「食べて、祈って、恋をして」を観る2010/09/01

 

ジュリア・ロバーツが主演をしている映画が上映されているようです。
彼女、やっと日本にやってきましたね。
まだ映画は見ていませんが、DVDになってから見ますわ。
 
本の内容は、もろアメリカ女と私は思うのですが、どうでしょう。
イギリス女は『ブリジット・ジョーンズの日記』。アメリカ女と言えば、これでしょう。
この本を書いたエリザベス・ギルバートは自分のことを、赤裸々に書いています。それがちっとも嫌らしくないのです。

エリザベスは14、5歳の時から途切れるときなくボーイフレンドがいました。
二十代で結婚をし、幸せな生活を送っていたはずですが、三十一歳のある日、「これ以上、結婚生活をつづけたくない」という自分の心の声を聞いて、バスルームで泣き明かします。

やっと夫と別居をしたと思ったら、次の男、デーヴィッドと暮らし始めます。
忙しいですねぇ。
デーヴィッドとは、何度も別れて何度もよりを戻すという腐れ縁。
ひとりで暮らすうちに、これでは駄目だと思い始め、男断ちをして自分探しの旅に出かけることにします。

それでやったことが、イタリア語会話を習いたいとずーと思っていたから、まず「①イタリアに行く」。
デーヴィッドのアパートメントを初めて訪れた時に、ドレッサーの上に飾られていた写真の美しい女性に惹かれます。
彼女がインドのグルだと知り、彼女のアシュラムに行きたいと思いました。
それで、次に「②インドの彼女のアシュラムへ行く」。
最後は、雑誌の取材旅行で訪れたインドネシアでバリ人の治療師に会い、彼にバリに来て自分と四ヶ月暮らす運命だと言われたのを実現するために、「③インドネシアを再訪する」。
それぞれの土地に四ヶ月、合わせて一年です。

彼女が雑誌などに文を書く人だったから、こんな風に自由に時間が使えたのでしょうね。
日本の普通の勤め人だったら、仕事を辞めて一年も海外に暮らせるかどうか相当悩みますよね。
それにイタリア、インド、インドネシアという、何の共通点もない国に行こうと思う人は滅多にいないでしょう。
エリザベスの人間性もあるのでしょうが、それぞれの土地でいい出会いがあり、彼女はどこに行っても楽しく過ごしています。
このヴァイタリティが流石アメリカ女。(特に意味はありませんが)
最後は、とってもいいおまけまで手にいれちゃって、いいですねぇ。

ふとした疑問。自分探しに遠くにいく必要があるのかしら?
私も思い切って一年ぐらい海外で暮らしてみようかしら。
行くなら、イタリアはまだ行っていないからいいのですが、インドはパスします。一度行って10キロぐらいも痩せ、みんなに病気でももらってきたのと言われましたから、今は行きたくないわ。
バリ島は知り合いがいいホテルを紹介してくれると言っているので、一度は行ってもいいけれど、住みたくはないわね。
私が選ぶならイタリア、イギリス、そしてフランスかしら。
ちょっとおもしろくないですねぇ。あ、フランスではなくて、スウェーデンがよさそう。
これでもバラエティがないですね。

まあ、この年になって運命の人がどうのこうのと言えませんから。
ちょっとスピリチュアルなことに興味のある人が読むと、おもしろいと思います。インドのアシュラムの生活なんか、よさそうです。
私は映画を観てから、バリ島の治療師に会って手相を見てもらいたいと、まじに思っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2010/09/01/5318158/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。