『出張鑑定にご用心』――アンティーク×ミステリ・シリーズ第一弾2014/12/26



ニューハンプシャー州ポーツマスでオークションハウスを営むジョシ―が主人公の新シリーズです。
彼女は前に勤めていたオークションハウスの価格操作スキャンダルでトップの陰謀を暴いたために同僚から総スカンをくらい、会社を辞めて自分のオークションハウスを営むようになったのでした。

出張鑑定をするために依頼人の老富豪の屋敷に行ったのに、彼は不在でした。
ところが、彼はジョシーが訪れた頃に屋敷で殺されていたのです。
容疑者となってしまったジョシーにとって頼りになるのは弁護士のマックスだけ。
彼は捜査状況の様子見を勧めるのですが、ジョシ―は黙っていられなく、新聞記者と取引をして警察の捜査状況を知ろうとします。
そして、わかったのは依頼人は戦後行方不明になっているルノアールの絵を持っていたということでした。

父親の死からまだ立ち直っていない主人公のジョシーの頼りなさに、ちょっとイラッときます。
ビジネスでは有能なのに、精神的にあやういっていうのがアメリカの女性経営者なんでしょうか?
最期はおきまりのロマンスが・・・。
次回は鑑定に関する薀蓄がもっと出てくるのを期待しますわ。


今年のクリスマスケーキはシンプルなものにしました。


上にあるチョコとクッキーは自分でのせました。
一見、まずそうですが、スポンジはおいしかったです。
やっぱりクリスマスケーキはシンプルなものに限りますね。


食事をしているママをジッと見ている兄。


ママが見ていないと、弟は兄にちょっかいを出しにいきます。

昨夜、毎年楽しみにしている「クリスマスの約束 2014」を見てみたら、今までの総集編みたいになっていてびっくりしました。
今年は観覧なしで、最初と最後に歌っただけ。
ゲストの細野晴臣とはたった一曲、「スマイル」だけ。
これはTV局と何かあったのではと思わせられる内容ですねぇ。
総集編を放送するならするでいいんですが、事前に発表してほしいです。
眠いのを我慢していたのに。

この分では来年はないか・・・。

FUNKY MONKEY BABYS 『LAST BEST』2013/03/26

今日はいつものように病院までタクシーで行きました。
本当は一カ月ぐらいギブスをしていた方がいいそうです。
骨がくっつくまで2~3ヵ月はかかるそうで(びっくり!)、色々と都合がありますので、来週にギブスを取ることになりました。
帰りは本屋に寄って、その後、タクシーから花見をしました。
今日のタクシードライバーは当たりでした。
行きは女性で色々とお話し、帰りはかわった男性で、私が「(遠回りでいいから)桜並木を通って下さい」というと、「ありがたいお客さんです」などと言われ、それから楽しくおしゃべりしました。
ゆっくりと走ってくれたので、いい花見になりました。


iPhoneのカメラで撮ると、こんな感じです。
桜は先週末よりもいいそうです。

さて、ファンモンが解散するということなので、一応ベストアルバムはもっているのですが、ラストのベストアルバムを買ってしまいました。


表紙は相変わらずDJケミカル君。
彼はコマーシャルで八王子を紹介していますが、話し方が流石住職になる人です。まともでした。(私は何を期待してたのでしょう)
写真はおさるさんの真似をしてますね。
歌詞の冊子の表紙の写真はしゃれですかね。
冊子中の写真を見ると、あまり書道が得意じゃないようなので、住職としてみんなに尊敬されるように書道を習いましょうね。(私もこの頃さぼっているので、またやろうかしら)

予約して買ってよかったと思ったのは、なんと、ラストライブのチケット先行予約のお知らせが入っていたことです。
チケット2枚、申込みができるそうです。
やったぁ~。もう買えないだろうと思っていたのです。
残念ながら抽選です。去年は先行予約はことごとく外れていますが、ここんとこついていないので、当たる確率が高いかも(願望です)。
最初で最後のライブ、行きたいです。

海堂尊 『スリジエセンター1991』2012/12/02



ブラックぺアン1988』、『ブレイズメス1990』とこの本で三部作だそうです。

スリジエセンターという最先端の心臓手術専門病院を創設するという使命をおびて日本にやってきた天才心臓外科医・天城雪彦と彼のたった一人の部下として働いていた「ジュノ」こと研修医・世良ですが、スリジエセンターを作らせまいとして様々な権謀術数の限りが尽くされます。
こんなにもすざましいものなのですか・・・。
まあ、どこの企業や大学病院などの組織には大小問わずにあるのでしょうね。
天才というか、他と違う異種類ははじかれるということですか・・・。

ひとついただけなかったのは、患者をこういうかけ引きに遣って欲しくないということです。
これで私の高階権太の評価が地に落ちてしまいました。

スリジエとはフランス語で桜という意味だそうです。
桜のように潔く咲いて散っていく、天城の生き方に合っていますね。


家の犬は三度目のトリミングに行ってきました。


顔はすっきり。目に毛がかからなくして、耳を長くしてもらうことにしています。


後ろは伸ばしてもいいのかもしれませんが、毛玉ができると大変なので短くしてもらっています。


トリマーさん曰く、床におろすと嬉しそうに走り回っているそうです。
人間大好きな犬ですから、色々な人にかわいがってもらうことにしましょう。
 
犬の散歩をしていて思うのは、煙草のポイ捨てが結構多いということです。
犬がくわえて困ります。
ポイ捨て止めましょうね。

散歩で犬同志ですれ違う時、吠える犬が少なからずいますね。
家の犬は犬には無関心なので吠えないのですが、大きな犬だと怖いし、相手の飼い主も宥めるのが大変なようなので、この頃、大きな犬とすれ違いそうな時は気をつけるようにしています。
小さな犬なら様子を見て、大丈夫そうなら犬同士で挨拶をさせています。

今日は散歩をしてトリミングをしたので、とっても疲れたようで寝ています。
明日からお留守番なので、淋しがりそうです。(飼い主もね)

淋しいと言えば、ファンキーモンキーベイビーズが解散するそうですね。
なんとケミカル君(真ん中にいる子)が実家の寺を継ぐそうな。
いいお坊さんになってね。

畠中恵 『ねこのばば』&『おまけのこ』2012/02/16

このところホイットニー・ヒューストンを聞いています。
たった48歳で亡くなってしまうとは思ってもいませんでした。彼女の年取ってからの歌を聞いてみたかったです。
この前バーバラ・ストライサンドが歌っているのを見ましたが、彼女は70歳近くなっても声量も衰えず、すごいと思いました。
ホイットニーも生きていたら彼女のようになったでしょうか。
彼女の歌ではデビューアルバムに入っている『Greatest Love Of All』が一番好きです。特に下記の歌詞が色々と悩んでいる時に力になりました。

I decided long ago, never to walk in anyone's shadows
If I fail, if I succeed
At least I'll live as I believe
No matter what they take from me
They can't take away my dignity
Because the greatest love of all
Is happening to me
I found the greatest love of all
Inside of me
The greatest love of all
Is easy to achieve
Learning to love yourself
It is the greatest love of all

「誰も私から「dignity」を取ることはできない」という部分が今でもジーンときます。
晩年の彼女に関する報道から思うに、彼女には「Learning to love yourself」ができなかったのかもしれません。




さて、しゃばけシリーズ。
第三弾で印象に残ったのは、一太郎の幼馴染、栄吉の妹お春の嫁入り話です。

菓子司美春屋の息子なのに、栄吉はものすごく菓子作りが下手です。特に餡子系がダメ。どうやったらこんなのができるのというぐらいまずいのです。
若だんな命の佐助と仁吉にすれば栄吉はどうでもよく、口の悪い彼らは栄吉の作るお菓子についてとんでもないことを平気でいいます。
普通の人なら食べられないほどまずい栄吉のお菓子を鳴家たちは喜んで食べています。小鬼で怖い顔をしているわりに鳴家たちはいい性格してます。一匹欲しいぐらいです。

栄吉の妹のお春は一太郎のことが好きでした。しかし、一太郎は大きな問屋の若だんな。身分が違います。兄の栄吉はお春の気持ちを知っていて案じていました。
一太郎もそれとなく気づいていましたが、お春のことは妹としてしか思えません。
そんなお春に縁談が。
彼女はどうやって一太郎への気持ちを断ち切ったのでしょうか。



第四弾も短編集です。
この中で一番好きなのは、お雛と屏風のぞきの話です。

お雛は両親が死んだため祖父母が営む紅白粉問屋、一色屋に引き取られています。彼女はおしろいを顔に厚く塗っています。悪いことに家がおそろいを商っているので、おしろいは使い放題。そのためだんだんとお化粧が厚くなっていって、今は仮面のようです。彼女の悩みはお化粧を取ることが出来ないことです。化粧をとって人前に出られない彼女の心には何かありそうです。

屏風のぞきって皮肉屋でイケズと思っていたのですが、お雛とのことを読んでから好きになりました。彼って意外と優しいんです。
お雛と屏風のぞきの関係は・・・読んでみてください。

びっくりしたのが、新潮社に「しゃばけ倶楽部~バーチャル長崎屋」があり、その中の「しゃばけオンラインショップ」でしゃばけグッズを売っていることです。
『家政婦のミタ』の時も驚きましたが、こういうのって流行っているのですかね。商魂たくましいですね。私は鳴家のスタンプが欲しくなりました(笑)。

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』2011/12/26

昨夜、小田和正の「クリスマスの約束」を見ました。
若い人からそれほど若くないベテランが若干混じって、ひとつのハーモニーを作り上げるというものでした。
私なんか顔を知らない人がたくさんいて、お客さんが歌っているのかしらなどと勘違いしてたりしました。歌は顔で歌うもんじゃないですものね(失礼)。
ファンキーモンキーベイビーズがいてびっくりしました。いつも後ろで踊っているDJケミカルも一応歌って(いるふり?)いましたよ。それも口があまり開いてません。
ファンキー加藤とモン吉が前で歌っている時には出てこないし・・・。
なんとも不思議な人です。
ケミカル君に目が奪われた「クリスマスの約束」でした(笑)。(結構カメラの人、ケミカルを映しているのよねぇ・・・)
出演者が自分の持ち歌を次々と歌うというところは出演してもらうからには仕方がないのでしょうか?
他の人のブログを読んでいて思い出しましたが、小田さん一人の時の誰も来ない頃が懐かしいです。
STARDUST REVUEの「木蘭の涙」いい歌ですね。




村上春樹は彼の書いた本の中に音楽が出てくるので、相当な音楽ファンではないかと思っていました。
しかし、この本を読んでクラシックに関する薀蓄が普通のクラッシックファン以上じゃないかと思いました。
私は聴くのは好きですが、それだけで、コンサートにもそれほどいかないし、CDもそんなに買わないし、ファンといえるほどのもんじゃないです。ただの音楽好きです。
村上春樹ぐらいの知識はクラッシックファンには当たり前なのでしょうか?

小澤征爾は日本人で一番世界中で知られている、成功した指揮者でしょう。
彼が癌にかかり、その後腰痛でコンサートをキャンセルしたといいうことは新聞で読んで知っていました。

私は若い頃にアメリカに旅行に行って帰る空港の出国審査の時、小澤さんを見たことがあります。彼は奥様と子供たちと一緒に出国審査を待っていました。私が顔を知っているのですから、更に有名になっていたのでしょう。たぶんボストンにいた頃かもしれません。
彼が指揮するとひとつのコンサートで何千万も稼ぐと、区のオーケストラの一員でチェロを弾く人が言っていましたが、私が見た頃はそんなんでもなかったのでしょうか。意外と地味な印象でした。スーツケースを足で蹴って何やら言っていたので、ずいぶん粗野な人だと思いました。

その彼が闘病中で暇ができたので、村上とのインタビューに応じているというのが、この本です。
彼の師であるカラヤンやバーンスタイン、ピアニストのグールドやゼルキン(子どもの方)、サイトウ・キネンのことや、初めてブーイングされた時のことなどおもしろい話題がたくさんでてきます。
東洋人でありながら世界的に認められたのはカラヤンにかわいがられたおかげでしょうね。
よくわからないのはN響事件です。彼も若かったということでしょうか。それでもその後海外に渡り活躍できたのですから、災い転じて幸となったのでしょうね。

私のようなクラッシックに無知なものでも十分おもしろい対談です。

それにしても村上春樹のクラッシックの知識はすごい・・・。