中嶋博行 『ホカベン ボクたちの正義』2017/11/23



この本の原作は漫画なのですね。知りませんでした。
ドラマにもなっているとか。
主演・上戸彩ってどういうこと?

『ホカベン』というとほっかほっかの弁当と思ってしまいますよね。(私だけ?)
これはほかほかの弁護士=新米弁護士のことです。

司法試験に受かり、やっと大手の弁護士相談所に入って意欲に燃えている堂本孝が配属されたのは、「プロボノ・セクション(公益部門)」。
「すべてはマネーのために」という価値観が支配している弁護士相談所の中で、国選弁護や法律扶助というのを扱う部門なのです。
「プロボノ」とは「プロフェッショナル・ボランティア」の略なのだそうです。
堂本は同期たちには馬鹿にされ、落ちこぼれと揶揄されます。

堂本が始めて関わったのは、離婚相談でした。
5歳の娘を連れた母親・橋本雅子の相談を受けているうちに、彼女は何も言わないけれど、夫のDVがあるのではないかと思った堂本でした。
しかし、居場所を突き止められ、娘を連れていかれ、仕方なく雅子は夫の元に戻りました。
そして、悲劇が起こります。

ここまで書くと、よくある話ですが、ちょっとしたどんでん返しがあります。
真実は一体どこにあるのか。
人って自分や仲間に不利になるようなことって隠そうとするから、真実はなかなかわかりませんよね。
そこをどう突き止めていくのかが、警察や検察たちの腕の見せ所なのでしょうね。

竹岡葉月 『おいしいベランダ 午後4時の留守番フルーツティー』2017/11/21



なんも考えずに、読むといい本です。

まもりのバイトしていた本屋が店をたたみ、金欠で困っていると、うまく古本屋のバイトが見つかりました。
そこには前にまもりに告白した佐倉井がバイトをしていて、それを黙っていたら葉二に見つかり、ピンチ!
まあ、勝手にしてよって感じですが、疑いも晴れ、次にやることというと、夏なので海へ行こう!
二人で・・・と思っていたら、そうは問屋はおろさない。
まもりの弟君は現代っ子だね。

こんな感じで書いていたら、ずっとシリーズ化できちゃいそうな感じですね。

実際にこんなカップルいるのかしらと、文句を言いながら何故読むかというと、美味しそうなものがでてくるからです(笑)。
生姜焼きサンドイッチとか鶏肉とホウレンソウのココナッツカレー、煮込みハンバーグ、オレンジとバジルのおかずフレンチトースト・・・。
ベランダ園芸はやる気はないのですが(虫がね、嫌なのよ)、採れたての野菜はおいしいわよね。


食いしん坊といえば、この仔です。
手でバナナをやると、手まで食べられそうになります。
小さいヨーキーと思って飼ったら、3㎏にもなっちゃいました(笑)。

殿ヶ谷戸庭園の紅葉2017/11/20

近くまで行ったので、殿ヶ谷戸庭園まで行ってきました。


松の木には雪吊りがしてあります。


萩のトンネルです。

お兄さん、写真撮りたいので、立ち止まっていないで歩いてください。
・・・仕方ないので、撮らせていただきました(笑)。

萩の葉も紅葉するんですね。


池の方に黄色いツワブキが咲いています。


湧水源のところにも沢山咲いています。


ツワブキの葉はフキのように食べられるそうです。


池の紅葉も紅葉しています、もう少しすると、もっと鮮やかになるのでしょうね。


こういう色鮮やかなのがいいですね。


今年は紅葉は当たり年でしょうか?
どこか遠くへ、犬連れで紅葉を見に行きたいのですが、なかなか行けません。
近場であまり人のいないところはないでしょうか・・・。



はらロール+カフェの新しいメニューはロコモコです。
私にはちょっと味が濃かったです。

ケーキも食べたかったけれど、しばらく我慢します(泣)。

大田黒公園の紅葉2017/11/19

イチョウ並木がどうなったのか気になったので、大田黒公園まで行ってきました。
ここも国際的になったのでしょうか。
前を歩いていた3人のベトナム人らしき人たちも大田黒公園に入っていきました。
庭園の中で2組の外国人に会いました。
今や外国人はどこにでもいるのね。

写真を撮ろうとしたら、カメラのバッテリー切れでした(泣)。
仕方なくiPhoneのカメラで撮りました。

電話で大声で話している変なおじさんがいました。
「男はみな〇〇〇なんだ。あんたが知らないだけだ・・・」
こんな場所では止めて欲しかったです。
雰囲気が壊れますわよねぇ。


イチョウはまだ緑色のところがありましたが、このままでいくと黄色くなる前に落ちてしまいそうです。


反対側から見ると、黄色いんですが。


水面に紅葉が映って綺麗です。
鴨たちも勢ぞろいです。


いよいよ24日からライトアップが始まります。


ジェフリー・ディ―ヴァー 『スティール・キス』2017/11/18



リンカーン・ライムがある事件をきっかけに刑事事件から手を引き、今は民事訴訟の事故調査をしています。
そのためアメリア・サックスは連続殺人事件でライムの助けを借りられず・・・。
そんな時に、サックスの母親が心臓手術を受けることになり、元彼が刑務所から出所して会いに来ます。
心乱れるサックス。
やがてライムとサックスの事件は繋がっていき・・・。

今回の犯人はそれほど気味が悪くなく、どんでん返しもそれほどではなく、ワクワク感は前よりも激減でした。
でも、新キャラの女性がライムといい勝負なので、次からの楽しみになりそうです。

次作がアメリカで評判よさそうなので、期待して来年を待ちますわ。



やっと鼻も元通りになり、元気いっぱいの兄です。
寒いのは犬にもよくないのね。
お散歩の時は暖かくしています。
赤がお似合いですね(笑)。