澤田瞳子 『火定』2020/07/05




奈良時代の疫病(天然痘)の蔓延を食い止めようと奮闘した人たちの話です。

民を怪我や病から救うために作られた施薬院は出世とは無縁な場所であるため町医者の網手の献身で支えられていました。
出世したい下級官僚の蜂田名代は辞める機会をうかがいながら働いていました。
その頃、新羅に行っていた使者から持ち込まれた天然痘が平城京に広まっていました。
必死に病人を助けようとしていた網手でしたが、治療法がないため為す術がありません。
とうとう悲田院の子供たちも感染してしまい、感染を広めないために僧・隆英は子供たちと共に蔵に籠もることになります。

同じ頃、猪名部諸男は皇族を診るまでの地位に昇り詰めていましたが、同僚の陰謀で牢獄に入ってしまい、恩赦で牢獄から出ることができましたが、行き場がないため獄中で出会った宇須と行動を共にしていました。
宇須は天然痘に効くという禁厭札を売って金を稼いでいましたが、だんだんと行動がエスカレートしていき、天然痘の原因となった新羅の民を殺せば病は治まると民衆を扇動していきます。

天然痘と闘ううちに、名代は人を助けることでこれからの己の生きるべき道を、そして諸男は冤罪の恨みから立ち直ることで医師としての己の使命を見いだしていきます。

「世の中に、完璧な人間なぞいない。網手も、そして諸男もそうだ。しかしその胸に忸怩たる思いを抱いていればこそ、彼らは他人の弱さや病の恐ろしさに思いをはせることが出来る。医に携わる者は決して、心強き者である必要はない。むしろ悩み多く、他を恨み、世を嫉む人間であればこそ、彼らはこの苦しみ多き世を自らの医術で切り開かんとするのではないか」

医療に携わる者の原点を的確に表していますね。

宇須に扇動された民衆は施薬院までも襲います。名代は暴徒たちを許せませんでしたが、そんな名代に網手は言います。

「官は都の惨状にいったい何をしてくれた。君が親であれば、民は子。その親が無策を決め込んだがゆえに、迷うた子は正体の知れむ神なんぞを信じ、暴徒と成り果ててしもうたのではないか」

コロナ禍で先の見えない今、政府が無策のままでいたら、私たち民はどういう道を辿ることになるのでしょうか。
アメリカ、アラバマ州の若者たちが、誰が最初にコロナに感染するかを競うコロナパーティを開いていたということを聞いて暗澹たる思いになりました。
日本の若者も自暴自棄にならないで、未来に対して生きる希望を見いだして欲しいと思いますが、さて・・・。

中山七里 『カインの傲慢』2020/07/03

一年の半分が終わってしまいました。
後半分。いいことがあるといいのですけど。
益田ミリさんの「今日の人生」を読んでほっこりしますわ。



中山七里、デビュー10周年記念12ヶ月連続新作企画第5弾の『カインの傲慢』を読みました。
刑事・犬養隼人シリーズの最新作です。
そういえば私って犬養刑事の物って読んでいたっけ?

散歩中の犬が雑木林で少年の遺体を見つけました。
遺体の腹には切開痕があり、肝臓の一部が取り出されていました。
少年は栄養失調の傾向があり、虐待されていたのか、貧困家庭で育ったのか?
なかなか身元が判明せず、犬養隼人と同じ班に属する高千穂明日香は外国人ではないかと思い調べてみると、一週間の予定で日本に入国した12歳の中国人であることがわかります。
中国に留学したことのある明日香は中国へと飛びます。
そこで見たのは・・・。

その後、次々と腹に切開痕のある少年の死体が見つかります。
そのどれもが肝臓の一部が切り取られており、貧困家庭の子供でした。
なかなか事件の突破口が見つからない頃、犬養は葬儀を見に来ていた野次馬たちの中の一人の男に目を止め、職質を掛けます。
彼は東朋大学医学部の中国人留学生でした。
彼から事件は動きます。

日本は臓器提供者が少ないから臓器移植はあまり盛んではありませんが、中国はアメリカに次ぐ臓器移植国だそうです。
中国では1週間から4週間で適合する臓器が見つかるということです。
何故かというと、死刑囚が多く(46種類の罪名に死刑が適用されている)、その死刑囚から承諾を得られれば、死刑執行後すぐに臓器を摘出できるからだそうです
が、調べてみると恐ろしい事実がわかります。
中国はとんでもない国ですわ。

臓器移植をすれば生きられるとわかったら、誰もが移植を望むでしょう。
それが自分の子供だったら、どんなことをしても生きて欲しいと思うのは親心でしょう。
でもその臓器が違法なものだったら、どうしますか。
それでも自分の子供の命のことを考え、移植しますか。

ミステリーとしては物足りないですが、臓器売買問題を扱った重い内容の話です。

小路幸也 『イエローサブマリン』2020/07/01



年に一回の堀田家のお話です。
今回は夏秋冬春と四部構成です。
登場人物が増えすぎて、名前だけでは誰だっけという感じなので、相関図で調べながら読みました。

「夏 絵も言われぬ縁結び」
家の解体を依頼された篠原からの相談がありました。
家に行くと奇妙な音や声が聞こえて来て、血まみれの本があったというのです。
そんなわけで、神主の祐円さんの出番です。お祓いしましょう。
この家は一体どんな謂われがあるのでしょうか。

「秋 元のあなたの空遠く」
小説を書いている紺のところに盗作を訴える手紙が届きます。
珍しく我南人が紺と一緒に手紙に書いてあった住所へ行ってくれます。
その手紙の真意は?

「冬 線が一本あったとさ」
お正月には施設に入ったかずみちゃんが帰ってきました。
新年を迎え、十日を過ぎた頃、一人の中学生の少女が古本屋に現れました。
彼女は本の内容ではなく、見返しをみて買う本を選んでいます。見ても何もないのですが。そして、買った本を預けていきます。
不思議に思ったバンドワゴンのみんなは彼女を着けることにします。
彼女の行った先は・・・。

「春 イエロー・サブマリン」
研人と幼馴染みで彼女の芽莉依は高校を卒業します。
研人は進学せず、プロのミュージシャンになります。芽莉依は東大を狙っています。さて、結果は。

それぞれの季節。
一家の要の勘一は相変わらず元気です。
この巻の大きな出来事は研人と芽莉依の高校卒業ですかね。
かんなちゃんと鈴花ちゃんも小学生になって、だんだんと変わってきていますが、出番が少なくて残念でした。
次回に期待しましょう。


読んだ漫画2020/06/30



鈴ノ木ユウ 『コウノドリ 31』
楽しみに読んでいたこの本も後一巻で終わりになります。
長い連載でしたが、産婦人科の大変さと女性の体、家庭の在り方などを教えてくれるいい漫画です。
10代から20代の若い世代に読んでもらいたいです。

いくえみ綾 『1日2回』
何が1日2回?と思いながら読んでいます。
園田れみは夫が亡くなったため実家で母と娘と一緒に住んでいます。
隣の家に幼なじみの鍵谷季が出戻ってきます。彼は不妊症だったため、離婚されたのでした。
さて、これからの二人は・・・?

よしながふみ 『大奥 18』
男女逆転の大奥。家茂が亡くなり、徳川幕府は終焉へ向かいます。
19巻が最終巻だそうです。

宮本福助 『となりの外国人 1~2』
イタリアからやってきた変な外人、マリオが日本で暴れて(?)くれます。
何故か彼は隣の吉田さん一家のところに入り浸り。
最後はお父さんまでやって来て。
楽しい漫画です。

芳井アキ 『国宝のお医者さん 1~2』
博物館の学芸員・押海は文化財の修理依頼で国宝修理装こう師・五條の工房を訪ねます。五條はつかみどころのない男で、なかなか修理を引き受けてくれません。彼の父親も装こう師だったということを聞き、押海は密かに父親について調べます。

装こう師のお仕事についてわかるかな、父親はどうなったのかな、とか思って読んていたら、2巻で終わってしまいました。残念。

オキモト・ショウ 『マリアージュ~神の雫最終章~22』
なかなか進まない神咲雫とライバル・遠峰一青との戦い。
ワインはフランス料理だけではなく、日本料理やエスニック料理、中華料理にも合うということがわかったのですが、私、お酒が飲めないのです(笑)。

槇村さとる 『モーメント 永遠の一瞬 1~12』
フィギアスケートでオリンピックに出るまでの雪の努力、葛藤、挫折、そして彼女を巡る人々とのことを描いた作品。
槇村さんは息の長い漫画家ですね。1956年生まれですか。もう60歳を超えているなんて・・・。

どの漫画も面白かったです。
kindleを使うと本屋に行かなくても読めちゃうことが難点です(笑)。



珍しく横になっている寝姿をさらす弟。
彼はママたちに寝たり、トイレをしたりする姿を見られるのを嫌っています。
兄のようなへそ天は一回しか見たことがありません。
トイレをしているのを見ると、すぐに止めてしまいます。
兄は平気なのに。


弟をかまうとすぐにいじける兄。
こうやって僕、つまんないという顔をします。

2匹飼う時に、一緒に遊んだり、寝たりする姿を思い描いていました。
でも兄が嫌がるので、今は柵で二人の居場所を分けています。
そうしないと兄が精神的に病みそうなのです。
幼い時に兄弟と一緒に過ごしていた弟と、すぐにペットショップに売られていった兄との違いでしょうね。

読んだ本2020/06/29

近所のスーパーに行ってバターを買おうとしたら、無塩バターはなく、有塩バターはお一人様一個になっていました。何故バターがないのかしら?
学校が始まっているので、家庭でケーキ類はもう作っていないと思うのですが。

朝食にもなるマフィンをオリーブオイルを使って作ってみました。
先週作ったバナナコーヒーマフィンはバナナをもっと入れても良かったかと思いましたが、今朝作ったチョコレートマフィンは成功でした。
砂糖をそれほど入れず、チョコレートはカカオ95%のものだったので、甘すぎず、チョコレートがあまり好きではない私でも大丈夫でした。
(この前のチョコレートケーキは美味しかったのですが重すぎて、結局半分捨てました)


トッピングしたチョコレートをもっと細かく切ればよかったと思いました。

ケーキやシュークリームは難しそうですが、簡単に作れるお菓子もあるので、少しずつ作ってみます。
パンはホームベーカリーを買って挑戦してみようと思います。
仕事を辞めたら時間的余裕ができ、色々とできていいのですが、少し痩せたのにリバウンドしそうなのが恐いわ(笑)。

簡単に読める本がたまっていますので、まとめて紹介します。
記憶が定かではないものもありますけどね。


パオロ・ジョルダーノ 『コロナの時代の僕ら』
2020年2月~3月に書かれたエッセイ。
ジョルダーノさんはイタリア・ローマに住む物理学博士号をもつ小説家です。
死亡者が膨大だったイタリアで彼は何を思ったのか。

馳月基也 『姉上は麗しの名医』
清太郎は剣術道場で少年たちを教えています。
ある日、幼なじみの町奉行所の同心・彦馬がある医者の死亡事件に納得がいかず、清太郎の姉で医者をしている真澄の意見を聞きにやってきます。話を聞いた真澄は独自に捜査を初めてしまい、行方不明に。

題名が残念ですが、意外とまともな(失礼)時代小説でした。

出水千春 『吉原美味草紙 おせっかいの長芋きんとん』
父が亡くなり、伯父の店で料理の修業をしようと大阪の天神から江戸へ出てきた平山桜子でしたが、頼みにしていた伯父は亡くなっていました。
いとこの力也と会え、これからのことを話している時に竜次という男がやってきてきます。彼は料理人で、力也と桜子に自分の働いている店で働かないかと言います。次の日、彼らが連れられて行ったのが「佐野槌屋」という妓楼でした。桜子はそこで料理の修業を始めますが・・・。

竹村優希『さくらい動物病院の不思議な獣医さん 5』
奥手の獣医・亜希は手塚への思いを自覚し、二人は無事に心を通わせることができました。
野鳥救護ボランティアのこと、妊娠している黒猫の保護など亜希は大忙しです。
実際に吉祥寺の獣医さんたちが彼女のようなことをしているとは思えませんが、彼女のような獣医さんがいたらいいですね。

徳永圭 『ボナペティ!臆病なシェフと運命のボルシチ』
食品会社に勤める佳恵は仕事の憂さを晴らすため、かつて訪れたフレンチの名店に行きますが、シェフがかわっていて、料理は悪くないのですが、なんとも居心地の悪い店になっていました。
そのためついついシェフに喧嘩を売ってしてしまい、出入り禁止になってしまいます。
その後、たまたま入ったバーで、出禁になったフレンチの名店で見習いをしていた健司の作ったボルシチを食べ感動し、彼をスカウトすることにします。
というのも佳恵は脱サラをしてビストロを開くことが夢だったのです。

佳恵の性格がちょっと嫌です。飲食店を開くには色々とクリアしなければならないことが多いのね。一応お仕事本です。

小湊悠貴『ゆきうさぎのお品書 あらたな季節の店開き』
完結篇なためか、登場人物が色々と出てきて、記憶力のない私は主人公の二人以外は思い出せず、これ誰だっけと最後まで思ってしまいました。
3月30日をもって碧はゆきうさぎのアルバイトを辞め、4月から私立の女子校の数学教師として赴任します。
ゆきうさぎはこれからも美味しいお料理を提供していくでしょう。

竹岡葉月 『谷中びんづめカフェ竹善 3』
コミュニケーション障害の気がある女子大生の紬は竹善の息子の家庭教師をしています。
ある日、竹善に高級食パンの女性店主がやってきて、コラボしないかと持ちかけてきます。ちょっとした美人さんで積極的な人なので、竹善店主のセドリックとくっついてしまわないかと心配する紬。
セドリックのジャムは評判になり、店も忙しくなります。
店に居場所がなくなったと淋しく思う紬はセドリックへの思いに気づき・・・。

紬にドブスとか言う息子の口をつねってやりたくなるのは私だけかしら?
何故セドリックは息子に注意しないのか?

一色さゆり 『コンサバター 大英博物館の天才修復士』
本によると修復士という国家資格はイタリアやスペイン以外にはないそうです。誰でも自称修復士になれるということですね。
でもスペインでとんでもない修復のことが話題になっていたような・・・。
安くですまそうとして、資格のある修復士に頼まなかったから?

大英博物館でアシスタント・コンサバターをしている晴香は、建物取り壊しのためフラッとからの立ち退きを命じられ、住む場所を捜していました。大英博物館で働く天才修復士・スギモトがフラットメイトを捜していて、助手として働くなら使用期間だけ彼のフラッとに仮住まいさせてもらえることになりました。
晴香は持ち込まれる美術品の謎をスギモトが見事に解くのを傍で見ることになります。

竹内昌美『泣き終わったらごはんにしよう』
少女漫画編集者の中原温人は美味しいごはんを作ります。
恋人のたんぽぽさんと一緒に食べるのが一番の楽しみです。
そんな彼の元に不平・不満を持った人や落ち込んだ人など泣きたい人たちがやってきて、彼の作るごはんに癒やされます。
出てくるごはんは肉じゃが、卵焼き、きのこパスタ、卵リゾット、カレー、親子丼など普通のもの。心が弱った時には普通が一番ですよね。

今回は特におすすめの本はありません。