は人間よりも臭覚が発達していても、人間と違い、嫌な臭いというものがなさそうです。


綿あめ屋さん2018/07/10



アララ、脚まで出てしまいました。


なんとか顔が治まりました。
最初のバージョン。


もう一息。


やっと顔が出ました。


顔を縁にのせるのが好きらしく、こんなのになってしまいました。
もう少し顔を上げると綿あめおじさんになるのにね(笑)。