堂場瞬一 『遮断 警視庁失踪課・高城賢吾』2018/04/22

kindleだと読み終えたら、すぐに続きの本を読めるのがいいです。
そのおかげで寝不足気味になりますが。


ベテラン刑事・法月の代わりに異動してきたのが、田口。
警視庁交通部交通規制課からの異動で、一度も刑事をやったことがなく、その上、やる気もなく、好き勝手な行動を取るような男でした。
しかし、何故か運がよく、捜査の事件解決の手がかりを見つけたりします。

そんな頃、失踪課のお嬢さま刑事、六条舞の父親で、厚生省審議官の六条恒美が失踪した。
恒美の妻や母親に話を聞くが、何かを隠しているような感じがうかがわれた。
事件性はないように思われたが、身代金を要求する電話がかかってきて・・・。

一方、つかえない田口はIT企業のインド人技術者の失踪事件の捜査を押し付けられる。
彼はカレーの食べ歩きができると、乗り気です。
ホント、困った人です。

前回、出世の道が閉ざされ、やる気を失った阿比留は、失踪課のメンバーの一大事と、また復活しました。
いつまで続くのやら。
高城は明神の見合い話を聞き、複雑な心情です。
法月に引き続き、メンバーが次々といなくなるのか?

やっと七作目。
後、三冊で終了になります。
堂場さんは後になるにしたがい、結構いい加減になるので(アナザーフェイスしかり)終わりが心配です(笑)。

堂場瞬一 『波紋 警視庁失踪課・高城賢吾』2018/04/21

昨日、日本製のホーロー鍋はめったに使わないと言っておきながら、使ってしまいました(笑)。
ソーセージのキャベツ煮込みを作るのに、ソーセージを切らずにいれるために大きい鍋が必要だったからです。
とにかく日本製のは4.2kgもあるので、重くて洗う時に苦労します。
ストウブは18㎝、2.94㎏、ル・クルーゼは20㎝なのに2.8kgで、使いやすさは重さに比例するようです。

色々と料理するようになると、魚とか野菜を丸のまま使いたくて、楕円形の鍋も欲しくなってきます。
ストウブとル・クルーゼのどちらがいいのか、迷っています。
ストウブのオーバル、27㎝で3.2L、4.5kg(重い!)、ル・クルーゼのオーバル、25㎝で3.2L、3.7㎏。
置く場所と重さを考えるとル・クルーゼになりそうです。
すぐには買わないので、ゆっくりと楽しみながら考えますわ。
私の料理熱も冷めるかもしれないので。

警視庁失踪課も6作目。後、4冊で終わりです。


前回、自分の家庭の秘密が暴露された阿比留は出世の道を断たれたため、やる気を失っていました。
せっかくまとまりかけた失踪課が、また分裂の危機に。
そんななか、失踪課の重鎮だった法月が渋谷中央署警務課へと異動してしまいます。
法月の異動を阻止しなかった阿比留に対して怒りを覚える高城でした。

そんな法月から高城は5年前に交通事故の現場から姿を消したロボット工学者に関する事件を置き土産として託されます。
5年前の失踪事件を解決できれば、自分の娘も探せるのではと一抹の希望を見出す高城。
事件を調べ始めた直後に男が勤めていた会社で爆発事件が起こり、犯行声明には失踪した男の署名が・・・。

なかなか娘探しに着手しない高城。
そろそろ煙草もお酒も止めるといいのですが、家庭もないし、趣味がなければやることないものね。
ちょっとかわいそうになってきました(笑)。

堂場瞬一 『裂壊 警視庁失踪課・高城賢吾』2018/04/20

残念なことに、日本製のホーロー鍋はこの頃、使っていません。
22㎝がちょっとわが家には大きく、重く、底が凸凹していて混ぜにくく、焦げやすく、焦げの処理をしてから洗うのが面倒なので、使わなくなってしまいました。
大量にカレーを作ったりする時には使うつもりですが・・・。
その代わり、重宝しているのが、ル・クルーゼの20㎝鍋。
それほど重くなく、焦げ付かないのがいいのです。
(ストウブは18㎝で、ちょっと小さいので、副菜を作る時に使います。大きいのを買えばよかったと思います)

無水調理ができるかどうかは、我が家ではあまり関係ないようです。


昨夜、作ったのがひよこ豆とカリフラワーのカレー風味。(写真写りが悪いです)
カリフラワーは使わない時には売っているのに、使う時には売っていないという不思議な野菜です(笑)。
2日前に見かけたので、買っておきました。

豆を出すと嫌がる夫もカレー風味だと気にならないらしく、全部食べてしまいました。



高城賢吾シリーズも五冊目。

課長査察の直前に、室長の阿比留が拳銃を持って行方不明になりました。
内密に行方を探そうとする高城たち失踪課の面々。

一方、阿比留が姿を消した日に、女子大生がいなくなったと、彼女の恋人が相談に来ます。
何故か彼女は恋人に家族の話もせず、写真も撮らせないようにしていたようです。

調べていくと、2つの失踪事件がやがて一つになり、阿比留の意外な私生活が明かされることになります。

阿比留が何故家族のことを秘密にしていたのかがわかります。
女性も社会的地位を持っていいとは思いますが、男性よりも失うものが多いのが現実ですよね。
世の中では高学歴の男性が買春したり、セクハラしたり、嘘をいったりと、一体どうなっているのかしら?
子どもたちが夢を見られない社会になっていますね。

阿比留がどうなるのか、失踪課は生き残れるのか。
次が楽しみです。

堂場瞬一 『漂泊 警視庁失踪課・高城賢吾』2018/04/18



このシリーズ、終わるまで、一日に一冊は読もうと思っていますが、眼精疲労が出てくるかしら?

同僚の醍醐と明神と飲んだ帰りに、明神がビル火災のバックドラフトに巻き込まれ、入院してしまいます。
火災はスナック「ブルー」から発生し、二つの遺体が見つかり、遺体には他殺の跡があるようです。
頭部に撲殺痕がある方は、その店のマスターでしたが、もう一体が誰なのかわかりません。
高城は入院した明神のために、失踪課としてその身元不明の遺体の身元を調べることにします。
遺留品の珍しいネックレスから、捜索願の出ている作家の可能性が出てきますが、彼は失踪直前に預金口座や携帯電話などを解約していました。
マスターと彼の関係は・・・?

読んでいて気になるのは高城の煙草と鎮痛剤です。
いくら娘が死んだからと言って、酒におぼれ、煙草を吸いまくり、頭痛がするからと鎮静剤を飲みまくるなんて。
私の同僚にそんなヤツがいたら、明神と同じように冷たい目で見ますわ。
高城が刑事として有能であろうがなかろうが、どうしようもないおやじというしかないですわ。
「アナザーフェイス」の大友鉄と比べると、オジサン度高過ぎです(笑)。


わが家の犬たちは幼い顔をしていますが、実はオッサンです。
ア、一匹はオカマさんですが(笑)。
人間の年齢で言うと、次の誕生日には兄は40歳、弟は32歳になります。
食べ過ぎると中年太りになってしまいそうですね。
今のところ二匹共、3㎏ちょっとで一定していますので、太らせないように気をつけます。
自分の体重をちゃんとできないのに、犬には厳しいという感じです(笑)。

堂場瞬一 『邂逅 警視庁失踪課・高城賢吾』2018/04/17

通信教育の最後のレポートが合格になりました。
どう書いたらいいのか迷い、細かい所は羅列になってしまい、論文としての体裁ができていないけど理解はしているということで、OKになっていました。
万歳!
提出レポートはこれでお仕舞です。
後は五月と六月のスク―リングの時に提出するレポートがあります。
1つは簡単に書けるのですが、もう1つがどう書いたらいいのか悩んでいます。
とにかく可でいいので、単位下さい(笑)。
後はweb試験で4教科(たぶん、前回の試験で落ちていなければ)、スクーリングで2教科合格すれば、資格が取れます。
何十年ぶりかに勉強するのも面白かったです。
他の勉強もしてみようかしら。



高城賢吾も三作目です。

失踪課に大学理事長を務める息子が帰って来ないと、母親が相談に訪れます。
翌日、家に訪れ詳しく話を聞こうとしますが、母親の態度が一転していました。
大学に行っても相手にされず、教育機関の警察の捜査に対する非協力さは言われている通りでした。
その後、母親が捜査願いを取り下げてしまいます。
しかし、高城は何かがおかしいと思い、秘かに捜査を続行することにします。

その一方、家族から捜査願いが出ており、法月が調べていた女子大学職員は遺体で見つかります。
状況からみて自殺だと判断されましたが、捜査二課がこの事件について問い合わせてきます。
高城はこの事件と前の大学理事長の失踪が何らかの関係があるのではないかと考え、調べていくことにします。

高城が一番頼りにしているベテラン刑事・法月は身体に鞭を打つように仕事をしています。
高城はその理由がわからず、法月にどう接すればいいのか戸惑うばかりです。

失踪課もどうやら仲間意識が芽生えつつあるような感じになってきました。
つかえない人も2名ばかりいますがね(笑)。

失踪した娘さんの捜査がどうなるのかが気になります。
そのうちに始めるのでしょうね。