竹富島へ行く2019/01/02

犬を飼いだしてから五年。
年末の旅行は諦めていました。
でも、そろそろ行きたくなり、犬をあずけて行ってきました。
脚が痛いので、カートに犬をのせて行ったのですが、おちゃめな弟はカートの上で〇〇ちをしてしまいました。
兄の嫌そうな顔が印象的でした(笑)。
ホント、困ったちゃんです。

沖縄本島へは2回ほど行ったことがあるので、今回はよさそうなホテルのある竹富島に行くことにしました。
しかし、12月は東京の6月の梅雨の時と同じような天候が続くそうで、滞在中は曇りか小雨でした。
3月か10月がいいそうなので、行こうかと思っている方は参考にしてください。


飛行機は羽田から那覇、那覇から石垣島へと飛びます。
那覇付近は晴れていました。


石垣空港は意外と新しく、土産物屋やイートインがありましたが、竹富島で買いたかった物はありませんでした。
欲しいと思ったら即買った方がいいですね。

空港からフェリー乗り場である石垣港離島ターミナルまでは直行バス(500円)で約30分ぐらいかかります。
空港で昼食を食べなかったので、離島ターミナルで八重山そばとゴーヤチャンプルを食べましたが・・・空港で食べた方がいいかもしれません。
竹富島のホテルには売店がないという話だったので、ターミナルでさんぴん茶やビール、お菓子などを買いました。
そういえばコンビニもなかったです。


この桟橋から竹富島行きフェリーはでます。(片道690円)
竹富島までフェリーで約10分。
思ったよりも速いフェリーで、後ろに座った方が揺れなくていいそうです。

竹富島のフェリー乗り場にはホテルのお迎えが来ていました。
私たちが泊まったホテルは星のや竹富島です。
普通のホテルとは違い、部屋に泊まると言うより家に泊まるという感じです。
他の宿泊客に遠慮しなくていいのですが、天候が悪いと困ります。


竹富島は「竹富島憲章」で家を新築、増改築などする時には昔ながらの一階建て赤煉瓦屋根の家にしなくてはならないそうです。
星野リゾートは「竹富島憲章」に則ってホテルを建設することにして建設を許可されたそうです。
現在、2軒のリゾートホテル計画が進んでいるそうですが、住民は反対しているそうです。


48棟あります。
門は南を向き、正面にマイヤーシ(ヒンプン)があり、左側から出入りします。
右は神様が通るのだそうです。


屋根の上にはシーサー。
普通の家のシーサーの下には仏壇があるそうです。
このシーサーは変わっていて、手に風車を持っています。(見ずらいかも)



石垣が巧みに人の視線から部屋を隠してくれます。

この小高くなった丘からみると・・・。


こんな風に並んでいます。


ホテルの近くにはアイヤル浜があります。


この道を抜けると海です。


何にもない浜でした。
いい形をしたサンゴと貝を探しました。


水は澄んでいます。


壺の横にあるのが採ってきたサンゴと貝です。
ホテルのメイン棟には歩いて行かなければなりません。


右側が24時間入れるプール、左奥がダイニング、その隣がラウンジで珈琲やお茶が自由に飲め、様々なアクティビティが行われます。
ラウンジは噂通り狭いので、雨の日は混雑しそうです。

食事はホテルのダイニングで食べるか、インルームダイニング(部屋食)、そして村のお店で食べるかします。


ダイニングでは「季節の夕食」という沖縄の食材を使ったコース料理のみ一種類がでます。



今回はクルマエビが沢山使われていました。
インルームダイニングでは単品を頼んだり、定食を頼んだりできます。


照明が暗いので、あまり美味しそうではないですが・・・。

朝食は4種類あります。
「琉球朝食」


結構量が多くて、お腹がいっぱいになりました。
「ゆし豆腐粥朝食」


お腹にやさしいお粥です。
この2つの他に洋食で「シリアルブレックファースト」と「海風ブレックファースト」があります。
写真は「海風ブレックファースト」で、これにスクランブルエッグとベーコンがつきます。


お勧めは沖縄らしい「沖縄朝食」と「ゆし豆腐粥朝食」です。

天気が悪かったのと、私の体調が悪かったので、ホテルでくつろぐことが多かったです。
喉が痛く、鼻水も出てきた上に、膝も歩くと痛いのです。
気温が20度ぐらいだったので、服装は長袖と羽織る物が必要でした。
雨が降るので軽い防水のシャンパーなんかがあるといいですね。

ホテルは評判通りに雰囲気がよく、施設的にも問題はありませんでした。
ただ水場の使い勝手があまりよくないようで、床が濡れてしまいます。
贅沢をいうと、15歳以下お断りにして、大人向きにしてくれると最高だと思いました。

あけましておめでとうございます、ワン♪2019/01/01

我が家の犬たちからの新年の御挨拶です。


被り物は弟に任せました。
相変わらず、兄が怖いので後ろからのぞいていて、猪の被り物と一体化しています。


兄にも被せると、しかめっつらになりました(笑)。


兄にはコチラの方がいいようです。
犬たちは病気もせず、元気に暮らしてくれました。
今年も元気に暮らしましょうね。


我が家の御節は某デパートのものです。
夫が日本食のお節が嫌いなので洋食お節を買うのですが、やっぱり黒豆とか伊達巻、かずのこなどが食べたくなります。
明日にでも買ってきますわ。


おやつは花びら餅と猪の和菓子、そして大福茶。

昨年のことを書いていないので、ここで書かせていただきます。
今後も期待する作家として伊吹有喜をあげておきましょう。
本多孝好は今年読んで気に入った作家です。
米澤穂信の太刀洗万智は葉村晶に続く日本のカッコいい女性の一人で、シリーズの続きを望みます。
外国の作家は特に気に入った人はいませんでした。
漫画はヨシノサツキの『ばらかもん』、桜沢鈴の『義母と娘のブルース』、篠有紀子の『花きゃべつとひよこまめ』、入江喜和の『たそがれたかこ』がおもしろかったです。

年末に忙しくなり、風邪をひいてしまい、旅行(明日以降に書きます)先で膝のこともあり、あまり行動できなかったのが残念でした。
ここ数年、12月に入院や葬儀などで掃除もままならず、新年を迎えています。
今年こそは、生活を楽しんで暮らしたいものです。
今年最初のオラクルカードは<Beginning>。
新しい始まりです。

今年がみなさまにとって、いい年でありますように。

メリー・クリスマス!2018/12/24

「メリー・クリスマス」
わが家の犬からの挨拶です。


わが家のコスプレのできない犬たちに、なんとかサンタ服を着せてみました。
帽子が似合わないようです(笑)。


二匹で並んで写真を撮りたいのですが、兄犬が怒るので、こんな風になってしまいます。


兄に帽子をかぶしてみましたが、なんか嫌がっているみたい・・・。

兄「ママさん、僕は帽子が大嫌いです。もうかぶせないで下さい」
弟「兄が怖いです。僕だけの写真にして下さい」
ママ「来年は背景に凝ろうかしら?」
パパ「動物虐待だ!」

五月蠅いパパは無視をして、来年のお正月バージョンを撮るママでした。

トリミング2018/12/16

ちょっと遅めのトリミングでした。


冬になると静電気がひどいのですが、まだ大丈夫?


弟の顔がでかく見えますが、耳が大きいだけです。
でも、身体は兄より大きくて、この前測ったら3.4㎏もありました。
筋肉質の体です。
兄は弟といるのが嫌で固まっています。


弟がいないとホッとしています。


来年の干支の猪のベッドを買ってきました。
兄が早速入りましたが、静電気で耳が・・・。

この頃、弟がすぐにご飯を食べません。
兄は弟の落とした餌を盗ろうと頑張ります。


どうです、この食い意地。


兄に見つめられながら、弟は気にせずに食べるのでした(笑)。

人間たちは久しぶりに焼肉に行ってきました。
というのも、ジンギスカンのお店は混んでいて予約できず、近くのフレンチも満席だったので、飛び込みで入ってみたのです。
12月ですから一週間前ぐらいから予約必須ですよね。
わが家はのんびりしているので、当日予約ですから。
焼き肉屋も20分後に来てくれるならいいわよという感じでした。
急いで犬たちを迎えに行って、餌をやり、駆けつけました。


タン、カルビ、スジ・・・。
結構食べました。


〆は冷麺と石焼ビビンバ。
心配なのは体重です(笑)。


イヌで遊ぶ2018/12/04

昨夜、兄犬はママが寝るのを秘かに伺っていたようです。
寝ようと椅子から立ち上がったとたんに、兄犬が現れたので、びっくり。
仕方ないので、抱き上げてベッドまで連れて行きました。
私のベッドの半分が兄犬のベッドで塞がれてしまいます。
犬も寝ずらいと思うのですが・・・そうか、あいつは昼間に寝ているのだ(笑)。

足を引きづりつつ町にいくと3COINSがあり、犬用のものがありました。
わが家の犬たち、特に兄は頭に何か被るのが大っ嫌いです。
クリスマス用のケープとか買いたかったのですが、嫌がるので、違うものを買って試してみました。
見せると口に咥えて振り回そうとします。
止めさせて、着せると・・・。


こんなになりました。
最初はわからなかったのですが、たぶんこれはサンタさんを乗せているトナカイですね。
似合わないわぁ。

次はこんなになりました。


天使の羽。
やっぱり似合わない。

家の犬はコスプレはだめそうです。