髙田郁 『あきない世傳金と銀 四 貫流篇』2017/08/12

アムロジンを追加してからも、なかなか血圧が上140以下に下がりませんでしたが、昨日から110台になってきました。
おかげで体がだるくて、動く気にならず(いつもかな)、天候も悪いこともあり、家に引きこもっています。
仕事も週四日の予定ですが、来週までは週三日にして体を慣らすことにしています。
が、やはり疲れるらしく、今朝、左目が赤くなって、色のついためやにが出ています。
急遽抗菌剤をつけて様子を見ています。
私は冬よりも夏の方が感染症に罹りやすいみたいです。



楽しみなシリーズの新刊です。

大阪天満の呉服商「五鈴屋」の四代目と五代目店主に嫁いだ幸ですが、ある事件をきかけに五代目店主の惣次が出奔し、店には二度と戻らず隠居する、六代目を弟の智蔵に譲る、幸とは離縁すると言ってきます。
智蔵は浮世草子の書き手になるために家を出ていました。
智蔵は夢をあきらめて家を継ぐのか、幸は離縁されたらどうなるのか。
智蔵とお家さんの富久は意外な決断をします。

女である身ながら商いの道を志す幸は運命に翻弄されながらも、ただ一筋、自分の信念に基づき進んでいきます。

前に立ちはだかる試練を次々と乗り越えて行き、最後に大きい花を咲かせるのはわかってはいても、ドキドキしながら読んでいます。
男はどうしようもないですね(笑)。

ヨハン・テオリン 『夏に凍える舟』2017/07/12

緑内障の手術をした左目が赤くなり、目やにがでていましたが、抗菌目薬を点し続けたおかげで、なんとか落ち着いてきました。
今はちょっと房水の出が多いかなという感じですが、汚い手やハンカチなどで触らないようにしています。
冬に感染症が多いといいますが、私は夏の方が弱いので、これから残暑のある9月までの間は気をつけるようにしようと思います。


エーランド島四部作の最後の作品。

一年で一番島が美しい季節になりました。
都会から多くの旅行客が島を訪れます。
島でリゾートを経営するクロス一族の末っ子、ヨーナスは久しぶりに過ごすエーランド島の休暇を楽しみにしていました。
しかし、ある夜、ひとりでボートに乗り海に漕ぎ出した時に幽霊船に遭遇してしまいます。
命からがら陸に戻ったヨーナスは元船長のイェルロフのボートハウスに助けを求めます。
彼から幽霊船の話を聞いたイェルロフは嫌な予感がしました。

一方、復習を誓う男が島に帰ってきました。
彼は幼い時にエーランド島で暮らしていたのですが、1930年代に義父と共に新しい国へと旅立ったのです。
新しい国=アメリカだと思っていたのに、たどり着いたのはソ連でした。
ちょうどソ連は恐怖政治の真っただ中。
多くの軍事指導者や共産党員、一般市民が矯正労働収容所へ送られ、殺されていました。
彼は故郷のエーランド島に帰りたいがためにさまざまな辛苦を乗り越えたのです。

最後を飾るには、あまりにも悲惨な人生です。
だからといって復讐を肯定できるわけはありませんが。

人間たちの心とは対照的に自然はあくまでも美しく、移ろい続けていきます。
イェルロフの決意も自然にくつろがされてしまいます。
無理せず、生き続けられるうちは生き続けていくのが、人間にとって正しい生き方なのかもしれませんね。


気になっていたお店がありました。
2回ほど行ったのですが、いつも満員でした。
暑い日は人が少なくなるので、どうかと思って行ってみると、入れました。
「Boulangerie  Bistro EPEE」というパン屋とビストロが一緒になっているお店です。


生ハムとアボカドのサラダ。


濃厚なセロリのスープ。


豚肉の煮込み料理。(名前を忘れた)
これにコーヒーとデザートがついています。
ブイヤベースもあったのですが、暑いので肉料理にしたのですが、他の人はブイヤベースを頼んでいました。
ちょっと失敗したかと思ったのですが、これも美味しかったのでいいですわ。

パンも美味しそうだったので、買って帰り、相棒の帰りが遅いので、パンを夕食にすることにしました。
後、2キロ、痩せろと言われているのに、痩せられないですわ・・・(恥)。

和田はつ子 『うに勝負―料理人季蔵捕物控』2017/07/10

なんか手術した左目から房水がいっぱい出ているなぁと思っていたら、昨夜、目やにが出だしました。
目の白目も少し赤くなっています。
また感染症になったら大変ということで、もらってあった抗菌目薬を点し始めました。
私は暑さに弱いらしく、体力が落ちるようです。
しばらく様子を見ますが、何事もなく終わってくれればと思います。


いつも季節の素材がでてくるので、食べたくなります。
梅雨の日には茗荷がいいらしいです。
茗荷ご飯や茗荷鮨なんて美味しそうです。
茗荷には汗を出やすくする薬効があって、暑気中りにはいいそうです。
そういえば茗荷を食べると忘れっぽくなるという落語がありましたが、本当かしら?

季蔵と三吉が仕込みをやっている時に、戯作者の華多屋徳次郎と名乗る男がやってきて、生ウニ料理を流行らせてくれと言いだします。
それから数日後、同心の田端と岡っ引きの松次が店にやってきて、大伝馬町の生糸長者の華多屋徳右衛門が大川の上から忽然と消えたと季蔵に話します。
戯作者と生糸長者は同一人物で、後に大川で骸となって見つかります。

季蔵は華多屋の供養のために死の真相を調べると共に越前雲丹と生ウニを使った料理を考えようとします。

季蔵が考えたウニ料理は、生ウニ丼、ウニ茶漬け、生ウニとタコの和え物、生ウニの冷や奴、三つ葉と蒲鉾の塩ウニ和え・・・。
お酒が進みそうですね。

昨夜、めずらしく兄犬が外で寝ていました。
ジッと見ていると、クルっとひっくり返りました。


すっぽりとベッドに入っています。

今日のランチ。
太るので、そろそろ外食はやめようと思っていますが、ついつい人が並んでいなかったので、「ペパカフェ・フォレスト」に入ってしまいました。


ランチは4種類あります。
3種類は食べたので、最後のオムレツご飯を頼みました。
まずいわけではないのですが、他の3種類の方がお勧めです。

眼科に行く2017/07/06



夜、寝ずらいのでクーラーを入れていると、寒いのかハウスで寝る兄犬。
こちらはヘソ天寝姿を楽しみにしているのですが(笑)。


2~3ヶ月ごとに眼科へ行っています。
眼科と同じように内分泌科(か循環器内科?)へ同じようなペースで、一生通わなければならなくなった私です(泣)。
セララと暑くなったおかげで、血圧が上110~120、下80~90という値になってきました。
安静にしてから測るともっと低くなりそうです。
体重もなんとなく減っていますが、「3㎏痩せないと痩せたと言わない」そうで、まだ1㎏ぐらいなので、痩せたと言えないですね。
1㎏ぐらいは食べるとすぐに元に戻るもの(笑)。

眼科では視野検査をしました。
この頃、見ずらくなってきたので、どうかと思っていたら、医師がショックなことを言いました。
「変わりはないといえばないんだけれど、いつ手術したっけ?上は進んでいるけど、下は進んでいない。末期の中ごろだからねぇ。まあ、これでもっているからいいんだろうねぇ」
自分でも左目は末期だとは思っていましたが、医師から「末期の中ごろ」と断定されてしまいました。
緑内障の左目の眼圧は11、正常な右目は22.
右の眼圧が高いので、目薬を増やそうかと迷っている様子です。
実は目薬を忘れることが多いんです。毎日点してないんです。
今日からまじめに点します。
右目が見えなくなるとアウトですものねぇ。

自分の健康は自分で守るという自覚がないことを指摘され、笑うしかない私です。

眼底を見るために瞳孔を開く目薬を点しました。
外に出ると日差しのまぶしいこと。
サングラスをかけていても目を開けていられません。
電車に乗って乗り換える時に、まぶしいので行き先を見ないで乗ってしまいました。
気づくと反対方向への電車に乗っていました(恥)。
駅から家へは日傘をさして歩くと、少しはましになりました。
この目薬は危険です。年を取ると・・・心配になりました。

眼科に行く2017/04/20



私が仕事に行く用意をしていると、弟はジッと見ています。
兄は諦めてふて寝をしています(笑)。


2~3ヶ月ごとの眼科の診察に行ってきました。
なんと手術をした左目の眼圧が8というすばらしい値です。
血圧が下がると、眼圧も下がるということ・・・ですかね。

思い切って眼科医に聞いてみました。
私の眼底から動脈硬化の状態がわかりますかと。
「高血圧の眼底ではないね。でも、そう簡単に動脈硬化が進んでいるのかどうかは、眼底検査からはわからないよ。臨床と研究の違いで、関係はあるけど。動脈硬化が進んでいれば、光るけど、光っていないな・・・」
特に眼底検査からは動脈硬化が進んでいるようには見えないようです。
よかったです。

血圧は上110~130、下70~90とだんだんと落ち着いています。
気になるのが除脈です。
朝、脈数が30~40などということが続き、びっくりです。
朝は脈がゆっくりで弱いのでしょうか?
血圧計の間違いですかね。