髙田郁 『あきない世傳 金と銀 三 奔流篇』2017/02/21



買ってきた花を植えていたら、弟犬が早く遊んでよとやってきました。
植えていたのは変わった色のプリムラです。


青と水色で縦筋の入った花です。
もう一鉢は、カランコエ(だと思った)。


花も改良されて色々な花があっておもしろいですね。



幸は大阪天満の呉服商「五鈴屋」の女衆から店主・四代目徳兵衛の後添いになり、十七歳で夫を不慮の事故で失いました。
弟の惣次が五代目を継ぐことになります。
しかし、彼が五代目を継ぐ条件として「四代目の女房ごと引き継ぐ」と言いだし、悩んだ末に幸は惣次の女房となることにします。
惣次は五鈴屋を日本一の呉服屋に育てたい、五年後に江戸へ出店してみせると幸に約束します。
幸は惣次に力を貸し、できるだけのことをしていこうと決心します。

五鈴屋の商売は惣次の改革と幸の内助の功で上手くいくようになりました。
ところが幸に力を貸して欲しいと言っていた惣次は幸に「あんたは私の陰に隠れてたらええ」、「商いで私の上に立つことは許さん」、「私の子を産むことだけ考えればええ」と言い始めました。
その上、幸の思いつきで始まったことも自分の手柄とし、人から受けた恩も返さず、だんだんと道を踏み外すようになってきたのです。
やがて幸たちが案じていたように、大変なことが起こります。

「大阪商人いうんは、金銀に汚いようで実はそうではおまへん。始末に始末を重ね、意地汚うに貯めて、使う時は綺麗に使う。金銀を動かしても、金銀に動かされまへん。血の通わぬ金銀に命を吹き込むのが、ほんまもんの大阪商人出すのや」
「せやさかい、大阪商人は余所でも信用してもらえるんだす」

商才があるはずだった惣次が絶体絶命。
『女名前禁止』という掟を前に、幸はこれからどうするのか。
次回が楽しみです。

本の帯に「みをつくし料理帖」がNHKでドラマ化されると書いてありました。
他の局でドラマ化してませんでしたっけ?
黒木華さん主演で5月から始まるようです。
思い人の小松原とあさひ太夫は誰なんでしょうね。

『黄金のアデーレ 名画の帰還』2017/02/20

ヨーロッパではナチスが第二次大戦中に奪った美術品の返還を進めているということを聞いたことがあります。
この映画はクリムトの『黄金のアデーレ』の返還をオーストリア政府に求めた女性のお話です。


1998年、マリア・アルトマンは亡くなった姉ルイーゼがナチス占領下に奪われたクリムトの『黄金のアデーレ』返還をオーストリア政府に求めようとしていたことを知ります。
マリアにとっては故郷ウィーンは忌まわしい過去を思い出すところで、二度と足を踏み入れたくない場所でした。
しかし、ルイーゼの死をきっかけに優しかった伯母アデーレのことを思い出し、過去と向き合い、絵画を取り戻すことを決意します。

彼女が相棒に選んだのが友人の息子で新米弁護士、ランディ・シェーンベルクでした。
最初、彼は金もうけを考えて引き受けたのですが、マリアと行動を共にするうちに自分の先祖(彼の祖父はオーストリアの有名な作曲家)であるオーストリア人が戦中何をしたかを知り、いつしかマリア以上に絵画返還に力を注いでいきます。


この絵はあまりにも有名で、陰にこんな物語があったなんて知りませんでした。
そういえば、オーストリアでクリムトの『接吻』とかは見ましたが、この絵はなかったはずなのに、実際に見た気になってます(笑)。

オーストリア政府やオーストリア国民はこの絵を返したくなかったようで、その様子が映画に描かれています。
最初の段階でマリアさんに返還していれば、今頃はオーストリアの美術館に飾られていたのでしょうね。
(実際はどうだったのかは知りませんが、今『黄金のアデーレ』はアメリカにあります)

この映画の信ぴょう性が疑われるという話がありますが、映画ですからすべてが事実に即して描かれているわけではないでしょう。
何を訴えたいかが明確だったらいいのではないかしら?
オーストリア側から見たら、色々と文句があるでしょうけど。

戦争で何が起こったのかを知るのに、いい映画のひとつでした。

伊岡瞬 『いつか、虹の向こうへ』&『瑠璃の雫』2017/02/19



原発性アルドステロン症の治療薬のセララを飲み始めてから、血圧は上下90~170の間をうろちょろしていました。
ひどい時は薬を飲んでいるにもかかわらず、下100台、上170台で、再度測ってもなかなか下がらす、下100台、上150台でした。
ところが、ここ一週間は上120台、下80台と低いのです。
温かかったおかげでしょうか?

伊岡さんの本をまた読んでみました。
その後に別の本を読んだので記憶が曖昧ですが・・・。


元刑事の尾木はある事件をきっかけに服役し、職と家族を失いました。
家が売れるまでということで、訳あり男三人の不思議な同居生活を営んでいました。
ところが、そこにひょんなことから知り合った家出人の女の子が居候となったことから、尾木は事件へと引きずり込まれます。

刑事をやっていたわりには弱く、ボコボコになってばかりいる尾木さんはかわいそうですねぇ。
人が良すぎます。
それでもやくざと交渉する辺りはさすがですが。


杉原美緒の母はアルコール依存症で、病院に入ったり出たりを繰り返しています。
母が入院している間は母の従姉妹の薫のマンションで弟と一緒に暮らします。
喫茶店兼スナックを経営している叔母の常連に元検事の永瀬丈太郎がいました。
叔母から彼を紹介され、美緒と弟は彼の家に遊びにいくこともありました。
永瀬には瑠璃という娘がいて、瑠璃と薫は同じ幼稚園に通っていましたが、瑠璃が薫の目の前で誘拐されるという悲しい過去がありました。

美緒と永瀬の悲惨な人生がどのようになっていくのか、最後までわかりませんが、救いがあって欲しいですね。

伊岡さんの書く本は犯人捜しを楽しむものじゃなく、重い過去を持った人がどう生きてきたのかを読むもののような気がしました。

本の料理を作ってみる2017/02/18

夕食に何を作ろうかと迷い、ふと思い立ち、『菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日』に出てきた、簡単に作れそうなドライカレーときゅうりのヨーグルトサラダを作ってみることにしました。
材料がどれぐらいの量かわからないので、ネットのレシピを参考にします。
ドライカレーは本の通りにトマトの缶詰を1缶全部入れてみました。
調味料は塩・コショウ以外はわからないので、ガラムマサラとかのスパイスやケチャップや醤油などを適当に入れてみました。
きゅうりのヨーグルトサラダはオリープオイルを少し足し、塩・コショウで味付けただけのシンプルなもの。
ドライカレーの微塵切が面倒なだけで、ものすごく簡単です。
レーズンをいれてみたのですが、結構おいしかったです。


カレー粉を入れすぎたかなと思いましたが、大丈夫でした。
目分量のいい加減なものですが、カレーですから失敗はしないようです。
ドライカレーにはひよこ豆を入れたりしてもよさそう。
ヨーグルトソースは菜の花にかけても美味しいと、試してみた夫が言っていました。

今日のブランチは残りのドライカレーでパスタにしました。


具が残りそうだったので、山盛りかけてしまいました(笑)。
普通はこの半分よね。
パスタやコメは少なく、具は多くというのがいつものパターンですが、カロリーは?
(ハ、ハ、ハ、盛り方が汚い・・・)

正社員の仕事を辞めてからいつも夕食に何を作ろうかと考えて大変です。
フルの仕事をしていた時は、買ってきた惣菜でごまかしてばかりいましたから(笑)。
今からでは遅いのですが、主婦としてお料理を少しずつ学んでいこうかしら・・・。

庭のクリスマスローズの花が開きました。


犬たちは元気に走り回っています。


ハート形だったのに、もうハートではなくなってしまいました。
何故か同じところばかり咥えます。


兄は走り回る弟を尻目にテーブルの下の葉っぱを食べています(恥)。


ボールの固さがいいみたい。


めずらしくカメラを向けると顔をそむけました。
口の周りに草がついています。


本人はいいポーズと思っているのでしょうが、おしめが・・・。


私が兄を抱いていると、遊ぼうよと迫ってきます。

そろそろ散歩に行ってきます。

『アジアン・ティーは上海の館で』―お茶と探偵162017/02/17

胃の調子が悪くなってから紅茶ばかり飲んでいます。
がんの手術をした友人も手術後しばらくコーヒーが飲めなくなったと言っていました。
コーヒーと紅茶のどの成分のせいでしょうか。


「お茶と探偵」シリーズも16巻目になります。
出てくるお茶とスウィーツ、開催されるお茶会が楽しみで読んでいます。
この頃、どのコージーミステリを読んでも思うのですが、主人公たちの進んで殺人事件に首を突っ込むと言う習性がだんだん嫌になってきています。
シリーズの最初はたまたま殺人事件に巻き込まれて仕方なく事件に関係したのに、シリーズ化してしまうとそうならざるをえないのでしょうが。

さて、今回の事件は<インディゴ・ティーショップ>のオーナー、セオドシアの恋人でギブズ美術館広報部長のマックスが殺人事件に巻き込まれてしまいます。

ギブズ美術館で上海から移設した茶館のお披露目会が開催されました。
マックスがこのプロジェクトに関わったことからセオドシアも参加するのですが、彼女は彼が設置した写真ボックスで死体を見つけてしまいます。
殺されたのは茶館のために多額の寄付金を出した人でした。
この事件の後、マックスは館長から解雇を言い渡されてしまい、セオドシアは恋人のために容疑を晴らそうとします。

季節はハローウィン。
というわけで、開催されたお茶会は2つ。
「タイタニックのお茶会」と「ロンドン塔のお茶会」です。
ハローウィンとどう関係があるのと疑問に思った方はハローウィンはどういうものか考えてみるといいでしょう。
メニューは涎が出そうです。
「ロンドン塔のお茶会」のを載せておきましょうか。

王冠のスコーン、アン・ブーリン風イチゴのチョコフォンデュ、キャラウェイシード入りのパンにハニーハムとイングリッシュマスタードをはさんだティーサンドイッチとブラウンブレッドにスモークサーモンとクリームサンドをはさんだティーサンドイッチ。
デザートはチャツネ入りクロワッサンとヴィクトリア・スポンジケーキ。
紅茶はレディ・ジェーン・グレイとばら戦争。

いつも思いますが、こういうティーショップがあれば・・・。

セオドシアの愛犬、アール・グレイはいやいやながら仮装してマラソン大会に参加しています。
犬って本質的に被り物が嫌いなようです。

コーヒーをあまり飲まなくなってからコーヒー専門店でカフェオレとクッキーを頂きました。


カップから溢れるぐらいたっぷりと入れてくれました。
ここのカフェオレはミルクがほどよく泡立っており、コーヒーも苦みが少なく、私には飲みやすいです。