アルドステロン症による高血圧の影響か?2017/10/16




このボールが大好きな弟犬です。
雨で散歩に行けず、不満があるらしいので、遊んであげました。
兄犬はボールでは遊ばず、ママとサシで遊びます。

犬は元気ですが、ママはショックです。

めまいの症状がでたので耳鼻科に行き、神経内科を紹介されてMRIを撮り、今朝結果を聞きに行きました。
そうすると、医師が脳梗塞の跡があると言うのです。
四年前の大雪の時に頭を打ち、心配だったので脳ドックに行ってMRIを撮った時は「年齢相応の白点(40代頃から出始めるらしい)が少数見えます」「一応、指摘しておきます」などと書いてあり、他に異常はなかったので、気にしていなかったのですが・・・。
この三年の間に軽い脳梗塞が起きたということですかぁ(冷汗)。
全く記憶にございません。

その他に動脈硬化による血管の曲がりがあり、この曲がりがある場合は平衡感覚が悪くなる場合があるそうで、歩いていたり、寝て起きて歩き出すと右側に倒れそうになったりするのは、この血管の曲がりのせいかもしれないそうです。
目にギザギザが見える閃輝暗点が何度かあったのですが、今から考えるとそれも脳の血流のせいだとか。
アルドステロン症の人が普通の人に比べると4倍、脳卒中になりやすいと言われていますが、本当なんですね(泣)。

心臓の壁が少し厚いと言われた上に脳にまで異常が見つかるなんて、高血圧は本当に色々な臓器に影響を与えるのですね。

脱水症状にならないように、水を飲むようにと言われました。
血圧の薬のせいか人よりもトイレが近いのですが、もっと近くなっちゃいそう。

頸動脈エコーをとったので、また結果を聞きにいかなければなりません。
その時に脳ドックで撮ったMRIの画像のCDも一緒に持って行くことになりました。
8年(10年?)ぐらい前に眼科の指示で撮ったMRIの画像もどこかにあったような・・・。
探して持っていきましょうかね。

眼科に行くどころじゃなくなりました。
今のうちにやりたいことをすべてやってしまわなけれはと思いました(笑)。

大山淳子 『あずかりやさん 桐島くんの青春』2017/09/19

アムロジンを飲んでから、血圧が低くなり、より一層活動意欲が減少しています。
だるくて、午前中は下手をすると起きれません。
5㎎から2.5㎎に減ってから一週間経ちますが変わりません。
仕事がある日は頑張って起きますが、これで仕事がなくなると廃人のようになりそうです。
降圧剤の副作用を調べてみると、気力が低下、ひどい時は鬱になったりするそうです。
血流が悪くなるので、老人の場合、認知症や緑内障、白内障になる場合があるそうです。
降圧剤、恐ろしいです。
アムロジンを飲まなくてすむようにしたいものです。

アルドステロンを排出するためには、どんなに血圧が下がってもセララは飲み続けなければなりません。
早くアルドステロンの排出量を抑える薬が作られるといいのですが・・・。



あずかりやさん』の二巻目です。
一日百円でどんなものでも預かる「あずかりやさん」のお話です。

オルゴールにまつわる話がよかったです。
大切にされた物には物語があるのです。
オルゴールは語ります。

「「もしも」は心残りです。その心残りこそが「夢」ですし、それがこの世に生まれた証で、宝物のような気がするのです。」

50年間あずかりやさんに預けられたオルゴールは幸せな最期を迎えられるのでしょうね。

一番最後のお話はあずかりやさんの店主の青春時代のお話です。
彼の盲学校での思い出、そして、あずかりやさんになった元和菓子屋の生まれ育った家に帰ろうと思った理由が描かれています。

あれから考え続けていますが、残念ながら私には預けたいものがないようです。

内分泌科受診2017/09/12



弟犬を動物病院に連れて行き、血液検査をしてきました。
人間と同じように腕にゴムを巻き、針を刺して血液を採るのですが、医師が下手なのか、彼が動くからか、右腕で2回、左腕で2回も採り直しをしてしまいました。
かわいそうに、ずっとブルブル震えていました。
血液検査の結果はGOTは問題なかったのですが、もうひとつのGTPが140あり、前回よりも上がっています。
ワクチン接種をしないとトリミングをしてもらえないことを言うと、医師はこれぐらいの数値ならワクチンをしても問題ないと言います。
この病院には五種のワクチンはないので、躊躇していると、医師によると8種でも5種でもそれほど問題ないとのこと。
去年、8種を接種しても大丈夫だったので、してもらいました。
兄は一日元気がありませんでしたが、彼は全く変わらず元気です。
若いからかしら?

人間の方は内分泌科へと行ってきました。
血液検査の結果が2時間ぐらいかかるので、診察の2時間ぐらい前に行き、尿検査と血液検査をしました。
看護師さんによると1時間半ぐらい前でいいそうですので、次回は1時間半ぐらい前に行って血液検査をしますわ。
検査の後、病院のレストランでランチを食べてみると、すっごくまずくてびっくりしました。
もう一つレストランがありますが、同じなのかしら・・・。

体重と血圧を測りましたが、なんと珍しく血圧が135です。
今まで病院で測ると、薬を飲んでいるのに170とかとんでもない数値でした。
アムロジンの降圧力はすごいんですね。
家で測っても110以下になっていますから。
そのせいか午前中、身体がだるくてしょうがありません。
そういうと、セララ50mgはそのままで、アムロジンが5mgから2.5mgに減量になりました。

アルドステロン症とは関係ないと思いますが、中性脂肪が引き続き高い数値です。
甘い物も炭水化物もそれほど多く食べていません。
ランチもこの頃外食していません。
なんで高いのかわかりません。
しばらく食べた物と体重を書いてみることにしました。

そろそろ数値も安定してきたので、地元の病院に戻ってもいいかもしれませんが、地元の病院も混んでるのでどうしましょうか・・・。

熱中症?2017/08/13



ベッドで相も変わらずひっくり返っている兄犬です(笑)。
今日はママは午前中はお仕事でした。
パパにかまってもらえず、ちょっぴり不満な様子。

お昼は鰻と決めていましたが、なんと、いい気になって飲めないビールをちょびっと(コップに3センチぐらい)飲んだせいか、夏バテのせいかわかりませんが、急に具合が悪くなりました。
汗がドッと出てきて、テーブルにうつぶせになり、冷たいおしぼりとお水をもらい、首筋を冷やしました。
検査入院で気分が悪くなった時みたいでした。
隣で鰻を食べていた人たちはサッサと鰻を食べていなくなりました。
私が何か病気を持っていると思ったのか、吐かれたらいやだと思ったのか・・・?
ただ気分が悪いだけなのに。
お店の方、ご迷惑をおかけしました。すみませんでした。

しばらくすると大丈夫になりましたが、私の鰻は持って帰りました。

家に帰り、鰻はちゃんと食べてから、寝ました。
起きてから血圧を測ると、上が110、下が80台で、いつもよりも低く、脈拍が90台でした。
気分が悪くなったのはアムロジンのせいでしょうか?
アムロジンを飲みだしてから、口の中が乾いて口内炎が出き、尿の量が多くなったようです。
夏は20代の頃から気分が悪くなる確率が高い季節です。
家に引っ込んでいる方がいいのですが、そうもしていられないですものね。

来週は義母のために2つ病院に行かなければ。
これも疲れます・・・。

髙田郁 『あきない世傳金と銀 四 貫流篇』2017/08/12

アムロジンを追加してからも、なかなか血圧が上140以下に下がりませんでしたが、昨日から110台になってきました。
おかげで体がだるくて、動く気にならず(いつもかな)、天候も悪いこともあり、家に引きこもっています。
仕事も週四日の予定ですが、来週までは週三日にして体を慣らすことにしています。
が、やはり疲れるらしく、今朝、左目が赤くなって、色のついためやにが出ています。
急遽抗菌剤をつけて様子を見ています。
私は冬よりも夏の方が感染症に罹りやすいみたいです。



楽しみなシリーズの新刊です。

大阪天満の呉服商「五鈴屋」の四代目と五代目店主に嫁いだ幸ですが、ある事件をきかけに五代目店主の惣次が出奔し、店には二度と戻らず隠居する、六代目を弟の智蔵に譲る、幸とは離縁すると言ってきます。
智蔵は浮世草子の書き手になるために家を出ていました。
智蔵は夢をあきらめて家を継ぐのか、幸は離縁されたらどうなるのか。
智蔵とお家さんの富久は意外な決断をします。

女である身ながら商いの道を志す幸は運命に翻弄されながらも、ただ一筋、自分の信念に基づき進んでいきます。

前に立ちはだかる試練を次々と乗り越えて行き、最後に大きい花を咲かせるのはわかってはいても、ドキドキしながら読んでいます。
男はどうしようもないですね(笑)。