「パターソン」@アップリンク吉祥寺2019/01/16



アメリカ、ニュージャージー州パターソン市に住むパターソン君の月曜日の朝から次の週の月曜日の朝までの七日間を描いた作品です。
パターソンは実在する町で、有名な詩人のアレン・ギンズバーグとウィリアム・カーロス・ウィリアムが生まれた町です。

パターソンはバスの運転手で詩を書くのが趣味。
毎日、朝の6時過ぎに目覚め、一人でシリアルを食べ、妻が作ったサンドイッチを持って仕事に向かいます。
仕事前に詩を書いていると、同僚が来て話をしていきます。
仕事から帰って食事をして、犬の散歩の途中でバーに寄り、ビールを一杯飲むのがいつもの習慣です。

一緒に暮らしているローラは特に仕事もせず、部屋のインテリアを毎日変えるのが趣味。
家のインテリアと自分の着る物、すべてが黒白。
土曜日には黒白のカップケーキを焼き、バザーに売りにいきます。
自分はカントリーミュージシャンになって有名になるという夢を持ち、200ドル以上もするギターを買ったりします。

そんな何の変哲もない一週間を詩と共に淡々と描いた映画です。
ちょっとクスッと笑える場面なんかが散りばめられています。
特に気に入ったのが、イングリッシュ・ブルドッグのマーヴィン君。
残念ながら映画後、亡くなってしまったそうです。


家の犬たちよりいい子なんです。
散歩の時にリードを引っ張るのは一緒ですが、パターソンがバーに入る時に、ちゃんとお座りして待つんです。
相手をしてくれないと、悪い子になりますが、それもかわいいです。
郵便ポストが何故毎日曲がるのか。
その理由には笑ってしまいましたがね。

永瀬正敏が出てきたのにはびっくりしました。
日本人詩人の役で、服装や英語がもろ日本人。
海外に人は笑えるだろうなと思いました。

なかなか素敵な映画でした。

映画の後にリベルテで遅めのランチをしました。
三種のデリプレート。


サラダが多めで、パンはお変わり自由でした。
野菜ばかりだったからと理由をつけて、デザートにケーキまで食べてしまいました。


カシスのモンブランです。
明日の朝食用にクロワッサンを買って帰りました。


『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』を見る2018/03/03

首の手術跡のかぶれはテープを貼るのを止めてから、少しよくなってきました。
傷の腫れとか、傷の上の頭付近と下の肩付近の痛みはまだあります。
髪が傷に触れるとチクチクと痛いです。
この痛みが早くなくなるといいのですが。

入院している時に暇なので求人を見ていると、いいのがありました。
退院してから申し込んでみると、決まってしまいました。
今までの仕事の経験が生かせ、短時間で時給もいい仕事なので、長く続けられるかな・・・自信はありませんが(笑)。
家にばかりいるとあまり動かなくて体に悪いので、リハビリ兼(通勤が)運動だと思ってやることにしました。
こんどこそ理想の仕事だといいのだけれど・・・。



久しぶりの映画鑑賞です。
本当はもっと見に行きたいのですが、電車内や映画館の空気が悪いのか、咳がでてくるので出無精になってしまいました。

ロンドンでストリートミュージシャンを目指しているジェームズは薬物依存症で、親に見捨てられ、住む家もなく、路上生活をしていました。
更生プログラムを受けていましたが、ついつい友人からもらったヘロインを使ってしまい病院へ運び込まれてしまいます。
病院にやってきたソーシャルワーカーのヴァルからはこれが最後だと宣言されましたが、彼女のおかげで住まいを援助してもらえることになります。
そこに茶トラの猫が迷い込みます。
飼い主を探すのですが、誰も名乗り出ず、ジェームズが演奏をしにバスに乗っていこうとすると付いてきます。


ボブ(猫)はこんな風にジェームズの肩の上にのるのが好き。
演奏している時もずっとそばにいます。


なんと猫のボブは本人がでているそうです。
この映画は実話なんです。

ジャンキーのジェームズを遠巻きにしていた人たちもボブがいると演奏を聞きにやってきます。
ボブのおかげで投げ銭もいっぱいもらい、暮らしにも少し余裕ができました。
しかし、嫌がらせをする人たちも現れます。
犬の飼い主といざこざがあり、ジェームズは路上演奏を禁止されてしまいます。
仕方ないので、「The Big Issue」を売り始めると、ボブかわいさで雑誌を買ってくれたりチップをくれる人が沢山いましたが、今度は同業者からクレームがつき、一カ月間、雑誌を売れなくなりました。
お金を稼ぐすべがなくなったジェームズとボブはどん底の生活をしながらもがんばります。
そして、ボブという心の支え、護るべきものを手に入れたジェームズは薬を断つ決心をします。

いつしかボブとジェームズのことが評判になり、出版社から本を出さないかという申し出が・・・。

ボブを買い取ろうという親子がでてきて、その言い分にびっくりしました。
何でもお金で買えると思っているんですね。
上流(中流?)階級のエゴか。

とにかくボブがすごい。
自然な演技です。

ボブとのことを書いた本がベストセラーになったので印税が入ったジェームズは家を購入し、後のお金は動物の保護やホームレス救済団体に寄付をしたそうです。


ボブみたいに抱いて色々なところに連れて行ってあげたいのですが、犬が入れるところが少ないから、ペットショップ以外は行けないわね。
イギリスみたいにバスに乗れたり、スーパーには入れたらいいのだけど。

「僕もママさんと一緒にいろんな所に行きたいな。ボブよりも僕の方がかわいいでしょ」by 兄。


「兄よりも僕の方がイケメンです」by 弟。

『地球交響曲第八番』@ユジク阿佐ヶ谷2017/11/16



『地球交響曲』は一番から七番まですべて見ています。
今回八番を見てパンフレットを買ったら、一番からの内容も一緒に載っていてありがたかったです。
今まで見た内容を思い出せますから。
一番ではトマトとアフリカ象、そしてケルト文化。
二番では森のイスキア主宰の佐藤初女とダライ・ラマ法王。
三番では写真家の星野道夫。
四番では木版画家の名嘉睦稔と野生チンパンジー研究家のグドール。
六番ではピアニストのケリー・ヨストと鯨たちの歌。
七番ではアンドルー・ワイルと環境教育活動家の高野孝子
それぞれに印象的な場面がありました。
(五番は思い出せないけど・・・恥)

今回のテーマは「木」。
木は何百年と生き続けます。

国立能楽堂で新作能「世阿弥」を上演するために選ばれた能面が、三代目元雅(二代目世阿弥の息子)が奈良県にある神社に奉納した「阿古父尉(あこぶじょう)」でした。
この600年前の能面は舞台で使うことができないので、能面打見市泰男氏が新しく能面を削り出すことになります。
「能面打が震う鑿の一刃一刃は、樹の精霊を表面の世界に移し変える神事のようなもの」だと監督の龍村氏は言います。

二番目に現れたのが、ヴァイオリン製作者の中澤宗幸。
彼はストラディヴァリやグァルネリの修復までも頼まれる人です。
その彼が東日本大震災の跡地にあった木を使いヴァイオリンとチェロ、ヴィオラを作りました。


最後に登場したのが牡蠣養殖業を営み、NPO「森は海の恋人」理事長をしている畠山重篤です。
東京オリンピックごろから海が汚れていくのに気づき、どうにかしなければならないと、森に木を植える活動を始めます。
彼は汚れるものが海からではなく、反対側の人間の側から来るのに気づいたのです。
東日本大震災で大被害を被ったのですが、海を見てみると大量のプランクトンがいることがわかり、牡蠣の養殖を再開しました。
彼は木を切り、孫のために小さな船を作ります。

この頃、監督の龍村さんの目は日本に向いているのですね。
次に目を向けるのは何でしょう。

明日までユジク阿佐ヶ谷で上映してます。
明日は第一番、第六~八番で、10時20分の第八番上映後に龍村監督のおはなしがあるそうです。

垣谷美雨 『後悔病棟』2017/05/08



神田川病院に勤務する医師の早坂ルミ子は末期がんの患者を診ています。
彼女は患者や家族の気持ちがわからなく、不用意な言葉を吐き、患者や家族を怒らせることがよくありました。
また患者を怒らせ自信をなくしている時に、中庭で聴診器を拾います。
その聴診器を患者の胸に当てると、患者の心の声が聞こえ、後悔のある過去に戻り、もう一度やり直しができるという不思議な聴診器でした。
ルミ子はこの聴診器を利用し、患者が後悔していることをやり直す手伝いを始めます。

誰でもあの時、こうすればよかったという時がありますよね。
もし、あの時、こうすれば、今は変わっていたかもしれない。

そういえば『アバウト・タイム』という映画がありました。


主人公はパッとしない男の子なのですが、彼の一家の男にはタイムトラベルができるという不思議な力があるのです。
そのため、親しくなりたい女の子ができると、その力を使い、恋人になり、結婚し、娘までできました。
しかし、自由奔放な妹のためにタイムトラベルをした後に、娘ではなく息子がいました・・・。

もう一度時間を戻せたらと誰もが思いますが、それですべてが上手く行くとは限りませんもの。

どんな選択をしようが、それが最善と思い生きていくしかない。
後悔ばかりしていては過去に生きていることになりますもの。
未来に向かって、前向きにいきたいですね。

さて、もう一度人生をやり直した人たちは、どういう結果になったでしょう。

『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』@ユーロライブ2017/04/21

ブログ「弐代目・青い日記帳」で『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』の試写会の参加者を募集していたので、応募してみました。
森アーツセンターギャラリーで行われている『大エルミタージュ美術館展』はもう行っているので、どういう内容の映画か興味があったのです。

ユーロスペースは初めてで、この頃、渋谷はにぎわっているという話なので、嫌だなぁと思いつつ出かけました。
東急デパートからちょっと入った所にあるのですが、途中にラブ〇が沢山あります。
後ろにいた高校生らしき男子が大きい声で、「ラブ〇ばかりじゃん」と何回も言うので止めて欲しかったです。
ひょっとして東電OL事件の現場に近いのかしらと思ってしまいました。(後で調べたら、近いですね)

私が着いた頃にはお客さんがいっぱいで、あまり空いてる席がないので、端っこになってしまいました。


『エルミタージュ美術館』はロシアのサンクトペテルブルク(旧レニングラード)にある国立の美術館です。
なんと、250年前に作られたのです。日本は江戸時代ですよ。
ネヴァ川に沿って建つ王宮が美術館になっています。
エルミタージュはフランス語で「隠遁者」という意味だそうです。
1764年にエカテリーナ二世がドイツから美術品を買い取ったのが最初だとか。
彼女はロシアの威力を世界に見せつけるために収集を始めたようで、初めは一般の人には解放していませんでした。


この絵が『大エルミタージュ美術館展』で写真可になっています。
彼女は自分は女らしくないと思っていたようですが、どうどうとした出で立ちの人です。

現在の総収蔵品は約300万点にもおよびます。
一日では絶対に回りきれませんね。

この映画ではエルミタージュ美術館で働く学芸員などの人たちが美術館の歴史を語ってくれます。
結構、親兄弟がこの美術館で働いていた人がでてきて、世襲制に近いものがあったのでしょうか。
現在の館長も父親が館長をやっていたので、小さい頃から美術館になじみがあったようです。

一つ一つの部屋にこれでもかというほどの絵が隙間なく飾られています。
美術館に行くと、その多さに圧倒されて、絵をじっくり見ると一部屋で披露困憊になってしまいそうです。
その点、展覧会ではゆっくりと一つ一つを見ることができるのでいいですね。

映画の中で特に印象に残っているのが、第二次世界大戦中のレニングラード包囲です。
ドイツ軍がやってくる前に急いで美術品を疎開させるために館員が総出で美術品の梱包作業にあたりました。


映画に出てくる写真ですが、このように額だけが残され、美術品はウラル山脈へと送られたのです。
この頃、食べる物がなかったので、「猫を食べて美味しかったわ」などと言う女性が出てきましたが、本当に猫を食べたのでしょうか?

この他にも美術品を贈答品として政治的に利用しようとしたり、盗難があったり、学芸員たちが収容所送りとなったりと、様々な危機があったようですが、美術館に関わる人たちのおかげで美術品は守られたのだということがよくわかりました。
エルミタージュ美術館はロシアの歴史そのものですね。

映画にたくさんの彫像がでてきたのですが、今回の『大エルミタージュ美術館展』には彫像が来ていないのが残念です。

意外だったのが、印象派の絵画があるということです。
ゴッホやゴーギャン、ルノアール、マティスなどのいい絵があるのです。
特にマティスの『ダンス』やルノアールの『庭にて』は見たいですね。

             マティス 『ダンス』

             ルノワール  『庭にて』

どうもこれらの絵は旧ソ連軍がドイツで押収したようで、スターリンの死後1956年まで、退廃的だということで秘蔵されていて、見ることができなかったそうです。

現在は現代美術と昔の美術(なんていえばいいのかな?)が共存する展覧会も開かれています。

映画の最後に「弐代目・青い日記帳」のブロガーさんのトークがありました。


彼もマティスが見てみたいそうです。

そうそう、美術館には猫の警備員がいるそうです。
ネズミ取りが主な仕事だそうです。


私も猫になって豪華絢爛たる宮殿を歩き回りたいですわ。
ロシアだから餌はよくないかな?