読んだ漫画2020/03/06



猪川朱美 『鵼の絵師 1~8』
たまたま肖像画を描いた人が2人続けて亡くなったことから、「生者を描けば魂を奪い、死者を描けば蘇らせる」と言われるようになった菅沼英二郎は「鵼(ヌエ) の絵師」と呼ばれています。
普段は色々な動物のパーツを組み合わした絵を描いていますが、依頼があれば生者のために死者の肖像画を描きます。
彼の描く肖像画には深い思いが込められており、生者の心を癒やしていきます。

舞台が昭和初期というのがいいですねぇ。
私、日本の江戸時代と昭和初期が好きなんです。
お勧めの漫画です。

埜納タオ 『百花日和 1~3』
専門学校のいけばな芸術コースで学んでいる南ちゃんのお話。
生け花を教えている専門学校ってあるんですねぇ。知りませんでした。
中学校時代に生け花を習ったことがありましたが、ほとんど忘れてます。
そういえばお生花というのがありましたね。これは究極の生け花だと思います。
習っていた頃は若すぎて、ただ先生のマネをしていけるだけでしたが、今なら色々とわかるかもしれません。
生け花は深いですね。

二宮敦人、土岐蔦子 『最後の秘境 東京藝大2:天才たちのカオスな日常』
この本、1巻で終わるのかと思っていたら、続きが出たのね。
ますますすごい藝大生が登場しています。
口笛チャンピオンやからくり人形を作る人を始め、指揮者、彫刻科、建築科・・・と色々な科の人たちなど。
それぞれが個性の塊で、お友達にいたらおもしろそうですけどね。
藝大のすごさを知るのに必読です(笑)。

東村アキコ 『タラレバ娘 シーズン2 1~2』
『タラレバ娘』も新しいステージへ。主人公を変えて登場しました。
新ヒロインは30歳でフリーターの廣田令菜。
親元でアルバイトをして暮らしていますから、家では何もせず、グータラしています。親も何も言わないのねぇ。
家の近くの図書館でバイトをすることにしますが、そこにいた変な司書さんに連れられ変なバーに出入りするようになり、店主の影響で自分の夢を探し始めます。
が、その夢が「婚活」!
どうなることやらねぇ。

水谷緑 『こころのナース夜野さん 1』
新米精神科ナースの出会った患者さんたちのお話。
とてもきつい内容ですが、救いのある終わり方です。
昔出会ったリストカットの少女たち、生きてるかなぁ・・・。

山本亜季 『賢者の学び舎 防衛医科大学校物語 5』
なんと、5巻で終わってしまいました。
それも4年間あるはずなのに、1年生の時ばかり長くて、2年から4年までこの巻で軽く触れている程度です。
人気がないから?『あおざくら』は続くのに。
防衛医科大学校についてもっと知りたかったです。残念です。

おかざき真里 『かしましめし 1~3』
28歳、独身の男女3人が一緒にご飯を食べることに楽しみを見いだし、ついでに一緒に住み始めてしまいました。
それぞれに悩みがあり・・・。
出てくる食事がとても美味しそうです。
いつまでこの学生みたいなノリが続くのかしら?

シリーズ物も読んだりしていますが、活字に飽きたら面白い漫画を求めて0円まんがを読んでリサーチしています(笑)。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2020/03/06/9221189/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。