風野真知雄 『おくのほそ道殺人事件』2017/04/26



風野さんの時代物は読んでいるのですが、現代物のミステリーはどうなのか興味があったので、読んでみました。
ところが、またやっちゃいました。
これが一番最初に発行されたのだと思い込んでいたのです。読んでいるうちに気がつきました。
買う前に確かめなければね。

歴史研究家の月村弘平が主人公です。
彼の恋人が警視庁捜査一課の女性刑事・上田夕湖。
彼女の担当する殺人事件が、何故か彼が雑誌の取材やらツアー企画の下見やらで行く歴史的史跡と関係しちゃうのです。
そんなわけで月村が殺人事件を見事な推理をして解いていきます。
そんなんでいいのか、夕湖。

今回は芭蕉の奥の細道に関した史跡が出てきますが、そこに死体が見つかります。芭蕉と殺人がどう結びつくのでしょうか。

芭蕉に関しては色々な見方があるようで、もう少し深い薀蓄が欲しかったです。

この頃、吉祥寺に行くことが多くなりました。
井の頭公園の近くに女子修道院があります。


庭を解放しています。
柵の前にアイヌの女性の置物がありました。


何か関係があるのでしょうか?

色々なところでランチを食べています。


この前、公園の中にあるレストラン、「ペパカフェ・フォレスト」でランチを食べてみました。
辛過ぎなくて美味しかったです。


パンケーキのお店で甘くないものをと思って頼んだら、はちみつをかけて食べてくださいと言われてしまいました。
結構、いけましたが、量が多くて最後の方は飽きてきました。


駅中のローズベーカリーではローストビーフを食べてみました。
焼きすぎなのか、しっとり感がありませんでした。

私としては千円以下の美味しいランチを探したいのですが、場所柄無理かしら?

中山七里 『秋山善吉工務店』2017/04/18



この仔は動くことが好きなのですが、すぐに舌を出します。
医師から疲れさせないようにと言われているので、ボール遊びもハアハアいうようになったら止めます。
ちょっと物足りないようです。


今年の我が家の庭は花盛りです。
この黄色い花は3年前に買って、やっと今年咲きました。
何ていう名前なのか忘れてしまいました。


シクラメンも咲き過ぎです。
こんなに咲くなんて、一体どうしちゃったんでしょうか。


火災で父親の史親が焼死し、着の身着のままで焼きだされ、祖父の善吉の家で暮らすことになった景子と中学生の雅彦、小学生の太一の三人。
善吉は現役バリバリの大工で、無駄な話は一切しないが、人を見る目には間違いがない、昔堅気の頑固おやじです。

新しい学校でいじめに遭う太一。
いじめに負けないために強くなろうとして強くなってしまい(笑)、不良のレッテルを貼られた雅彦は、危ない仕事に手を出してしまい、抜けるに抜けられず困っていました。
母の景子は早く善吉の家を出て子どもと三人で暮らしたいと思い、パートに出るのですが、そこでトラブルに会います。

にっちもさっちもいかなくなったこの三人に手を差し伸べるのが善吉です。
昭和の頑固おやじ健在です。

ここまで読むと、なーんだ、懐かしのホームドラマかと思うでしょうが、中山さんですから、三人のトラブルが収束したところで、父の史親は殺されたのかどうかという謎がでてきます。
仕事を辞め、引き籠りになっていた史親は、起業に失敗し、退職金はなくなり、膨大な借金をし、その上、妻子に暴力をふるうようになっていました。
宮藤刑事は景子や善吉が史親を殺したのではないかと推測し、秋山家の周りを探っていました。

最後が「エ!」という感じですが(実はシリーズ化してもらって、また会いたかったんですがね)。
今までの中山さんと違った切り口の本でした。

麻耶雄崇 『貴族探偵』2017/04/12



家のシクラメンが花盛りです。
五種類ものピンクの花が咲いています。
今年はなんでかわかりませんが、花の付きがいいようです。


弟のかわいいお顔をお見せしましょう。
ボールで遊びたくてたまらないという顔です。
兄は、相変わらず草を食んでいます(笑)。



テレビドラマでやるらしく、宣伝しているので読んでみました。

殺人が起こると、自らを「貴族探偵」と名乗る若造が現れ、召使たち(執事と運転手、メイド)に捜査させ、彼らに事件を解かせるという話です。
警察の幹部と知り合いらしく、現場にいる刑事は文句も言えずに「貴族探偵」の使用人たちに好きなように捜査させています。
「貴族探偵」は何もせず、召使を使うのが自分の仕事だと言って、優雅に紅茶を飲んでいます。
一応最後まで読みましたが・・・。

「貴族探偵」が相葉君でメイドが中山美穂?
本の中のメイドってもっと若いんじゃないのかしら・・・?
新米探偵役の武井さんの方がメイドにぴったりじゃないの。
う~ん、イメージが壊れそう。

本のドラマ化ってむずかしいですね。

阿部暁子 『鎌倉香房メモリーズ 5』2017/04/08



ものすごい顔でボールをかじるヨーキー。
こういう感じでネズミを殺すのでしょうか?
でも、人間は1度も噛んだことがありません。
噛んでいいものと悪い物の区別ができています。


かわいい顔とのギャップが・・・。




こういうライトノベルも読みます。
舞台が鎌倉で香房というのがいいんです。
女の子が本当にこういう子がいるのというぐらい奥手で、ついていけないところもありますがね。

人の香からその人の感情を読み取るという特殊能力のある香乃は、雪弥と気持ちを通わせることができましたが、「本当に付き合っているのだろうか」と聞けずにいました。

そういう微妙な感じの二人のところに様々な謎が持ち込まれます。
贈り物の香木や行方不明になった仏像、送り主不明のひな人形、源氏香図の暗号など。
雪弥がすべてを解いていきます。

雪弥の生い立ちに関する疑問が解けたところで物語は終わります。

なかなかいいと思った言葉をのせておきましょう。

香木は、木が傷ついたところにバクテリアが繁殖して、「それにまけまいと木が樹脂を分泌し、その樹脂が長い時間をかけて、すばらしい香りを持つ」のだそうです。
人も同じなのでしょうね。

「香は心に似ている。目には見えない。ふれることもできない。けれど確かにその存在を感じる。時としてわたしたちはそれによって苦しみ、傷ついてしまう。けれども、ふとした瞬間それになぐさめられ、癒され、再び歩み出す力を与えられる」

「よく、失敗した場合の後悔よりも、行動しなかった場合の後悔のほうが大きいと言いますね。先人が口をそろえるだけあってそれは正しい。なぜなら行動しなかったことで何かを失った場合、可能性が私たちを苦しめるからです。(中略)ましてや失ったのが大事な人間であれば、その後悔は、一生消えない」

こういう本を読むと、鎌倉とか京都、奈良のような古都に一度は住んでみたいと思います。
もう一度、引越をする体力と気力があるのかしら?
あ、金力もだわ(笑)。

貫井徳郎 『慟哭』2017/04/05




赤いハートを持ってきては齧る犬。
落ち着かない性格で、いつも動き回っています。
同じヨーキーでも性格が違うようで、前にも見たことのある知らないおじさんのヨーキーは、私がコンビニに行って帰ってくるまで、道端にずーと気持ちよさそうに横たわっていました。



貫井さんの本の二冊目。
貫井さんのデビュー作だそうです。
前の『愚行録』に比べると、それほど気持ち悪くない話でしたけど、それだけです。

連続して幼女誘拐事件が起こり、手詰まりになった捜査状況と交互に宗教にのめり込む男の姿が描かれています。

内容を知らずに読んでいたので、どうこれが繋がるのかと思いながら読みつつ、愚行録と同じような展開かと思ったら、最後の意外な犯人でびっくりしました。
ついでに幼児を誘拐しようとした犯人に声をかけた人を別の人と間違えていました。
思い込みとは恐ろしいものですね。
おかしいと思い、見返してわかりました。

ネタバレになるので書きませんが、ミステリとして読むとどうも納得のいかないことが多い作品です。