久坂部羊 『第五番 無痛Ⅱ』2017/08/01



無痛』の続篇。
あまり評価はよくないようですが、中途半端で終わってしまっては気持ちがよくないので、読んでみることにしました。

あれから6年。
先天性無痛症のイバラは薬で心神耗弱状態になっていたので責任能力を問えないということで軽い刑期になり、出所して、清掃会社で働いています。
まじめな仕事ぶりが評価されています。
カウンセラーの高島菜見子は彼に息子を襲われたりと散々な目にあっているにもかかわらず、彼を見捨てることができず、彼と繋がりを持っていました。
イバラ自身はこのままの生活が続くことを願っていたのですが、世間が放っておいてくれません。
怪しい美貌でグロテスクな絵を描く日本画家の三岸薫は、刑務所で描いたイバラの絵を見て、彼に絵の才能があるから弟子にしたいと言ってきます。
一方、ルポライターの犬伏は、イバラがまっとうになるはずがない、また事件を起こすはずだという思い込みから、イバラの周辺を嗅ぎまわります。

ウィーンで日本人会の診療所の医師をしている為頼のところに、行方不明だった南サトミが現れます。
彼女は白神はアルゼンチンで自死し、自分は国際弁護士になるためにウィーン大学で法律の勉強をしていると言います。
彼女は為頼と一緒に行ったコンサートでベートーベンの作曲した「第五番」を聴いてから、また話せなくなります。
ドイツ人の精神科医に診てもらうのですが、一向によくなりません。
為頼はサトミの治療を通して知り合ったドイツ人医師からWHO関連組織へ勧誘されます。

この頃、日本では「新型カポジ肉腫」が多発していました。
黒い肉腫が現れ、骨を溶かし、数日で全身に転移し、意識障害で死に至らしめる病です。
創陵大学準教授の皮膚科医、菅井は皮膚科医がメジャーになるいい機会であると、あらゆる手を使って「新型カポジ肉腫」の第一人者になろうとします。
しかし、悲劇が起こります。

(ネタバレあり)
一体どうなるのかとワクワクして読んでいましたが、アレェ、こうなるの、という感じでした。
為頼は相変わらず、女心に鈍感だし、特に何かしようとはしないのに事件に巻き込まれ、たまたまラッキーだったから助かります。
自分の寿命がわかるからと言いますが、事故で死ぬこともあるでしょうに。
菜見子は子供までいるのに、じいさんの為頼のどこがいいのか。
他の登場人物たちは気持ち悪すぎ。
人間の欲とは恐ろしいものです。
彼らに翻弄されるイバラが哀れでした。

久坂部さんの言いたいこと、日本の医療現場の矛盾と問題点はところどころに挟まれています。
このままでいくと医療崩壊もありえるかもしれませんね。

そういえば『大学病院のウラは墓場』を書いたのが久坂部さんだったことに、この前気づきました。
医師と患者、双方にとって益になるような改革が進むことを願いますが、さて、どうなることやら。



阿佐ヶ谷駅前のサンドイッチ屋のサンドイッチ。
さつまいもとシナモンアップルだったかしら?
ニンジンジュースもありました。
お値段が500円。
う~ん、もう買わないかも。

久坂部羊 『無痛』2017/07/28

夫が休暇を取り、午前中に義母のお見舞いに行くと言っていたのに、なかなか起きません。
私は午前中に美容院に行くのでどうしたのかと思っていると、どうも一緒に行ってもらいたいようです。
仕方ないので行ってあげました。
義母は吐き気もおさまりつつあるようですが、まだ食べれないようなので、経口のカロリー食になるようです。
だいぶ体の調子はよくなったようです。
夫と一緒に行くと、私が誰かわかるようですが、1分ごとに「ここはどこでしょう」と聞かれるのには参りました。



今までの小説とは違い、どちらかといえば本格的なミステリに近づいたかな・・・という感じです。

神戸で起こった一家四人の惨殺事件。
遺留品は多いのにもかかわらず、犯人はなかなか見つかりません。
担当になった早瀬はあせりを感じていました。
彼は県警本部の捜査一課で働いていましたが、あることがあり、所轄に飛ばされていたのです。
刑法三十九条の「心神喪失者の行為は、罰しない。心神耗弱者の行為は、その刑を軽減する」
彼の逮捕した犯人がこれで無罪になっていたのです。

ある精神障害児童施設に入っている14歳の少女、サトミが自分が犯人だとカウンセラーの奈見子に告白します。
困った奈見子は先日知り合ったばかりの医師、為頼に相談することにします。
為頼は人の外見を観察するだけで、どこが悪いかがわかる天才医師だったのです。

為頼と同じような能力を持っている白神メディカルセンターの院長、白神は為頼を利用しようと思い、為頼に接触してきます。
彼の病院には奈見子が前に働いていた施設にいた、痛みを感じない男がいました。
白神は彼に人体実験のようなことを行っていました。

奈見子にはストーカー行為を続ける前夫の佐田がいました。
佐田はサトミのことを相談するために会い続けている為頼と奈見子が男女の関係になっているという妄想に囚われていました。

読み進んでいくと、出てくる人たちの異常心理がちょっと薄気味悪く感じます。
そういうグロさの嫌いな人は読まない方がいいでしょう。

もっと為頼が活躍するかと思いました。
最後がアレですが、次の作品があるということで、次に期待しますが・・・。


気持ちの悪い話の後は、かわいい犬の写真でなごんでください。


スヤスヤと新しいベッドで寝ている兄犬。
しばらくして見ると・・・。


見事、大股開きになっていました(笑)。

岡井崇 『デザイナーベイビー』2017/07/23

義母は大学病院へ行き、CTと再度、血液検査、尿検査などをしてきたようです。
義兄も来るということなので、私は行かず、兄弟二人で病院へ行きました。
来週1週間入院し、胃カメラなどの検査を行うそうです。
確定診断をするためには必要だそうです。
積極的な治療を望まなくても検査は必要なようで、検査で寿命が縮んでしまうこともありそう。
余命は数ヶ月から1年半ぐらいだそうです。
ケアハウスにはいられなくなるので、病院に入院するしかなさそうです。
ホスピスは認知症でも受け入れてくれるのでしょうか?



産科医の岡井さんの本、2冊目です。
ノーフォールト』がおもしろかったので、次は・・・と期待して読みました。
『ノーフォールト』と同じ城南大学病院が舞台です。
前作で登場していた人たちがいて、その後がわかってよかったです。
特に産科医を辞めそうだった女医の柊奈智が病棟医長として仕事を続けていてホッとしました。

城南大学病院の新生児室から生後三日の女児がいなくなりました。
誰が何のために連れ去ったのか、全くわかりません。
院長宛の身代金要求の電話が来ます。
しかし、身代金は盗まれ、めぼしい容疑者は見つからず、事件は頓挫するかのように見えたのですが・・・。

現代は生殖医療が進んでいます。
体外受精、遺伝子操作、代理母出産、クローン、卵子売買・・・。
次は「デザイナーベイビー」ですか。
ちなみに「デザイナーベイビー」とは「親の望むように遺伝子操作を加えられて生まれる児」だそうです。
人間の欲というのは限度がないのですね。

生殖医療に関したミステリですが、色々と説明が多くて、ミステリとしてのおもしろさは半減かもしれません。
ミステリではなくて、医療物として読むといいですね。
私たちの生きている時代はどこへ進もうとしているのか。
人の価値とは、人の幸福とは・・・。
色々と考えさせられます。



犬にとって幸せはとってもシンプルです。
食べて寝て遊んで、飼い主の傍にいることが幸せなんです。

樋口有介 『林檎の木の道』2017/07/19



高2の夏、暇に任せて池堀りをやり、退屈を紛らわせていた時に、元ガールフレンド、由実果の死を聞かされた広田悦至。
彼女が千葉の海で自殺した日、電話が来て、これから出てこれないかと呼び出されたけれど、いつものきまぐれだと思い断っていました。
由実果はどう考えても自殺なんかする女ではなかったと思う悦至。

お通夜の日、悦至に失礼なことを言う女、涼子と出会います。
二人は林檎の木のある保育所に通っていて、悦至は彼女のスカートめくりをしたと涼子は言い張ります。
彼には記憶がないのに。

ひょんなことから涼子と一緒に由実果の死の真相を探ることになる悦至。
由実果には彼らの知らない姿がありました。

悦至の母がバナナの研究家で、若い男性と付き合っており、彼のおじいちゃんは若い女性に飲み屋をやらせ、子作りも考えています。
悦至はその飲み屋によく行き、なんと17歳なのにビールなんか飲んじゃってます。
その上、不思議な親友に告白されちゃったりして。

ミステリですが、謎そのものは大したことがありませんが、悦至の周りの面々が魅力的でした。
悦至は高校生なのにおやじっぽいな。
今の高校生ってこんなもんなのかしら?




肝臓の薬を飲まなくなって一カ月。
病院に行き、血液検査をしました。
腕に針を刺されるのが嫌らしく、右で失敗し、左で採りました。
値はGPTとGOP(だと思ったけど定かではない)は50台と100台。
医師は正常範囲内といいますが、大丈夫でしょうか。
一時期体重が減ってしまったのですが、この頃、暑くてすぐにハアハアいうので、あまり動いていないせいか体重も3㎏に戻りました。
トリミングのお店で狂犬病とワクチンの証明書を出すように言われているので、狂犬病の注射をしました。
一カ月ごとに血液検査をしていき、これからずっと肝臓の値を見続けることになります。
今は若いので元気ですが、年をとるとどうなることやら。

似鳥航一 『東京バルがゆく(2) 不思議な相棒と美味しさの秘密』2017/07/18

義母のお腹にしこりができていました。
認知症なので聞いてもいつからできて、痛いかどうか、はっきりとしません。
また明日病院に行き、エコー検査をすることになりました。
病院は2時間以上も待ち、その間にトイレに行くこと2回。
心配です。


大手メーカーを辞めて、移動屋台でスペイン風のバルを始めた貝原と、いつの間にか幼馴染で居候兼相棒になった阿南。
彼らのところに変な男が現れます。
建前は興信所の人間と言うのだけれど、なんとなく変です。
阿南にはどうやら秘密があるようで、たまに悪夢にうなされています。
阿南が話すまでは知らないふりをしようと思っていた貝原ですが、思い直し、阿南の秘密を知ろうとします。

阿南の過去の話の合間に入れられた、食べ物に関する謎解きがおもしろいです。
今回は「ガスパッチョ」、「ピッツァ・マルゲリータ」、「牛肉の赤ワイン煮込み」。
「牛肉の赤ワイン煮込み」は好物ですので、こういうバルがあったら行って食べてみたいです。
いつも言ってるわねぇ(笑)。

美味しい食べ物と軽いミステリ。
頭をあまり使いたくない時にぴったりです。


さて、この前食べたランチは、両方共に目玉焼がのっかっています。


「つばめグリル」のジャーマンハンブルグステーキ。
つばま風ハンブルグステーキよりもカロリーが控えめ目かと思ったのですが、どうでしょう。


これは星野珈琲店のガパオライス。
残念なことに米が日本米です。

体のためにランチと夕食は少なめに食べていますが、こんなランチではカロリーが多すぎですね。
1㎏痩せたかと思ったら、食べると戻ります(悲)。
食べるのを減らすだけではなく、運動も取り入れた方がよさそうですね。
何をしようかしら。
医師はプールで歩けといいますが、目に水が入ると感染症が心配です。