渡辺一史 『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』2019/01/08

実はまた職場を変えることにし、2月から新しい職場に行くことになりました。
ホント、次々と雇ってくれてありがたいです。
こんどこそ、長く勤めたいものですが、どうなることやら(笑)。
今の職場は人が足りない時にヘルプで来てくれてもいいと言ってくれているので、声がかかり暇なら手伝いに行くことにします。
右膝の状態も変わらないので、のんびりやりますわ。



映画になった『こんな夜更けにバナナかよ』を読んでみました。
この本は映画のノベライズの方ではなく、2003年に出版され講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した本です。

1959年生まれで札幌に住んでいる筋ジストロフィー患者、鹿野靖明(2002年に48歳でなくなっています)は施設を出て自立して暮していくことにします。
当時、障害を持った人は施設で生活するか、実家で一生世話になるかの2つしか選択肢はありませんでした。
彼には親に自分の介護のためにだけ人生を費やして欲しくない、自分も人として普通に生きていきたいという思いがありました。
筋ジストロフィーは全身の筋肉が衰えていく病気で、自分一人だけでは暮せません。
そのため無償・有償のボランティアに頼るしかないのです。
様々なボランティアたちが鹿野のところにやってきます。
鹿野は彼らに遠慮せずに、ともすればわがままと思われるようなこともやってもらいます。
題名になっているように、夜中にバナナが食べたいから買ってきてくれというように。
私ならそんなお願いはしません。
私だけではなく、多数の人もしないでしょう。
鹿野は違います。
普通の人と同じように暮らし、仕事し、恋し、結婚し、喧嘩し、思い通りの生き方をしようとします。
彼の生きようとするバイタリティがボランティアたちの心を動かしているように思います。

ボランティアって何だろうと思うことがあります。
鹿野のボランティアたちにインタビューしていますが、彼らの言葉がボランティアの意味を教えてくれます。

決して障害者にとって生きやすくはない日本。
どうしたらいいのか、考えるきっかけになる本でした。

河合香織 『ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち』2018/12/05

お酒が飲めないのに、お酒の本を読むのが好きです。
ビールならコップ半分、ワインなら一杯、飲めればいい方です。
何回か飲んで気分が悪くなり、周りに迷惑をかけていますから、いつも飲むときには気をつけます。
たま~に顔が青くなり、吐き気がすることがあるのです。
本人にもいつ気分が悪くなるのかわかりません。
飲まなければいいのでしょうが、雰囲気に負けて手を出してしまいます(笑)。
飲める人がうらやましいわぁ。


この本は日本産ワインを作るために奮闘した若者たち3人のお話です。

日本のワインというと思い出すのは赤玉ワイン。まずそうでした。
まだ20歳以下だった私は飲めませんでしたが。
その頃のワインは国産と謳っていましたが、実際は純粋な国産ではなかったようです。
ワイン造りに生食用のぶどうを使い、海外からワインやぶどう果汁を輸入して混ぜて作っていることが多かったそうです。
そういう世界の常識からかけ離れている日本のワイン造りに異を唱えていたのが醸造家・麻井宇介で、彼に教えを請ったのが、岡本英史、城戸亜紀人、曽我彰彦の3人の「ウスケボーイズ」でした。
彼らはワイン用ぶどうの栽培から醸造までを手がけ、ワイン造りに精力のすべてを傾けて挑みました。

日本のワインが美味しくなったのは、彼らの努力の賜物なのですねぇ。
小布施に行った時にワイナリーがあったのを思い出しました。
曽我さんのワイナリーだったんですね。(HPがおもしろいです)
簡単にはワインは買えなさそうです。
個人的には山梨県のワイナリー、ボーペイサージュの岡本さんのワインを飲んでみたいですけど。

飲めない私ですが、日本産ワインを応援したくなりました。

国分拓 『ノモレ』2018/11/09

本屋大賞 ノンフィクション本大賞の大賞作品が決まりましたね。
『極夜行』だそうです。
受賞前に図書館に予約しておいたので、今月中には読めそうです。
『告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実』は読む時間がなくて途中で挫折してしまいましたけどね(恥)。
テレビのドキュメンタリー作品を本にした物って読みやすいものもあるけど、ちょっとというのも少なくないような気がします。
この『ノモレ』も本屋大賞ノミネート作品の一つで、NHKスペシャルを本にしたものだそうです。


1902年、ペルー、アマゾン。
ゴム農園で奴隷にされていた先住民が農園主を殺害し、二手に分かれて逃げた。
片方の先住民は故郷に戻ったが、もう片方の仲間は戻らず、100年以上の月日が経った。
2015年、突如イゾラド(文明社会と接触したことのないアマゾン先住民)が出現した。
彼らは会えなかったノモレ(仲間)なのか。
先住民イネ族のリーダー、ロメウは彼らと接触したが・・・。

ロメウの立場から本が書かれています。
ノンフィクションというよりも詩的過ぎてフィクションに近い感じです。
結末がちょっと期待はずれでしたが、分からない方がいいのかもしれませんね。

それにしても未だにイゾラドがいることに驚きました。
さすがアマゾン。
彼らが文明化してしまう方がいいのかどうか・・・。
難しいですね。

山寺香 『誰もボクを見ていない なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』2018/11/01



祖父母や親を殺す少年犯罪が頻繁に起こるので驚くことがなくなり、またかとしか思わなくなってきています。

この事件は2014年埼玉県川口市で発生しましたが、残念ながら覚えていません。
殺した少年のことを当時のマスコミは詳しく報道していたのかしら?
祖父母を殺したと報道された時は、ただ単にお金が欲しいから祖父母を殺したと思ったと思います。
しかし、この本を読むと、少年の置かれていた家庭が普通ではないのがわかります。
悲惨な成育環境です。
彼が母親から引き離されていれば、このような事件は起こっていなかったでしょうに。
誰か彼の本音を引き出せる大人がいたら・・・と思います。
でも、そういう人ってなかなかいませんよね。
自分の周りに彼のような子がいるかどうか、残念ながら私には気付けませんもの。
一体どうすればいいのか・・・。
難しいことです。

自分の力の至らなさを感じつつ、出所してからの彼の人生が少しでも良くなることを心から望みます。

内田洋子 『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』2018/09/30



著者は住んでいるヴェネツィアで見つけた古書店に何度か通ううちに店主と話をすることになる。
話の中で、彼の先祖がトスカーナの山奥の村、モンテレッジォ出身で、本を籠に入れて売り歩いていたというのを聞き、モンテレッジォに興味を持つ。
古書で村のことを調べようとすると、店主が実際に行ってみるとよいと言う。
有志が立ち上げた村を紹介するサイトを見て問い合わせをすると、ミラノまで迎えに来てくれ、一緒に村に行くことになる。
未知の村への旅のはじまり・・・。

モンテレッジォは人口が32人という村で、イタリアの文学賞の一つ、「露天商(バンカレッラ)賞」の発祥の地だという。
ちなみに第一回受賞者はヘミングウェイ。
村の入り口で彼が迎えてくれる。
特産物は石と栗。
<夏のない年>、生き残るために本を売り歩くことにしたらしい・・・。

次々と明らかになっていく事実に、ミステリを読んでいるような感じです。
が、何と言っても写真が美しい。
夏には各地に散った行商人の子孫や親戚縁者が村に帰って来て、祭があるという。
一度、行ってみたいと思う。

「モンテレッジォは、本の魂が生まれた村なのだ」

この言葉が全てです。