内分泌科へ行く2018/03/06



この頃、弟の食べる速さが遅くなりました。
何故だか理由はわかりません。
前はガッツイテいたのに。
そのためサッサと食べ終わってしまった兄がおこぼれにあずかろうと、こういう風にジッと食べているのをみています。
ひょっとして、いつもいじめる兄に対して見せつけるために弟はゆっくり食べているのではないかしら?
しかし、ささ身のゆでたのをやった昨日は食べるのが早かったわ。
ただ単に餌が気に入らないだけだったりして・・・(笑)。

先週、用事があり、行けなかった内分泌科に行ってきました。
予約を変更しようとしたら、4月中旬になると言われ、時間がかかるけど予約なしで11時までに来てくれれば、診察を受けることができると言われ、行ってみました。
案の定、看護師に今日は忙しいので、先生は診れないと言うかもしれませんと言われてしまいました。
面倒だから4月に予約をして帰ろうかと思ったら、診察してくれるとのこと。
時間があるので予定には入っていない検尿と採血をするようにと言われました。
まずい。先週、甘い物を結構食べてしまった、体重は増えていないけど、減ってもいないし、機械の血圧計で測ると血圧は160/100を越えている・・・。

2時間ぐらい待って診察となりました。
先月測ったアルドステロン値は44nd/dL(基準値3~12)、レニン活性1.6ng/mL/hr(基準値0.5~3.0)。
セララを飲むとアルドステロン値とレニン値が上がっていきます。
大量に出ているアルドステロンをブロックして尿や血液中に出す作用があるからです(私の理解が間違っていたら、ごめんなさい)。
レニン値は薬を飲む前は0.4ぐらいだったのですが、上がってちょうどいい値になったそうです。
カリウムが上がるはずですが、今回は下がっています。でも、標準以内なので問題ないでしょう。
首の手術後、思ったほど血圧が下がりません。
医師が測ると上が140。今までは130ぐらいだったのに。
無水鍋を買ってから料理本のレシピ通りに調味料を入れているので、ちょっと塩辛い味付けになっているのかもしれません。
料理の醤油や塩をひかえ、煮ものなどはあまり作らないようにしますわ。

患者が増え、予約の変更がなかなかできないようなので、そろそろ地元の病院に戻る時期かもしれません。
次の診察の時に言いましょうかね。

今年のチョコ2018/02/15

やっと血圧も150台から130台になるようになってきました。
よかった・・・。
首は動かすと痛いです。
前回の頸椎症の手術の時を思い返すと、こんなに痛くなかったように思います。
入院していても、毎日出歩いていましたもの(笑)。
何故かと考えてみると、頸椎症は首の前を横に切っています。
今回は首の後ろの筋肉をザクッと縦に切っています。
首の後ろの筋肉って意外にいろいろなことをしているのです。
寝ている所から体を起こしたり、下にある物を取るために屈んだりなどするとよくわかります。
一方、首の前は特に何か仕事をしているわけではないですよね。
寝ていても首が落ち着かないせいで傷が痛み、昨夜はろくに眠れませんでした。
この痛みはズキズキしたものではなく、動かさないと痛くないので、痛み止めは効きません。
肩、特に右肩が凝りそうです。
傷がくっつくまでには三週間ほどかかり、本当に治るまでは1年ぐらいかかるそうです。
考えていたより時間がかかります。
脂肪腫を調べていくと、出来た理由にストレスが書いてあるサイトもありました。
夫に言うと、「この生活にどんなストレスがあると言うんだ」と言います。
どんな生活にだってストレスはつきものよね(笑)。
これからはのんびり、楽しく暮していくしかなさそうです。

愚痴はこれぐらいで終わりにして、今年のバレンタインチョコレートを紹介しましょう。


伊勢丹のショコラティエ8人のチョコが一個ずつ入ったものです。
夫と4個ずつ食べますが、ちょっともの足りないので、他のチョコも買ってこようかしら(笑)。


昨夜は無水鍋で豚汁を作ってみました。
出汁は必要ありません。
野菜だけで十分美味しい豚汁になりました。

バーミキュラで作ると野菜のアクが出て、えぐくなると言う人もいるようです。
他の鍋はどうなのでしょう?
欲しかったストウブも買って試したくなります。

兄と弟の闘争2018/02/14

めずらしくぐっすりと寝たのですが、血圧を測ってガッカリ。
よく眠れた日の朝の血圧は低いはずなのに、170・・・!
急いでもう一度測ると155!
それから何度か測っても150より下にはいきません。
なんで?
入院していたから高かったんじゃないの。
手術すると血圧が上がるのかしら?
もう一度寝ようと決心した私です。
これでは当分、体重は減りませんわ(泣)。

さて、我が家の犬は相変わらずの甘えっぷりです。
ママがいなくても大丈夫だったはずですが、特に兄犬はママのありがたさを感じて欲しいものです。

入院する前に撮ったものですが。


兄が弟にちょっかいを出すと、弟はこうやってお腹を出します。


上に乗っかられても、反撃せず。


こういう風になさけない目で兄を見ます。


「お願い、いじめないでよ」by 弟。


「お前は邪魔なんだよ。お前がいなけりゃ、俺が一人っ子でママを独占できたのに」(なんて言ってんのかな?)by 兄。


最後はこうやって二人で地面の草を食み、終了となります(笑)。

庭にいっぱい咲いていたクリスマスローズが、大きい葉だけになり、もう咲かないのかとガッカリしていたら、秘かに地面から花のつぼみを見せていました。


大きくなった葉は刈った方がいいのでしょうか?
シクラメンもまだ花がさきません。


こんな風に小さなつぼみが育っていますが。

内分泌科の診察2018/01/09

今日は色々と忙しいので、庭で遊んだ犬たち。


さっぱりと毛をカットしたので、目の大きさが目立ち、かわいくなった弟。
カメラをじっと見てくれます。


一方、わがままいっぱいの兄は庭で草を食みます。
お口の中に草が入っています。美味しいのかしら?
写真を撮ろうとすると、逃げる回ります。

昔はかわいさは兄犬>弟犬だったのが、この頃、兄犬≧弟犬に変わりつつあります。
そのうち兄犬≦弟犬になったりして。
子も犬も愛情のかけ過ぎはいけないようです(笑)。

毎週、どこかの病院に行っている私ですが、今週は内分泌科へと行ってまいりました。
一時間ぐらい前に着くようにしていたのですが、検尿を先にしてしまったので、血液検査が遅くなり、その結果、診察も遅くなるという悪いパターンになってしまいました。
その上、いつもは普通の血液検査なのに、今回はレニンとアルドステロンも見るようで、10分間の安静後の採血でした。
ホルモン検査もするよと言ってくれていれば、もっと早く家を出たのに。
ホルモン検査では3本、血を採られました。
レニンとアルドステロンの結果は一週間経たないとわからないので、今回は普通の血液検査の値をもらいました。

血圧は機械で測ると、140/90で、医師に測ってもらうと120/80でした。
アムロジンを5mgにしてから、だるくて気力がわかなくなっているので、血圧が低くなっていると思います(笑)。
下の値が下がるには体重を減らすのが一番とのこと。
食べるのを控え、運動をきちんとやって、後2~3㎏減らすことを目標にするようにと言われてしまいました。
がんばりますわ。

骨軟部腫瘍科の医師に紹介状を書いてもらって神経内科医の所に行ったことを言うと、電子カルテをちゃんと見たようで、「年を取ると全身麻酔のリスクは誰でも上がるから」と言っていました。
「なんで脳神経外科医はああいうことを言ったのでしょう。専門でないなら神経内科医に紹介してくれればよかったのに」と言うと、特にコメントはなかったです。
同僚の悪口は言えませんものね。

次は手術が終わってしばらくしてからの診察になります。
手術で血圧が上がることはないとは思いますが、どうでしょうね。

眼科から内分泌科へ2017/12/05



手術をした左目が先月に引き続き赤くなったので、先週と今週も眼科に行く羽目になってしまいました。
先月よりも症状は軽いのですが、ちゃんと治しておかなかったせいか、なかなか赤みが取れません。
また来週も眼科に行くことになってしまいました。

首の腫瘍を取るため、麻酔を用いた手術をしなければならなくなり、アルドステロン症の場合は何かリスクがあるのかどうか聞きに内分泌科へ行ってきました。
血圧の管理がしっかりできていれば普通の高血圧症の人と同じで、特に気をつけることはないそうです。

この頃血圧の上が130ぐらいで、診察で測った時に140だったので、アムロジンを2.5㎎から5㎎にすることになりました。
また朝、辛くなりますが、手術まで血圧は下げておいた方がいいそうなので、我慢しますわ。

そうそう、麻酔を使った手術をする時に、緑内障は解放型か閉鎖型かよく聞かれます。
私は開放型なので、特に注意する薬剤はないようです。

お正月だといって浮かれて食べてばかりいてはいけませんわ。
体重を増やさないようにと医師にダメだしをもらいました(笑)。