犬の肝臓は?2017/04/24



ヨーキーを連れて獣医さんに行ってきました。
診察台にのせると、台にベタッと張りつきブルブル震えています。
採血をしようとすると、今回は痛いのか動いたため血が取れず、2回も針を刺しました。

10日間50㎎の肝臓の薬を飲み続け、GOT値は20台、GPT値は70台になりました。
前回のGOT値は19(だったかな?)で、GPT値は92でした。
今回でGPT値も正常値になりました。
もうしばらく薬を飲んで様子を見てから薬を飲まなくして、どう肝臓の数値が変わるのかを見ていきます。
それにしてもこんなに元気なのに、なんで肝臓の値が悪いのかわかりません。
療養食のため体重が2.9㎏から2.74㎏になっていました。
痩せすぎではないかと思って聞いたら、痩せすぎではないと言われました。
犬は結構痩せててもいいんですね。
家の犬が普通なら、町を歩いている犬には太った犬が多いような・・・。

犬も心配ですが、いつも一緒に美術展を見に行っている年上の友人が、また入院するそうです。
癌の再発で、抗がん剤治療を2回で止めてしまったので、心配していたのですが。
今度いつ一緒に美術展に行けるかどうかわかりませんが、元気になって欲しいです。

できるだけやりたいことをして、楽しく生きていきたいですね。

範乃秋晴 『装幀室のおしごと。本の表情つくりませんか?』2017/04/23



耳がまた片方だけ立っています。
この仔はだんだんと痩せてきています。
療養食のカロリーが少なく、動くのが多いからでしょうか。
こっそりと兄に見つからないように餌をやろうかしら?

お散歩の後、彼を抱いていたら、寝ていた兄が起きてきてジッと見ていました。
その後、ふてくされて寝にいきました。
弟を戻し、「おいで」というと、いつもは無視するくせに、すぐにやってきました。
何事も自分が一番の兄犬です。



これもお仕事本です。

本の装幀をどれぐらいの人が注目しているのでしょうか。
私は残念ながら、あまり興味がありません。
外側で選ぶというより、中身で選ぶのです。
本屋でおもしろそうな題名の本や好きな作家さんの本を手に取りますが、その後、本の裏側に書いてある内容紹介を見ておもしろいかどうか判断して選びます。
引越が多かったので、本を家に置いておくことは諦めました。
どうしても読みたかったら、もう一度買うか図書館で借りるかすることにしました。

今はこの本のカバーのように漫画チックな表紙が増えていますね。
漫画チックな表紙の本をライトノベルとか言うようですが、若い人がカバーから本を選んでもいいんじゃないでしょうか。
太宰治の『人間失格』が有名な漫画家の描いたカバーになって売れたということを聞きましたが、カバーを見て本を読もうと思っただけでもいいんじゃないでしょうか。
読んでみて、本って意外とおもしろいじゃないかと思えたら、それだけですばらしいことですから。

この本は出版社の中にある装幀室のお話です。
本を読みこみ、その本の内容にぴったりな紙、カバーデザイン、帯、文字組などを考えるのが装幀家のお仕事です。
本河わらべはこの信条に元ずいて装幀をしていました。
ところが、ある出版社と合併することになり、互いの仕事のやり方を知り、統一していくために、二社の社員がペアとなって装幀することになりました。
わらべの相手の巻島は「本の内容には目を通さない主義」で、売れるかどうかは内容に目を通したかどうかには関係ないと言い切ります。
彼は売れるカバーデザインをするということで有名な男でした。
装幀に対する価値観の違いでぶつかるわらべと巻島でしたが、いつしかいい相棒として互いを見るようになっていきます。

わらべと巻島のどちらがいいか悪いかということではなく、例え漫画チックなカバーであろうが、題名が「エ!」というものであろうが、売れなくなった本を売るために出版社は色々と努力をつづけているのです。
頑張ってください。

江戸物シリーズ、2冊を読む2017/04/19



今日も元気なヨーキー。
野球のボールにしがみついていました(笑)。


鎌倉河岸捕物控≪三十の巻≫を読みました。
「嫁入り」って誰のと表紙から思うかもしれませんが、前回から大騒ぎをしていたので、あの嫁入りかとわかりますよね。
京都から江戸へと嫁入りです。
しかし、その嫁入りも破談になりそうな雲行きですが、そうはさせずと金座裏の面々が頑張ります。
そして、もう一つ、おめでたいことが・・・。

おめでたいことの前に大捕物が。
若親分はまた活躍します。

いつまでもめでたくないのが、三兄弟の三男役の亮吉。
何か起こすのではと、なんとなく思います。



愛坂桃太郎と芸者の珠子・桃子親子が住む長屋に、また怪しい人が入ってきました。
桃太郎は気になってしょうがありません。
また人物調査をしています。
桃太郎がうるさいので、とうとう大家は彼に店子の面接をさせることにします。

暇ができると、桃太郎は友達の思い人を探しに行ったり、まだ解決していない三年前の辻斬りの調査に乗り出します。
たまたま息子の仁吾が別件で潜入している屋敷に、自分が仕事を仕込んだ者たちを渡り中間として入れたのです。

おじいちゃんは孫がかわいくて、孫のために悪をのさばらせておきたくないのです。
どんな子供になるんでしょうねぇ。

シリーズ物でこの二冊はなかなか止められません。

中山七里 『秋山善吉工務店』2017/04/18



この仔は動くことが好きなのですが、すぐに舌を出します。
医師から疲れさせないようにと言われているので、ボール遊びもハアハアいうようになったら止めます。
ちょっと物足りないようです。


今年の我が家の庭は花盛りです。
この黄色い花は3年前に買って、やっと今年咲きました。
何ていう名前なのか忘れてしまいました。


シクラメンも咲き過ぎです。
こんなに咲くなんて、一体どうしちゃったんでしょうか。


火災で父親の史親が焼死し、着の身着のままで焼きだされ、祖父の善吉の家で暮らすことになった景子と中学生の雅彦、小学生の太一の三人。
善吉は現役バリバリの大工で、無駄な話は一切しないが、人を見る目には間違いがない、昔堅気の頑固おやじです。

新しい学校でいじめに遭う太一。
いじめに負けないために強くなろうとして強くなってしまい(笑)、不良のレッテルを貼られた雅彦は、危ない仕事に手を出してしまい、抜けるに抜けられず困っていました。
母の景子は早く善吉の家を出て子どもと三人で暮らしたいと思い、パートに出るのですが、そこでトラブルに会います。

にっちもさっちもいかなくなったこの三人に手を差し伸べるのが善吉です。
昭和の頑固おやじ健在です。

ここまで読むと、なーんだ、懐かしのホームドラマかと思うでしょうが、中山さんですから、三人のトラブルが収束したところで、父の史親は殺されたのかどうかという謎がでてきます。
仕事を辞め、引き籠りになっていた史親は、起業に失敗し、退職金はなくなり、膨大な借金をし、その上、妻子に暴力をふるうようになっていました。
宮藤刑事は景子や善吉が史親を殺したのではないかと推測し、秋山家の周りを探っていました。

最後が「エ!」という感じですが(実はシリーズ化してもらって、また会いたかったんですがね)。
今までの中山さんと違った切り口の本でした。

犬のトリミング2017/04/15

毎月のトリミングへと犬を連れて行ってきました。
外から見ていると、家の犬は大人しくされるがままです。
弟はポンコツなので、すぐに伏せの状態になっています。
兄は仕方なく我慢しているという感じ。
私がしようとすると嫌がるのですが、流石プロ。
犬が嫌がらないコツでもあるのでしょうか?

連れて帰る時に、トリミングをしている時に嫌がって暴れている犬がいました。
トリミングに連れて行かれる時に吠える犬もいます。
我が犬ながら、トリマーさんに迷惑をかけていなさそうなので、よかったですわ。

写真を二匹で撮ろうとすると、弟がしつこく絡んでくるので、兄が怒ってしまいました。


こういう風に間が空いてしまいます。
兄が怒って、ふんという表情をしています。


伏せというと弟はしたのですが、弟が気に食わない兄は動こうともしません。


トリミングで疲れているのか、おじさんみたい。


足が丸くカットされていて、かわいいです。


6ミリカットです。


また兄にからもうとして嫌がられています。


兄は嫌な事があるとこうして動きが止まります。
ちなみに、兄のカットは5ミリです。


パパがママの頭の上でおどけているのを見ています。


パパは何をしているのでしょうね。


一人、そっぽを向いている兄です。