読んだ本の覚書2017/03/08

クリスマスローズが満開などと書いていましたが、もっと咲き出しました。
これからももっと咲くようです。




クリスマスローズは土に植えると根ずくようなので、他の種類を探して植えてみようかとも思います。
花びらの数が多いのが欲しいです。

本を読んだのですが、忘れないように一遍にまとめておきます。

薬丸岳 『その鏡は嘘をつく』
『刑事のまなざし』と『刑事の約束』の間に書かれた長編小説です。
期待して読んだのですが、内容的には今一でした。

西條保彦 『ぬいぐるみ警部の帰還』
ぬいぐるみが事件を解決していくのだとばかり思って読んでいたら、全然違いました。
イケメン警部がぬいぐるみが好きだというだけです。
いつも現場にぬいぐるみがあるのは何故でしょう?

柏井壽 『鴨川食堂おまかせ』
一連の短編。これといった変化はなく、相変わらずの鴨川食堂です。

似鳥航一 『東京バルがゆく』
大手メーカーを辞めて、移動屋台でスペイン風のバルを始めた貝原。
一人で始めたはずなのに、何故かもう一人・・・。
彼を巡る様々な人との出会いを描いた作品。

安東能明 『第Ⅱ捜査官 虹の不在』
元物理教師だった神村五郎が刑事に。
教え子の新米女刑事と一緒に事件に挑みます。

あさのあつこ 『弥勒の月』
あさのさんの書く江戸物がどういうものか読んでみましたが、それほどではなく続きも読もうかどうか考え中です。
シリーズ化しているので、これからおもしろくなるのかしら?

桜木紫乃 『起終点駅 ターミナル』、『水平線』、『誰もいない夜に咲く』
北海道を舞台に、そこに住む人々の悲哀を描いた短編集。

泉ウタマロ『人生逆戻りツアー』
死んで天に行きそこで守護天使に会い自分の人生を振り返ったらどうなるのか。
自分が考えていたことと、他者が考えていたことが違っていたら、そして、自分の魂の求めることを無視していたら・・・。
クロードのようなことがどんな人にでもあるような気がします。

佐藤愛子 『それでもこの世は悪くなかった』
もう93歳になる愛子さんが「悪くなかった」と言っているのなら、信じようかとも思えます。
考え方が違うなと思う所もありましたが、人それぞれなのでいいでしょう。
自分が93歳になってもこれほど元気でいられるかしら?

中野京子 『美術品でたどるマリー・アントワネットの生涯』
「マリー・アントワネット展」に行く前に読んでおくと、より展覧会を楽しめた感じです。残念、読む前に行ってしまいました。

磯淵猛 『紅茶の国 紅茶の旅』
著者は紅茶の輸入をしているようで、毎年紅茶の産地へのツアーを開催しているようです(今もやっているのかは不明)。
中国、スリランカ、スコットランドと旅します。
紅茶は中国からイギリスに渡ったのに、中国ではそれほど飲まれていないことがおもしろいですね。
中華料理と合わないからなのですかね。

河合克敏 『とめはねっ!』12~14
彼らも高校を卒業ということで、名残惜しいですが、終わってしまいました。
おもしろいシリーズでした。

犬養ヒロ 『カラス飼っちゃいました』
怪我をしているカラスを拾ってしまい、飛べないので野生に返せず、自宅で飼うことになってしまいます。
カラスの意外な生態がおもしろいです。

上野うね 『浅草うねうね食べある記』
前に浅草まで歩いて行ける範囲に住んでいたことがあるのですが、知らないお店が沢山出てきて、また浅草まで行って食べ歩きしてみたいと思いました。
今は外国の観光客がワサワサいて、ゆっくりできないんだろうなぁ・・・。

古賀慶 『トレース 科捜研法医研究員の追想 1~2』
科捜研に勤める真野には悲しい過去があり、科捜研に勤めたのにもある理由がありました。
真野がどのように復讐をとげていくのか興味があります。

鴨居まさね 『マルちゃんは猫です』
マルちゃん、かわいい。猫好きはたまんないんだろうなぁ。

島津響子 『漫画家、パーキンソン病になる。』
難病はすぐには確定できないらしく、確定されるまでの苦労がしのばれます。
島津さんは手術を受けられていますが、パーキンソン病の治療に手術療法があることを知りませんでした。
私の元同僚の男性がパーキンソン病で亡くなっています。

この中のお勧めは漫画と桜木さんと泉さんですかね。
まだ読んだものがあったような・・・。

山本文緒 『再婚生活 私のうつ闘病日記』2017/01/23

庭の鉢植えが元気になりました。
寒さでセントポーリアやシクラメンが枯れそうになっていたのです。
日の当たる所に引越すると、やっと元気になってくれました。


薔薇が一輪咲きました。


真夏は花を育てる気になりませんが、冬は花を育てるのが楽しみになります。


山本文緒さんはうつ病で書けなくなっていたそうです。
とは言っても、私は彼女の本を読んだことが・・・ない(?)し、ファンでもないのですが。
11年間に渡るうつ病の最後の4年間の記録です。

                                                      うつ病闘病記なのに、なんで題名に「再婚生活」とついているのかと疑問に思う人もいるでしょう。
うつのひどい時期と再婚生活が重なっており、編集者である旦那様(「王子」とは・・・)は奥様のうつ病がひどい時期に休職までしています。                    
最初は通い婚だったのですが、じばらくしてから一緒に暮らすようになります。
旦那様が奥様に振り回されることもあるのですが、旦那様は奥様を見限るわけでもなく、黙って支えてくれます。
編集者という仕事で忙しいのにもかかわらず奥様のために朝食とお昼のお弁当まで作るんです。
我が夫は私がこのようになったら支えてくれるだろうかと思ってしまいました(笑)。

どういうことでうつ病になるのか、それは人それぞれでしょう。
誰でもかかる可能性があると言われています。
突然に何もかもやる気になれず、家事ができなくなる。だるくてどうしようもなく、起き上がれず寝てしまう。過眠と不眠が続いていく。そのうちそんな自分を責めてしまう・・・。
誰でもそんな時期が少なからずありますが、それがずっと続くとうつ病になるのでしょうか。
私も家事をやる気になれず、家の中が汚いままで、料理もいい加減に作っていたことがありますが、体が楽になったら大丈夫だったので、うつではなくてただの体の病気だったようです。
今は午前中はだるく何もやる気になれず、午後に活動を始めますが、薬のせいなのか悩むところです。
病気ではないけれど少なからずうつ傾向はあるのかもしれません。

山本さんの日記の前半を読んでいてびっくりしたのが、病気だというのに行動的だということです。
誘われれば外出をし、煙草を吸い、食べ飲み、クラブに行き午前様。そして次の日はダウン。
日常的に食べる物はカップめんとモスのハンバーガー、油ギトギトの中華!
40代でこんなことしてたら体に悪いよね。
なにかこの人、強迫観念があるのかな?
これではゆっくりと休む間もないよなと思いました。
やはりこういう日常は病気を悪くするらしく、入院を繰り返しています。
入院していても忙しそうなのは何なんですかね。
後半の病気がよくなる頃には煙草も飲むのも止め、クラブにも行かなくなったようです。
体と心は密接にかかわっているんですねぇ。

笙野頼子さんとは文体が違うので、表現の違いがわかって一緒に読んでみるとおもしろいでしょう。
ただしうつ病の人は気をつけて読んでくださいとのことです。

久坂部羊 『大学病院のウラは墓場 医学部が患者を殺す』2017/01/22



久しぶりに公園に行ってきました。
公園と行っても、この公園では犬は砂場や水辺には入れません。
前に住んでいた市は犬には優しく、散歩していると話しかけてくる人が多く、公園で犬を走らせてもいいし、獣医も近くにあったので、犬には住みやすい町でした。
コンクリートの上ばかり歩くと膝に悪そうなので、膝の緩い兄犬が心配なのです。


今日は大分歩いたので犬たちも疲れたかな?
兄犬はメスのプードルと仲良くなろうとしましたが、無視されてしましました(笑)。



今までに2回手術をしましたが、2回共に個人病院でした。
個人病院の場合、手術する医師がわかりますから、技術などに不安がなく、すべておまかせしますという感じでストレスなく手術を受けることができました。
初めて大学病院で検査や診察を受けてみて色々と不安なことがあり、他の人たちも同じなのかどうか知りたいと思い医療関係の本や闘病記などを読んでいます。

この本は医師が書いた2006年における大学医局を中心とした医療事情と問題提起です。
題名を見ると大学病院批判のように思えますが、全く違います。
なんで出版社はこんな題名をつけたのか疑問です。

読みながら思ったのは大学病院に行けば最高の医療が受けられるという幻想は捨てなければならないということです。
深作医師もそう書いていますし、私も診察を受けて思いました。
大学病院は教育・研究・診療という3つの場であるのですが、研究に重きが置かれているのです。
若い医師の練習台になるのも仕方ないのかもしれませんが、しっかりとした後ろ盾がないと、患者のエゴだと言われても、いくらなんでも嫌ですわ。
もう何をやっても助からないというのでしたら、人体実験に参加してもいいとも思いますが、そうでなければちゃんとした医師に手術していただきたいです。

おもしろいと思ったのは、看護師に対する批判です。
大学病院の看護師は働かないというのです。
一般の病院でしたら静脈注射や点滴、導尿、膀胱洗浄、胃チューブの挿入などを看護師がやるのに、大学病院ではすべて医師がやるというのです。
そういえば検査の時に医師が血液を採ったり、ライン確保したりしたのでびっくりしましたものね。
医師もできた方がいいと思いますが・・・。
「看護師はよい人なので、それを攻撃する記事は世間にウケないというわけだ」などと書いてあり、医師は看護師をこういう目で見ているのかと驚きました。
患者にとって日常的にお世話になるのが看護師ですから、見方も甘くなると医師は思っているのね。
仕事の重さ(命にかかわるかどうか)の違いだと思うのですけど。

医師というのはこの上もなくやりがいがあり、人のためになる仕事だと思います。
しかし、やる気をそぐような劣悪な労働環境をもたらす体制であるというのは大きな問題です。
医師になるということは大変なことなのだなと思いました。

この本から10年が経っていますが、医療現場は変わったのでしょうか。
それとも医療現場の危機的状況は進んでいるのでしょうか。
病気になることに不安を覚えた本でした。

『キラーストレス こころと体をどう守るか』 NHKスペシャル取材班2017/01/18



NHKスペシャルで放送した内容を本にしたものです。
簡単に内容を紹介してみますね。

現代人の脳はストレスに弱く、田舎に暮らしている人よりも都会に暮らしている人の方がストレスが強いようです。
都会は刺激が強すぎるし、人間関係もギスギスしているんでしょうねぇ。

若い女性(50歳以下)は男性や50歳以上の女性よりストレスに弱く、複数のストレスにさらされている場合には心臓病のリスクが高くなるそうです。
その年代の女性は子育てや親の世話、仕事などやらなければならないことが男性よりも多いですものね。

びっくりしたのは、子供時代にいじめや虐待などの強いストレス体験がある人はおとなになってから「ストレスに弱」くなるそうです。
子どもがどういう環境で育つかが病気になるかどうかにも関係するんですね。

「キラーストレス」とは医学用語ではなく、ストレスにより心の疲労が進み体に不調が現れ命の危険がもたらされることからNHKスペシャル取材班が名づけたのだそうです。

ストレス対策も紹介されています。
一つは「コーピング」(ストレス対処行動)。
ストレスがかかったときにどんな気晴らしをすれば気分がよくなるのかリストアップしておくということです。
どんな些細なことでもいいのです。100個リストアップしてみるといいそうです。
100個もできるかしらと心配になりますが、「やってらんねー、と心でつぶやく」とか「好きな豚骨ラーメンをイメージ」、「雨音を聞く」、「宝くじが当たったと妄想」とかなんでもいいのです。
「死ぬまでにしたいこと」リストよりも簡単にできるかもしれませんね。

もう一つの対策は「マインドフル」。
「はっと我に返った状態」「今の現実に注意が向いた状態」を「マインドフル」というんだとか。
「マインドフル」になるいい方法が瞑想です。
瞑想のやり方なども書いてありますから、興味のある方は本を読んでください。

ストレスのない人生ってありませんが、そのストレスとどう付き合っていくのかが大事なんですね。
私の病気もストレスと密接にかかわっているのかもしれません。
これからはのんびりと暮らすか、またストレスいっぱいの生活をしていくのか、考えどころです。
新しい病気は健康な人よりも心臓や脳などに影響があるらしいので、本当に「キラーストレス」になってしまうかもしれませんね。
よく考えますわ。

井上ユリ 『姉・米原万里 思い出は食欲と共に』2017/01/16



米原さんの妹、ユリさんは井上ひさしの再婚相手だったのですね。
初めの奥さんとは色々とあったようで、DVが評判になっていましたが、ユリさんの時は大丈夫だったのでしょうか。
よけいな心配をしてしまいました。

米原家は食いしん坊な家系で、みんな食べるのが早く、ある中華料理店で食べた時にあまりにも食べるのが早すぎたのでコース料理がまだでていないと思われて二度同じものを食べたことがあるとか。すごいですねぇ。

お茶大を出たお母様は勉強や仕事が好きで、家にいないことが多かったようです。
お母様がいないのでお父様が料理を作ってくれたりしたというのは、さすが共産党員ですね。
女は家庭に入り、男が働くという意識はなかったということですね。

ユリさんは食べるのが好きで、なんでも食べたそうです。
その一方、万里さんは慣れないものは食べなかったそうです。
姉妹でも違うんですね。

ユリさんは北海道の大学を出た後、理科の教員をやっていたのに辞め専門学校で和食を学び、イタリア料理の修行にイタリアに行きました。
帰国後は自分の店を持ちたいとは考えたのですが資金が足りず、とりあえず料理教室を開き、今に至るようです。
ユリさんは自分の好きなことを追及する人なのですね。

万里さんは建築を学びたいと思っていたのですが叶いませんでした。
二浪して外語大学に入りロシア語を専攻し、ロシア語の通訳をやるようになりました。
本人は通訳を嫌々やっていたようですが、後にペレストロイカ特需で随分稼いだそうで、うらやましいですわ。
彼女、一重が嫌で、まぶたを二重に見えるように黒く塗っていて、香水も普段から使っていたようで、おみやげに買ってきた黒パンにその匂いがついていて、ユリさんは食べられなかったと書いています。
服装も個性的で、じゃらじゃらとアクセサリーをつけていて、亡くなった後に知り合いの方々に形見としてあげても大量に残ったそうです。
姉御肌の人かと思っていたら、意外とグジグジ考える人だったとか。
お友達になれるかどうかはわかりませんが、本当に個性的なかわいらしい人だったのですね。

ふと考えると、万里さんは56歳という若さで亡くなっています。
今生きていると66歳?
彼女は今をどんな風にエッセイに書くのかしら?
読んでみたかったです。