ホーマー・ヒッカム 『アルバート、故郷に帰る』2019/04/14



映画『遠い空の向こうに』の原作、『ロケット・ボーイズ』を書いた人の作品です。

アルバートはアリゲーター。
アリゲーターって日本語では「ワニ」のことですが、クロコダイルもいるんです。
頭の形の違いや歩き方、住んでいる場所などで「ワニ」をアリゲーターとクロコダイルに分けているらしいけど、獰猛なのがクロコダイルで比較的温厚なのがアリゲーターってことでいいでしょうかね。

ヒッカムさんのお父さんとお母さんが結婚する時に、お母さんのボーイフレンドからお祝いとして送られてきたのがアルバートです。
結婚祝いにアリゲーターなんか送る人がいたのですね(笑)。
だんだんと大きくなって、炭鉱の社宅で飼えないぐらいになってきたので、故郷のフロリダに帰そうということで、二人と一匹+小鳥さんたちがウエストバージニアからフロリダまでドライブします。
その道中に様々なことが起こり、2週間の予定を大幅に上回ってしまいます。
工場のストライキを先導する、船に乗る、野球選手になる、映画に出演するetc.

お母さんは生まれ育った炭鉱町が嫌で嫌でしょうがなく、何度か出ようとしたのですが、炭鉱夫のお父さんと結婚してしまい、仕方なく炭鉱町に住んでいました。
彼女はチャレンジャーで、お転婆で、自己中。
旅行中何度もお父さんをふがいなく思い、わがままを言って衝突し、いつも離婚しようかと考えています。
お父さんはお母さんとは正反対で、真面目で温厚な人で、旅行中も彼女にいいように振り回されています。
お父さんの一途さがわからないお母さんって・・・。
人間たちは何ですが、アルバートはかわいい♡です。
陽気な時にヤーヤーヤーと声を上げます。
お父さんの危機の時に彼を助けます。
名前のない鳥さんも出てきますが、彼(?)は最後まで謎です。

読んでいると、お母さんの自分勝手さが嫌になって、何度か本を閉じたことがあります。
でも、ホーマーさんが生まれたということは、その後、それなりに仲良くやっていったってことですよね。

事実を元にしたファンタジー小説かな?
いかにもアメリカ的な話でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2019/04/14/9059555/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。