『ファーストレディの秘密のゲスト』―マギー・ホープ・シリーズ第5弾2016/12/06



この本、表紙だけを見ると「コージー・ミステリのひとつね」と思うでしょうが、内容はけっこうまともで、世界史のお勉強にもなります。
時代は日本軍が真珠湾攻撃をして約半月後、アメリカが参戦するという頃です。
チャーチルはルーズヴェルト米国大統領と会談をするためにアメリカにやってきます。

イギリス生まれで、育ちはアメリカというマギーはひょんなことからチャーチルのタイピストとなり、その後、イギリスの工作員として秘密の使命をおびて活躍するようになりました。
今回、マギーは表向きはチャーチルのタイピストとして、首相の秘書官長のディヴィッドと秘書官で元恋人のジョンと共にチャーチルに同行してアメリカへ行くことになり、ルーズベルト大統領夫人の秘書殺人事件と黒人差別問題に関わることになります。

マギーはジョンとやり直そうかと思っている時に、大学で友人の恋人だったトムと再会。
大統領夫人のために二人で奔走しているうちに・・・。
ジョンは彼の経歴と彼が描いたキャラクターがディズニーに気に入られフロリダに。
なかなか上手くいきませんね。

一人の女性が時代の波に翻弄されつつも自分の生き方をまっとうする姿がいいです。
マギーの恋愛はどうでもいいから、そろそろ邪悪な母親とけりをつけて欲しいですが、そうなるとシリーズが終わってしまうのかな。
戦争の終結に向けて、マギーがどういう活躍をするのか楽しみです。
歴史的にイギリスでは何が起きているのか調べてみるのもよさそうです。
チャーチルが戦時中にアメリカに渡ったなんて知らなかったもの(恥)。

兄犬だけトリミング2016/12/05

昨日、来年結婚予定の姪がやってきました。
彼女は兄犬のファン。
彼はトリミングをして帰ってきてからずっと姪に抱かれていました。


初めてのトリマーさんでこんな感じになりました。
冬なのであまり短くカットはしてくれませんでした。
すぐに伸びてボサボサになってしまいそうですね。

トリミングの後は、いつもは寝ているのですが、昨日は姪に抱かれていたため眠れず。
そのためか昨夜はぐっすり眠れたようですが、今朝、私が6時過ぎに起きてベッドに連れて行くと、ベッドでも寝ていました。
よっぽど疲れたのでしょうね。


兄犬はカット前なのでボサボサですね。
ヨーキーの弟は少し毛を伸ばしたいので、来週、シャンプーだけをしに行きます。


弟はかわいい顔を撮れるのですが、兄はカメラが大嫌い。
おやつで釣らない限り、なかなかかわいい顔がとれません。

川瀬七緒 『潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官』2016/12/03



見かけだけはかわいくなった弟犬。
どういう顔をすればいいのかわかっているような気がします。

身体の色も少しずつ変化しつつあります。
顔が茶色のままですが、白くなっていくのかしら?


昆虫学の観点から事件現場を洗うという、変わったミステリーです。

伊豆諸島の神の出島でミイラ化した女性の遺体が見つかります。
首つりの跡があったことから自殺と断定されました。
警視庁から岩楯警部補が派遣され、通常とは違う遺体の状態から昆虫学者の赤堀が出動します。
彼女は遺体に虫の被害が少ないことに疑問を抱きます。
遺体はハスキー犬がどこからか引きずってきたようです。
一体彼女はどこで首をつったのか。
そして、短期間でミイラになるようなところはどこか。
島中をさがしますが見つかりません。
赤堀がハスキー犬に特定外来生物のアリが付着していたことに気づき、アリがどこにいるのか捜し始めたことから事件は意外な方向へ・・・。

ウジ虫ちゃんが出てこないので、それほど気持ち悪くはないかと思ったら、そうでもなかったです。
今回はアリが気持ち悪いです。
日本のどこにでもいるアリは人を噛みませんが、外来種は噛みますから怖いです。
1匹ではそうでもなくても集団になるとアリでも力を持つんですね。

獣医さんと赤堀先生の仲はどうなるのかと思いたいのですが、赤堀先生は普通じゃない女性ですからどうもならないようです(残念)。
次はどんな虫がでてくるのか、怖いけれど楽しみなシリーズですよ。

アンドレアス・グルーバー 『黒のクイーン』2016/12/02



弟犬は遊ぶのが大好き。
特にボールがお気に入り。
私が庭で花の手入れをしていると、早くやってよとボールを見つめて立ち上がっています。



『夏を殺す少女』、『月の夜は暗く』に続く三作目。
シリーズではなくて、それぞれの本の主人公は違います。
今回の主人公は保険調査専門の探偵、ホガート。
別れた女が忘れられないという、ちょっと女々しい男です。

プラハの展覧会で絵が焼け、その調査をしていた女性調査員が行方不明になりました。
彼女の安否と絵画保険詐欺の件を調べるためホガートはプラハへ飛びます。
プラハで知り合った女性探偵と共に絵画盗難事件を調べるうちに、いつしか連続殺人事件へと足を踏み入れていきます。

チェスが事件の鍵になっています。
チェスにはなじみがないので、あまりピンときませんでしたが、プラハは一度訪れたことがあったので、懐かしく思いました。
水よりもビールの方が安かったのを未だに覚えています。
飲めればと残念でしたが(笑)。

初期の作品だったらしく、主人公があまり魅力的ではなかったので前の二作ほど楽しめませんでした。

原田マハ 『デトロイト美術館の奇跡』2016/12/01



自動車の街と言われたデトロイト市が2013年に財政破綻をし、デトロイト美術館の所蔵作品を売って負債の穴埋めをしなければならないか・・・というところまで追い詰められていたなんて、知りませんでした。
この本はデトロイト市とデトロイト美術館がどう危機を乗り切ったかを描いたものです。
その背後にはデトロイト美術館を愛する人たちがいたのです。

表紙の絵はセザンヌの描いた妻、オルタンス。
セザンヌは妻の絵を油絵だけでも29点描いているそうです。
彼はモデルが微動だにしないのを好んだらしく、モデルはみな逃げ出し、妻だけが残ったらしいです(笑)。
結婚して子供ができても銀行家である父親からの仕送りがこなくなるのを恐れて、10年以上も妻の存在を隠し続けたそうです。
絵では食べていけないものね。

この絵を元に4つの本当にあった物語が書かれています。
「アートは友達。デトロイト美術館は友達の家」
そういう思いを持った人たちが、市の持ち物であるデトロイト美術館が残るように立ち上がったのです。
彼らの考えたデトロイト美術館生き残りの道とは・・・。

上野の森美術館で『デトロイト美術館展』が開催されています。
この本を読むと、展示されている絵画の価値が倍増しそうです。
本当ならアメリカに行きデトロイト美術館を訪れたいぐらいです。
絵はできれば所蔵されている美術館でみたいですものね。
美術展は1月21日までやっています。
月曜日と火曜日には写真撮影できるようです。
私は体力と気力が湧いたら行ってみるかもしれません。
風邪をひきたくないので、人ごみは避けますが・・・。