副島隆彦 『老人一年生 老いるとはどういうことか』2017/06/14



なんか仲の良くない二匹。
弟がカメラを見ていても、兄はマイペース。
弟の涎がべったりついたボールをクンクン嗅いでいます。


兄は絶対にカメラは見ません。



老人になるということはどういうことだろうと思い読んでみました。

副島さんは64歳の自分を老人一年生とおっしゃっていますが、なんてことはないですわ。
痛風、前立腺肥大症、高血圧、頚痛・腰痛、慢性気管支炎と5つの病気を持ち、毎日身体のあちこちが痛いそうです。
彼曰く、老人はどこかしらが痛み、痛みを訴えても同情されず、老人に当たり前のことが若い人には理解されない。

彼は5つぐらいの病気でえばっていますが、私は神経痛も入れるともっとありそう。
痛みはいつもあるし・・・。

ひょっとして副島さんは、64歳になるまでずっと元気な人だったのかもしれませんね。
人によっては64歳でもどこにも病気がなく、痛みを感じていない人がいるかもしれません。
彼の考えからすると、老人には慢性的な痛みを感じはじめたらなるのかしら?
ならば、私はもう立派な老人だわ(笑)。

彼も私と同じ頸椎症や腰痛をわずらっているようですが、整形外科医に対する不信感はよおくわかります。
結局整形外科医は痛みに対して何もできないのですよ。
痛み止めは出すけれど、一体どうなっていて痛みが起こるのかなんてはっきりとはわからないのです。
私の場合は、首は手術してから運よく痛みが取れたからいいですが、取れない人もいますから。
腰の手術をしても、一カ月たっても歩けない人がいます。
腰痛は筋肉の痛みや血流の悪さが原因で、鍼灸による治療がいいと言っていますが、どうなんでしょう。
私は今、腰痛や神経痛を鍼灸で直そうとしていますが、治りません。
治りませんが、少しは軽くなります。
月に2回ぐらいでは足りないのかもしれません。
例え毎日通って痛みがなくなっても、生活を変えない限り治療を止めるとまた痛みが戻るようです。
痛みをだましだまし暮すしかないようです。
慢性的な痛みが出ていたら、老いたということでしょうかね(笑)。

病気もない元気な60歳以下の方、限定本です。


丸井から井の頭公園までの道の途中に「ケーニッヒ」というソーセージやハムを売っているお店があります。


色々なハムやソーセージがあり、どれがいいか迷います。
塩分の少ない犬用ソーセージもありました。今度買ってみましょうかね。

狭いけれどイートインがあり、ケーニッヒというソーセージの挟まれたホットドック(650円)を買って食べてみました。
次はどのソーセージにしようかしら。

豊田正義 『オーラの素顔 美輪明宏の生き方』2017/06/05



気になる人の一人が美輪さんです。
「オーラの泉」は最初の頃は一生懸命(笑)見ていたのですが、途中から見なくなりました。
何故なのか覚えていませんが。
美輪さんではなくて、一緒に出演していた江原さんのスキャンダルか何かがあってトーンダウンしたんじゃなかったっけ?
一度私もオーラを見てもらいたいと思いましたけど、どの人が本物かわからなくて、見てもらいに行かなかったような気がします。

この本はジャーナリストによって書かれた美輪明宏の伝記です。
彼の人生はテレビなどで紹介されたのを見ていたので、大体は知っていましたが、「銀巴里」で歌う経緯は知らなかったので、おもしろく読めました。
なんといっても彼が法華経を信心することになったきっかけを作った人や、信心し始めてからだんだんとスピリチュアルの方へと行くようになったということ、丹波哲郎や三島由紀夫と知り合いだったことなどなるほどと思えました。
杉並区にある妙法寺はバスで前を通ったことがありました。
随分大きいお寺だなと思いましたが、美輪さんと縁があるなんて。
今度、お寺を見に行ってみたいと思いました。

美輪さんのことが好きでも、好きでなくても読んでみると、彼の壮絶な生き様がわかると思います。

一度は「銀巴里」に行ってシャンソンを聞いてみたかったです。
銀座だから若い私には敷居が高そうな気がして行けませんでした。
今なら行けそう。



かわいく寝ている兄犬。
夏用のベッドのMサイズを買ったら、大き過ぎました。
おさがりはよく床を汚す弟犬にやりました。
早速、トイレの上に持っていって寝ています。


ローズ・ベーカリーの「ベジタブルプレート」。
体にいい感じです。

湯山玲子 『女ひとり寿司』2017/05/19



このシクラメンは次々と花が咲き、こんなになってしまいました。
暑くなっても花が落ちません。


暑くならないうちに庭で遊ばせると、相変わらずボールを追います。
普通食と療養食を半々にして食べさせていますが、それほど体重は増えません。



出版・広告デレクターの湯山さんが、未だに(だよね?)女性が進出していない寿司屋に、一人で乗り込みました。

はっきり言って、私は寿司屋に一人で入ったこともなければ(ランチであったかも・・・)、日常的に寿司屋を利用することもありません。
寿司屋の雰囲気が苦手ですし、一番気になるのはお値段です。
一般の人々は寿司屋を普通に利用しているのでしょうか?

最初は湯山さんは雑誌とタイアップして女ひとり寿司をやったようです。
名だたる一流店を網羅しています。
うらやましい。
やっぱり広告業界にいた人は違うんですねェ。
一回の食事に2万円(かもっと?)も出せませんわ。
本自体は面白く読めたのですが、住む世界の違いを感じました。

「どこまで一人でいける?おとなの女のおひとり様レベル」などというのを見てみると、レベル10の最高ランクが、高級和食の料亭や高級フレンチだそうです。
私はというと、レベル・7ひとり国内旅行やレベル8・ひとり海外旅行はできます。
でも、レベル2・ひとり焼肉、定食屋(チェーン)とかレベル4・ひとりラーメン、牛丼、回転寿司はできません。
そういえば、スペインでは食事はみんなでするもので、一人で食べていると奇異な目でみられるそうです。

食べることが好きで、お金に糸目をつけない、初めての場所や人が苦手じゃない人はひとり寿司を楽しめるでしょうね。
私は食べることが好きでもお金をあまりかけたくないし、人見知りですし、一人でレストランなどで食べることが苦手なのでしませんが、そのかわり旅行は一人で行っちゃいます。

誰か連れて行ってくれないかなぁ・・・。(フェニミズムの人に怒られるかな)


上野千鶴子;湯山玲子 『快楽上等! 3.11以降を生きる』2017/05/14



ちょこんとかわいらしく座っていますが、口にくわえた物は離さないという、とんでもない仔です。
兄は「出せ」というと出すのに、何故ですかね。
躾をしても兄ほど入っていかないようです。
犬でも個性があるんですね。


上野さんと湯山さんの対談です。
上野さんは社会学者でフェミニストで有名ですが、湯山さんは誰?という感じで知らない人でした。
広告会社に勤めていた人で、本も出していらっしゃる方なのね。
お二人の語りがおもしろくて、スラスラと読み進めました。
人によっては嫌いでしょうが。(特に男性は・・・)

結局3.11後、社会が変わるのではという淡い期待があったけれど、世の中変わらないですねぇ。
でも、彼女たちのような元気な女性たちが動けば、何かが変わるかもしれませんね。

今、女性に求められていることは、仕事も育児も、そして介護もです。
そういうことをすべてできるスーパーウーマンなんていません。
介護だけでもどうにかできませんかね。
上野さんがこれからどう老後を生きていくのか、興味があります。
本の中に、ある女性をツィッターで繋がった人たちが看取ったことが書いてありました。
これから血縁ではなく、何らかの縁でつながっていくことが必要なのかもしれませんね。

この本は老後のことばかり書いてあるのではありません。
ほんの一部です。
実は私、この本の前に『傘寿まり子』を読んで、ちょっと暗くなっていたので、気になったようです。


漫画ですが、作家の80歳の女性が主人公です。
子ども夫婦と孫夫婦と四世帯同居生活をしていましたが、ある日、彼らがまり子のいない時に家を改築することを話し合っている場に遭遇してしまいます。
もうこの家には自分の居場所がないことに気付いたまり子は家出をします。

ひょんなことで引き取ることになった猫と住むために家を探しますが、いくらお金があるとはいえ、80歳の老女に部屋を貸してくれる家主はいません。
仕方なくネットカフェで暮らすことにします。
その後、たまたま出会った、昔の思い人と彼のマンションで暮すことになりますが、彼には認知症の兆しがあり、一緒に取材旅行に出かけた先で車の事故を起こしてしまい、彼の娘がまり子と彼の間を裂きます。
まり子は彼のマンションを出て、またネットカフェで暮らすことになります。

これからどうなっていくのか、まり子・・・。

こういう現状をどう乗り越えていけばいいのか。
まり子のことは自分にも起こり得ることです。
自分の老後を考えると暗くなります。
お金は必要ですが、ボケた老人を支えてくれる何らかの手段がないでしょうか。
介護は家庭でという社会では子供がいない、または子供と疎遠な人たちはどうすればいいのでしょうね。
それに子供だって自分たちの生活がありますから、老人を押し付けられたってこまりますよね。
オランダの女性は子どもには頼らず、元気なうちは一人暮らしを続け、その後、施設に入ると言っていました。
文化の違いなのでしょうかね。

『快楽上等!』に戻りますが、読んでいて、上野さんと湯山さんのパワーがちょっぴりうらやましくなりました。
バサバサと世の中のブーム(原発とか美魔女、勝間和代、女の期限切れ・・・)を切っていく切り口がおもしろいのです。

次は『女ひとり寿司』を読んでみようかしら。

森下典子 『前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って』2017/05/12

まだシクラメンが咲いています。


シクラメンの後次に昨年買って植えておいた薔薇の花が咲き始めました。
今年は花にとってはいい気候なのでしょうかね。

自分の前世に興味がありませんか?私はとってもあります。
今まで前世が見えるという何人かの人に見てもらいました。
覚えているものとして、
大昔の韓国の剣を作る職人の弟子、ルーマニアの体操家、イギリスの看護師、ベルギーの布を織る女性など色々なことを言われました。
職人とか医学に関する仕事につく率が多そうです。
言われた場所には行ったことがあります。
男女半々ぐらいの割合で生まれ変わっています。
人は何回も生まれ変わっているようですから、まだ前世がありそう。
オーラを見てもらった女性に見てもらおうかしら。


森下さんが仕事で京都に住む女性に前世を見てもらったら、二つの過去生が出てきました。
ひとつは鑑真和上の弟子。
そして、もうひとつがイタリアのルネサンスの彫刻家でした。
京都の女性はそれは詳しく見える人らしく、彼女の言ったことと書いたメモを参考に図書館などで調べていくと、実際にいた人のようでした。
日本の図書館では限られたことしかわからないので、森下さんはイタリアのフィレンツェに行き、調べていくことにしました。
彼女の前世への冒険の始まりです。

森下さんは全く前世を信じない人でした。
その彼女が京都の女性の言葉をもとに、イタリアで自分の前世を調べていき、驚愕の事実に驚くのです。
しかし、そこはスピリチュアルなことに全く興味のない森下さんですから、その事実に驚きはしても、むぜび泣いたりせずに、冷静に対処しています。
この時の恋人も生まれ変わっていて会ったのですが、二人の間に何も起こらず・・・まあ、そんなもんでしょうね。

私も同じような旅に出たいなと思います。
でも、前世が有名人ではなく普通の人の生まれ変わりなら、どうだったかなんて調べようがないですよね。残念。

前世なんか信じない人でも、おもしろく読める本です。
なお、京都の女性は前世を見ることを商売にしていないので、見てもらうことはできないようです。
今も見えるのでしょうかね。