熱中症?2017/08/13



ベッドで相も変わらずひっくり返っている兄犬です(笑)。
今日はママは午前中はお仕事でした。
パパにかまってもらえず、ちょっぴり不満な様子。

お昼は鰻と決めていましたが、なんと、いい気になって飲めないビールをちょびっと(コップに3センチぐらい)飲んだせいか、夏バテのせいかわかりませんが、急に具合が悪くなりました。
汗がドッと出てきて、テーブルにうつぶせになり、冷たいおしぼりとお水をもらい、首筋を冷やしました。
検査入院で気分が悪くなった時みたいでした。
隣で鰻を食べていた人たちはサッサと鰻を食べていなくなりました。
私が何か病気を持っていると思ったのか、吐かれたらいやだと思ったのか・・・?
ただ気分が悪いだけなのに。
お店の方、ご迷惑をおかけしました。すみませんでした。

しばらくすると大丈夫になりましたが、私の鰻は持って帰りました。

家に帰り、鰻はちゃんと食べてから、寝ました。
起きてから血圧を測ると、上が110、下が80台で、いつもよりも低く、脈拍が90台でした。
気分が悪くなったのはアムロジンのせいでしょうか?
アムロジンを飲みだしてから、口の中が乾いて口内炎が出き、尿の量が多くなったようです。
夏は20代の頃から気分が悪くなる確率が高い季節です。
家に引っ込んでいる方がいいのですが、そうもしていられないですものね。

来週は義母のために2つ病院に行かなければ。
これも疲れます・・・。

髙田郁 『あきない世傳金と銀 四 貫流篇』2017/08/12

アムロジンを追加してからも、なかなか血圧が上140以下に下がりませんでしたが、昨日から110台になってきました。
おかげで体がだるくて、動く気にならず(いつもかな)、天候も悪いこともあり、家に引きこもっています。
仕事も週四日の予定ですが、来週までは週三日にして体を慣らすことにしています。
が、やはり疲れるらしく、今朝、左目が赤くなって、色のついためやにが出ています。
急遽抗菌剤をつけて様子を見ています。
私は冬よりも夏の方が感染症に罹りやすいみたいです。



楽しみなシリーズの新刊です。

大阪天満の呉服商「五鈴屋」の四代目と五代目店主に嫁いだ幸ですが、ある事件をきかけに五代目店主の惣次が出奔し、店には二度と戻らず隠居する、六代目を弟の智蔵に譲る、幸とは離縁すると言ってきます。
智蔵は浮世草子の書き手になるために家を出ていました。
智蔵は夢をあきらめて家を継ぐのか、幸は離縁されたらどうなるのか。
智蔵とお家さんの富久は意外な決断をします。

女である身ながら商いの道を志す幸は運命に翻弄されながらも、ただ一筋、自分の信念に基づき進んでいきます。

前に立ちはだかる試練を次々と乗り越えて行き、最後に大きい花を咲かせるのはわかってはいても、ドキドキしながら読んでいます。
男はどうしようもないですね(笑)。

内分泌科の診察2017/08/04



兄犬が寝ていると、そっとiPhoneをかまえるママ。
ストーカーか。
ひっくり返るのもパターンがあり、毎日変わっているのでおもしろいですね。


昨日の続き。
連絡がなかったという病院は、12時までに連絡をとお願いしたのですが、12時20分過ぎに連絡がありました。
病院に行かなければならなかったので、用意している最中でしたが、電話にでて話をしました。
簡単に言うと、とにかく書類を見てから返事をするということでした。
診療情報提供書の他にADL表もと言われ、何かと調べたら、日常生活動作調査票のことでした。
ようするに物を食べる時は一人でできるか介助が必要か、歩く時はどうか、などなどを書くものです。
話をした感じでは、すぐに入るのは難しそうです。
理解しているかどうかは関係なく、義母には病気のことを話し、治療はしないこと、何のためにホスピスに入るのかをちゃんと話しておくようにと念を押されました。

書類を送るように言われた2軒の病院では、大学病院のコーディネーターの名前を教えてください、とかコーディネーターから書類を送ってもらうこともできるのですが、ということを言われました。
実は大学病院のコーディネーター(相談員?)とは一回しか会っていなくて、その時にお宅のお母さまの状態ではホスピスは受け入れてくれないだろうから、ホスピスに行く前の繋ぎの病院として、自宅から1時間以上もかかる病院を紹介され、来週にでも移ってもらいたいと言われたのです。
家から近い病院を探してくださいとお願いしましたが、ホスピスまでお願いできる感じではなかったので、こちらで探すことにしたのです。
若い20代のコーディネーターで、とにかく早く出て行ってねという感じで、相談するという感じではなかったです。
夫も私も本当に電話をして近くの病院を探してくれるのかしら、と疑っています。
結局、ありませんでしたと言われ、遠くの病院に送られるという結末のように思います。
ホスピスの相談員の方も、家から一番近い病院の人は事務員みたいで、機械的に書類を送ってくださいと言っている感じでした。
一方、入院のウエイティングリストに載せてくださった病院の方は、年配のカウンセリングを勉強している方のように思いました。
こちらが困っていることを共感してくれている感じがしました。

とりあえず、来週、一軒のホスピス見学に行き、後は書類が整い次第、送り、連絡を待つことになりました。

気ぜわしい中、内分泌科の診察に行ってきました。

7月の下旬から義母の病院まで行ったり来たり、何回もしたのと暑さで疲れたのか、胃腸の調子が悪くなっていました。
その上、先週ぐらいから血圧が高くなり、上が140ちょっとでなかなか下がりません。
診察日に測った血圧も少し高かったようです。
血液検査ではカリウムが4.2でちょうどいい数値でした。

血圧は高くても130前後がいいようで、血圧が高いのはよくないということで、アムロジンが追加になってしまいました。
アムロジンが追加になった理由は、セララを増量すると、カリウムが高くなり過ぎるおそれがあるからではないでしょうか。
胃や背中が痛いというと、「それはストレスですよ」と言われてしまいました。
胃薬も追加してもらいました。

血液検査でショックだったのは、前回の診察以来、アイスもチーズもナッツも食べていないのに、高脂血症の数値が変わっていないことです(笑)。
胃腸の調子が悪いので、あまり食べられず、体重が減っているのに・・・。
「ショックです」と言うと、医師が「では次回も血液検査をしましょう」と言ってくれました。

今度の医師はちゃんと診察時に血圧を測ってくれるし、説明も丁寧でわかり易くてありがたいです。
血圧が高くなってしまったので、近所の病院へ転院するというのは血圧が落ち着いてからになり、次回もお世話になることになりました。

前は食べるのを減らすとすぐに体重が減りましたが、今は食べるのを減らしただけでは体重が減らなくなっています。
ウォーキングしても(人より速く歩いてるのですけど)、私には大した運動にはなっていないようです。
前に壊した膝が気になりますが、ちょっとヘビーな運動も取り入れてみた方がいいようです。
何をしようかしら?

眼科に行く2017/07/06



夜、寝ずらいのでクーラーを入れていると、寒いのかハウスで寝る兄犬。
こちらはヘソ天寝姿を楽しみにしているのですが(笑)。


2~3ヶ月ごとに眼科へ行っています。
眼科と同じように内分泌科(か循環器内科?)へ同じようなペースで、一生通わなければならなくなった私です(泣)。
セララと暑くなったおかげで、血圧が上110~120、下80~90という値になってきました。
安静にしてから測るともっと低くなりそうです。
体重もなんとなく減っていますが、「3㎏痩せないと痩せたと言わない」そうで、まだ1㎏ぐらいなので、痩せたと言えないですね。
1㎏ぐらいは食べるとすぐに元に戻るもの(笑)。

眼科では視野検査をしました。
この頃、見ずらくなってきたので、どうかと思っていたら、医師がショックなことを言いました。
「変わりはないといえばないんだけれど、いつ手術したっけ?上は進んでいるけど、下は進んでいない。末期の中ごろだからねぇ。まあ、これでもっているからいいんだろうねぇ」
自分でも左目は末期だとは思っていましたが、医師から「末期の中ごろ」と断定されてしまいました。
緑内障の左目の眼圧は11、正常な右目は22.
右の眼圧が高いので、目薬を増やそうかと迷っている様子です。
実は目薬を忘れることが多いんです。毎日点してないんです。
今日からまじめに点します。
右目が見えなくなるとアウトですものねぇ。

自分の健康は自分で守るという自覚がないことを指摘され、笑うしかない私です。

眼底を見るために瞳孔を開く目薬を点しました。
外に出ると日差しのまぶしいこと。
サングラスをかけていても目を開けていられません。
電車に乗って乗り換える時に、まぶしいので行き先を見ないで乗ってしまいました。
気づくと反対方向への電車に乗っていました(恥)。
駅から家へは日傘をさして歩くと、少しはましになりました。
この目薬は危険です。年を取ると・・・心配になりました。

血液検査結果&心エコー検査2017/06/29

血液検査の結果を聞きにいってきました。
アルドステロンは300台、レニンは0.8と3月に比べると数値が落ちています。
朝の検査と昼の検査の違いでしょうかね。
数値は上下するとのことです。
心配していたカリウムも正常範囲内。
このままセララ50mgでいいそうです。
そのうち数値が正常になり、一見治ったようになることがあるそうですが、セララは飲み続けた方がいいそうです。

心エコー検査では心臓壁が少し厚くなっているようです。
このままセララを飲み続けたら、一年ぐらいで普通の厚さになることもあるそうです。
アルドステロン症は軽症でも心臓に影響を与えていたのですね。
脳の方が心配なので、人間ドックにでも行ってみようかと思い始めています。

内分泌系とは関係なくて恥ずかしかったのが、太り過ぎを表す数値です。
前よりも悪くなっています。
毎日8000歩ぐらいは歩いているのに、何にもなっていません。
ランチでカロリーを取り過ぎているのでしょう。
チーズ、アイス、ナッツなどこってりした物は食べない方がいいそうです。
暑くなったのでアイスを週2回ぐらいで食べてるなぁ。
ナッツも体にいいというので食べるようにしているのですが、止めますわ。
6ヶ月で2キロ痩せるというのが与えられたミッションです。
結構すぐに落とせそうと思いましたが、食べ過ぎると元に戻ります(泣)。

病状が落ち着いているので地元の医師のところに戻って、6カ月ごとに検査に来るのでもいいと言われました。
地元の医師と言ってもいい所がないのです。
薬を出してもらうだけだからどこでもいいとは言われましたが。
一駅離れた、この病気を見つけてくれた病院にでも戻りましょうかね。



兄が怖いので、後ろに控える弟。
いつもこうだといいのですが、彼はすばしっこいので、兄から何でも奪います。