石垣島2019/01/04

最終日、石垣空港から帰る前にタクシーを使い石垣島観光をすることにしました。
石垣島は沖縄離島の中で宮古島についで2番目に大きい島で、舗装道路の所は日本の普通の町と同じです。
この頃は石垣島よりも宮古島が人気だそうです。

コンビニはファミリーマートばかりで、来年ぐらいに7-11が進出するとか。
映画館がないそうです。
他の島のことを運転手に聞くと、「石垣の人は本島には行っても、離島には行きません」と言われてしまいました。
観光地の運転手なので、色々と説明をしてくれると思っていたら、聞かなければ言わないという感じで、これではなんのための観光タクシー?という感じでした。
歴史に詳しい運転手を望むとかリクエスト入れとけばよかったかしらね。
一応、行きたい所のメモを渡し、時間内で行ける所に行ってもらうことにしました。
雨が降っていたので、見晴のいい所はパスしました。

最初に琉球王国時代の邸宅、宮良殿内に行きましたが、年末なので閉まっていました。


桃林寺の山門です。




この密迹力士と金剛力士の仁王像は沖縄最古の木彫象だそうです。


1614年に建立された臨済宗のお寺です。
お正月の用意でテントが張られていました。

桃林寺の隣に桃林寺と一緒に建てられた権現堂があります。


この拝殿の裏に派手な本殿があります。






権現堂からしばらく行くと、石垣島で一番有名なある人の生家があります。


答:具志堅用高
直ぐ近くに記念館もあります。


次に行ったのが、唐人墓です。
1852年のロバート・バウン号事件で犠牲になった中国人苦力の慰霊のために1971年に建立されたそうです。
このお墓の横に米軍飛行士の慰霊碑など3つの記念碑があります。




唐人墓のそばにお店があり、サーターアンダギーを作っていました。


作りたてを買って食べてみました。

次に行ったのは石垣島鍾乳洞です。
入り口に蝶とヤシガニが・・・。
ヤシガニは暗いところにいるので写真は撮れませんでした。



大きい鍾乳洞で結構歩き、途中で飽きてきました(笑)。


ゆっくり見ると30分ぐらいかかります。


トトロの鍾乳石です。
出口には食堂と土産物屋があり、雨の日にピッタリの観光施設です。

次の2つは運転手が空港に行く途中で紹介してくれたものです。


15世紀末に活躍した英雄のオヤケアカハチの像。
1500年、島民の広範な支持を背景に、琉球王府への八重山からの朝貢を断たしめたが、中山軍との戦いに敗れ、打ち取られたそうです。(オヤケアカハチの乱)


これ、なんだかわかりますか。
答:津波大石
これは先島津波と名付けられた約2000年前の津波で打ち上げられたものと考えられているそうです。
後ろにコンクリートの階段があるので、昔は登れたのでしょうね。

石垣島観光もここまででした。
天気が悪いので、景色のいい所には行けなかったのが残念でした。

風邪もどうにか悪くならずに済んでよかったと思っていましたが、最後に思いもよらないことが起こりました。
まず、石垣空港から那覇空港へと飛び出すときに、咳が・・・。
夫は吐くのかと思ったそうですが。
咳はこの時だけだったので、よかったのですが、那覇空港へと着陸態勢に入った時、耳に痛みが襲ってきました。
着陸してからも、音は聞こえるのですが、声を出すとこもって聞こえます。
那覇から羽田への飛行機が出るまで1時間ほどあったので、その間にあくびをしたり(この時、耳にバリバリという音が聞こえ、痛みが起こります)、水を飲んだりしていると治りました。
しかし、羽田への着陸態勢に入ると、両耳が痛み始めました。
結局、着陸するまでの約15分間、耳の痛みが続きました。
鼻をかんだり、水をのんだり、飴をなめたり、耳抜きをしても痛みます。
耳が詰まるような感じが次の日まで続きました。
「航空性中耳炎」になりかかったようです。
思い返してみると、今まで何十回と飛行機に乗ったのですが、鼻風邪をひいて乗ったことは一度もなかったようです。

次の日は休日診療をしている耳鼻科に行くしかないかと思っていましたが、犬のお迎えに行かなければならないので耳の不調をかかえたまま出かけました。
歩いている途中、耳の中のガサゴソという嫌な音が聞こえてきます。
ところが、奇跡が起こりました(ウソ)。
犬たちの顔を見たとたんに(でもないけど)、耳が治ったのです。


「ママちゃん、どうしたの?」というような犬たちの視線です。

帰ったらすぐにアマゾンで気圧調整耳栓を買いました。
これって役に立つかしら?
次回の空の旅がいつになるかわかりませんが、使いますわ。
鼻風邪気味で飛行機に乗る方、気をつけてください。
年々、身体の不備が出てくる私です(恥)。

体調的に今一の旅でしたが、懲りずにまた沖縄に行きたいです。

竹富島巡り2019/01/03

竹富島の集落へは30分ごとにフェリー乗り場まで行くホテルのバスに乗って出かけました。
自転車も無料で貸出をしているそうですが、夫が私の乗るのを反対したのでバスを利用することになりました。
途中でバスを降り、しばし歩きます。


「石敢當(いしがんどう)」。
魔物の侵入を防ぐ魔除けだそうです。
ここを抜けると集落になります。


ホテルの従業員さんのお勧めの飲食店「かにふ」。
人気があるらしく、満員で待っている人が沢山いました。


夏だったらもっと人がいるのでしょうね。




水牛が観光客を乗せて歩いていました。


「西塘御嶽(にしおうおん)」。
西塘は土木建築家で首里王府に25年間仕え、1524年に竹富首里大屋子という頭職に任ぜられ八重山諸島の統治にあたった人だそうです。
ここは屋敷跡であり、埋葬地でもあるそうです。
島の守護神・豊作の神として祀られており、お正月には初詣の人々が参集するそうです。
鳥居は昔はなかったんだろうなぁと思いながら・・・。


校長先生の像。


「なごみの塔」。
登ると村全体が見えるそうですが、今は登れないようです。


おもしろいシーサーのあるお店に入り、貝とターコイズの腕輪を買いました。


観光会社の前に水牛車を引く牛が寝ています。


「竹乃子」も従業員さんお勧めのそばのお店です。
この日はお休みでした。



村をトコトコ歩きながら、西桟橋に向かいます。


波が荒いので、先端まで行くのが怖いぐらいでした。


晴れたら綺麗なのでしょうがねぇ。
夕日が見られる場所です。

牛車に乗ってみました。


牛車を引くのは梅ちゃん。
3歳になる立派な雄牛です。
おじさんが話をしながら30分ぐらいゆっくりと集落をゆきます。
安里屋クヤマの生家の前を通りました。
クヤマは18世紀の絶世の美女と言われた人で、民謡「安里屋ユンタ」に謳われている女性です。
おじさんが三線を弾きながら歌ってくれました。


これが元唄で、23番まであるそうです。


男の子なのにお花をつけて、かわいい梅ちゃんです。


竹富島のフェリー乗り場には小さな土産物屋があります。
ここでホテルで使われていたのと同じ釜元のコーヒーカップがありましたが、石垣島でも買えると思っていたら、空港には売っていませんでした。
石垣島の町のお店にはあるかもしれませんが・・・。

島には小中学校がありましたが、コンビニとか警察署、信号機がなかったような気がします。
天気が悪く、私の膝の調子も悪かったので、あまり島を見て回れませんでしたが、伝統を重んじた趣のある町でした。

竹富島へ行く2019/01/02

犬を飼いだしてから五年。
年末の旅行は諦めていました。
でも、そろそろ行きたくなり、犬をあずけて行ってきました。
脚が痛いので、カートに犬をのせて行ったのですが、おちゃめな弟はカートの上で〇〇ちをしてしまいました。
兄の嫌そうな顔が印象的でした(笑)。
ホント、困ったちゃんです。

沖縄本島へは2回ほど行ったことがあるので、今回はよさそうなホテルのある竹富島に行くことにしました。
しかし、12月は東京の6月の梅雨の時と同じような天候が続くそうで、滞在中は曇りか小雨でした。
3月か10月がいいそうなので、行こうかと思っている方は参考にしてください。


飛行機は羽田から那覇、那覇から石垣島へと飛びます。
那覇付近は晴れていました。


石垣空港は意外と新しく、土産物屋やイートインがありましたが、竹富島で買いたかった物はありませんでした。
欲しいと思ったら即買った方がいいですね。

空港からフェリー乗り場である石垣港離島ターミナルまでは直行バス(500円)で約30分ぐらいかかります。
空港で昼食を食べなかったので、離島ターミナルで八重山そばとゴーヤチャンプルを食べましたが・・・空港で食べた方がいいかもしれません。
竹富島のホテルには売店がないという話だったので、ターミナルでさんぴん茶やビール、お菓子などを買いました。
そういえばコンビニもなかったです。


この桟橋から竹富島行きフェリーはでます。(片道690円)
竹富島までフェリーで約10分。
思ったよりも速いフェリーで、後ろに座った方が揺れなくていいそうです。

竹富島のフェリー乗り場にはホテルのお迎えが来ていました。
私たちが泊まったホテルは星のや竹富島です。
普通のホテルとは違い、部屋に泊まると言うより家に泊まるという感じです。
他の宿泊客に遠慮しなくていいのですが、天候が悪いと困ります。


竹富島は「竹富島憲章」で家を新築、増改築などする時には昔ながらの一階建て赤煉瓦屋根の家にしなくてはならないそうです。
星野リゾートは「竹富島憲章」に則ってホテルを建設することにして建設を許可されたそうです。
現在、2軒のリゾートホテル計画が進んでいるそうですが、住民は反対しているそうです。


48棟あります。
門は南を向き、正面にマイヤーシ(ヒンプン)があり、左側から出入りします。
右は神様が通るのだそうです。


屋根の上にはシーサー。
普通の家のシーサーの下には仏壇があるそうです。
このシーサーは変わっていて、手に風車を持っています。(見ずらいかも)



石垣が巧みに人の視線から部屋を隠してくれます。

この小高くなった丘からみると・・・。


こんな風に並んでいます。


ホテルの近くにはアイヤル浜があります。


この道を抜けると海です。


何にもない浜でした。
いい形をしたサンゴと貝を探しました。


水は澄んでいます。


壺の横にあるのが採ってきたサンゴと貝です。
ホテルのメイン棟には歩いて行かなければなりません。


右側が24時間入れるプール、左奥がダイニング、その隣がラウンジで珈琲やお茶が自由に飲め、様々なアクティビティが行われます。
ラウンジは噂通り狭いので、雨の日は混雑しそうです。

食事はホテルのダイニングで食べるか、インルームダイニング(部屋食)、そして村のお店で食べるかします。


ダイニングでは「季節の夕食」という沖縄の食材を使ったコース料理のみ一種類がでます。



今回はクルマエビが沢山使われていました。
インルームダイニングでは単品を頼んだり、定食を頼んだりできます。


照明が暗いので、あまり美味しそうではないですが・・・。

朝食は4種類あります。
「琉球朝食」


結構量が多くて、お腹がいっぱいになりました。
「ゆし豆腐粥朝食」


お腹にやさしいお粥です。
この2つの他に洋食で「シリアルブレックファースト」と「海風ブレックファースト」があります。
写真は「海風ブレックファースト」で、これにスクランブルエッグとベーコンがつきます。


お勧めは沖縄らしい「沖縄朝食」と「ゆし豆腐粥朝食」です。

天気が悪かったのと、私の体調が悪かったので、ホテルでくつろぐことが多かったです。
喉が痛く、鼻水も出てきた上に、膝も歩くと痛いのです。
気温が20度ぐらいだったので、服装は長袖と羽織る物が必要でした。
雨が降るので軽い防水のシャンパーなんかがあるといいですね。

ホテルは評判通りに雰囲気がよく、施設的にも問題はありませんでした。
ただ水場の使い勝手があまりよくないようで、床が濡れてしまいます。
贅沢をいうと、15歳以下お断りにして、大人向きにしてくれると最高だと思いました。

日帰り北海道2018/10/27

母の法事で北海道へ行ってきました。
夫が行けなかったので一人では車も運転できず、どこにも行けないので、すぐに帰ってきました。
疲れたわ~ぁ。
朝、眠くてつまずくこと2回。
大気の状態が悪いから揺れることがあると言われ、覚悟していたら、大した揺れではなかったです。
旭川に行ったのがよかったようです。
甥と姪たちは千歳だったので、大分揺れ、大雨で高速は速度規制がかかっていたそうです。


旭川もどんよりとした空模様でした(↑)。
北海道の紅葉は赤くなく、黄色です。


駅構内には旭山動物園50周年記念のペンギンバージョンと白熊バージョンがありましたが、誰も顔を出していませんでした。

帰りは旭川からだと時間が遅くなるので、千歳にしました。
ネットでどこのソフトクリームが美味しいか調べてみると、きのとやの極上牛乳ソフトが美味しそうです。
誰も並んでいなかったので、本当に人気があるのかしらと思いつつも、買ってみました。
普通のソフトクリームは軽い食感ですが、このソフトクリームは密度が濃い、なかなか溶けない、量が多いという感じです。
私的には軽い食感のソフトの方が好きかも。

来年も法事があるので、夫を連れて行きたいものですが、仕事がどうなるのかしら。
今から機嫌を取っておかなければ・・・(笑)。

山梨で日帰り温泉2018/10/20

夫の親戚が亡くなったというので、夫が告別式に行くことになりました。
車で行くというので、「そうだ、温泉に行こう!」と思い立ち、途中で温泉に置いていってもらい、告別式が終わったら迎えにきてもらうことにしました。
道が混んでいたので、12時過ぎに温泉に到着。
駐車場が満車に近かったのに、施設の中は空いています。
東京では1500円~2000円ぐらいの入館料が700円ぐらいで安いですねぇ。
すぐに温泉につかりに行きました。
露天風呂からは山が見えて絶景ですが、メガネをかけていない私の視力は0.01もないので、なんとなくいい景色なのはわかる程度でした(笑)。
夕焼け時がお勧めだそうです。
褐色のお湯でした。

温泉に入った後はお食事です。
山梨牛でもと思ったのですが、マスカットパフェも食べたかったので、紅鱒とイクラ丼と軽めにしました。


周りの人はほうとうを食べている人が多かったです。


マスカットパフェはマスカットが沢山入っていて、甘すぎず、美味しかったです。

お食事の後はマッサージです。
前にスパでマッサージを頼むと50代ぐらいの男性になり、ハアハアと辛そうな息をしていて、手に汗をかいているのが気持ち悪くてしょうがなかったので、今回は
女性を指名しました。
全身60分コースです。
施術が終わった後に、「スポーツをやっていますか」と聞かれました。
「今は全然やっていません。昔は少しやっていました」というと、「最初は身体が固くても、しばらくすると柔らかくなるので、昔やっていたスポーツが効いているのかもしれませんよ。ストレッチなどをやるといいと思います。本当に凝りがひどい人はなかなか柔らかくなりませんから」と言われました。
鍼のセンセイも同じようなことを言っていましたから、真面目にストレッチかヨガなどをやるといいかもしれませんね。
前向きに検討しますわ。

マッサージの後に軽く湯船につかり、夫が迎えに来るまでのんびり本でも読んでいようと思って着替えようとしたら、電話がかかってきました。
もう告別式は終わり、駐車場にいるんですって。
早すぎです。
急いで着替え、売店でワインを買い、夫を呼び出して、施設の外にある販売所で野菜やフルーツを買って帰途につきました。

帰りの道も混んでいたので帰りが遅くなり、犬たちはお腹をすかせて待っていました。
久しぶりの温泉で心も身体もほっこりしました。
たまにこういうことをするのもいいですね。
また温泉に行きたいものです。