華藤えれな 『寺嫁さんのおもてなし 1~3』2019/01/18

左目の赤みはあまり変化がありません。
土日にはいつも行っている眼科はお休みなので、このまま悪くならないでほしいです。

膝は痛いのですが、だんだんとまっすぐになってきています。
筋肉痛ではないですかと言われるのですが、私の経験した筋肉痛ではないのですけど・・・。
筋が伸ばされて痛いのだと思います。
2月から新しい職場に行かなくてはならないので、後2週間はゆっくり体を休めることにします。



昨年読んだシリーズ物です。
ライトノベルかな?

『寺嫁さんのおもてなし 1』
祖母と一緒に暮らしていた真白は、祖母が亡くなったため、お寺に引き取られることになります。
実は真白は人間ではなく、あやかしであり、そのお寺には前世で縁のあった龍の化身である僧侶・龍成がいて、真白は彼のフィアンセと偽ることとなります。
そこで真白は得意のスイーツを作り、和カフェを開くことを思いつきます。

『寺嫁さんのおもてなし 2』
あやかしを癒やす「あやかし亭」にライバル出現。
ようかい寺で「あやかしカフェ」がオープンし、「あやかし亭」は閑古鳥が鳴くようになってしまいます。
真白はいろいろとメニューを考えますが・・・。
そんな時に兄とはぐれたという小鬼がやってきます。
兄はどうもようかい寺に囚われているようです。
真白は兄に会わせてやりたいと考えます。

『寺嫁さんのおもてなし 3』
なんと、真白と龍成の結婚話が実現しそうに。
しかし、なぜか「あやかし亭」の常連が次々と事故にあいます。
一体何が起きているのか?

かわいらしいライトノベルです。
若い子はあやかしとかが好きなのかしら?

頭を使うことなく読める内容なので、疲れ気味の時にどうぞ。

三浦しをん 『愛なき世界』2019/01/17



今週、疲れたなと思っていたら、昨夜、手術した左目の白目が赤くなっています。
早速、もらっていた目薬を1種類点して寝ました。
今朝、見てみると、全くよくなっていません。
まずいです。
もう1種類目薬を追加して、2種類点けることにしました。
仕事中も点していたのですが、家に帰ってから見ても変わらないような感じです。
明日は膝のリハビリに行く以外は用事がないので、ゆっくりやすみますわ。


『舟を編む』の理系研究室版です。

和食でも洋食でも、中華でも何でも作る洋食屋で働く藤丸くんは、お客さんであるT大研究室院生の本村さんが好きです。
本村さんに告白しますが・・・。

「愛のない世界を生きる植物の研究に、すべてを捧げるときめています。だれともつきあうことはできないし、しないのです」

こう言われてふられますが、それでも藤丸くんはT大研究室に出前を持って行きます。
本村さんだけではなく彼女の愛する植物の世界に藤丸くんは魅せられたのです。

本村さんの属する研究室の雰囲気がいいです。
松田教授が見かけが死神みたいに怖くてもふところの大きいいい人です。
彼のような教授に見守られながら研究ができるなんて、最高ですね。
本村さんが間違った実験をしているのに気づき、松田教授にそのことを告げた時に松田教授が言う言葉がいいです。

「予定どおりに実験を進めて、予想どおりの結果を得る。そんなことをして、なにがおもしろいんですか?」
「実験で大切なのは独創性と、失敗を恐れないことです。失敗のさきに、思いがけない結果が待っているかもしれないのですから」

こういうことを言われると、心が軽くなりますね。

植物の研究の話だから難しそうと思うかもしれませんが、しをんさんがわかり易く書いてくれていますので、安心して読んでください。
ぶっちゃけていうと、実験の内容の説明を飛ばして読んだところもありますが(笑)。

心に残った言葉があります。

「結局、地球上の生物はみんな、光を食べて生きているんだなと」

「光を食べて生きている」
いい言葉です。

読んでいるうちに、円服亭のオムライスとナポリタンが食べたくなりますよ。
しをんさんの『舟を編む』や『風が強く吹いている』などの系統が好きな人は是非読んでみてください。
お勧めです。

「パターソン」@アップリンク吉祥寺2019/01/16



アメリカ、ニュージャージー州パターソン市に住むパターソン君の月曜日の朝から次の週の月曜日の朝までの七日間を描いた作品です。
パターソンは実在する町で、有名な詩人のアレン・ギンズバーグとウィリアム・カーロス・ウィリアムが生まれた町です。

パターソンはバスの運転手で詩を書くのが趣味。
毎日、朝の6時過ぎに目覚め、一人でシリアルを食べ、妻が作ったサンドイッチを持って仕事に向かいます。
仕事前に詩を書いていると、同僚が来て話をしていきます。
仕事から帰って食事をして、犬の散歩の途中でバーに寄り、ビールを一杯飲むのがいつもの習慣です。

一緒に暮らしているローラは特に仕事もせず、部屋のインテリアを毎日変えるのが趣味。
家のインテリアと自分の着る物、すべてが黒白。
土曜日には黒白のカップケーキを焼き、バザーに売りにいきます。
自分はカントリーミュージシャンになって有名になるという夢を持ち、200ドル以上もするギターを買ったりします。

そんな何の変哲もない一週間を詩と共に淡々と描いた映画です。
ちょっとクスッと笑える場面なんかが散りばめられています。
特に気に入ったのが、イングリッシュ・ブルドッグのマーヴィン君。
残念ながら映画後、亡くなってしまったそうです。


家の犬たちよりいい子なんです。
散歩の時にリードを引っ張るのは一緒ですが、パターソンがバーに入る時に、ちゃんとお座りして待つんです。
相手をしてくれないと、悪い子になりますが、それもかわいいです。
郵便ポストが何故毎日曲がるのか。
その理由には笑ってしまいましたがね。

永瀬正敏が出てきたのにはびっくりしました。
日本人詩人の役で、服装や英語がもろ日本人。
海外に人は笑えるだろうなと思いました。

なかなか素敵な映画でした。

映画の後にリベルテで遅めのランチをしました。
三種のデリプレート。


サラダが多めで、パンはお変わり自由でした。
野菜ばかりだったからと理由をつけて、デザートにケーキまで食べてしまいました。


カシスのモンブランです。
明日の朝食用にクロワッサンを買って帰りました。


史夏ゆみ 『イダジョ!』2019/01/14



「イダジョ」とは「医大女子」のことです。

サラリーマン家庭の長女である美南は、幼い頃、祖母が心筋梗塞を起こし救急に運ばれた時のことから医者になると決心していました。
無事、私立の医大に入ったのですが、医学部の勉強は大変で、同級生と励まし合い、助け合いながらギリギリの成績で進級していきます。
しかし、後一年で国家試験を受け卒業という時に父親が癌になり、その上、母親はリストラされ・・・。
法学部へ行った妹は大学院進学を諦め司法試験に挑みます。
美南は医学部ですから授業料が半端ではなく、どう計算しても払えない・・・。
勉強が大変だからと今まで家のことをないがしろにしていた美南は妹から甘さを糾弾され、人に頼らず自分で授業料を稼ごうとするのですが・・・。
どうなる、美南。

医大女子の努力と涙と成長のお話だと思っていたら、結構恋愛の要素が強く、そこがあまりにも甘く、残念でした。
作家さんは医学部の人ではないですから、想像の産物か。
医師って医学生に手を出すほど暇じゃないですよね。
医学生より看護婦・・・?
それにご両親、あまりにもいい加減過ぎです。
娘の学費、貯めとかないなんて。

今まで会った医師を思いながら読みました。
こんなことしてるから、ああなったのか・・・と思うこともありました。
大変なお仕事なのは認めますが、人間としての心の成長はどうなっているのかしら。
読んでも医師に対する見方は変わりませんでした(笑)。

高円寺アパートメントへ行く2019/01/13

リノベーションした高円寺アパートに美味しいカレーとクラフトビールが飲めるお店があるというので行ってみました。

高円寺から駅の高架下を歩いて10分ぐらい(膝痛人間の場合)。



人が並んでいます。
が、良く見ると私たちのお目当てのお店ではなく、隣のカフェに並んでいるようです。
ネットで調べてみると、美味しそうなフルーツサンドがある「JULES VERNE COFFEE(ジュールヴェルヌコーヒー)」という珈琲豆焙煎販売店兼カフェのようです。
フルーツサンドは一日24食限定だそうなので、早くから並んでいるのでしょうか?
HPに「コーヒーを楽しんで空間や風景や空気を感じるための(?)コーヒー豆販売店です。日常を意図的に離れるようなつもりで楽しんでご入店ください」と書いてありますが、こんなに混んでしまうと楽しめるのかしら。
小心者の私なら待っている人が気になってしまい、すぐに出てしまいそうです。
平日に来ると楽しめるのかもしれませんね。

他にはバッグのお店(閉まっていて残念)や時計修理屋、飲み屋などがあるようです。

お目当てのカレー&ビールのお店「アンドビール」は写真の左側にあります。
人が座っていて、顔がバッチリわかるので、写真は載せませんが。
テーブル席が2つにカウンター席が7つ(?)ぐらいの小さなお店です。
奥さまがビールを作り、旦那様がカレーだそうです。
三種がけ週末カレー定食とシードルを頼みました。
ビールは250mlで500円、900mlで900円と少し高めのお値段です。
カレーは1200円でした。


手前がシードル。
林檎の果汁が使われているのが見ればわかるという感じです。


カレーは見事な盛り方です。
左が豆のカレーで右がチキンのカレー、ごはんの上がキーマカレー、そして6種類のおかずです。
結構辛目でした。
夜にはつまみっぽいのが出るようです。

カレー&ビール好き夫曰く、「毎週来ようとは思わないけど、たまにはいいな」。
ビールの値段がちょっと高かったので、それが残念だったようです(笑)。