「~パ・ド・ドゥ for Toes & Fingers ~」 TRANS-SIBERIAN ART FESTIVAL IN JAPAN @サントリーホール2016/06/18

犬を飼ってから海外旅行も夜の遊びも自粛しているのですが、今回は好きなダンサーのザハーロワと夫でヴァイオリニストのワディム・レーピンが共演するというので見に行ってきました。


久しぶりの六本木アークヒルズ。
ホールの前でビアホールをやっていて、椅子に座ってビールを舐めたく(飲めないので)なりました。

プログラムの前にソ連と日本のお偉いさんの挨拶&安倍首相からのメッセージを読みあげたので、20分ほど時間がかかりました(長すぎ?)。

演目は次の通りです。

≪モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136より第1楽章≫
演奏:フェスティバル・アンサンブル

かろやかなモーツァルトで幕開けです。
舞台左に楽団が座り、真ん中から右はバレエ用に空いています。

『Distant Cries』
振付:エドワード・リアン
音楽:アルビノーニ / オーボエ協奏曲ニ短調 作品9-2より第2楽章
バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン
演奏:ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル

レーピンが暗闇からそっと前にやってきて、ヴァイオリンを弾きます。

≪メンデルスゾーン:ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲 ニ短調より第2、3楽章≫
演奏:ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル

『Plus. Minus. Zero』
振付:ウラジーミル・ヴァルナヴァ
音楽:ペルト / フラトレス
バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ、ウラジーミル・ヴァルナヴァ
演奏:ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル

≪クライスラー:中国の太鼓≫
演奏:ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル

『Revelation』*録音音源使用
振付:平山素子
音楽:ジョン・ウィリアムズ / 「シンドラーのリスト」より
バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ

≪チャイコフスキー:「レンスキーのアリア」≫
≪モンティ:チャールダーシュ≫
演奏:ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル

『瀕死の白鳥』
振付:ミハイル・フォーキン
音楽:サン=サーンス / 組曲『動物の謝肉祭』より「白鳥」≫
バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ、ウラジーミル・ヴァルナヴァ
演奏:ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル

≪ポンセ(ハイフェッツ編):エストレリータ≫
演奏:ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル

『レ・リュタン』より(抜粋)
振付:ヨハン・コボー
音楽:バッジーニ / 妖精の踊り 作品25
バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン、
    ドミトリー・ザグレビン
演奏:ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル



レーピンはクマさんみたいな太った人かと思っていましたが、想像していたより痩せていました。
今日は妻のバレエがメインだと割り切っているようで、ヴァイオリンを暗譜でサラッと楽しそうに弾いているのが印象的でした。
思ったよりも繊細な音を出す人でした。
彼がガチで協奏曲を弾くのを聞いてみたいと思いました。

久しぶりのザハーロワさんは相変わらず細く、綺麗で、踊りも完璧でした。
今回はレーピンを聞くというよりはザハーロワを見たいという人たちが多そうです。
ブラボーおじさんも健在、拍手も盛大でした。
私的には『Distance Cries』と『瀕死の白鳥』、『Revelation』が好きです。

『レ・リュタン』が最後を飾るにふさわしく、明るい演目で、最初にロブーヒンとレーピンの日本語によるコントがあり、笑わせてくれました。
ザハーロワはキュートでした。
カーテンコールでは3人がバシッと得意の技できめてくれました。

レーピンが誇らしげに妻の手を取る姿がほほえましかったです。

耳(音感)の悪い私にはわかりませんが、東京文化会館よりもサントリーホールの方が音の反響がいいのかしら?
いつもバレエ公演で不満に思う音もよかったので最高でした。

第14回世界バレエフェスティバル【プログラムB】2015/08/08

久しぶりのバレエ鑑賞です。
いつ起こるかわからない腰痛と咳のため、何か月も前のチケット購入を控えていました。
3年前の世界バレエはチケットが買えず、諦めました。
今回は一週間ぐらい前にたまたまHPを見て、チケット購入はできるのかと確かめたら、端っこの席がひとつあるではありませんか。
迷いましたが、ちょうど体調もよく、咳もでていないので買いました。
こういうこともあるのですね。


お約束のロビーの飾りです。


今年5月にお亡くなりになったマイヤ・プリセツカヤのトウシューズが飾ってありました。

■第一部■
「ディアナとアクテオン」      ヴィエングセイ・ヴァルデス
                  オシール・グネーオ
「シンデレラ」           ヤーナ・サレンコ
                  ウラジーミル・マラーホフ
「シナトラ組曲」より”ワン・フォー・マイ・ベイビー
                  イーゴリ・ゼレンスキー
「ペール・ギュント」        アンナ・ウラデール
                  エドウィン・レヴァツォフ
「ライモンダ」より幻想のアダージオ
                  ウリヤーナ・ロパートキナ
                  ダニーラ・コルスンツェフ

今回の世界フェスティバルはベテランと若手の両極端になっているのでしょうか?
私の知らないダンサーが半分ぐらいいます。
その中でも一番最初に踊ったヴァルデスとグネーオの二人はAプロで海賊を踊って喝采をもらったそうで、バネのありそうな体でした。
ヴォルデスはバランスがよく、グネーオはジャンプがすごく高かった。
マラーホフはまだでているんですね。東京バレエ団のアドバイザーだからでしょうかね。そろそろ若手に譲ってもいいような。
ここでロパートキナかと思いましたが、後で「瀕死の白鳥」も踊るので仕方ないでしょう。

■第二部■
「眠れる森の美女」         リュドミラ・コノヴァロワ
                  マチアス・エイマン
「ノー・マンズ・ランド」      アリーナ・コジュカル
                  ヨハン・コボー
「海賊」              サラ・ラム
                  ワディム・ムンタギロフ
「ギリシャの踊り」         オスカー・シャコン
「マノン」より第一幕のパ・ド・ドゥ オレリー・デュポン
                  エルヴェ・モロー

「眠れる森の美女」は音楽を聞いていると幸せになれるから好きです。
でも、それ以上に好きなのはドラマのあるバレエです。
「マノン」の後に来る不幸があるからこそ輝く、一時の情熱の美しさを描いたようなパ・ド・ドゥ。いいですね。

■第三部■
「ロミオとジュリエット」より第一幕のパ・ド・ドゥ
                   ヤーナ・サレンコ
                   スティーヴン・マックレー
「伝説」               アリシア・アマトリアン
                   フリーデマン・フォーゲル
「椿姫」より第三幕のパ・ド・ドゥ   タマラ・ロホ
                   アルバン・レンドルフ
「レ・ブルジョワ」          ダニール・シムキン
「オールド・マン・アンド・ミー」   ディアナ・ヴィシニョーワ
                   ウラジーミル・マラーホフ

「ロミオとジュリエット」も好きなバレエです。
第一幕のパ・ド・ドゥは幼い二人の恋の躍動感が表現されていて、見るといつも胸が熱くなります。
「椿姫」は一度見たいと思っているのですが、機会がなくて見ていません。
ロホが熱演していました。
シムキンはいつになったら今の路線を止めるのでしょうか。
前も「レ・ブルジョワ」を見ましたが、子供が煙草を吸っている感じで・・・。
彼のような童顔で小柄なダンサーは演目が限られてしまうのでしょうかね。
ちょっと心配。

■第四部■
「瀕死の白鳥」            ウリヤーナ・ロパートキナ
「シルヴィア」            シルヴィア・アッツォーニ
                   アレクサンドル・リアブコ
「椿姫」より第一幕のパ・ド・ドゥ   マリア・アイシュヴァルト
                   マライン・ラドメーカー
「こうもり」             イザベル・ゲラン
                   マニュエル・ルグリ
「ドン・キホーテ」          マリーヤ・アレクサンドロワ
                   ウラディスラフ・ラントラートフ

とても美しい「瀕死の白鳥」でした。肩から指先まで美しい
「シルヴィア」はノイマイヤーの振り付けだったので、現代風な衣装でとまどい、集中できず・・・。
「椿姫」の第一幕はマルグリットに惚れて彼女に熱烈に求愛するアルマンと彼を軽く扱おうとしつつも、彼の純粋さに惹かれていくマルグリットの様子が描かれています。
ラドメーカーがおバカなアルマンに見えてしまいました(失礼)。
「椿姫」を全幕で見たいです。
ルグリも日本で人気があるダンサーですが、マラーホフ同様にそろそろ後輩に・・・なんて言ったら怒られそうですが。
彼の足さばきは流石でした。
最後を決めるのは「ドン・キホーテ」。ボリショイバレエの二人が踊りましたが、そういえばザハロワは不参加ですね。

久しぶりのバレエはとっても楽しかったです。
残念なのは、この人は・・・と思える新しいダンサーができなかったことです。

見たい演目があったら、徐々にバレエ鑑賞を再開したいと思います。

パリオペラ座バレエ団 『椿姫』2014/03/22




3月21日(金) 13時半開演
音楽:フレデリック・ショパン
振付・演出:ジョン・ノイマイヤー(1978年)
美術・衣装:ユルゲン・ローゼ
照明:ロルフ・ヴァルター

<キャスト>
マルグリット:イザベル・シアラヴォラ
アルマン:マチュー・ガニオ
デュヴァル氏(アルマンの父):アンドレイ・クレム(ゲスト・アーティスト)

マノン・レスコー:エヴ・グリンツテイン
デ・グリュー:クリストフ・デュケンヌ

プリュダンス:ヴァランティーヌ・コラサント
ガストン:ヴァンサン・シャイエ
オランプ:シャルロット・ランソン
公爵:ローラン・ノヴィ
N伯爵:アドリアン・ボデ
ナニーナ(マルグリットの侍女):クリスティーヌ・ペルツェー

演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
指揮:ジェームズ・タグル
ピアノ:エマニュエル・ストロセール
    フレデリック・ヴェス=クニテール


久しぶりのバレエです。
実は寝不足で、非常に心配でした。
案の定、ショパンのピアノ曲に眠気を誘われ、S席なのに後ろから2番目という不運の助け(?)もあり、一幕目はほぼウトウト。
目の悪い私には後ろの席は辛いですわ。
大入りの日だったので、いい席が売り切れだったのです(泣)。

トイレに行こうとすると、いつもより列が長く、二方向から人が押し寄せ、どう並べばいいのかとまどう私。
前はこんなことなかったのに、なんかおかしいです。

二幕目は、隣の人の鼻のすする音がずっと続いていました。
花粉症ですか。かわいそうに。
でも、鼻がでないようにしてくださいませ。
せっかくのショパンですから。

三幕目はしっかりと起きていました。
鼻をすする音はしなくなっていました。(よかったわ)
後ろの方のおしゃべりと飴の包み紙の音が気になります。
変なところで拍手が起こったりしています。

カーテンコールで、隣の女性の拍手の音が耳にパンパンと響きます。
あんなに大きな拍手をどうやったらできるのでしょうか?
左耳を思わず押さえてしまいました。

せっかくのバレエ鑑賞が色々なことのためになんかいつもよりも楽しめませんでした。
たった八カ月しか空いていないのに、もはや舞台鑑賞のできない身体になってしまったのか・・・?

愚痴ばかりでごめんなさい。

ボリショイは演目が今ひとつそそられません。
「ラ・バヤデール」を見に行きたいとは思っていますが、いい席を取るにはどうしたらいいのか考え中です。

英国ロイヤルバレエ団『不思議の国のアリス』2013/07/07

アリス役がローレン・カスバートソンだったので、この公演日を選びました。
しかし、残念ながら、足首の手術からの回復が遅れているため、踊れなくなりました。
そのためアリス役と相手のジャック役が変りました。
私の知らないダンサーだったので、ちょっとガッカリ。



振付:クリストファー・ウィールドン
音楽:ジョビー・タルボット
編曲:クリストファー・オースティン、ジョビー・タルボット

《キャスト》
アリス:ベアトリス・スティックス=ブルネル
ジャック/ハートの騎士:ルパート・ペネファーザー
ルイス・キャロル/白うさぎ:エドワード・ワトスン
アリスの母/ハートの女王:ゼナイダ・ヤノウスキー
アリスの父/ハートの王:クリストファー・サウンダース
マジシャン/いかれ帽子屋:スティーヴン・マックレー
ラジャ/いも虫:エリック・アンダーウッド 

ルイス・キャロルの本のアリスは小さい女の子ですが、この舞台のアリスは少女といっていい年代です。

ガーデン・パーティの日、アリスが庭師のジャックからバラをもらったお礼にタルトをあげたばかりに、ジャックはタルト泥棒と間違われてしまい、家から追い出されてしまいます。
悲しみに沈んでいるアリスにルイス・キャロルは写真を撮ってあげると言ってきます。
彼が暗幕を被ったとたんに、白うさぎに変身してしまいます。
カメラを入れていた鞄に白うさぎが飛び込み、アリスもその後を追います。

次から次へと色々な登場人物が現れ、「次は誰?」と楽しい展開です。
(たまに退屈な場面もありましたが・・・)
なんといっても、一番の主役はアリスではなくて、ハートの女王です。
彼女が出てくると、目が離せなくなります。
『眠れる森の美女』のローズ・アダージュのパロディには笑ってしまいました。
彼女はカーテンコールの時まで笑わせてくれました。
その他によかったのは、いかれ帽子屋のタップです。
バレエとタップは踊り方が違うと思うのですが、流石です。
白うさぎも素敵でした。
この三人が出てくると、拍手もすごく、アリスが霞んでいました。
やっぱりプリンシパルは華があります。

もう一度見に行くかどうかは疑問ですが、(アリス役がローレン・カスバートソンだったら行くかも)一度は見ておく価値がある演目でした。

パリ・オペラ座バレエ団 『天井桟敷の人々』2013/06/01

久しぶりのバレエ鑑賞です。
自宅も職場も都心から遠くなったため、なかなか平日には見に行けません。
ニューヨーク・シティ・バレエ団の公演は平日なので、今回はパスします。
なんで全部の公演が平日なのかしら?



2013年6月1日 13時 東京文化会館
音楽:マルク=オリヴィエ・デュパン
振付:ジョゼ・マルティネス
衣裳:アニエス・ルテスチュ

≪キャスト≫
ガランス:イザベル・シアラヴォラ
バチスト:マチュー・ガニオ
フレデリック・ルメートル:アレッシオ・カルボネ
ラスネール:バンジャマン・ペッシュ
ナタリー:レティシア・ピュジョル
エルミーヌ夫人:カロリン・バンス
モントレー伯爵:クリストファー・デュケーヌ

入り口から入ったとたんに人だかり。
なんと大道芸人らしき二人組が芸をしています。


ここから楽しいパリの街角という演出ですね。

≪第一幕≫
舞台は1830年代のパリ。
美しい女芸人のガランスは窃盗罪で捕まりそうになりますが、園芸台の上から一部始終を見ていたパントマイム役者のバチストに助けられます。
この出逢いでガランスの虜となるバチストですが、彼は自分に恋をしている座長の娘ナタリーの想いに応えることができませんでした。
バチストは役者志望でフュナンビール座に雇われたばかりのルメートルと共に出掛けた酒場でガランスと再会。
ガランスとバチストは互いに惹かれ合いますが、肝心なところでバチストはおじけずいてしまい、部屋に残されたガランスはルメートルと関係を持ってしまいます。
ガランスを見初めたモントレー伯爵は財力で彼女を口説こうとしますが、あえなく拒否されます。
ところがその直後、宿屋の女主人のエルミーヌ夫人に宿屋で起こった強盗事件の嫌疑をかけられたガランスは、やむなく伯爵の庇護を求めることにします。


休憩時間になるとすぐに、上から「オセロ」のチラシが降ってきました。
ロビー入り口の階段では「オテロ」が演じられたようですが、人が多くて見られませんでした。
舞台では舞台稽古が行われており、いつしか第二幕が始まっていました。

≪第二幕≫
数年後、ガランスは伯爵夫人に、バチストはナタリーと結婚して息子を持つ身となっていました。
ガランスはパリで大ヒット中のバチストの新作パントマイムを見にフュナンビュール座へ行きます。 
舞台に出演していたバチストはガランスを客席に見つけ、公演を中断してしまいます。
彼は彼女を失いたくないという思いに襲われ、伯爵の開く舞踏会へ行きます。
ガランスとバチストは舞踏会から逃げ出し、ようやく結ばれますが、そこにナタリーがやってきます。
ナタリーの苦しみを見て取ったガランスは身を引くことにし、部屋を出て行きます。
バチストは彼女を追いますが、通りは謝肉祭でにぎわっており、ガランスはバチストが追ってきていることに気づかず、去って行きます。


パンフレットを買って予習をしたので、なんとか筋を追うことができました。
映画を下敷きにしているということで、映画を見てからの方が分かり易かったでしょうね。
残念なのは、話と関係ない第二幕のバレエの場が長すぎたことです。(私は眠気が襲ってきました。あ、私だけか・・・)
全体的にフランスのエスピリが感じられるバレエでした。
終わりに幕がすぐに降りてきてしまいました。通りにたたずむバチストをもう少し見せてもよかったかもしれませんね。

次は英国ロイヤルバレエ団の「アリス」に行く予定です。